Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:store

一昨日はソフトバンクの冬春モデル発表会があり、今日はドコモの冬モデル発表会がありましたが、特に取りあげたくなるような話題もなく、おおおーーーこれは欲しいっ!という端末もないので、基本スルーな感じで。

ただ気になったのは、ドコモの発表会で大容量バッテリーをアピールポイントにしていたこと。バッテリーが大容量であることはバッテリーをもたせるための止むを得ない手段であり、本来は消費電力が少なければバッテリーは少なくて済むし、その方が軽くて済むわけなんですけどねぇ。

あと、ソフトバンクは AXGP ≒ TD-LTE ゆえ、ファーウェイのような TD-LTE 推進な中国の企業が今後ますます食い込んでくるのかなー、とか想像していたり。かの企業も色々ありますが、相性は良さそうですからね。

とか記事を書いておいてタイマー投稿モードにしていたら、いきなり「ソフトバンクが米携帯大手スプリント買収!?」ってなニュースが飛び込んできて、全部ぶっ飛びですな。

そういや、iPhone 5でテザリングやる!の緊急会見の時も、本来大々的にアピールできたはずの楽天×イー・モバイルの提携発表会をぶっ飛ばしてましたね…



さて、今日の本題。

本日午後、出先への移動途中に Twitter を見ていたら、ソニーの Reader Store アプリ(Android 用)がソニー端末制限を解除して、Android 2.3 以上の他メーカー Android 端末でも使えるようになったというツイートが。

SONY Reader(電子インク端末)専用の電子書籍ストアだった「Reader™ Store」も最近ようやく Android用アプリを出したと思ったら“ソニー端末限定”という、今どき自社囲い込みとかアホですか?状況でしたが、今回やっと多くの Android 端末で使えるようになりました。

そして、ソニー製以外の Android 端末への Reader Store アプリ提供に伴うキャンペーンとして「Reader Store アプリでユーザー登録したら 300ポイントプレゼント」をやっています。

ReaderStoreApp01


Reader Store ユーザー登録には SONY ID が必要です(PlayStation用の Sony Entertainment Network アカウントとは別)。現在ないし過去にソニー製品を持っていてユーザー登録している人は持っているかと思いますが、もちろん新規登録も可能です。

登録で貰えるソニーポイントは Reader Store だけでなくソニーのオンラインショップなどでも利用可能ですが、有効期限2ヶ月というセコさなので、適当に安い本でも買って使いきってしまうのが良いかもしれません(そして Reader Store とオサラバでも… ^^;)

というわけで、移動途中でしたが、早速 Nexus 7 に Reader Store を入れて読んでみました。

続きを読む

【追記】複数台インストール方法で、別Mac で App Store 機能を使う以外に、アプリケーションファイルをコピーした場合について、最後に追記しました。

謹賀新年、あけましておめでとうございます。と言っても、既に7日。「今年は安易に twitter で垂れ流すよりブログを頑張ろう」などと思っていたのですが、除夜の鐘とともに忘れてしまったようです。いや、MacBook Air の突然の故障で忘れてしまいましたね…

年末29日か30日に掲載する予定だった昨年のお買い物ベストの最後の1回は、MacBook Air の突然の死亡とともに投稿直前のデーターが吹っ飛んで、未だに再度書きなおしておりません。チラシの裏を二度書くのは、なかなか辛いことです。

ということで、昨年のことは忘れて(近いうちに記事は掲載します)、今年初めにリリースされると言われていた Mac App Store が本日、日付が変わる変わらないかの頃にオープン。いつもの午前2時だと思っていたら、意外と早かったパターン。

で、

Mac App Store を利用するためには
MacOS X のアップデートが必要


というわけで、MacOS X 10.6.6 にアップデートすると、App Store なるアプリケーションがインストールされ、Dock にも鎮座されています。

MacAppStore00
(私は Dock を左端に置いてるので、縦位置になってます)


また、超一等地のアップルメニューにも「この Mac について」「ソフトウェア・アップデート」の次に配置され、この Mac App Store の優遇っぷり力の入れ具合は半端ありません。

MacAppStore14


早速、この App Store アプリを起動すると…

MacAppStore01
(Mac App Store トップ画面)


いやー、どこかで見たような画面…と言うまでもなく、iTunes Store そっくりそのままです。Twitter とか Flight Control とか見ると、まるで iTunes の App Store と変わりません。

右側には有料アプリ、無料アプリ、トップセールスのベスト10が掲載され、アカウント周りの部分もほぼ一緒。インターフェースも全く同じです。

それゆえに、iTunes を使ったことがあれば Mac App Store で迷うこともないですし、アカウントは Apple ID ですから iTunes と共通、もちろん、

iTunes でチャージしたお金も共通で使えます


当然といえば当然です。

ただ、ここまで似ていると

いっそ、iTunes に統合しても良かったんじゃね?


と思ったりもします。私には別アプリケーションに分けた意味が今ひとつ判らないですね。

続きを読む

このページのトップヘ