Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:nanouniverse

昨日は GR のカスタマイズサービス開始の発表がリコーよりありましたが、自身の GR は相変わらず絶賛愛用中であり、どこへ行くにも9割以上一緒に持ち歩いている愛機となっています。実に具合良いです。

新型 GR カスタマイズサービス発表、本日受付開始!

そして、今月初めにやってきた早期購入特典の「GR × nano・universe ストリートバッグ」も販促キャンペーングッズとしては勿体ないくらいに実用的な、使えるコンパクトデジカメ用バッグになっています。

GR_nano-universeBag05


このノベルティバッグについては商品到着時に

GR早期購入+発売前イベント参加者特典のネーム入り「GR × nano・universe ストリートバッグ」、ようやく到着!

と記事にしていますが、その後

  • 出張・旅行時のサブバッグ/ポーチ代わりとして

  • GR とタブレットだけを持って、ちょい出かける時のバッグとして


に結構活躍してくれています。

なんというか、

GR にこだわらず、コンパクトデジカメ持ち歩き用小型バッグとして本当に使い良い


のですね。

ということで、カバンの中身拝見的に改めて紹介するとともに

コレ、少し変えて一般販売しても良いのでは…


とプッシュしておこうかと思います。

いやホント、コンパクトデジカメに特化したカメラバッグって少ないですし、使い勝手が良いので一般販売しても良いんじゃないかな?と思うんですよねー。。

続きを読む

5月下旬に発売されたリコー新型 GR。従来の GR Digital シリーズと大差ないサイズに APS-C 撮像素子を入れこみ、さらにレンズも沈胴式にも関わらずなかなか素晴らしいものになっていて、購入から1ヶ月以上経った今も、満足度はかなり高いです :-)



しばらく GR を使ってきての改めての感想や問題点の指摘については、また近日中に記事にする予定ですが、本日

よーーーーうやく、早期購入特典のバッグが到着!


しました。

GR 発売時にはキャンペーンが2つあり、一つは予約特典の赤リング(今回のバッグに同梱)。そしてもう一つ、先着5千名対象の「GR×nano・universe ストリートバッグ」がありました。後者は、発売直前の体験イベントに参加していると、ネーム入りにできました。

GRデビューキャンペーン|PENTAX RICOH IMAGING
ペンタックスリコー、「GR」の先行体験イベントを開催。予約・購入キャンペーンも

予約して発売日前後に購入・入手して、「悪くなさそうなバッグ(と赤リング)が貰えるならば、少々高めの予約価格で購入しても悪くないかなぁ…」なんて思っていました(発売から1ヶ月以上経った今でも実売価格は殆ど変わっていませんが)。

発売後にヨドバシ店頭でプレゼント予定のストリートバッグも展示されていて、

「お、これはバッグとしてもしっかりしているし、もう1台 GR 補完用のコンパクトデジカメやスマートフォン、諸々小物も入るし、さらに iPad mini も入るし、結構良いんじゃね?早く欲しい!」

と思ったのですが、私の場合は(発売前イベントに参加したので)せっかくだからとネーム入り。

それゆえ、ネーム無しの「GR×nano・universe ストリートバッグ」で応募している人には6月上旬から続々と到着報告があがっていましたが、ネーム入りの私は指を咥えて待っているしかありませんでした。

が、本日到着。昨晩、ヤマト運輸から配達予告メールが来た時は、ちょっと嬉しかったですね :)

GR_nano-universeBag01
(配達された梱包箱の側面には内容物がこんなにデカデカと…これは止めて欲しい ^^;)

GR_nano-universeBag02
(箱の中身。7〜8インチタブレットが余裕で入るバッグゆえ、箱も大きめ。赤リングも同梱)

GR_nano-universeBag03
(通常版と違って、指定のネームがバッグ梱包のビニールに貼られています :-)

GR_nano-universeBag07
(そして、バッグ側面に指定のネームが入っています v^-^v)


ということで、まぁ別にネーム入りで嬉しがるほどのことはないですが、店頭で見た時同様、実際に手にとってみると、

こりゃマジに使えるバッグだわ〜


であり、結構得した気分です。カメラバッグに見えないところも◎。ニコンのバッグと違って、メーカー/ブランドロゴもあまり目立ちませんので使いやすいです :-)

ということで、この「GR×nano・universe ストリートバッグ」については既に多くの GR ユーザーによるレポートがありますが、私なりに諸々入れてみた感想などを記してみます。


続きを読む

このページのトップヘ