Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:mini

Apple の WWDC 2013 基調講演の裏では、E3 のマイクロソフト Xbox One の発表があったり、今日午前中はソニーの PS4 絡みの発表があって、PS4 本体デザインのお披露目やら Final Fantasy 15 の発表やら価格が $399 / €399 / £349 というがありましたが、PS4 はどうしましょうかねぇ。うちの PS3 は現在、埃をかぶってますが…

ともあれ、色々なニュースが集中する今日でありますが、未明の WWDC 2013 基調講演でのハードウェア発表が MacBook Air と MacPro(予告編)だけであり、

「あれ?MacBook Pro も iMac も Mac mini もなし? 先日 iPad / iPod と一緒に値上げしなかったのに、どうなるの??」

と思ったら、案の定サクッと値上げがやってきました。

値上げ幅は以下のとおりですが、iMac と Mac mini の大幅な値上げが目立ちます。


続きを読む

前回のスマートフォン・モバイルルーター編に続いてのチラ裏記事です。あくまで個人的な持ち物の中での使い分けであって、話を普遍化したり、善し悪しを語ろうという意図は皆無ですので、念のため。

iPad3_Nexus7_iPhone5


タブレットもスマートフォン同様、年に2〜3台ペースで買ってますが、タブレットは7インチクラスと10インチクラスでは役割が異なっていると思いますので、本記事でも分けて書いています。


続きを読む

昨日の前編記事に続いて、iPad mini 用キーボードの大本命「ロジクール Ultrathin Keyboard Mini」ファーストインプレッションの続きを記しておきます。

前編記事同様、本記事も全て Ultrathin Keyboard Mini を使って書いています。というか、昨日から日本の西の端の方へ来ているので、しばらくは iPad mini + 本キーボードで出先作業から何から賄うしかないわけですので、ブログもそうなります。

それにしても、こんな離島でも「インターネット利用可」の宿が増えてきて時代を感じますね(宿泊してるホテルはロビーだけですが…)。4〜5年ぶりに来ましたが、前回は FOMA 3G が唯一の高速?通信手段でしたから尚更です。

LTE の整備が始まってる宮古島や石垣島のような島ならともかく、この島は大きいけど殆どジャングルみたいなもんですからねぇ…

久しぶりにやってきました、日本のジャングルアイランド、西表島。5年ぶり3回目。


さて、前回記事では本キーボード Ultrathin Keyboard Mini の特長として

アルファベットなど使用頻度の高いキーのサイズ、ピッチを最優先に設計され
止むを得ない妥協があっても取捨選択が良く、理にかなってる


という印象で、過去に使ってきた中華製のキーボードとは使い勝手、タイピング環境に大きな差を感じました。(キーボード周りの細かい使い勝手は、前回記事参照)。

発売時の価格は8〜9千円と決して安くないのですが、高い金を出す価値がある、と思えますし、

iPad mini をパソコン代わりにタイプ作業するならマストバイ


と言ってしまえるくらいの出来であります。

フルサイズ iPad 用のキーボードカバー TK710 もそうですが、ちょっと高めの価格設定に少し悩むところはありますが、「買って良かったわー」と思えるクオリティです。

ただ、今回の iPad mini 用の Ultrathin Keyboard Mini に関して言えば、

キーボード周りは十分に満足できる出来だが
それ以外については何点か注意する必要がある


と感じました。率直に言えば、

使い方によっては少々使いづらく感じることもあるし
キーボード幅の制約以外で iPad用 TK710 に比べて落ちる点もある


と感じています。

特に今日は移動中にバス車中や船の中でも iPad mini + 本キーボードで諸々の作業をしつつ、本ブログ記事も書いているのですが、同じ出先でタイピングでもカフェの机の上で使うのとは違う難点も感じました。

今回はそのあたりを少し。


続きを読む

先日、国内発売が正式発表になり発売日が4月24日とアナウンスされましたが、国内正式発表前から先行して予約受付していたアップルストア・オンラインからは(公式発売日前ですが)昨日届きました。



今週はこの Ultrathin Keyboard mini やら PowerShot N やらが発売になって届くのに、明日からしばらく出かけるので、どちらも発売日に受け取れない、持って行きたいのに持っていけないなぁ…と思っていましたが、これだけでも届いて助かりました。

仕事が一区切りしたこともあって、出先作業はパソコンなしの iPad mini だけでこなしていく予定なので、

iPad mini 用キーボードの大本命


が届いて持っていけるのは、ものすごく助かりますし、実際に今日このキーボードを少し使ってみて(例によって本記事のテキスト本文は全てこの Ultrathin Keyboard Mini を使って書いています)

iPad mini 用キーボードで勧められるのは、やはりコイツだわ!


という思いを新たにしました。

いや、やっぱり素晴らしい。ロジクール安定。アップルストア早めに届けてくれて、ありがとう。明日から心置きなく、コイツと iPad mini で旅に出られる。

UltrathinKeyboardMini15


とまぁ、持ち上げるだけ持ち上げておきますが、実際に使い始めてすぐ、一発で気に入りました

もちろん、欠点がないわけではないですし、多少の慣れ(というかコツ)は必要ですが

止むを得ない妥協もあるが、取捨選択が良い、理にかなってる


のですよね。

こういうところが中華製のキーボードとの大きな差。高い金を出す価値があると思わせる点です。

そのあたりも含めて、iPad mini ユーザーへのイチオシな、この Ultrathin Keyboard Mini のファーストインプレをば。


続きを読む

何も発表なく、先週から Apple Store オンラインで先行?予約が受け付けられて

待望のロジクール Ultrathin Keyboard Cover Mini for iPad mini 国内発売開始!

という形で記事にしていた、ロジクールの iPad mini 用キーボードカバーが本日正式に発表になりました。

ロジクール、iPad mini用の薄型軽量キーボード「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」を4月24日に発売

発売日も正式に4月24日に決定。予約済みの PowerShot N も4月25日なので、来週は連チャンで色々届くけれど、出費も嵩むなぁ(^_^;)

どれもこれもゴールデンウィーク前に発売で、ゴールデンウィークにお出かけの際には便利に、楽しくなりそうですが、おいらは毎度ゴールデンウィークはお仕事モードなので…むしろ来週発売はちょっと…

といった愚痴はともかく、正式発表を受けてヨドバシカメラなどの量販店でも予約受付を開始しています。ヨドバシでは 8,980円の 10%ポイント還元。アップルストアでは 7,980円でしたから似たようなものですね。

ヨドバシ.com - ロジクール TM710WH [ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ]【無料配達】
キーボード TM710WH Ultrathin Keyboard mini (Bluetooth/英語60キー/パンタグラフ/ホワイト)|サプライのソフマップ[sofmap]

ただ、先行して予約受付していた Apple Store オンラインでは現在ページ自体がなくなって、予約受付ができません。ちゃんと届くんだろうなぁ…

【追記】Amazon も販売ページができています。まだマーケットプレイスだけですが。




ということで、ロジクールからの正式発表と Apple Store 以外での予約受付情報だけの簡単記事ですが、忙しいのでとりあえず。


マグレックス Bluetoothキーボード アルミケース for iPad mini ブラック MK7000-BK
マグレックス Bluetoothキーボード アルミケース for iPad mini ブラック MK7000-BK

(ロジクール発売で、配列的にはまずまずなコレが安くなれば選択肢としては悪くないかも)

iPad mini が登場した時から「ロジクールは早くウルトラスリム・キーボードカバーの iPad mini版を作るんだ!」と言い続けてきつつも、なかなか出ないので

中華製 iPad mini用キーボードケース【前編】軽くてピッタリサイズで持ち運びに便利…だけど
中華製 iPad mini用キーボードケース【後編】良さげなのに欠点が残念な一品

こんな中華キーボードでお茶を濁していたり、アメリカ本国では Ultrathin Keyboard Cover Mini for iPad mini が発表されても、なかなか日本では発表されないので、血迷って

サンワサプライから iPad mini 用キーボード用ケースが出て衝動買いしたわけだが、これは…JI☆RA☆I

こんな地雷キーボードケースを買ってしまったり(これは大失敗だった…)

Ultrathin Keyboard Cover が発売されるまで、Pad mini に一番良いキーボードケースはコレかもしれない

最近、友達に聞かれて色々探して、「これが今一番良さげだ、自分も買おうかな…でもロジクールを待とう、待てるかな…」と悩んだりしていましたが、

ようやく本命(Ultrathin Keyboard Cover Mini for iPad mini)が国内発売開始


になりました。

まだ、ロジクールからはプレスリリースが出ていないのですが、Apple Store Online では発売になっています。

LogicoolUltrathinKeyboardCoveriPadmini_Buy1

Logitech Ultrathin Keyboard Cover Mini for iPad mini - Apple Store (Japan) [ホワイト]
Logitech Ultrathin Keyboard Cover Mini for iPad mini - Apple Store (Japan) [ブラック]

ただ、即納ではなく、出荷予定日は1〜2週となっています。それでも今月内には手に入るということで、もちろん即注文しました。

【2013/4/16 追記】Apple Store の注文受付は一時停止になっているようです。正式発表後にヨドバシカメラなどで予約開始しています。


続きを読む

最近、円安のせいか、百均で気に入っていた品物が幾つか消え去っていて、扱っていたチェーン店を幾つも回ったり、同じ品物を扱ってる別系列のチェーン店へ行っても見つからず、残念な思いをすることが増えてきています。

元々百均の品物は1年くらいで随分と入れ替わり、似たようなものでも「んー前とは違うんだよなー、これじゃないんだよなー」ということが多く、一期一会と思うがゆえに無駄遣いすることも少なくありません。

そして、百均の定番商品の一つといえば、クッションケース/ポーチ。大小色々とあり、各チェーン店毎に微妙に違ったりしていますが、これもまた頻繁に仕入れる製品が変わる種類の一つ。

そんなこともあって、百均へ行くたびにちょくちょく見ているのですが(そして無駄遣いしているのですが)、今回見つけたクッションケースは

iPad mini ユーザーなら買って損はない(105円だし)タブレットケース


店頭で見た時は「あー、またタブレット用ケースが出たのかー」としか思わなかったのですが、従来よくある百均のタブレット向けケースにしては幅広だったので、寸法をチェックしたところ

iPadmini_100YenCase20130331B
これが iPad mini にジャストフィット!


でした。


続きを読む

最近はデジカメ関係の記事ばかり書いていると言いましょうか、買っています。iPhone や iPad 関連の記事も…とは思うのですが(ぶっちゃけこの場末ブログでもそっちの方がアクセス数も多い)、正直安定すぎで特に物欲も興味も湧きません。


商売してるわけでもないので、iPhone系ブログ、ガジェット系ブログみたいにアクセサリーを取っ替え引っ替え紹介するわけもなく、この先革新的なモノが出る雰囲気もなく、パソコンと同じく順当進化のみと思うと、スマートフォン/タブレット自体から関心が薄れている次第。

とまぁ、そんな関心の無さ全開なわけですが、今週サンワサプライから iPad mini 用のキーボードケースが新発売されるというニュースを見て、速攻ポチッとしてしまいました。コレ↓



iPad mini のカラーに合わせてブラックモデルもあります。



まぁしかし、ネタに飢えてるというわけでもないのですが、最近 iPhone / iPad 関連は自分的に全く変化ないし、バタバタ気味なせいか、よーく中身を調べずに何も考えず購入ボタンを押していました。

いやー、怖いですね、Amazon (← Amazon のせいにすんなw)

先に結論を言っておきましょう。サンワサプライさんには悪いが、

こいつはちょっと地雷キーボード


と言い切ります。キーピッチが狭いとかそういうレベルの製品ではないです。

iPad mini 用のキーボードケースならキーピッチが狭いのは当然です。それを受け入れて初めて買うべきカテゴリーの製品ですが、本製品は従来の iPad mini 用キーボードケースよりも更にキー配置が酷くて、はっきりお勧めできません。


続きを読む

このページのトップヘ