Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)


タグ:mac

年に一度のお祭り、WWDC - WorldWide Developers Conference 2012 基調講演の夜(現地は朝)がやってきました。色々な IT 系カンファレンスやイベントがありますが、“祭り”的な盛り上がりとしては一番のイベントでしょう。

今年の発表は噂通り

  • ノートブック MacBook シリーズの一新(全て本日発売!)

  • Mac用新 OS「OS X 10.8 - Mountain Lion」正式発表(7月発売 $19.99)

  • iOS 6 発表


という内容で発表されました。

隠し玉も驚くようなこともなし


でした。

目玉は

噂の MacBook Pro with Retina Display


でしょう。

MacBook Pro with Retina Display は Retina というだけじゃなく 15インチなのに MacBook Air 並みの薄さで、性能も Pro。MacBook Air が現在のノートPC の潮流を定めたように、新しい Retina MacBook は今後のノートPC を指し示しているのは間違いありません。

$4,000 なんていう噂もありましたが、MacBook Pro with Retina Display は 184,800円 (8GB RAM / 256GB SSD) 、なので内容を考えれば個人的には安いくらいと感じます。重さが 2kg というのが欠点といえば欠点でしょうか。

また、本来目玉でもいいはずの

iOS 6 はマイナーアップデートな雰囲気満載


と感じました。リリースが秋ですから iPhone 5 との絡みで何か隠されてる可能性はありますが、もうやることもあまりない気はします(他の OS もそうですが)。

ということで、それぞれの点について発表された内容を以下箇条書きにまとめてみました。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月ほど前、お仕事の開発テスト機&予備機として Mac mini (Mid 2011) がやって来ました。来週に Apple の大イベント WWDC を控え、MacBook Pro が全面リニューアルするという噂があったり、Mac mini もいつものペースなら近いうち or 年内にモデルチェンジするわけで、ある意味今さらのモデルですが、なかなか気に入っています。

Mac mini は店頭モデルとして上下2モデルがあり、他に Apple Store 専売のサーバーモデルがありますが、予算の都合で一番安い下位モデル。



上記の通りの主スペックで、性能的には最近流行りの Ultrabook モバイル系ノートPC と大差ありません。が、殆どの作業はこれで十分と言えるくらいの性能はあります。

でもって

Mac 本体のお値段5万円強という激安さ


ですから、満足度は大きいです。いやー、ホント安くなりました。5年前の mini 購入時も「Mac も安くなったなぁ〜」と思いましたが、まだ 10万近くしてましたからね。

キーボードやトラックパッド、モニタは別ですが、それらが有り合わせであるなら、これ以上なくコストパフォーマンスが良いです。HDD も500GB あれば通常用途には十分ですし、USB×4ポート、Firewire 800、Thunderbolt とインターフェースも充実しています。

ただ、メモリだけは 2GB しかなく、これだけは増設する必要があります。Windows 機よりはメモリ負担が少しマシな MacOS X 機とはいえ、Lion (MacOS X 10.7) を 2GB メモリで使うとモタツキます。

おまけに今やメモリは激安ですから、メーカー保証以上の目いっぱい 16GB (8GB×2) を積んだとしても8千円前後です。



メモリを 2GB から 8GB 以上に増設すれば一気にサクサクになり、最廉価機であっても少々の重い処理が随分と楽になります。

mini 本体と合わせて6万円で快適 Mac 環境が実現


という感じで、ホント良い時代になったものです。初めての Mac はカラーモニタと合わせて 90万円も出して買ったのに…肉体労働バイトによるホントの血と汗の結晶でしたわ(^_^;;)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回記事「M-241 の GPS ログを Bluetooth 経由で Mac (Lion) に取り込む方法」の続きです。

ワイヤレス GPS ロガー「M-241」で記録した GPS ログデーターを Bluetooth 経由で Mac に取り込み、撮影した写真と GPS ログデーターをマッチングさせて写真に撮影位置情報を自動付加させる手順の、今回は要の部分です。

ただし、GPS ログデーターを取り込んだ以後の話ですので、GPS ロガーは M-241 以外でも構いません。今回は

写真ファイルの位置情報を追加・削除できるソフト GPSPhotoLinker


の使い方です。

M-241_GPSPhotoLinker01
(GPSPhotoLinker)


GPSPhotoLinker は単に GPS ログデーターと写真をマッチングさせて写真に位置情報を付加するだけでなく、写真に含まれる位置情報を一括削除したり、手入力での追加も可能ですので、そのあたりも含めて説明します。

また、GPS ログと撮影写真をマッチングして位置情報を付加する今回の方法は「GPS ログの位置情報記録時刻と写真の EXIF データーに含まれる撮影時刻を照合」しますから、できるだけ正確な位置情報を写真に付加させるためにはカメラの内蔵時計を正確に合わせておく必要があります

ただ、時刻合わせを忘れてカメラの内蔵時計がズレている場合もあると思いますし、また GPS ロガーによる記録が途中で途切れてしまった場合もあると思います。それらの場合の対処方法も合わせて述べておきます。

  1. GPS ログデーターと写真をマッチングして写真に位置情報を自動付加する

  2. GPS ログが一部欠落・記録されてない場合のマッチング方法

  3. カメラの内蔵時計がズレていた場合に、写真の EXIF 撮影時刻を一括変更する方法

  4. 写真に含まれる位置情報を(一括)削除する

  5. GPS ログがない時に、Google Maps を見て写真に位置情報を追加する方法



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日「もっと早く買っておけば良かった…」と題して、今ごろ手に入れたワイヤレス GPS ロガー M-241 について記事を書きました。

もっと早く買っとけば良かった… ワイヤレス GPS ロガー HOLUX M-241(前編)
もっと早く買っとけば良かった… ワイヤレス GPS ロガー HOLUX M-241(後編)

そして、さらに今さらですが、M-241 で記録した GPS ログを OS X 10.7 (Lion) の Mac に Bluetooth 経由で取り込み、その GPS ログデーターで写真に位置情報を追加する方法を記しておきます(利用するソフトは全て無料のものを使用)。

先人たちが既に多くの情報を残していますが、現行 OS 下での自分・友人用まとめということで。

今回はまず、M-241 の GPS ログを Bluetooth に取り込む方法を、M-241 と Mac のペアリングから手順を追って記しておきます。

なお、大前提条件として

GPS ロガーのデーターと撮影写真をマッチングさせるつもりなら
デジカメの時計は正確な時刻に合わせておくこと


が必要です。

元々厳密な撮影位置記録ではなく撮影時の移動速度によっては誤差が出るものですし、十数秒程度ならあまり気にならないと思いますが、分単位でズレていると撮影位置の記録が明らかにズレる場合がありますので、この点だけは注意しましょう(後日、デジカメの時刻がズレたまま撮影した場合の対処方法も記します)。


  1. M-241 と Mac の Bluetooth ペアリング

  2. HoudahGPS で M-241 から GPS ログを取り込む

  3. HoudahGPS で GPS ログを KML に変換して Google Earth で表示させる



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

相変わらず、仕事の逃避行動息抜きに意味のない駄文を書いて垂れ流すゴールデンウィークでございます…

  1. ノートPC 用メモリ 16GB で、たった8千円強の時代

  2. Flickr のアップロード画面が HTML化

  3. iPad 2 を家族に譲ったわけですが…

  4. 書き忘れてましたが、AT&T版 新型 iPad は docomo プラスエリア非対応

  5. 使い道に悩む初代 iPad



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日 au iPhone 4S の MMS 対応に絡んだ記事で、au のキャリアメール (ezweb.ne.jp) を iPhone では MMS(メッセージアプリ)とメールアプリの両方で受信する方法や、パソコンや iPad でも受信する方法を書きました。

au ezweb メールをメッセージアプリ (MMS) とメールアプリの両方で使う
au の ezweb メールを iPhone だけでなく iPad やパソコンでも送受信する方法

後者の au キャリアメールを iPad やパソコンでメール送受信する方法を書いたあとで、パソコンでの設定方法が判らん〜と友達に聞かれたので、パソコンでの設定例を載せておきます。

といっても、多種多様なメールソフト全部での設定例は示せませんので、

Mac は MacOS X 10.7 (Lion) の純正メールアプリでの設定例

Windows は Windows Live メールでの設定例

を以下に載せておきます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、前々回と GoodReader での iCloud 利用法を解説しました。

GoodReader による iCloud 活用マニュアル【前編:Move / Download / Evict】
GoodReader による iCloud 活用マニュアル【後編:ファイル公開機能とセキュリティ上の注意点】

アプリケーションによる iCloud 活用は複数デバイス(主に iPhone と iPad でしょう)でのデーター同期を中心に使われ始めています。常に iPhone / iPad に常駐させてるアプリの中でも幾つかが対応していました。

iCloud_inMac01_PagesSS iCloud_inMac02_FlightTrackPro1
Pages ではファイルを閉じた後、自動的に iCloud へアップロード(左)
FlightTrack Pro の iCloud 同期設定画面(右)


さて、前回記事の GoodReader × iCloud 利用におけるセキュリティ上の注意点でも述べましたが、

iOS アプリから iCloud に置いたファイルは Mac から簡単にアクセス可能


です。

というか、

同じ iCloud ID を設定している Mac には
アプリから iCloud に置かれたファイルが丸ごと保存されている


わけです。複数の Mac で同じ iCloud ID を設定していたら、全部の Mac に iCloud に置かれているファイルが全部コピーされます

いやー、私も初めて知った時は衝撃でした(^_^;)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

購入直後に前編の記事を書いて「1週間くらい使ったら後編を書く」としていたものの、これまたちょうど1ヶ月が経ってしまいました。でもって、1ヶ月経って後編の記事を書いているのですが、

ぶっちゃけ普通に使えすぎて、何も書くことがない


状態です。

まぁ何と言うか、ひとことで言えば

長い Mac の歴史の中で初めて
処理速度に目をつぶらなくていいモバイルノート Mac


と言えると思います。MacBook Air 以前は、モバイル用 Mac ノートパソコンなんて僅かでしたけどね(^_^;)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜の昼下がり、なんとなく twitter のタイムラインを眺めていたら、こんなネタが。

:: 新Mac購入で「iLife」をすべてのMacにインスト可! | Blog!NOBON ::

上記のブログに依ると“Lion プリインストールされた新しい Mac を買って、Lion Recoveryで Lionを再インストールすれば、既に持ってる古い Macでも MacApp Store が使える環境なら iLife '11 をインストールできる”とあります。

思わず「ぐはぁ〜、MacBook Air を使い始めて1週間が経ち、せっかく環境がほぼ構築できたのに MacBook Air を再インストールするかなぁ…」となったのですが、ふと昨年モデルの iMac の MacApp Store を開いてみると…

MacLion2iLife11_1
iMac (Mid 2010) の MacApp Store の購入済みリスト


おや?新しい MacBook Air を再インストールしてないにも関わらず、そして勿論 MacApp Store で iLife '11 を購入したことがないにも関わらず、iLife '11 の iPhoto, iMovie, Garage Band が購入済みになっています。

そして、iLife 11 の購入日を見ると新しい MacBook Air を購入した日付になっています。というか、新しい MacBook Air の MacApp Store を起動して Apple ID を登録した日なのでしょう。

つまり、

Lion プリインストールの Mac を購入し、MacApp Store に自分の Apple ID を登録すると
既に持っている MacApp Store が使えるMac で iLife '11 が利用可能


ということです。そして、iLife '11 の購入日は Lion プリインストール機の MacApp Store で自分の Apple ID を登録した日付、ということになるようです。

試しに、iLIfe '09 環境であるこの iMac に Garage Band '11 をインストールしてみます。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

【7/25 追記】前モデルとの比較について何点か追記するとともに、判りづらい部分を修正しました。

一昨日購入し、使い始めて丸2日。購入した夜に一通り環境構築を整えて、翌日から実戦投入しているわけですが、まだまだ慣れたとは言えないというか、

新旧 MacBook Air の変化より
Lion への変化の方が遥かに大きい


わけで、慣れと学習が必要なのは新しい Air 本体より圧倒的に新 OS だったりします。

メインの iMac は当分(iOS 5 が出るまでは)Snow Leopard で行く予定ですから、新旧 OS を併用していく上で、両者の UI の差をどう吸収していくかは特に悩みどころです。

MacBookAir2011mid_16
(OS以外の使用感や見た目は前モデルと全く同じ)


今までも「Better Touch Tool」を使ってマルチタッチ UI してきていましたし、iMac でもずっと「Magic TrackPad」を愛用してきたので、Lion の UI に戸惑いはないのですが、使ってきた挙動やキーアサインとは違うので、どちらにどう合わせるか的な部分が難しいところ。

また、新しい MacBook Air は Snow Leopard は動きませんから、

Lion で動かないソフトウェア・ハードウェアは、対応アップデートが来ない限り
新 MacBook Air では使えない


という当たり前のことが、最も大きな新旧 MacBook Air の差だろうと思います。

特に私の場合、

バッファローの NAS にアクセスできねー!


となって、ぶっちゃけ新しい MacBook Air に買い替えて一番困ったのは、これでした。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ