iPhone 11 シリーズ発表直後から来春には発表発売の噂が絶えなかった iPhone SE 後継機。新型コロナウイルス絡みで発表発売がだいぶ遅れたようですが、ようやく発表。

iPhoneSE2020_2

iPhone SE - Apple(日本)

iPhone SE 2 だの iPhone 9 だのと言われていましたが、名称は変わらず iPhone SE。iPad シリーズや Mac ではナンバリングすることもないですから、Apple の中では iPhone メインストリーム機種だけが特殊と考えれば納得できる話です。

で、新型 iPhone SE ですが、端的に言えば、
  • 外見、ディスプレイ、指紋認証は iPhone 8
  • カメラは1世代前の廉価機 iPhone XR
  • 処理能力は最新ハイエンド iPhone 11 シリーズ

というモデル。

また、従来機種から見ると、
  • iPhone SE として見れば4世代分の更新となり、「4.7インチ化して防塵防滴になり、Apple Pay/Suica 対応にワイヤレス充電にも対応して、フラッグシップ機と同じ最新性能搭載したのに発売時価格は大幅値下げ」

  • iPhone 8 から見れば2世代分の更新になり、「最新最高性能になって eSIM(デュアルSIM)対応になって値下げ」

  • 現行フラッグシップ iPhone 11 シリーズから見れば、画面が小さくてカメラは一つだけど最新ハイエンド機の性能で値段半額以下!

という感じですね。

iPhoneSE2020_1


とにかく、搭載チップが現行フラッグシップ機でありスマートフォンの中でもトップの処理性能を持つ iPhone 11 シリーズと同じですから、

現在スマホ最高性能が4万円台


というのは、予め噂が出ていたとは言え、衝撃のコストパフォーマンスではあり、そういう意味では

ゲームしたい人には最強コスパ


と言えるかもしれません。(画面のリフレッシュレートでゲーミングスマホには劣るでしょうけど、値段が全然違いますからねえ)

iPad シリーズのように Pro、Air、無印廉価版で性能差を持たせることはせず、最新ハイエンド機の iPhone 11 シリーズと同じチップを採用したというのは、アップルらしくない大盤振る舞いとも言えます。

そして何よりも、

世界総マスク時代にあっては
古い指紋認証スタイルがむしろ利点!


であります。

マスク必須の時代にあっては顔認証が使いづらいのは言うまでもなく、私自身、

普段は便利だった顔認証はマスクしてると使い物にならないし、値段もお手頃価格だし、いっそ外出用に iPhone SE 買おうかなぁ


と真面目に考えているくらいです。いやホント。

個人的には指紋認証だけでなく、

この価格帯では少ないワイヤレス充電


を採用しているのも推したいポイントです。


続きを読む