Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:iPhone5

信者な人たちを中心に「iPhone は裸で使うのがベストなんだよ!」と言う人たちがいますが、実を言えば私も本音はそう思っています。

なるべく薄いケースやバンパーを使いつつも、iPhone からケースやバンパーを外して裸で持った時の感触は格別。防水仕様の Android スマートフォンでは得られない質感は「裸で使いたいよなぁ」と思うことしきりです。

とはいえ、必ずしっかり手に持つかテーブルに置いて使う iPad と異なり、ポケットなどからサッと出してサッとしまうスマートフォンでは落下や何かに当たったり諸々の危険があるので、やはりケースを付けてしまいます。iPad は裏面裸でも気にしないのですが……

iPhone 5s では、ゴールドに合うバンパーケースが見つけられなかったのと、以下の Belkin の Lightning Dock スタンドを常用しているのでバンパーケースではなく薄手のクリアケースを付けています。



ただ、最近

ポロッと落としそうになって、ヒヤッとすることが増えた


のも事実。歳のせいとは思いたくないし、歳のせいだけではないのでしょうが、なんかこうスマートフォンに限らず、ポロッとしがちなのが自分でも気になってきました。

(スマートフォンならガラスが割れても数万で済みますし、補償サービスも入ってますが、お高いレンズでポロッと落下しそうで、それが一番怖いです……)

そんなわけで、以前は

「ケータイストラップは安心だけど、別になくても困らんし、iPhoneには要らんわ」

と思っていたのですが、先日尻ポケットから iPhoneを出そうとして落下させた(けど奇跡的に足で受け止めて無事)こともあって、

本当に落下破損させる前にストラップ付きケースを買って
転ばぬ先の杖にしておくべきだろうな…


と思いましたので、ヨドバシで諸々見繕った結果、以下のストラップ付き iPhone 5/5s ケースを購入しました。


続きを読む

au iPhone 5 の下取り額が発表されました。

au携帯電話の下取りプログラムの対象機種にiPhone 5を追加! 〜新機種への買い替えを強力サポート〜 | スマートフォン・携帯電話 | au

64GB 28,000円相当、32GB 26,000円相当、16GB 24,000円相当というのは、昨年 iPhone 5 発表時のソフトバンクが行った iPhone 4S 下取り額より高く、iPhone 5 ユーザーに対する LTE エリア詐欺の代償にしては安いけれど、多少は誠意を見せたというところでしょうか。

また、iPhone 4S 向けの下取り価格も値上げ!され、二世代前としては悪くないどころか、iPhone 4S ユーザー向けにはオンラインショップ予約用の 5s 10,500円割引のクーポンメールも順次送付されているようですし、iPhone 4S → 5c/5s への移行はかなりお得感があります。

(3G 混雑の原因になっている 4S は早く巻き取って、料金的にも高い LTE 端末へ誘導したいのだろう)


ちなみに、

au iPhone 5s/5c の料金プランは 5 と同じ


とのこと(まだ公式ページにはないけど記者会見情報)。

ただし、

端末価格が未だ決まってない


ということで、結局ちゃんとした料金プランはまた去年と同じパターンですかね…

予約開始直前とか予約開始してから発表とか、本当にどこも止めていただきたいのですが。

【追記】au とドコモは16時の予約開始時点で諸々の価格その他発表になりました。

au iPhone 5s /5c 本体価格、毎月割価格 (PDF)
iPhone | NTTドコモ

ソフトバンクは予約開始時に価格、料金体系発表なし。さすが信者度が試されるキャリアですね(棒)

とまぁ、表題のとおりです。寝かせてるドコモ回線を1つ動かして MNP 一括0円の au iPhone 5 (16GB) を契約購入しました。月末なら LTE フラット料金も日割りで安く済みますし…と、この手のパターンの基本です。

関西でもあちこちで 16GB 一括ゼロ(32GB 9,800円、64GB 19,800円)が当たり前のようなので、条件もコンテンツ山盛りなんてことはなく、加入条件は、ほぼ LTE.net と LTE フラットと au スマートパスでした(Apple Protection Plan も必須ではなかった)。

au は MNP では基本料2年間無料というキャンペーンを6月以降も継続しており、全部オプションを切って、通話だけにすれば月3円維持が可能なので…というのは、3月の INFOBAR A02 と同じです。

新 INFOBAR A02 《AOAO》がようやく発売されたので購入

2カ月ぶりに iPhone 5 が手元に来た(戻ってきた)わけですが、

4.7〜5インチクラスの Android 機に比べると断然持ちやすいのぉ


という感じであります。角落としのソリッドな感じも良いし、質感があるのはいいですね。Android 機の多くは防水対応ゆえとはいえ、どうしてもねぇ…

iPhone5Again1


ただまぁ、手に持った感じはベストなんですが、昨今 iPhone 4S メインなだけに(INFOBAR A02 はすっかり鞄の中で、サブの電話とルーター代わり用)、iPhone 5 に戻ると以前の上の方へ届きづらい感じがやはり気になります。

動作速度も昨秋 iPhone 5 発売時に乗り換えた時は 4S → 5 で端末自体も結構な速度差を感じたものですが、いま 4S と 5 を両使いしてみると、

やっぱり 4S でも実用上は大して困らんなぁ


という印象でもあります。


続きを読む

au が iPhone 5 の下り 75Mbps 高速通信可能なエリアのカバー率を昨年度末に 96%まで拡大すると言っておきながら、「96%ってのは Android のエリアと間違ってたわー」と開き直った件が、消費者庁から是正命令を受けて、本日その旨が au から発表された。

そこで発表された iPhone 5 でエリアカバー率は

下り 75Mbps 通信可能エリアは実人口カバー率 96% 予定を謳っていたが
実際はたった 14% だった


ことが明らかになった(後述するように au iPhone 5 の LTEエリアはもっと広い。が、未だ非公表なので他社に負けまくりの狭さだろう)。

当社に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ (KDDI 公式 / PDF)
iPhone 5の4G LTE人口カバー率誤記、KDDIに消費者庁から措置命令
KDDIが景表法違反、iPhoneのLTEサービスに不当表示

はっきり言って

誤記? 詐欺じゃなくて?


と思うくらい。広告ミスねぇ…あれだけ大々的にうたっていて、そりゃないでしょ。au 信者以外の誰が信じるっての。ソフトバンクに対抗するための確信犯と考えた方が極めて自然に受け止められる。

続きを読む

INFOBAR A02 / XTL21 購入契約から 10日経ち、iPhone 5 の代わりにしばらくメイン端末として使っていけるかどうか試してきました。その過程で気づいたことは長々、細々とファーストインプレ記事として書きました。

カメラ機能のように「ふざんけなよ」レベルな部分もありますが、トータルとして iPhone 5 の代わりにメイン端末として使うのを止めるほどではない、それなりに愛着を持って使っていけそう、と判断しました。

正直なところ、

わざわざ iPhone から Android にメイン環境を移りたい理由は全くない


ですし、iPhone に不満があるわけでも、Android の方が良いとも思ってないのですが、いい加減進化のなくなったスマートフォンですので、

「気分転換に目先を変えてみるのも良いかな」

ということで、しばらくは iPhone 5 の代わりに INFOBAR A02 をメイン端末として使っていくことにしました(iPhone は音楽プレイヤー、iOS アプリのためにサブ端末で利用)。

InfoBarA02_34


そして、購入時の記事でも書いたとおり、au に 5,480円の LTE フラット料金を毎月2回線分払えるほどお大尽な経済状態でもありませんので、

  • 毎月割の少ない(スマートパス加入で1,440円)INFOBAR A02 の回線は LTE.NET、LTE フラットなど全部オプションを切って、利用料金は毎月3円のユニバーサル使用料のみにして SIM は寝かしておく
    (基本料のみの支払いになるが、au は現在 MNP だと2年間基本料が無料になるのでデーター通信を使わないようにすれば実質ゼロ)

  • au にしては毎月割がまだ多めの iPhone 5 の回線はそのまま使用し、INFOBAR A02 に iPhone 5 用の nanoSIM を挿して利用する


ということにしました。

HTC J Butterfly 同様に INFOBAR A02 に au iPhone 5 の SIM を挿して使えることは先駆者がいたので判っていましたが、私自身もやってみて確認しましたので、今回はまず、

「au iPhone 5 の nanoSIM を INFOBAR A02 に挿して使う手順と注意点」

を以下に記しておきます。

なお、ここで紹介する方法は au の動作保証外の内容であり、au の保証が受けられなくなる場合がありますのでご注意下さい。当方は一切の責を負いませんので、ご了承下さい。


続きを読む

昨日あたりから au iPhone 5 (16GB) が学割で MNP 一括ゼロ円、学割なしでも一括1万円で(叩き)売られている店舗が続出していて(相変わらず関西は渋いようです)、その筋の人達では祭りになっているようですが、既存利用者としては関係ないというか、中古価格が下落するだけで良いことないなー、という感じであります。

私の方といえば、1週間前に INFOBAR A02 《AOAO》 を(普通に定価で)購入契約し、かなり気に入って愛用しているのは本ブログで書き連ねてきたとおり。

今後 iPhone 5 に代わるメイン機としてみようとは思って使っていますが、色々とネックもありますし、音楽プレイヤーとしての iPhone は必要なので(iTunes で音楽管理しているため)、INFOBAR A02 と iPhone の併用という形になりそうです。

その中で、ふと

「INFOBAR A02 にメイン環境を移行しても、音楽プレイヤーその他として iPhone は必要だけど、だったら別に iPhone 5 でなくても良くないか?」

「手元に残してある iPhone 4S も同じ 64GB だし、大きな不満はなかったし、INFOBAR A02 にメイン環境を移行して、iPhone は 5 から 4S へ戻って(iPhone 5S が出る前に)iPhone 5 を売ろうかな」

なんて考えが出てきてしまいました。

そして

iPhone 4S を現役復帰させるなら
また下駄履かせてドコモ系 SIM で使うことにするか


と思いまして、購入しました au iPhone 4S 用の SIMロックフリー用下駄。




続きを読む

携帯電話業界は3月が年間を通して最大の商戦期。私の周りでも3月に2年縛りが解けて買い換えようという友人がいて、「iPhone 5 どう?」「(ドコモから)au にしようかな?どうしようかな?」と聞かれてもいます。

最近、ドコモは Xperia Z を始めとする新機種と月々サポートの額の大きさで攻勢に出ています。LTE (Xi) の混雑度やエリアが色々と言われてますが、ソフトバンクや au が以前ほど安売りしなくなっただけに、ドコモ=安いイメージができつつあります(ドコモの Xi プランは au に比べれば良心的すぎる)。

au はといえば、毎月割の割引額はすっかり低額になり、キャッシュバック関係はどこも渋いし、MNP 関連のキャンペーンも現在は「ウェルカム割」くらい。2年縛りの条件付きではあるものの、MNP で au に移ってきた場合は基本料が2年間無料になる、というもの。

もっとも、同じような施策はソフトバンクでは「スマホタダ割」をやってますし、ドコモもちょっと前まで似たようなキャンペーンをやっていました。

そんな状況で、最大の商戦期3月にかけて打ち出してきたのが、「WE ARE! auでiPhoneキャンペーン」。

「WE ARE! auでiPhoneキャンペーン」の開始について (PDF)

端的に言えば、2月23日から3月31日の期間限定ながら

au へ MNP で iPhone 5 を買う人は本体価格 21,000円引き
au 利用者が機種変で iPhone 5 を買う場合は 9,450円引き


というもの。キャリア公式値引きですね。


続きを読む

最近 iPhone、iPad 関連で何か思うことも少なく(良くも悪くも安定)、とりたててネタもないので iOS 関連の記事を書くこともありませんし、殆ど関連製品を買うこともないのですが、久しぶりに iPhone ケースを買ってみたので、ちょっと紹介しておきます。

購入した製品はコレ↓



「極薄」を標榜している以外は、ポリカ樹脂製のなんてことのないケースでありますが、1個 505円ですので気軽に買えると思いますし(条件付きで送料無料も可能)、7色あるので季節・気分によって色を変えることもできる価格だと思います。

3GS や 4 の頃のようにケースだけで何万も出費していた頃と違って、最近はケースを無駄に凝る気力もなくなってきたので、むしろこういうのが有りがたいですね。

それに 1個 505円とくれば「どうせなら何色か一緒に買ってみよう」と思えるので(お店の思う壺かも)、今回も

iPhone5Case_NeoHybridEX03


と、どうせならと4色買いました。半分は連れの分ですが(黒 iPhone 5 の私がブルーとブラウン、連れの白 iPhone 5 用がクリアホワイトとレッド)。

正直言って、ケース類を店頭で触ったり試したりせずに買うのは少々リスキーなのですが、1個 500円の気楽さと評判の良さもあって、まとめ買いしましたが、手元に届いてみたものを実際に触って使ってみる限り、

コレが 500円ならまずまず満足の部類じゃないかな


という感じです。

以下、アレコレ写真と具体的な感想(長所と短所)を少々書いておきます。

続きを読む

このページのトップヘ