Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:iPhone

タイトル書いていて思いましたが、もはや iPhone 12 じゃなく iPhone 12 シリーズと呼ぶべき端末数になりました。
  1. 6 の時に大画面モデルの Plus が出て(6, 6s, 7, 8 の4世代)
  2. Xs の時に Max と名称が変わり
  3. それと同時に廉価モデル XR が無印と Max の間のサイズで登場し
  4. 11 になった際にモデルネームが以下にように変更され
    • 廉価モデルが無印に
    • 従来の無印が Pro に
    • 大画面モデル Max が Pro Max に
  5. そして今回 12 で廉価モデルの小型版 mini が登場

となりました。

特に前回 11 世代において

廉価モデルをナンバリングモデルに据えた


のはホント賢かったですね。

今までのメインモデルを上位モデル扱いの Pro / Pro Max にして、廉価モデルを「標準」化して別の名前を付けずナンバリングモデルにしたことは、結果廉価な 11 が売れるモデルになったことも含めて一つの転換点になったと思えます。これで iPhone 5c の亡霊も成仏できるでしょう :)

そして、今回の 12 では、その無印モデルと小型版 mini が主役でした。

iPhone12_Release1


今回の 12 シリーズでは、今まで廉価モデル扱いだった無印(と mini)のスペック底上げが素晴らしく

名実ともに無印(&mini)が
廉価モデルじゃなく標準モデルに


なりました。

XR や iPhone 11 は画面解像度その他からして廉価モデルなスペック感が強かったですが、今回の iPhone 12 & 12 mini は以下のように、廉価モデルの印象は払拭されました。


続きを読む

半月くらい放置していましたかね、本ブログ。元々昔ほどブログ書くのに頑張る気力もない近年ですが、「ネタない」「忙しい」「書きかけいっぱいだけど手付かず」という感じの昨今。

なので、とりあえず生存証明というか、そんなところですけど、何点か思うところを書き流しておきます。


続きを読む

スマホもタブレットもずっと iPhone/iPad と Android の併用で、一時期 Android をメインスマホにしていたことがありつつも、結局メインスマホは iPhone に戻ってからずっとそのままの今。

両者の差は随分と縮まって残っているのは「こだわり」の部分だけ。以前 Android をメインスマホにしてみた時よりもずっと iPhone にこだわる必要性は無くなった現在なのに、iPhone をメインに据えて Android をサブ機のままであるごく個人的な理由を前回に引き続き記しておきます。

メインのスマホをAndroidではなくiPhoneにしている極めて個人的な理由【前編】

ちょくちょく気づいた点を書いているうちに、数点程度と思っていたのが意外と増えてしまって長くなりましたので、前後分割しましたが、そう大した話でもないですし、あくまで個人的な感じ方と理由であります。

iPhone vs Android はすぐ宗教戦争になるのですが、両方使い続けてきた身としては、昔はともかく現在はもうどちらが良いなんてことはなく、人それぞれの好みや使い方で変わる程度に過ぎないと思っています。

ちょっと前までなら「iPhone にあって Andoid にはない自分が使いたいアプリがある」というのも理由になったでしょうけど、最近はそういうことも殆どなくなりましたしね…(何故か同じアプリなのに Android版より iOS版の方が使い良いとかはたまにあるけど)

続きを読む

本ブログへ投稿しようと思う記事を適当に書き散らしながらも、公私ともどもバタバタで投稿する余裕もなかったわけですが(ついでに外出自粛期間中での未整理写真の処理も大して進まず😓)、取り止めのない話から少しずつ復活投稿して行こうかと思います。

まぁ、こういう状況で懐もかなり厳しいので10万円もらえるからと言って散財モードになれるわけもなく、紹介できる新しいアイテムを殆どないわけですが。

というか、「こんな状況だから経済に貢献するぜ」とか言って高価な商品を買って SNS に投稿できる人は、こんな状況関係なく買える人だと思うんですよね〜

OPPORenoA13


さて、今年初めに買い替えた OPPO Reno A が値段の割になかなか快適&大画面で割と気に入っていることもあってか、新型 iPhone SE が出るまでは

スマホ買い換えたいけど iPhone はどれも高いし、安い Android にしようか迷ってるんだけど、Android でも使えるかな?


なんて質問を受けることが幾度かあった1〜2月でした。

ただ、春の買い替えシーズンを前に新型コロナウイルス騒動が発生し、そうこうしている間に 5万円以下では画面サイズ以外最強の新型 iPhone SE が発売されたので、iPhone ユーザーがわざわざ Android へ移行する動機は皆無になりました。

とは言え、私自身、

出先で(マスクのために)顔認証できない面倒くささを解消するために、マスク装着時用サブ端末として新型 iPhone SE を導入しようかな?それなりに安いし…


と思っていたのを思い留まらせてくれたのもサブ端末としての OPPO Reno A。

まぁ、実際に外出時のメインで使おうと思うと OPPO Reno A の画面組み込み指紋認証はレスポンス悪すぎ、ストレス溜まりすぎで、この糞レスポンスならわざわざ使わなくてもいいかな、と思っちゃったので、結局指紋認証あってもサブのままなんですけどね😓>OPPO Reno A

iOS 13.5 のマスク対策アップデートも(根本的な解決じゃないにせよ)次善の策としては悪くないと感じましたし。

OPPORenoA07


ともあれ、OPPO Reno A 購入からそのコスパの良さに褒めまくっていたせいか(今となってはコスパだけ見れば新型 iPhone SE の圧勝ですが)、

なんで Android じゃなく iPhone 使い続けてるの?


というクエスチョンをまた聞かれることもありました。

私自身、iPhone だけでなく Android もそれなりに長いこと使っていて(一番最初の Android は初代 Galaxy Tab か au メガネケースのどっちか)、一時期は Android をメインスマホにした時もありました

タブレットについては基本的に初代 iPad から iPad メインではあるものの、主に寝モバ、ベッドサイド・タブレットとして使っている7〜8インチクラスの小型タブレットに関しては初代 Galaxy Tab からずっと Android です。(iPad mini はちょっと大きすぎ)

Android をメインスマホにした時は、

もう Android も熟成されて使いやすくなってきたし iPhone にこだわる必要もないやろ。(当時 iPhone に Felica がなかったので)おサイフケータイをスマホで使うのに、いちいちサブ機を出すのも面倒だし、メインを Android にした方が効率的やわ!


と思って Android へ移行したわけですが、1年くらいで iPhone メインに舞い戻ることになりました。(カメラシステムを一時期ミラーレスに完全移行した時と同じパターン😓)

GalaxyTab04
(昔愛用の初代Galaxy Tab。今見るとビックリするほど分厚い)


そういう経緯の中、メインスマホは iPhone に戻ってずっとそのままなのですが、iPhone も Android もお互いパクり合いの結果、両者で機能的な差は更に縮まり、スマホとして9割くらいは同じ、残っているのは「こだわり」の部分だけになりました。

そんな「iPhone にこだわる必要性は更に無くなった」現在なのに、iPhone をメインに据えて Android をサブ機のままである、ごく個人的な理由を少々記しておこうかと思います。

(iPhone vs Android はすぐ宗教戦争になるのですが、どちらが良いかという話ではなく、単純に私が、今のところ iPhone メインでいる個人的な理由の話ですので、念のため。)

続きを読む

Apple Watch を購入、使い始めてからそろそろ1年半になりますが、以前も書いたとおり腕時計拒否派だった私もすっかり手に、いや腕に馴染んでいます。何度も書きましたが、これくらい軽く小さく(40mm モデル使用)、ベルトもサクサク変えられるのが重要です。

特に最近は引きこもりモードにならざるを得ない状況なので、余計に Apple Watch のムーブ、消費カロリー量には気を使うようにはしているので、その点でも Apple Watch を使っていて良かったですね☺️

もっとも、サイクリング40分より軽い感じの室内ランニング40分の方が消費カロリーが多く出てくるくらいですから、随分と適当なもんだとは判っていますけど、それでも目安があることで動く動機付けになるのは間違いありません。

AppleWatch_5Apps22AppleWatch_5Apps23


さて、そんな Apple Watch ですが、よく使っている機能といえば「通知、アクティビティ、ワークアウト」の基本3機能が大半で、そこは多くのユーザーとなんら変わることはないでしょう。

Apple も現行の watchOS 6 から Apple Watch 用アプリを iPhone アプリのコンパニオン的存在から独立したものへと舵を切っていますが、まだまだ Apple Watch ならではのサードパーティ製アプリや純正の機能以外でキラーアプリと呼べるものはないように思います。

とは言え、私自身も少しずつ Apple Watch のサードパーティ製アプリを使うことは増えてきました。もちろん、普段はスマホを身につけていることが多いですから通知デバイスとしての役割が主となりますが、

たまたまスマホが手元にない時の情報確認


として使うことも普通になってきました。

出先では常にスマホを持ち歩いているものの、家の中ではスマホを置いて別の部屋へ行ってることもありますから、別の階,別の部屋へわざわざ取りに行くことなく、ちょいと確認は Apple Watch ということに慣れてきました。

また、出先ではマスク必須という状況になって iPhone 11 Pro の顔認証が使いづらくなったこともあって、

Apple Watchでできることなら
マスク常用の外出時はそちらが便利


なことも増えてきました。特に、おサイフケータイ (Apple Pay) の支払いなんかは iPhone での顔認証ロックが素早くできないと Apple Watch の方が断然早かったりします。

そんなわけで Apple Watch の利用頻度が少し高まっている昨今ですが、アップル純正アプリ以外の、サードパーティ製アプリで最近よく利用しているものを5つ、以下に取り上げてみました。


続きを読む

iPhone 11 シリーズ発表直後から来春には発表発売の噂が絶えなかった iPhone SE 後継機。新型コロナウイルス絡みで発表発売がだいぶ遅れたようですが、ようやく発表。

iPhoneSE2020_2

iPhone SE - Apple(日本)

iPhone SE 2 だの iPhone 9 だのと言われていましたが、名称は変わらず iPhone SE。iPad シリーズや Mac ではナンバリングすることもないですから、Apple の中では iPhone メインストリーム機種だけが特殊と考えれば納得できる話です。

で、新型 iPhone SE ですが、端的に言えば、
  • 外見、ディスプレイ、指紋認証は iPhone 8
  • カメラは1世代前の廉価機 iPhone XR
  • 処理能力は最新ハイエンド iPhone 11 シリーズ

というモデル。

また、従来機種から見ると、
  • iPhone SE として見れば4世代分の更新となり、「4.7インチ化して防塵防滴になり、Apple Pay/Suica 対応にワイヤレス充電にも対応して、フラッグシップ機と同じ最新性能搭載したのに発売時価格は大幅値下げ」

  • iPhone 8 から見れば2世代分の更新になり、「最新最高性能になって eSIM(デュアルSIM)対応になって値下げ」

  • 現行フラッグシップ iPhone 11 シリーズから見れば、画面が小さくてカメラは一つだけど最新ハイエンド機の性能で値段半額以下!

という感じですね。

iPhoneSE2020_1


とにかく、搭載チップが現行フラッグシップ機でありスマートフォンの中でもトップの処理性能を持つ iPhone 11 シリーズと同じですから、

現在スマホ最高性能が4万円台


というのは、予め噂が出ていたとは言え、衝撃のコストパフォーマンスではあり、そういう意味では

ゲームしたい人には最強コスパ


と言えるかもしれません。(画面のリフレッシュレートでゲーミングスマホには劣るでしょうけど、値段が全然違いますからねえ)

iPad シリーズのように Pro、Air、無印廉価版で性能差を持たせることはせず、最新ハイエンド機の iPhone 11 シリーズと同じチップを採用したというのは、アップルらしくない大盤振る舞いとも言えます。

そして何よりも、

世界総マスク時代にあっては
古い指紋認証スタイルがむしろ利点!


であります。

マスク必須の時代にあっては顔認証が使いづらいのは言うまでもなく、私自身、

普段は便利だった顔認証はマスクしてると使い物にならないし、値段もお手頃価格だし、いっそ外出用に iPhone SE 買おうかなぁ


と真面目に考えているくらいです。いやホント。

個人的には指紋認証だけでなく、

この価格帯では少ないワイヤレス充電


を採用しているのも推したいポイントです。


続きを読む

風邪をひき込んで引きこもり3連休になっている中、今年もまた台風で大きな被害が出る年になってしまいました。今回被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。また、救助、復旧に尽力されている方にも感謝いたします。

去年、被災した当方としては正直トラウマであり、台風が発生するたび、近くへ来るなよ、と祈るばかりになっていますが、温暖化で強い台風が上陸しやすくなっている近年ですからね……

iPhoneAppleResaleService00


さて、今回 iPhone X → iPhone 11 Pro の機種変にあたって、アップルストア・オンラインで予約購入すると同時に、アップル公式の iPhone 下取りサービスを利用しました。

2019年秋 iPhone 機種変更にあたっての留意点まとめ 〜 Watch / Suica 引き継ぎやら、新旧端末の有線接続やら、下取りやら…

iPhone 11 Pro 機種移行時にあたって留意点を記した上記記事でも触れましたが、アップル公式の下取りサービスは

オンラインで購入した場合と
店頭で直接購入した場合で下取り処理が異なる


もので、今回はオンラインで iPhone を購入した場合を記します。(オンラインで購入した場合は新しい iPhone を宅配してもアップルストア店舗で受け取っても下取り処理は同じです)

上記記事でも書きましたが、
  • (予約なしで)店頭で直接購入する場合に下取りありの場合は、店頭で新端末購入と同時に旧端末を渡し、支払金額も最初から下取り額を差し引いた金額となる。

  • Apple Store オンラインで(予約)購入した場合は、ストア店頭受け渡しでも下取りプロセスは宅配と同じなので、購入時に新端末の価格全額がクレジットカードで決済され、別途端末返送キットが送られて、そこに端末を入れて返送して後日クレジットカードへ返金となる。

  • 去年は Apple Store オンラインで予約した場合は予約のみでアップルストア店頭決済できたが、今年はオンラインで予約した場合はその場で決済される形に変更となった。(去年は経験していないがアップルストア店員さん談)

  • 発売前予約でなくても、オンラインで購入→店頭引き渡し時間予約をした場合には前項と同じ処理プロセスとなり、アップルストア店舗で下取り差額決済したい場合には、アップルストアへ直接来店購入して、その場で旧端末を引き取ってもらう必要がある。

というものです。

Apple Store オンラインで購入→後から下取り端末返送のプロセスは店頭で下取りしてもらうのに比べると(手間もお金の決済も)いささか面倒ですが、
  • 旧端末を後から返送なので、端末移行時に旧端末がある安心感や後述する有線転送が可能
  • ストア受け取りなら上記記事で書いたようにセットアップエリアでアップルストア店員さんにサポート受けられながらデーター移行できる

というメリットはあるので、決して悪いことではありません。

端末移行時に旧端末があると、何らかの原因で新端末への移行が思ったようにいかなくても(旧端末のバックアップから)やり直しできる、旧端末の中身を見ながら新端末の環境設定ができる、などの安心感があります。

最近はそんなことしなくてもだいたい上手くいきますけど、人それぞれ環境は違っていて決して 100% ではありませんからね……

iPhone11Pro15


ともあれ、今回初めて Apple 公式のリセール(下取り)サービスを利用したわけで、

どれくらい時間がかかるんだろ?
どれくらいスムースにやってくれるんだろ?


という疑問(不安)がありましたので、今後利用される方の参考として、購入から古い iPhone の返送、返金までの時系列を以下に記しておきます。


続きを読む

iPhone の機種変した直後に腰をぶっ飛ばして動けなくなったりしていたので、iPhone 11 Pro の目玉であるカメラで色々撮りまくることができませんでした(/_;)

ので、肝心要のカメラ周りについてはさわり程度ですが、iPhone 11 Pro を10日間使ってみた感想を少々記しておきます。どちらかというと、iOS 13 での変更点の方が色々思うところがありますけど。

ちなみに、先週は長時間パソコンの前に向かうのは厳しかったので、本記事は大半を iPhone 11 Pro で書いてます。テンキー入力もハードウェアキーボードほどではないものの早く入力できますし、自宅に戻れば音声入力が使えるので、だいぶ速く入力できます。

音声入力は同音異義語の扱いがまだまだですが、後から訂正するのを厭わず、先にある程度の量を頭で考えておいて音声入力して、あとから一部修正というやり方ならそこそこ実用的なので、もっと使われて良いと思うんですけどねぇ。右手が腱鞘炎でキーボード叩くのが辛い時にも重宝します。

仕事に使えるかというと厳しいですけれども(プログラミング系は無理ですし)、メールのやり取りとか SNS、こんなブログの与太記事を書くくらいには使えます。

と、話は脱線しましたが、iPhone 11 Pro と iOS 13.x を10日間使っての簡単な感想を以下に列挙しておきます。


続きを読む

iPhone X → iPhone 11 Pro 買い替えにあたって、その動機になった理由や妥協したこと、世間?で言われるけど気にならなかったことを前々回、前回の2回にわたって記しました。

iPhone X から iPhone11 Pro に機種変してしまった5つの理由
iPhone X から iPhone11 Pro へ機種変する際に妥協したこと、気にならなかったこと

上記記事で書いたように、今回私の iPhone X → 11 Pro の機種移行は極めてスムースで、拍子抜けなほど。何かあってもおかしくないと覚悟していた Suica や Watch まわりも予想以上にスンナリ。

あまりにもサクッと元の環境(アプリ内の履歴含む)が復元されて、シームレスに使い続けられたおかげで、「全然 iPhone 11 Pro に変えた気がしない」のは、購入から1日2日経っても変わらぬ感想です(^_^;)

iPhone11Pro12
(AppleCare に入って裸使いでも良いかな…と思案中)


さて、今回の私の機種移行はノートラブルでしたが、最近は Suica だったり Apple Watch だったり、色々と iPhone に紐付いて事前準備が必要なもの、トラブルの元になるものも増えています。

ですので、事前にネットでアレコレ調べたり準備していたこともあったのですが、今回はアップルストア店内で、専門家たるアップルストア店員さんに色々質問しながら移行手続きを行いました。

念のためでもありますし、毎年のように細々としたところが変わるわりに、判りやすい説明が皆無の Apple ですから、現状のことを自分が学ぶためにも久しぶりにストア内でセットアップした次第です。

今回はそこでアップルストア店員さんに聞いたことを含めて、機種移行時に気づいて現場でメモしていたことをまとめておきたいと思います。

おいおい、事前にググって見つけた記事と(今は)違うじゃん!


ということも少なからずありましたし、そもそもアップルストア店員さんの言ってたことと違うこともありましたから…(アップルストアの複数の店員さんで話が違うので技術担当に確認してもらったなんてこともありました ^^;)

続きを読む

このページのトップヘ