Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:iPhone

使い始めて10日間というよりは、もう2週間になりますが、思っていた以上にできることが少ないガッカリさがあった割には、それなりに使い続けられている2週間です。

ぶっちゃけ、使い続けているけれど「ないと困る」「ないと不便」と言えるデバイスではないし、前回記事までに書いたとおり、日常的に身体を動かしてる人でもなければ機能的には5万円も出して買う理由はない、という思いはずっと変わりません。

ダメ元で使い始めた Apple Watch と10日間【前編】 〜現状はヲタクデバイスでしかないけれど未来への妄想は広がる?
ダメ元で使い始めた Apple Watch と10日間【中編】 〜引きこもりにも健康管理器具として悪くない、かも?

それでもしばらく使っていると、ワークアウトなど日常的に身体を動かすことがない私でも健康管理デバイスとして意外と悪くない、と思えるから不思議です。付け心地という点では(時計をする習慣のない私でも)意外とイケる、不快に感じないせいもあるでしょう。

ただ、そう思うのも大病をして多少は健康というものに意識が行き始めた年齢(ジジイに近いオッサン)だからであり、これが 10年前なら「健康云々言われても、そんなデバイス要らんわ!」で終わってたと思います。

そういう意味では、出会うべきタイミングで出会ったがために、それなりに付けることが続いているのかもしれません。まだ半月くらいですけど(^_^;)

AppleWatch4Nike42


さて、前2回は妄想やら書き散らし的な感想だったので、今回は10日間 Apple Watch を使ってきて感じた良い点、ダメな点を以下、箇条書きにまとめてみます。箇条書きだからと言って、さほどまとまってはいませんが……(^_^;)


続きを読む

Apple Watch を使い始めて10日間。今年始めに激安中華製体活動量計を試しに数ヶ月使ってみたものの、本格的なスマートウォッチの利用は初めてですが、前回記事では、

思っていたより自立性が低く、未だ iPhone のコンパニオンデバイスでしかないのはガッカリ
そのせいか、スマホじゃなく Watch だからこそ、という印象を持つアプリがほとんどない
結局、健康ヲタクと林檎系ガジェット好き以外に訴求できる点が少なく、これで5万円〜ではとても人に勧められない


と率直に思うところを述べつつも、バッテリー技術などが進化して

スマホから独立した存在になる未来がくれば楽しみ


だし、スマホ生活を少しでも変える可能性について色々思うところを記しました。

ダメ元で使い始めた Apple Watch と10日間【前編】 〜現状はヲタクデバイスでしかないけれど未来への妄想は広がる?

前回記事に書いたことは新しいガジェットに触れたテンションで書いた妄想の類ではあるのですが、とりあえず今は大して評価できなくてもスマートウォッチの未来に可能性は感じられる点で、新しいものを買って試した価値はあると思っています。

もちろん、本当にスマートウォッチに未来があるかどうか、それ以前に自分が Apple Watch を使い続けられるかどうか、元を取れるかどうかは話が別ですが(^_^;)

ただ、現状 Apple Watch でできることは少なく

お高い健康管理的デバイスでしかない


という評価は Watch OS の大改革でもない限り変わることはないのですが、

日常的に身体を動かすことがない人間でも
なるほど健康管理デバイスとしては悪くないね


と思えることの多い10日間でもありました。

Apple Watch なんて、ジョギングやジムなどで体力作りなんてことをしない引きこもり系オッサンが使って、どうすんねん。健康ヲタク向けガジェットやんけ


という先入観どおり、という評価とともに、

パソコンと睨めっこして長時間動かない
座りっぱなし人間に対する警告管理デバイス


としても、思っていたより悪くないな、と感じています。そのために 5万円は高すぎ、というのも、また事実ではありますが。


続きを読む

先日、岐阜基地航空祭の予行を撮りに行った際、10kg 強の荷物背負って自転車で必死こいて合計 20km くらい走ったのですが、ほとんどエクササイズにもカウントされず、ワークアウトは自動認識するという話なのに(登り坂では心拍数190くらい行ってるのに)ワークアウトとして認識もされず、なんかこうガッカリしたこともありますが、(まだ)使っております。

(サイクリングはワークアウトの自動認識対象外だと友達から教えてもらいましたので、上記訂正)

AppleWatch4Nike04


最近は、新しく買ったガジェットでも1週間ほど使っているとすっかり新鮮さを感じなくなる私ですが(新型 iPad Pro なんか本体は既にそういう感じ)、スマートウォッチは初めてのデバイスなので、刺激と新鮮さは1週間や10日では失われないですね。

もっと言えば、

初体験な分、色々思うところがあってまとまらない


ですね。使い始めの頃から、色々思うところを下書き的にメモしているのですが、全くもってまとまりません(^_^;)

なので、今回は 10日間使ってきて一番感じた点と、それに伴う未来への妄想を最初に記しておきます。時計をしない主義の人間が Apple Watch を付けた真っ当な感想記事は、次回に。

予め断っておきますが、体力作りなんてことをしない引きこもり系オッサンが思うところの話なので、ワークアウトの類いをする健康熱心な方々や林檎大好きっ子には受け入れられないかもしれません :-)

続きを読む

9月に入って少しは写真撮りに行ける時間が捻出できなくもないと思いきや、ひたすら雨模様。地震、梅雨前線の大雨、台風×3からの、文字通りな秋の長雨。

雨だと地震・台風での家屋修理も進められず、全部終わるのは10月になってしまうのは間違いないところ。頭痛いです。まぁ頭痛いのは仕事がらみでも多々あるわけですが……(-_-#)

iOS12_09


さて、今日は iPhone XS / XS Max の発売日で、相変わらず基幹店舗では発売イベントをやっていたみたいですが、もう新型 iPhone 発売日に盛り上がるなんてこともないし(特に今日は雨だったし)、そろそろ Apple Store 以外は止めても良いんじゃないですかねぇ。というか、キャリア店舗は止めたいでしょう。

過去記事に書いたように私自身は iPhone X を買ったばかりで、マイナーチェンジの今年はスルーです。貧乏人が頑張って買った十数万円もするようなスマホ、さすがに1年で買い替える気にはなれません :-)

ぶっちゃけ、自分自身が去年 iPhone X を買ったにも関わらず、

スマホに十数万も出すのはどこか狂ってる


という気持ちは相変わらずあったりします。

「使う頻度を考えればパソコンよりお金出してもおかしくない」とか言われても、私にとってパソコンは使っていて銭を生むこともできる生産装置ですが、スマホを使っていても銭を生まないどころか消費するだけのデバイスですからねぇ。

ですから、今年の新モデルの中では

カメラに強いこだわりがなければ iPhone XR イチオシ


という気分です。

もちろん、個人的に iPhone X / XR / XR Max の有機EL画面に見慣れると液晶画面は物足りないですし、カメラは望遠レンズが必須だと思っていますが、それは iPhone X に慣れてしまったからであり、iPhone 5/6/7 世代からの乗り換えなら XR でも不満ないはず。

あと、安くなった iPhone 7 は Suica / 防水仕様になった(イヤホンジャックも廃止した)世代なので、iPhone 5/5s 世代の人が値段重視で買うなら悪くないと思っています。2世代前ですが、iOS 12 で iPhone 6s 世代でも特にモッサリではないので、7 でも2年は十分行けそうですしね。

iPhone 8 / 8 Plus も(今となっては古く感じる)ホームボタンモデルですが、中身は iPhone X と同じ一世代前のレベルですから、iOS 12 でもサクサク、まだ2〜3年は十分ストレスなく使えるはず。

ただ、個人的には、4.7インチ端末にこだわりがなく iPhone 8 Plus を選ぶくらいなら断然 iPhone XR を勧めたいところ。

X 世代の新しいユーザーインターフェースが完璧だとは言わないけれど、X 世代を使ってみれば

ホームボタンなんて要らんかったんや、ホームボタンに指を持って行くのは無駄が多かったわ


ということに気づくわけで、「出せるなら早く X 世代に来た方がええで」とは思いますね。ま、人それぞれ事情がありますけど。

iOS12_10


前置きが長くなりましたが、iPhone XS / XS Max 発売より先行して今週初めに iOS 12 がリリースされました。リリース直後にインストールして数日使ってきた雑感を少々記しておきます。


続きを読む

iPhone XS / XS Max は今日予約開始みたいですね。前回記事でも書いたように、昨年発売直後に iPhone X を購入して、さすがに十数万円の端末を毎年買い替えできるお大尽モードにはなれないので、今年は見送り予定。(地震台風による家の修理代もあるしねぇ)

今年の iPhone X → XS はマイナーチェンジだし、iPhone X / XS のサイズ感が気に入っているので Plus を買った時のように Max へ行くつもりもないし……とは思っているのですが、

スペック上はそのままながらカメラの劇的進化は魅力的


と感じているのも事実。買い替えを我慢できなくなるほどじゃないですが、スマートHDR とか絞り値の後から変更とかは魅力的です。

AppleEvent20180913A


そんな自分の買い替え問題は別として、6s 世代から粘ってきた人や 7 世代の人はそろそろキャリアの月割との絡みで買い替えサイクルの頃でしょう。

その中で、昨日の発表会の #AppleEvent ハッシュタグをチラ見していたら、意外とホームボタンにこだわっている人が多いこと、ホームボタンのない X 世代に不安を感じている人が多いことに気づきました。

私自身、去年 iPhone X を買う時には、

ホームボタンがないことや指紋認証 (Touch ID) ではなく 顔認証 (Face ID) になるのは正直どうなるか判らんけど、ダメだったら iPhone X はすぐ売って 6s Plus に戻ろう!


と思って購入したわけですので、その気持ちはよく判ります。

また、全ての状況で iPhone X 世代のホームボタンレス&顔認証 Face ID が従来より使いやすいかというと、そうではありません。これは iPhone X 発売直後から8か月使ってきての事実です。

ただ、それでも

ホームボタンがないことは意外と慣れる


し、その他の使い勝手も、全部が便利になるわけじゃないけど、トータルとして使い勝手が落ちたとも感じてない、場面ごとに良し悪しがあるわけで、

そんなにホームボタンレスに不安を感じるものでもないと思うんだけどなー


と思ってます。

とはいえ、iPhone X 世代でホームボタンがなくなったこと、認証方式が変わったことで良し悪しはあるので、その点について10か月使ってきた率直な感想を以下に記しておきたいと思います。


続きを読む

一昨日に続いて今日も未明から小松基地航空祭予行へ行く予定でしたが、天気が今一つなようなので断念しつつ、やっぱり2時半に起きて毎年9月恒例の iPhone 発表の Apple イベントの中継を見ることに。

今年もやってきた Apple 秋の祭典ですが、今年の Apple 秋イベントに対する私のスタンスは、以下のとおりでした。
  • iPhone は去年 iPhone X を購入したばかりなのでスルー。1年〜1年半サイクルで買い替えてきた私も、さすがに十数万も出した端末を1年で乗り換えられるほどお大尽にはなれない。(たぶん)

  • ホームボタン廃止の iPhone X に倣った Face ID 搭載 iPad Pro は首を長くして待っていたので、出れば即買い。10.5インチの 64GB、SIM フリー機で。(デジカメの撮影写真を取り込んで処理するのは諦めたので 64GB で十分)

  • 去年連れ合いにクリスマスプレゼントで送った Apple Watch は、自分も多少興味出てきたので Series 4 の内容次第で前向きに検討。血圧測定対応になったら即買い。ただ、腕時計をしない人だから正直ずっと使う自信はないので、一番安いタイプの LTE なしを。

  • Mac は Mac mini が4年ぶりにリニューアルされれば即買い。液晶モニターも新調して地震で壊れた iMac と入れ替え。Mac mini が今年もリニューアルされなければ、iMac を買うか、デスクトップも Windows 機にするか、MacBook Pro +外部液晶モニターにするかの悩みが続くことに

  • 仕事の関係で購入した Windows ノートPC の Spectre X360 にさほど不満ないし、とある仕事が継続する限り Windows ノートが必要なので、持ち歩き用のノートPC としての MacBook / MacBook Pro は一旦保留。

というわけで、これを踏まえて今回の Apple イベントの結果でありますが……マジかよorz でしたね。


続きを読む

数日前、長年愛用している iOS 向けテキストエディタ「 iText Pad」アプリが 8か月ぶりにアップデートされ、ようやく iPhone X の縦長画面に対応してくれました。

iTextPad20180717B

iText Pad (App Store)

今回のアップデート内容は以下のとおりで、iPhone X 対応はバグ修正その他のついで的な感じで書かれていますが、私にとっては待望でした。


続きを読む

iPhone X でホームボタン廃止とともに導入された顔認証システム Face ID に対しては幾分否定的な意見もあるようですが、先日の記事で書いたとおり、個人的には高く評価しています。

ロック解除時の Face ID についてはまだ完全に満足と言える出来ではありませんが、アプリ起動時のロック解除などのシーンでは指をホームボタンに持っていく必要がなく、手に持って見ている状態で勝手に認証してくれるので、もう手放せないです。

反面、何度も書いてきていたとおり、ロック解除時には必ずしも端末を手に持って正対しているわけではないこともあり、指紋認証 Touch ID と比べると以下のような不満はあります。
  1. ランドスケープモード(横置き)だと認証できない
  2. 顔認証できる距離の範囲が狭く、眼鏡ユーザーとしては眼鏡を外している時に画面を近づけてみていると認証できないし、机に置いたままの iPhone X を少し離れて見た時も遠すぎて認証できない
  3. iPhone X と顔の距離が適切であっても、iPhone X の画面と顔との角度がつきすぎていると認証できない(水平側の角度は40°くらい?の許容度があるが、垂直側の許容範囲はかなり狭い)
  4. ロック解除したらスワイプなしにホーム画面へ行くオプションがない(Touch ID ではあったのに…)

机に平置きしている状態でホームボタンに指を置けば指紋認証されていた Touch ID と比べると、iPhone X を置いている時にはちょっと不便です。


(なので、iPhone X を縦置きして充電できる Qi スタンドは愛用中だし…)


どこでも iPhone を縦置きできる折り畳み小型スタンドも愛用中)


ただ、iPhone X を縦置きスタンドに置いていたとしても、iPhone との角度によっては「画面を注視しているかどうか? 」という判定に跳ねられることが時々あります。

また、

Face ID 認証にありがちな微妙な認証の間


も「画面を注視しているかどうか?」の判定のせいですので、このあたりの Face ID の不満を多少なりとも解消できれば良いかと思って、Face ID の設定で

「Face ID を使用するには注視が必要」をオフに


してみました。


続きを読む

iPhone X が発売されてもうすぐ3ヶ月、私も使い始めて3ヶ月近くが経ちました。最近のニュースでは iPhone X の売れ行きにネガティブな報道が多かったりもしますが、

売れる売れないはユーザーの知ったこっちゃない


ですし、

売れ行き不振の原因でもある価格が高かったことに不満はあっても、買ってしまったからには関係なく、使っていて満足できればそれで良い


ことであります。

(関連企業含めた)従業員や株主その他利益関係のある人以外で売れ行きがどうのこうの言ってるのは、だいたい買っていない人、買う気もない人ですから、どうでもいいですしね……

iPhoneX04


ともあれ、購入直後のテンションの高さが収まって日常道具になった iPhone X を3ヶ月使ってきての全体的な満足度を言えば、

細かい不満が何点かあるけれど
今なお満足度は高い


ですね。

値段が高い、という不満は買う前から買った直後くらいまでの不満ですからねぇ。3ヶ月も経てば購入金額の高さは割とどうでもよくなります(^_^;)

ということで、3ヶ月 iPhone X を使ってきて今なお思うことを何点か記してみます。


続きを読む

先月からお仕事が修羅場モードに突入し、見込み違いもあって予定より1〜2週間も長く修羅シュシュシュッな状況で、2018年も 14分の1 が過ぎましたが、パソコンとにらめっこしている記憶しかありません(´Д` )

先月後半から年始しばらくはブログを書いている余裕がないことは予測していたので、11〜12月上旬に記事を書き溜めていたのですが、年始には全て吐き出してしまったため、本ブログも放置プレイになっていました。

ブログだけでなく、パソコンとにらめっこしているばかりで、写真の1枚も撮りに行っていないし(元旦朝の、初日の出&ヒコーキのみ)、すっかり写真撮影への意欲も消え去って、デジタル一眼レフへ復帰する意欲もだいぶ下がってしまって、どうしたもんか状態です(^_^;)

NewYearSunRising2018AtItamiSkyPark5
(初日の出どころか昨秋から写真整理も全くする余裕がないまま……)


さて、忙しすぎて何もブログに取り上げることがないだけでなく、物欲すら下がってしまっているので、あまり書くようなこともないのですが、昨年草稿を書いていたものの、予約投稿していなかった件を一つ。

写真 SNS というかフォトクラウドサービス Flickrをはじめ、各種写真ウェブサービスを一括して存分に利用できるアプリ「FlickStackr」が AppStore から消えてしまったこと、その後の話です。

続きを読む

このページのトップヘ