Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:iPadAir

今年も残すところあと3日と少々となりましたが、皆さまにおかれましてはいかがお過ごしのことでしょうか。私は全く何もかも一年を締めくくれておりません……orz

とは言うものの、毎年恒例の記事なので今年も「だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2014」を紹介していきたいと思います。

今年はパソコン関連製品を全く買っておらず、その他 IT ガジェット製品もあまり買ってなくて、殆どカメラ機材に集中して金を落とした一年でした。それゆえ、今年のお買いものベストもカメラ機材中心になってしまっています。

ただ、今年のお買いものの特徴として、カメラ機材を中心にあまり小物が入っておらず、

例年になく平均単価は高かったけれど、満足できる買い物が多かった


のも事実。他人の評価はともかく自分の中では、ええ買い物したわ、と思うものが多かったので(一番重要)、お買いものとしては良い一年だったかなあ、と思います。

ともあれ、今年のお買いものベストはバラエティさに欠けることを予め言い訳しておきながら、紹介を始めたいと思います。

なお、毎年書いてますが、製品の善し悪しの評価ではなく、お買いものとしての満足度の評価ですので、ご理解下さい。


続きを読む

もう iPad用キーボードは買わない!と思っていたのですが、また買ってしまいました……。「今回はキーボードカバータイプじゃなく、汎用キーボードからセーフ」という言い訳とともに(^_^;)

衝動買いではないのですが、先日 iPad Air 2 購入後にヨドバシカメラへ背面ケースを探しに行った際、iPad用キーボードコーナーで店員さんがこのキーボードをディスプレイに並べていました。

KeyToGo6


「おー、なんか小さくてチャチなキーボードだけど、その分、三色展開か〜。何となく使ってみたい気もするけど、チャチな割には高いし、iPad用キーボード買いすぎな割には使っているのは一つだしなー」

という感じで、その日はスルーしたのですが(製品名も覚えなかったくらい)、なんか触ってみた感触が妙に気になって(≠気に入って)、結局一週間も経たないうちに買ってしまいました(´д`)

Key-to-go — すべてのiPadに対応するポータブルキーボード — ロジクール

最近 iOS 関連にあまり興味がないので、この製品が発表/発売になったことは知らなかったのですが、最初に見かけたときは発売直後だったようで、その後気になってネットを見渡してもあまりレビューがないようです。(機材提供されての提灯記事は除くw)

KeyToGo1


まあ、ハッキリ言って

こんなチャチなキーボードが 9千円近くもするのか!?


というボッタクられ気分がある製品なのは否めませんし、それゆえに買う人も、興味ある人も少ないのかもしれません。

確かに私も

見た目安っぽいし、キータイプも全然イマイチな割には、高すぎやろ!


と思ったのですが(店頭で触れば判るし、買った今でもそう思う)、

単体別売りとしては、今までにないモバイルキーボード
(Surface の Type Cover のパクリっぽいけど)


なのも事実なので、その点に惹かれて買っちまいました。

参考になるかどうか判りませんが、こんなモバイルキーボードが気になった人のために、一週間使ってきた率直な感想を以下に記しておきます。


続きを読む

いやね、今さらですが昨日 Music Match を導入したんですよ。全楽曲が iPhone に入れられないストレスもあったうえに、常時空き容量 1GB 未満でやりくりしている iPad Air だけでなく iPhone 5s も残容量が 2GB を切っている状態で、少しでも空き容量を稼ごうと思いまして……

サービス開始当初や日本で使えるようになった頃の評判を見て「mobile me の悪夢があるし、これは金は出せんわ」と思っていたのですが、まあしばらく経ってマシになっているかな?なんて思ったのですが、甘かったですね。

楽曲のアップロードは何度も止まって、手動で作業停止と再開を繰り返し。終わってみると同じアルバム中でマッチする曲としない曲が混在したり、iTunes で購入した曲なのに iTunes Match 不適合というものがあったり…なんなんですか、これは。

iTunesMatch20141016

(iTunes から提供されるファイルと手持ちのファイルでは音質も音圧も違うので
同一アルバムの中で混在されると違和感ありまくり)


利便性と iPhone の空き容量を稼ぐために Music Match を使い始めましたが、相変わらず Apple のクラウドサービスはダメやなぁ…というのを再認識しましたね。史上最低のクラウドサービスだった mobile me の時よりマシですが(;´д`)

とまぁ、そんなことはさておき、未明の Apple 新製品発表会は予想されていたまんまの
  • iPad Air 2
  • iPad mini 3
  • Retina iMac
  • 新型 Mac mini
  • Mac 向け新 OS X「Yosemite」

という内容でした。近年の Apple 発表会は何のサプライズもないので、爆眠余裕 :-)

それら新製品の中身も細々と説明する必要もないレベルで、それぞれ1行で書くと以下の感じでしょうか。


続きを読む

iPhone 6 / 6Plus ご購入の皆さま、おめでとうございます。今年も午前8時から民放全局が iPhone 中継を行っていましたが、いつまで続くのでしょうか。来年のデザインチェンジがないであろう 6s あたりがターニングポイントでしょうかね。

Apple Store 銀座に並ぶ中国人集団の無法がネットで話題になっていましたが、中国が最初に販売する国から外された時点で予測されたことではあります。とはいえ、銀座のイメージダウンにはなりますし、来年はどうなりますやら。


さて、昨日リリースされた iOS 8 については少し記事を書きましたが、一つ書き忘れたことが。

iOS 8 では、SIM ロックフリーの iPhone 5s/5c にドコモ MVNO の SIM を挿すとテザリング不可だったのが、iOS 8 では一部 MVNO でテザリング可能になったという報告があります。

てくろぐ: iOS 8.0とIIJmio iPhone・iPad全機種動作確認

また、上記記事で追記もされていますが、SIM ロックフリー iPad もそのままでは iOS 8 にするとテザリング不可になりますが、APN 構成プロファイルを作ってインストールすればテザリングが復活するようになっています。

(SIM ロックフリー機で何かあれば APN の構成プロファイルを作ってインストールするのは常套手段)

手元の SIM ロックフリー iPad Air に IIJmio ではなく BBエキサイトモバイルLTE の SIM を挿した場合でも、以下のように、OS アップデート直後はテザリング不可になりましたが、APN 構成プロファイルをインストールすることで何ら問題なくテザリング可能になっています。


続きを読む

【追記訂正】コメントいただいた方の報告では、iOS 7.1.2 にアップデートしてもキャリア・アップデートは強制適用されず、以下の記事の心配は無用とのことです。

現在、旅行中で夜討ち朝駆け状態なので自身の SIMロックフリー iPad Air をアップデートする余裕がなく、ちゃんとした訂正もできませんが、とりあえずの追記訂正報告をば。

指摘コメントをいただいた方には大変感謝しております。ありがとうございます。【追記終わり】

W杯寝不足が続く中ではありますが、本日 iOS 7.1.2 や Mac OS X 10.9.4 などアップル関係のアップデートが一斉に公開されました。

iPhone / iPad などに向けた iOS 7.1.2 は、先日問題となったメールの暗号化問題も含めたセキュリティ・アップデートの意味合いも多いので、特に事情がない限りアップデートすべきものです。

iOS712_1 iOS712_2


ただし、SIM ロックフリーの iPad ユーザーは思案が必要です(iPad Air、iPad mini Retina モデルだけでなく)。


続きを読む

今までドコモ MVNO の廉価データー通信サービス(IIJmio、OCNモバイル、日本通信など)が提供する SIM を SIMロックフリー iPhone 5s/5c に挿した場合、通常のデーター通信は問題なくできるものの、テザリングは不可でした。

反面、SIM ロックフリー iPad Air / iPad mini においては、それらドコモ MVNO の SIM を挿しても問題なくテザリングができていました。

しかしながら来月、ドコモから iPad Air / iPad mini が発売されるということで、次のキャリア・アップデートでは iPad Air / iPad mini でのドコモ MVNO の SIM によるテザリングが塞がれる可能性が指摘されていましたが、

本日 SIMロックフリー iPad Air / iPad mini 向けに提供された
キャリアアップデートを適用するとドコモ MVNO 回線でテザリングが不可に


なる報告が相次いでいます。


続きを読む

タブレットのキーボードカバーは、タブレット本体と一体にして運べるし、机がなくてもノートパソコンのように膝上などで使える外部キーボードになるので、タブレットでどこでもタイピング作業をするには便利な一品。

私も過去に常用したタブレットでは全てキーボードカバーを買ってきましたが、やっぱり一番信頼が置けるのがロジクール。安い中華製キーボードカバーが氾濫していますが、迷ったらロジクール買っておけば安定。過去の経験上そう言いたくなります。

ただ、ロジクール製品に限らず、キーボードカバーの難点は厚み。キーボードですからある程度のキーピッチ、剛性がないと使い物になりませんのでやむを得ないわけですが、それでも 7〜8mm ともなると、

「キーボードカバーは便利だけど、装着したら iPad の厚みが倍になるもんなぁ」

という悩みもまた同梱されます。

ということで、ロジクールから従来のキーボードカバー TF715/TM715 から更に薄型化した新型キーボードカバーが発表されました。

iK1060(iPad Air用)& iK0760(iPad mini用)

型番も T から始まるシリーズから一新されています。発売は 6月6日、価格は iPad Air 用が 10,800円、iPad mini用が 9,800円。現行製品の発売時と同価格ですね。


続きを読む

ガラケーの時代からケータイをなくしたり、すぐに取りに戻れないところに置き忘れた、ということはなく、スマートフォンになってもそれは変わらないのですが、何故か大型サイズの iPad だけは忘れ物をしたことが何度かあり、先日もまたやってしまいました。

今回は忘れた先が県外とはいえ、友人の車ということで大したことはなかったのですが、一昨年 LCC ピーチ就航当初に機内に忘れた時は結構大変でした。最終便でもないのに、夜になると忘れ物問い合わせが一切できず、関空の人ですら連絡できないですねぇ、ということで「これが LCC ということか」というのを早々に体感しましたからね。

日本初の LCC ピーチで機内に忘れ物をした時の記録

結局この時も翌朝になって連絡がついて無事手元に戻ってきましたが、離着陸時に電源をオフっていたり機内モードにしていると、端末の位置情報確認もリモートワイプも効かないので焦ります(ログイン失敗10回で中身強制消去は有効にしていますが)。

タブレットも SIMロックフリー機を愛用する理由の一つに紛失時にリモート操作できるからなのですが、こういう時は無力だということを身を持って知ったので、以後着陸時のシートベルトサインが点灯した時には全ての荷物をカバンに入れ、前座席背面のシートポケットには何も残さない、というのを徹底しています(^_^;)

ちなみに、iOS / Apple製品では随分前から端末の現在位置を確認したり、リモートワイプできる機能を標準で提供していて、その点も Android が iOS と比べて足りない部分でしたが(セキュリティアプリで対応する手段はあったが)、今は Android デバイスマネージャがあるので、この点でも iOS の優位性はなくなりました。

iPadAir06


さて、そんな忘れ物をするくらい持ち出している iPad Air ですが、出先でタブレットを使って何か作業することが多いために持ち出し用タブレットが 7インチクラスの小型タブレットからデカ iPad へ舞い戻ったことを前回記事で記しました。

特にフルサイズ iPad くらいのサイズがあると仮想キーボードが実用になる、タイピング作業のことを考えて外部キーボードやキーボードカバーを持ち歩かなくて済む、と再認識したことが iPad Air を持ち出しタブレットのファーストチョイスとなった主要因です。

しかし、だからといって外部キーボードを持ち歩かなくなったわけでもありません。状況に応じて、外部キーボードを持ち歩いています。

ただ、
  • 小型タブレットを持ち歩いていた時と比べると、外部キーボードを持ち歩く頻度は減った
  • キーボードカバー/キーボードケースは、ほぼ使わなくなった
    (iPad Air 用キーボードカバーも買ったが、殆ど使っていない)

という変化はあります。

そして、先日 ITmedia にて

タブレットに外付けキーボードを付ける人と付けない人 それぞれの譲れない主張 − TechTargetジャパン スマートモバイル

こんな(ある意味このブログと同じくらいどうでもいい)記事が載っていて、ちょっと思うところがあったので、iPad Air とキーボードの関係について
  • 仮想キーボードを使う場合
  • キーボードカバーを使う場合
  • 外部キーボードを使う場合

の 3形態について個人的な見解を述べてみたいと思います。


続きを読む

このところバタバタと忙しくブログを書くテンションにならなかったり、この記事も半月近く前のゴールデンウィーク中に書いておきながら放置してしまいました。おかげで、iPhone、iPad 購入からもう二ヶ月近く。

完全に iPhone も iPad もメイン端末になって久しい感がありますが、一応 Android スマホと併用している iPhone はともかく

持ち出し用タブレットのファーストチョイスが
Nexus 7 (2013 LTE) ではなく完全に iPad Air


になってしまったことは、何度振り返っても予想外すぎて見誤りました。

購入直後は嬉しがりで iPad Air を持ち出すこともあると思っていましたが、時間が経つに連れ(=購入直後のハイテンション状態が収まるにつれ)、持ち出すのは小型タブレットに戻るだろうと思っていたのですが……逆でした。

GR011305.JPG


たまに持ち出すことはあるだろうと毎度の SIMロックフリー機にしたものの、Nexus 7 より持ち出し端末のファーストチョイスになるとは完全に想定外。いまや、Nexus 7 (2013 - LTE) を持ち出すのは
  • 身軽な体制でカバンが iPad Air が入らないサイズの時
  • 出先で積ん読消化したくて7インチ端末を持ち出したい時

という条件の場合だけ。

Nexus 7(初代)や iPad mini を購入した頃に

「もう重い iPad は持ち歩くことはないな、モバイルタブレットは 7インチクラスに限るわ!」

と思ったのもどこへやら。

もちろん、タブレットを使う目的、スタイルは人それぞれ異なりますから、ごく個人的なことを普遍的な話に広げようとは思いませんが、1年半の月日を経てこんな形に戻ってきたのは自分でも興味深いことでした。

「iPad Air を買って、なんでまた、こんなデカいタブレットを持ち出したくなったのだろう?」

そう思って、このところずっと要因を考えてみたのですが、概ね以下の理由な気がします。

続きを読む

前2回にわたって紹介してきた、コストパフォーマンスに優れる iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」。私自身、購入して使ってみて満足の一品です。

リーズナブルで真っ当に使える iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」【1】
リーズナブルで真っ当に使える iPad Air用キーボードカバー「Anker Keyboard Cover」【2】良いところ編

ただ、何度となく書いてきましたが、「リーズナブルで真っ当に使えて、コスパ最高」な製品と思うけれども、ベストな製品かと言われるとやっぱりロジクール製品に軍配を挙げてしまいます。

そのあたりの評価は個々人の好みにもよりますし、値段の差を考えると Anker の本製品を支持したくなりますが、細部はロジクールのキーボードカバーの方が良いなぁ、と感じるところもありますので、その理由について書いておきます。

続きを読む

このページのトップヘ