Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:iCloud

先週の iPhone 7 発表を前に、8月末に iCloud ドライブに「2TB プラン」が追加されました。

Apple、iCloudに2TBプランを追加(月額2500円) 256GBモデルiPhoneの予兆? - ITmedia ニュース

容量 256GB の iPhone/iPad Pro を持っているからといって、2TB ものクラウドストレージが必要なのかは私には想像できませんが、Google ドライブには 10TB, 20TB, 30TB プランというのがあるので、驚くことではないのかもしれません。(逆に Google ドライブは 1TB の上が 10TB になるので、2TB が良い落としどころの人もいるのでしょう)

iCloudDriveUpgrade1
(Google ドライブの上位プラン)


ただ、個人的には

iCloud に写真のバックアップをしなければ
無料の 5GB でも足りることがほとんどでは?


と思っていますし、実際少し前までは iPhone/iPad 合わせて数台の iOS 機器がありながらも 5GB の無料ストレージプランでバックアップは賄っていました。

iCloudDriveUpgrade2


写真を溜め込んで iCloud バックアップをオンにしていると無料の 5GB というスペースでは到底足りなくなりますが、今は

Google フォトをインストールすれば
写真と動画は無料で無制限バックアップが可能


です。(Android は当然利用可能ですし、パソコンからでも可能)

もちろん制約はあって、画質は全くオリジナルそのままではなく、サイズダウンのための再圧縮がかかるようですが、元々がスマートフォンで撮影するようなお気楽写真ならば再圧縮された画質も許容範囲内ではないかと思います。(ビデオは撮影時の設定によっては劣化が多少目立つこともある)

iCloudDriveUpgrade3


写真のバックアップを Google フォトに任せれば、十数GB、数十GB もの写真を溜め込んでいても iCloud へのバックアップ負担はなくなりますし、あとはアプリ毎にバックアップが本当に必要か見直していけば、使い込んでいても結構 iCloud バックアップ容量は削減できます。


続きを読む

iPhone 版 LINE アプリが昨日アップデートされました。

LINE20160627A


トークリストのピン機能など色々と細かな機能追加が行われてましたが、久しぶりに「これだけのために LINE アプリをアップデートしなきゃ!」というのが、

トーク履歴を iCloud にバックアップする機能


が追加されたこと。

ようやくかよっ!!って感じですが、これで機種変したり、端末を初期化しても iCloud からトーク履歴を復旧できるようになりました\(^o^)/

従来、iPhone の機種変や初期化したのちの LINE トーク履歴復旧は、iPhone の初期設定時に iCloud ないし iTunes から従来端末のバックアップを丸ごと復旧させる必要がありました。初期設定時に「新しく iPhone を使う」を選んで本当の意味での初期化、真っさらな状態から再度環境構築した場合には、LINE アプリ再インストールしても過去のトーク履歴は復元できませんでした。

(Android 版 LINE アプリには、機種移行時のためのトーク履歴バックアップ機能は従来からあります)

しかし今回の「トーク履歴を iCloud にバックアップする機能」を有効にしておけば、トーク履歴は iCloud バックアップに保存され、LINE アプリを再インストールした際には iCloud から復旧できるようになりました :-)

また、「トーク履歴を iCloud にバックアップする機能」を有効にする方法は何も難しくなく、LINE アプリをアップデート後に起動すると、以下の画面のように、トーク履歴をバックアップするかどうか聞かれます。


続きを読む

iCloud が昨年スタートした際、それまで Apple が以前有料で提供していたダメクラウド MobileMe のユーザーに対しては「iCloud の 20GB ストレージ増量オプションを1年間無料にするよ!」というプレゼントをしてくれました。

まぁお金出して(年額1万円弱)イマイチなサービスを受け続けてきたどころか、mac.com → MobileMe のサービス移行時に酷い目に遭ったダメクラウドもいいところなモノだったので(それでも複数 Mac間の諸々同期は便利だった… iCloud で無くなったけど >_<)、それくらいしてもらってもバチの一つも当たりはしないわ…と思えるものでした。

ともあれ、その旧 MobileMe ユーザーの iCloud ストレージ 20GB無償増量の期限は先月末、2012年9月30日でした。

が、その少し前から

「確認したら 20GB のストレージ増量期限が 2050年9月30日になってる!」
「バグらしい」
「いや、Apple が認めたらしい」

という話題が駆け巡り、最終的にはあちこちの Mac / iPhone 系ブログで 2050年まで増量で決まり、みたいな記事を散見しましたが…

結果的には

旧 MobileMe ユーザーへの iCloud ストレージ 20GB 無償増量は延長
ただし延長期間は1年のみ、2013年9月末まで


ということでした。

さきほど Apple からその旨のメールが来ました。以下、そのスクリーンキャプチャ。


続きを読む

先週は週末まで真冬の北海道へまた行ってましたが、技術の進歩といいますか、通信インフラの進歩は素晴らしく、日本ではどんな僻地へ行っても、都市部と変わらないレベルでネット情報に接することができる時代になりつつあることを改めて実感しました。

今回特に驚いたのが、北海道最高峰の大雪山・旭岳にある旭岳温泉にも光回線であろう高速通信が可能になっていたこと。3年前に泊まった時は結構苦労したもんですが…

旭岳温泉は旭川から1時間強、強烈な寒さで知られる旭川盆地から更に山を登った酷寒の地、かつ静かな温泉なのですが、今回行ってみると宿のロビーには無線 LAN が入っており、ちょっと速度計測してみると…

旭岳温泉湧駒荘


いやー、驚きました。こんな北海道の山中にある宿、氷点下 20℃当たり前の世界でも快適快速にネットができて、普通に自宅にいるのと変わらないレベルでネットニュースを見たり、SNS したり、VPN 繋いでメンテしたり…

一日中氷点下のパウダースノーに囲まれて、極楽な温泉に思う存分浸かって、下界の喧騒と切り離されつつも、ネットだけはストレスない速度で繋がっている。いい時代になったものです…

ちなみに、旭岳温泉はドコモと au はまずまず(圏外になる場所あり)、ソフトバンクはエリア内だけど圏外多発の山奥ゆえ、iPhone を au にして良かった!というのはありました。特に旭岳ロープウェイの上ではソフトバンクは完全に圏外なので、au だからこそ写真付ツイート飛ばしまくりも可能でした :-)

Mt. Asahidake in 20 Centigrade minus


さて、そんな山奥の宿に滞在中、Apple が日本の iTunes Store を大きく変更したというニュースがありました。北海道の山の中に滞在しつつ、その報にはホント驚きました。

日本じゃダメだと諦めていたことが変わった


という感じです。既に数日前のニュースなので旧聞に属する話ですが、旅から戻ってきた自分の整理のために、変更点を少しまとめておきました。


続きを読む

前回、前々回と GoodReader での iCloud 利用法を解説しました。

GoodReader による iCloud 活用マニュアル【前編:Move / Download / Evict】
GoodReader による iCloud 活用マニュアル【後編:ファイル公開機能とセキュリティ上の注意点】

アプリケーションによる iCloud 活用は複数デバイス(主に iPhone と iPad でしょう)でのデーター同期を中心に使われ始めています。常に iPhone / iPad に常駐させてるアプリの中でも幾つかが対応していました。

iCloud_inMac01_PagesSS iCloud_inMac02_FlightTrackPro1
Pages ではファイルを閉じた後、自動的に iCloud へアップロード(左)
FlightTrack Pro の iCloud 同期設定画面(右)


さて、前回記事の GoodReader × iCloud 利用におけるセキュリティ上の注意点でも述べましたが、

iOS アプリから iCloud に置いたファイルは Mac から簡単にアクセス可能


です。

というか、

同じ iCloud ID を設定している Mac には
アプリから iCloud に置かれたファイルが丸ごと保存されている


わけです。複数の Mac で同じ iCloud ID を設定していたら、全部の Mac に iCloud に置かれているファイルが全部コピーされます

いやー、私も初めて知った時は衝撃でした(^_^;)

続きを読む

【2011/12/19 追記】GoodReader for iPhone 3.12.1 で iPhone版も Publish 機能に対応しましたので、それに伴う内容修正・追記を行いました。

前編では GoodReader の iCloud 対応機能の基本となる「Move」「Download」「Evict」の3つの機能について説明し、複数デバイスで GoodReader を使っている場合は「Download」したファイルは修正の自動同期機能があることも示しました。

GoodReader による iCloud 活用マニュアル【前編:Move / Download / Evict】

後編では、

  • ファイルの期間限定公開機能「Publish」ボタン

  • 複数デバイスで GoodReader を利用する場合に iCloud を利用することで、逆に iCloud 使用量が軽減される

  • GoodReader で iCloud を使う場合のセキュリティ上の注意点


を説明していきます。


続きを読む

【2011/12/19 追記】GoodReader for iPhone 3.12.1 で iPhone版も Publish 機能に対応したので、それに伴う内容修正・追記を行いました。

iPhone でも iPad でも定番中の定番アプリ「GoodReader」。PDF などのビューワーアプリとして、デバイスローカルに保存されたファイルから Google Doc や Dropbox など数々のサービスにいち早く対応したアプリであることは、今さら私が言うまでもありません。

iOS 5 / iCloud リリースと同時に、その Good Reader が iCloud に対応してきました。そのことだけなら各所の iPhone / Mac 系有名ブログ様がとっくの昔に紹介されているわけですが、

GoodReader の iCloud 機能は、単に iCloud へファイルを置けるだけじゃない!


わけで、現在の GoodReader と iCloud には浅からぬ関係があります。

オフラインでもファイルを読める GoodReader の特長そのままに
iCloud をより有効に活用できるようになった


そんな Ver.3.9 以降の Good Reader には

GoodReader_iCloud01_iPad3Btn
(GoodReader for iPad)

XPERIA_minipro_Update2Root01updating
(GoodReader for iPhone)


という iCloud 対応の3つの操作ボタン「Download」「Evict」「Publish」が用意されています(iPhone版の Publish は Ver. 3.12.1 以降)。

これらについて使用例を示しつつ、解説します。

続きを読む

昨日の iPad 2 修理記事で触れましたが、

修理交換するなら iCloud バックアップ&復元を試す良い機会!


というわけで、事前に iCloud バックアップを行い、修理交換後に出先で iCloud 復元を試してみました。復元なんて、なかなか試す機会もないし、できれば試す機会はないほうが良いものですからね。

iCloud からの復元を試してみると色々と判ることも多くありましたが、結論としては

iCloud からの復元は非常に時間がかかるけれど
復元途中の早い段階から使えるので、思ってたよりずっと (・∀・)イイ!!


ですね。よく考えられていて、思ったよりも印象は良かったのが本音です。

iTunes からの復元に比べて復元終了までの時間は遥かにかかるなどのデメリットもありますが、すぐに iTunes で同期できない場合、例えば自宅に帰ってからでないと iTunes 同期・復元できないような場合には iCloud 復元の方がメリットが多い気もします。

そのあたり、実際に試しての「iCloud からの復元の良い点・悪い点」を述べていきます。

続きを読む

午前2時スタートから午前4時まで、2時間みっちりのキーノート。one more thing も含めて、全てソフトウェア。iPhone 5 も新 Air も全くなし。そして、発表内容も MacOS X 10.7 Lion、iOS 5、iCloud と予告通り。

けれど、

予告通りだけど、中身は濃かった


そんな2時間だった。

とにかく、Lion, iOS 5, iCloud も機能満載。なので、説明記事は各メディアを見てもらうとして、個人的に気になったこと、重要なポイントだと思うことを幾つかピックアップしてみます。

なにせ、

MacOS X も iOS もクラウドベースで大きく変わる


というのが、今回の WWDC なのでしょう。

続きを読む

このページのトップヘ