Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:docomo

まだまだシーズン前の国内プロサッカー界隈ですが、昨晩は ACL(AFCチャンピオンズリーグ、アジア No.1 クラブ決定戦)の本戦出場を賭けたプレーオフが吹田スタジアムで行われ、我らがガンバ大阪は例年より半月から3週間早く公式戦開始となりました。

Gamba20170207A


ガンバ大阪は日本クラブ最多の 9回目の ACL 出場になるわけで、ファン、サポーターも

毎年 ACL に出るのは当たり前、来季 ACL 出場権が最低ラインの成績、ACL がないと物足りないシーズンに感じてしまう身体になってしまってる


という感じですが、昨シーズンは Jリーグ4位(2位までが ACL 出場権、3位がプレーオフ行き)、天皇杯も3連覇の夢をクリスマスイブの準々決勝で絶たれ、一時は ACL 出場権が遠のきました。

しかし、CWC でも大活躍した鹿島アントラーズが Jリーグに続いて天皇杯も制覇してくれたおかげで、リーグ4位のガンバ大阪が繰り上がりで ACL プレーオフに出場となりました。(ありがとう鹿島アントラーズ、ホントにありがとう🙏)

Gamba20170207B


とはいえ、9回目の ACL 出場ながら ACL プレーオフを戦うのは初めてであり、毎年ならまだ宮崎で二次キャンプをやっている時に公式戦、それもいきなり、シーズン初っ端から一発勝負の絶対負けられない戦いで、1ファンとしては

マレーシアで断トツに強いクラブとはいえ、レベルに差があるし大丈夫だろうと思うけど、ガンバはスロースターターが伝統になってしまってるし、ちょっと不安がないこともない


なんて思っていましたが、結果は 3-0 の快勝で、今年も無事 ACL を戦えることになって嬉しい限りです。

相手は J3 か JFL 上位くらいのレベルでしたので、昨日の試合を物差しにリーグ戦、ACL を占うわけにもいきませんが、レギュラークラスの選手が何人も出ていった中、新しい CB 2人が期待を持たせる内容だったのと合わせ、リーグ開幕まで半月ある段階ではまずまずだったように思えて一安心です :D

Gamba20170207D
(挨拶代わりにゴールを決めた清水から移籍の三浦弦太)


とまぁ、前置きがやたら長くなっていますが、2月早々に公式戦といっても昨季はリーグ戦が終わるのが異常に早い日程だったため、ホームスタジアムである吹田スタジアムでの試合は 3ヶ月ぶり。久しぶりにスタジアムへ行くと

やっぱりサッカー観戦は生に限るし
我らが吹田スタジアムは最高やな!


っていうのを実感し、試合が終わっても少々テンションが上がりっぱなしでした。リーグ戦が始まって毎週のように試合があると日常になって、家に帰った時点で切り替わってしまうのですけど、3ヶ月ぶりですからね(^^)

Gamba20170207C


てなことで、前回記事で触れた、今季から Jリーグの中継を行うネット配信サービス DAZN がドコモと提携する際の具体的な内容が本日発表になりました。

続きを読む

今日午前中に docomo の 2016年夏 新商品発表会があり、それに少し先行してソフトバンクが同じく夏モデルのプレスリリースを出し、さらに先行して昨日 au からプレスリリースが出ていました。

報道発表資料 : 2016年夏 新商品7機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
SoftBank、2016年夏商戦向けスマートフォンとして3機種を発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
Xperia史上最速! 0.6秒で撮影可能な「Xperia (TM) X Performance」が登場! | 2016年 | KDDI株式会社
世界初の「デジタル一眼レフカメラ技術」とauスマホ史上最大の3,600mAhバッテリーを搭載した「Galaxy S7 edge」が登場 | 2016年 | KDDI株式会社

ソニーの Z シリーズに代わる今年のフラッグシップ機「Xperia X Performance」は3社から共通で発売され、サムソンのフラッグシップ機「Galaxy S7 edge」は docomo と au から、あとは docomo とソフトバンクからシャープ AQUOS の新機種が、docomo からは富士通 arrows と Disney Mobile の新機種がリリースされた次第です。

(他には docomo から arrow タブレット1機種、WiFi ルーター1機種のみ)

ドコモ 1016年夏 新商品ラインナップカタログ (PDF)
ドコモ 1016年夏 新商品 主なスペック一覧表 (PDF)
ドコモ 1016年夏 新商品 主な対応サービス・機能一覧表 (PDF)
Xperia™ X Performance(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の概要(予定) | ソフトバンク株式会社
AQUOS Xx3(シャープ製)の概要(予定) | ソフトバンク株式会社
DIGNOR F(京セラ製)の概要(予定) | ソフトバンク株式会社
写真もゲームも映像も思い切り楽しみたいあなたへ! 世界初の「デジタル一眼レフカメラ技術」とauスマホ史上最大の3,600mAhバッテリーを搭載した「Galaxy S7 edge」が登場 | 2016年 | KDDI株式会社
Xperia史上最速! 0.6秒で撮影可能な「Xperia (TM) X Performance」が登場! イイものは長く使いたい、そんな声にお応えしてバッテリーが更に進化 | 2016年 | KDDI株式会社

しかし、ドコモの「2016年夏 新商品ラインナップの主な特長」欄を見ても判るように、

そろそろ新製品の特長を書くことが少なくなってきた感


は否めません。

ここに書かれたドコモの夏モデルの特長と言っても

続きを読む

以前の記事でチラッと触れましたが、先月が docomo の回線が更新月でしたので、au に続いて MVNO 格安SIM プロバイダーへ MNP しました。DMM mobile です。

DMM mobile - 業界最安値水準の格安スマホ・SIM!速い!つながる!

au、docomo 両回線とも格安SIM にする予定はなかったのですが(安心安定のためにも主回線2つのうち1つは大手キャリアに残したかった)、総務省の締め付けが厳しくてすっかり MNP 移行しても何しても従来料金の倍くらいかかることを考えると嫌になってしまいました。

(今までの2年間は au も docomo もパケ・ホーダイで一ヶ月 7GB の通信量が使えて、それぞれ3千円台半ばでしたからね…)

au 回線を格安SIM プロバイダーへ MNP する際には、au の Android 端末をしばらく使い続けるつもりでしたので au 回線の MVNO 2社(UQ と mineo)のどちらかでしたが、docomo 系の MVNO は百花繚乱、よりどりみどりであります。

そんな中、MVNO 格安SIM の状況・変化に詳しい人なら、

「え?いま、DMM mobile なんかにするの?老舗 IIJmio 系は最近、回線ダメでしょ」

と言ってしまうでしょう。私もそのことは十分承知ですし、正直迷いました。

ただ、今回 MVNO 格安SIM プロバイダーへ MNP する際には、以下のような個人的事情による条件がありました。


続きを読む

私のみならず 2〜4月あたりは2年縛りの刑期明けする人が多く、色々と相談に乗ったりすることも多いのですが、最近流行りの格安SIM(MVNO)へ…と考えつつも、結局はキャリアメールが捨てられなくて(キャリアメールしか受けられない人が周りにいる)大手キャリアに縛られる人もチラホラいます。

自分のせいというより周囲の事情からキャリアメールを捨てられず…と言うのは昔からあるわけで、私も以前キャリアメールをすっぱり切るときにはそれなりに手間でしたから、アーリーアダプターにはある程度広まった MVNO がこれ以上広がっていくには、そのあたりはネックになりそうです。

原因はキャリアメールそのものというより、キャリアメールが(迷惑メール対策のために)初期設定でインターネットからのメールを受信不可にしていることなのですが、高齢者はじめ詳しくない人にはここを説明して受信可能にしてもらうことすら大変なハードルですからねぇ。

さて、格安SIM プロバイダの中の一つ「mineo」を使い始めて一ヶ月。

前回記事でも述べたように、格安SIM なりの「まずまず通信速度&混雑時間帯はそれなりの速度低下がある」ので、特に絶賛できるほどの回線ではありませんが、変な規制はなく、多少遅くなってもさほどストレスを感じない程度の速度はあるので、全く問題なく使えています。

mineo を使い始めて一カ月【前編】 〜速度はそれなりだが、妙な規制がなくストレスは少なめ

一年間 2GB 増量の太っ腹企画は終わったものの、申し込み時の契約手数料が千円未満になる以下のパッケージは相変わらず発売されていますし、mineo紹介キャンペーンから申し込めば Amazon ギフト券がもれなくもられるキャンペーンは5月末まで継続になっています。



また、個人的に今まで mineo を使ってきて好印象を持てるポイントというのは、以下の点があります。


続きを読む

契約回線の2年縛りが次々と明ける春。総務省のくだらない指導のおかげで、貧乏人の強い味方であった安売り iPhone はすっかり消えたばかりではなく、大手キャリアの実質端末価格は高くなり、かといって毎月の料金は全く安くならないという状況が悪化の一途を辿るばかりです。

ホント、役人や政治屋BBA のやることは…と言いたいこと山の如しですが、愚痴っていても何も解決にはならないので、とりあえず今春は全面的に MVNO(俗に言う格安SIM)へ逃げることにして、寝かし回線は解約する3月4月であります。

そんな中、最初に MVNO へ MNP した先が mineo(マイネオ)


以前も書いたように、コレ↑買って、ここから申し込むのが一番お得)


au 回線の Android スマホの MNP 先であり、モバイルSuica などのおサイフケータイ用端末ということもあって、
  1. au スマートフォンをそのまま使っていきたい
  2. au 回線を利用した MVNO は現状 UQ と mineo の2社のみ
  3. MNVO らしい安価な値段設定は mineo 一択
  4. mineo なら店頭で即日 MNP できるショップが大阪・梅田にある

というのが mineo を選んだ理由でした。

au端末が解約月を迎えたので、色々悩んだあげくにMVNOの mineo プランA へMNPしてみた
mineo アンテナショップで mineo に即日 MNP してきた件

はっきり言えば au 系 MVNO は docomo系と違って選択肢がなかったため、余地なく選んだ形の mineo でしたが、一ヶ月使ってきての感想は

格安 SIM なりの速度で決して速くないが、諸々使い勝手は悪くない


という感じです。

ぶっちゃけ言うと、「docomo 回線の MNP 先も mineo にまとめても良いかなぁ?」と一瞬思うくらいには、良い印象をもっています。

ま、実際は複数枚 SIM シェアプランが必要なのと、リスク分散のために使用するサービス会社は分散したかったので docomo回線の MNP 先に mineo は選ばなかったのですが、
  • (MVNO として)最低限許容できる回線品質
  • パケットギフト、フリータンクといった独自のサービス

の2点で、1ヶ月使ってきた段階では結構好印象をもっていますし、まずまず安心して薦められる格安 SIM サービスかな、と感じています。


続きを読む

12時から始まった発表会で 2014年夏モデル12機種や「dマガジン」のような新サービスも発表されましたが、冒頭からひたすら VoLTE 推し。

  • リカちゃん電話まで出してきて VoLTE の通話音質の良さを示したり、

  • 着信までの速さが半減したり
    (従来 6〜8秒かかっていたのが 3秒)

  • 通話しながらの通信が速くなったり
    (仕組み上、現行端末では通話する時には 3G に落ちていたのが LTE のままになるから当然)

  • テレビ電話「ビデオコール」対応
    (昔の FOMA テレビ電話と似てるが、通常パケット通信扱い)


という4点を強調していました。

まあ、それは良いのですが、

VoLTE が使えるのは発着信両方が対応端末で LTE エリアに要る時のみ


なわけで、

まだまだ LTE エリアが広がりきってないドコモが
VoLTE、VoLTE 言ってもねぇ……


という印象。その点は au KDDI 社長が揶揄する気持ちも判りますし、相手のこと(端末含む)もありますから、まあこれからでしょうね。


続きを読む

ちょくちょく記事を書いてきましたが、3月下旬に docomo iPhone 5s を入手して、続いて iPad もSIMロックフリー iPad Air を購入して、一年間少し距離を置いていた iOS 機にスマートフォン、タブレットとも主力端末として舞い戻ってきました。

特に、今回の docomo iPhone 5s については
  • 主力端末が Android から iPhone に戻る
  • 主力端末の回線がドコモに戻る

という2つの意味がありました(どちらも “戻す” という明確な意図というより、“戻る” “戻った” という感じですが)。

この2点、Android vs iPhone や docomo vs au については、とかく論争の的にになるというか、議論の種として尽きません(キャリア的にはもう一社が絡んできた方が姦しくなるが ^^;)。

個人的には従来使ってきて、そしてまた現在使っていて、それぞれ

「どっちもどっち、現状は単純な優劣はない」

と思っていますが、かと言って全く同じでもありませんし、色々思うところはあります。

ということで、ゴールデンウイークで特にネタもないですし(SONY のデジカメ関連の発表はあるみたいだけど)、docomo iPhone 5s および SIMロックフリー iPad Air を購入して一ヶ月使ってきた感想をダラダラ何回かに分けて書きつつ、それらの話題も扱ってみたいと思います。


続きを読む

ドコモの積極的なコンテンツサービスのキャリアフリー化施策に伴って、今月から docomo 契約者じゃなくても利用可能になったのが、「dビデオ」(月額500円+税)と「dアニメストア」(月額400円+税)。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 dアニメストア
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 dビデオ powered by BeeTV

どちらも月額料金が安い割には見放題コンテンツがかなり豊富で、なかなかコストパフォーマンスの良いコンテンツサービスであり、一年前の dTab 購入時の縛り条件の時から利用しています。

この2つは

dビデオ
映画やTVドラマ、ミュージックビデオ、ファミリー向け旧作アニメといった一般層向けのコンテンツサービス

dアニメストア
その名の通り、新作も含めたアニメオンリーのコンテンツサービス


と分かれています。

そしてこの両者は、同じドコモが提供するとコンテンツサービスですが、dビデオは正式名称が「dビデオ powered by BeeTV」であるようにベースは BeeTV 、エイベックスとドコモの合弁事業が母体ですが、dアニメストア(以下 dアニメ)の方は KADOKAWA が提供するサービスであり、運営母体が全く異なることから

dビデオと dアニメは端末認証条件も違えば、使い方も色々と異なる


ものです。ユーザーインターフェイスも全く違うので、母体が違うとは言え、もう少し似せろよ…と思ったりします。

そして、ドコモのコンテンツサービスですから元々 Android 向けだったため、昨年9月にドコモが iPhone を発売して、その後 dビデオも dアニメも iPhone に対応しましたが、色々と制限がありました(過去形)。

特にコンテンツのダウンロード視聴は dビデオも対応が遅くなり、そして dアニメの方もなかなか実現しませんでしたが、本日 dアニメも iPhone/iPad でのコンテンツ・ダウンロードが可能になりました\(^o^)/

dAnime_iOS20A


Android版dアニメアプリやブラウザで視聴する場合と同じく、各話の詳細画面でストリーミング以外にダウンロードも選べるようになりました。

dAnime_iOS20B


これで iPhone も Android 端末での利用とほぼ同じになり、ほとんどの場合は不自由なく使えるようになりました。

続きを読む

ドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」が発表されて一日、この間ネットでも様々な意見が飛び交っています。

ネットユーザーの構成、嗜好からいって「家族で分け合って…」というユーザーが少ないでしょうから、批判的な、否定的な意見が目につくのは当然でしょう。それゆえにネットの意見をそのまま鵜呑みにはできませんが、その代表例とも言える私自身もドコモの新料金プランに納得できないところはあります。

また、マスメディアの報道でも

スマホ料金値下げ ドコモが新プラン発表 NHKニュース

などと言われると「は?値下げ?」と突っ込みたくもなります。

マスメディアの人など通話が多い人、未だコミュニケーションはメールやメッセージより通話だろ!という人にとっては、「おお、通話し放題か、安くなるなぁ」というのは判りますが、なんか個人的な印象とは一致しません。

各自使い方が違いますから「全ての人に好感をもたれる変更」というのは携帯料金のみならず有り得ないわけですが、昨日帰阪する車中とかで色々考えていて、やはりこの新料金プランには納得できない点が幾つかあります。


続きを読む

昨日、日経のみならず朝日も NTT docomo の新料金体系導入のスクープ記事が掲載されておりました。一紙だけ、特に日経だけではないということで信憑性がありそう、というでしたが、お約束の否定プレスリリースに続いて本日15時から正式に発表がありました。

報道発表資料 : 新たな料金プランおよび割引サービスを提供開始 | NTTドコモ

6月から一新される新料金体系の内容を端的に言えば、

ソフトバンクみたいなセコい制限なしに固定も携帯もかけホーダイ
(ただし基本料 2,700円、2年縛り時)


というものであり、通話する人にはこれは素晴らしいプランでしょう。10分までとか、そんな制約なしですからね。

しかし、6月からは従来の Xi プランは選べなくなるわけですから(8月末で受付終了)、

通話を殆ど使わずとも問答無用に基本料2,700円!
(別途パケットパック必要)


というわけで、

通話が多い人は万々歳
通話をあまりしない人にとっては値上げ


であります。ものすごく攻めているけれど、かけホーダイに騙されるといけません。

今どきプライベートの通話は LINE でしょ?という人も多いわけで、果たしてこんな通話偏重のプランが受け入れられるかどうか……。というか、このプランが強制になると誰も音声品質の悪い LINE で通話なんかしなくなりますよねぇ。

もちろん、ビジネス向けにはかなり美味しい料金体系にはなりますし、それは法人向けプランを見ても、そちらに力が入っているのが判ります。

個人向けの料金体系を、ザッと私なりの要点をまとめると、以下のようになります。

続きを読む

このページのトップヘ