Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:XF55-200mm

先週書いた XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS のファースト・インプレッションの前編中編から10日間も開いてしまいましたが、後編であります。

前2回の記事では

「高い!デカい!重い!」
「手ブレ補正はよく効くし、AFも速くなったが、AF-C は相変わらず飾りだね!」

と文句多め(ばかり?)に書いてきましたので、このまま後編を書かずに終わると結構批判的に感じてると思われてしまいますが、実際には

ミラーレス機の望遠レンズとしては数少ない満足画質だし
手ブレ補正はよく効くし、AF-S なら高速かつ精度も良い


わけでですから、満足してんのか?してないのか?と聞かれれば、「まぁ(やむを得ず)満足してますよ…」という感じです。

また、「高い!デカい!重い!」とはいえ、それは事前に判っていたことでもありますし(それでもデカく重いけど)、そのことで期待のハードルも上がっていたわけですが、

事前の高い期待に違わぬ写り


でありますから、重いだのデカいだのと文句はあるけど、文句を言い切れないレンズでもあります(^_^;)

Oumijima Island and Fukagawa Bay, Nagato City (10)


それに、ミラーレス機の望遠レンズとしては「高い!デカい!重い!」といっても、元々 X-Pro1 / X-E1 なんてのを買う輩は(妙に)こだわったユーザーしかいないわけですから、

数奇者しかいないであろう Xマウントユーザーの嗜好にあったレンズ


と言えるように思います。サイズなんかよりも画質最重視だったのは適切な判断だったと、文句言いつつも思います。

それに X マウントのボディはファインダー付きばかりでしたから(過去形)、ちょっとやそっと重いレンズでも問題ないですしね…

ただ、X-M1 登場でどうなるんでしょうかね。来年 XC50-200mm F4-5.6 OIS なんてのが出るんでしょうか。

XF55-200_12
(元々どれ一つとして、コンパクトなレンズなんて無い Xマウントですしね…)


ぶっちゃけ、サイズ的に XF55-200mm を付けた X-E1 の取り回しはミラーレス機の感じではなくて、「なんのためにミラーレス機を使っているのかなぁ…?」と疑問に思うこともあるのですが、実際撮ってみると

「軽さのためのミラーレス機ではなく、出てくる写真の質のためのミラーレス機」

という Xマウント本来の魅力にも気づくわけです。この絵を望遠レンズで撮るためには、しゃーねぇなぁ…と。

スペック的にはミラーレス機によくある 55-200mm ですが、

梅雨のさなかの湿気が多い空気だからこそ、ヌケの良さが光る


レンズって感じです。下手糞が言っても説得力がないですが、下手糞でも判るレベルということで :-D


続きを読む

前編の記事ではファースト・インプレッション=第一印象として本当に率直に感じた、ミラーレス機の 55-200mm 望遠レンズとして

高い、デカい、重い、の3拍子


が揃ってると、散々強調しました。自分でもしつこいほどに書いた気もしますが、個人的にはこのレンズを評価するスタート地点は、そこにあると思っています。

サンニッパが画質は極上、AFも最速レベルであったとしても、ある意味当たり前の世界であり、それと同じです。高価な、重く大きなレンズが描写が良いのは当たり前。

そういう意味でこの XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS、私の中では発売前から期待せざるをえない、並のレンズじゃ許されない基準でしたので、厳しく当たりつつ半月少々使ってきましたが、

価格なり、デカさ重さなりのモノは見せてくれるレンズ


なのは間違いないようです(欠点3拍子があるから手放しで褒められないけど ^^;)。

Giravanz KITAKYUSHU Supperters (HOME) at Honjo Stadium
(浜風でかなり霞がかかった状況でもテレ端でそれなりに抜けてくれる)


このところ X-E1 や XF レンズをミラーレス機のメインマウントとして使っていますが、決して“愛着持って”とは言い難い、文句を言い出したら切りがないカメラシステムであり(それは近々また書くつもり)、しかしその反面、他にない魅力で文句を言いつつ使ってしまうカメラであります。

そして XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS も、そんな Xシステムの一員らしいレンズ。

不満点にブーブーと文句を言いつつも
まぁしゃーないかぁ…写りは良いしなぁ…と使ってしまう


そんな感じでボディと同じようなレンズです。今のところ、X-E1/X-Pro1 の望遠レンズは他に選択肢もないですしね…



さて、画質は良くも悪くも安定であり、価格なり、デカさ重さなりのこともあるわけですが、

強力な手ぶれ補正と AF 高速化も本レンズの特長の一つ


であり、それは実感できています。


続きを読む

4月17日、同時に発表された2つの新製品は、私にとってどちらも興味深いモノでした。

一つは、この富士フィルム X マウント待望の望遠レンズ「XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」。そして、もう一つはリコー GR。

同日に発表され、発売も1日違い。過去の X-E1 絡みの記事で散々書いてきたように、XF55-200mm が出たら速攻買うつもりでしたから、発表後すぐに予約しました。しかし、GR も念の為に予約したわけです…

その後の展開はこの一ヶ月の本ブログ記事の経緯が示すとおり。当初“予約だけ”のつもりだった GR を購入することになり、資金的余裕が完全になくなり、翌日発売の XF55-200mm の予約はキャンセルしてしまいました。

しかし、GR が欲しくなったモノならば、この XF55-200mm は私にとって必要な物。NEX Eマウントシステムは一部を残して売却して、ミラーレス機のメインシステムを X-E1 & Xマウントレンズにしたのですから、望遠の画角はどうしても必要です。

今年は毎年恒例6月の北海道行きもなく(そういや3月以来行ってない…)すぐに使うアテもなかったのですが、日帰り予定だったガンバ大阪のギラヴァンツ北九州戦のアウェイ観戦で前泊して日本海沿岸をドライブすることになったので、ちょうどいい機会と思って購入しました。

XF55-200_01
(手前の iPhone は箱からしてデカいのを比較するためのもの ^^;)


発売直後に量販店も含めて品切れ、品薄になっていましたが、ちょうど出かける前日の夕方にヨドバシカメラに入荷するというグッドタイミング。そんなキッカケがなければ、まだ買ってなかったと思います。

FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

(Amazon でもようやく在庫がある状態に。価格も若干値下がり)


そんなわけで、発売から1ヶ月が経ち、購入してからも2週間が経ちましたが、X-Pro1 / X-E1 向けとしては待望の望遠レンズ「XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」のファースト・インプレッションを書いておきたいと思います。

ファースト・インプレッションというからには第一印象を書くわけですが、率直に言って

デカっ!重っ!!


これに尽きます。買って開梱してからレンズの実物を初めて見て手に取ったので、第一印象はコレに尽きます。

正直言うと、

これはちょっと引くなぁ、(買うのを)早まったかなぁ…


という思いが一瞬過ぎりました。それくらいのデカさ、重さ。


続きを読む

今日のカメラ界的には何と言っても、リコー新型 GR に尽きるわけですが、個人的にはこちらも大きなニュース。 X-Pro1/X-E1 用望遠レンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS が、ようやく正式発表になりました\(-o-)/

X-E1 を正月から使い始めた私ですが、XF55-200mm は去年からイベントで参考出品されていましたし、今日更新される前のレンズロードマップ(後述)では 2013年初頭に出そうな表示になっていましたから、

「望遠レンズは必要だけど、春までには出そうなロードマップだし、X-E1 買うタイミングとしてもちょうど良いかも」

なんて思いながら買ったのですが…結局正式発表は本日、発売は5月。

本気で使うカメラに望遠レンズは必須の身なので、時間以上に待たされた感が強い私です。

結局この間、ミラーレス機の望遠レンズ補完として(中古ながら)Nikon 1 V1 + 30-100mm を買ってしまったことは既述の通り。

キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【前編】
キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【後編】

まぁ、像面位相差AF の Nikon 1 は元々一度使ってみたかったですし、300mm 相当の望遠システムとしては異常にコンパクトなので(XF 55-200mm 1本と変わらないくらい)、これはこれで買って良かったと思っていますが…

ともあれ、ようやくの XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 発表も含めて、今日の富士フィルムからのリリースは

  • XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 正式発表(5月25日発売、実売価格7万弱)

  • 新しいレンズロードマップ発表

  • AF高速化のファームウェア・アップデート予告


の3点。

注目のレンズロードマップの更新でしたが、

新しい XF レンズはなし、発売時期を遅らせただけ


というのが、下の新旧レンズロードマップの比較を見れば判ると思います。


続きを読む

このページのトップヘ