Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)


タグ:X-E1

先週書いた XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS のファースト・インプレッションの前編中編から10日間も開いてしまいましたが、後編であります。

前2回の記事では

「高い!デカい!重い!」
「手ブレ補正はよく効くし、AFも速くなったが、AF-C は相変わらず飾りだね!」

と文句多め(ばかり?)に書いてきましたので、このまま後編を書かずに終わると結構批判的に感じてると思われてしまいますが、実際には

ミラーレス機の望遠レンズとしては数少ない満足画質だし
手ブレ補正はよく効くし、AF-S なら高速かつ精度も良い


わけでですから、満足してんのか?してないのか?と聞かれれば、「まぁ(やむを得ず)満足してますよ…」という感じです。

また、「高い!デカい!重い!」とはいえ、それは事前に判っていたことでもありますし(それでもデカく重いけど)、そのことで期待のハードルも上がっていたわけですが、

事前の高い期待に違わぬ写り


でありますから、重いだのデカいだのと文句はあるけど、文句を言い切れないレンズでもあります(^_^;)

Oumijima Island and Fukagawa Bay, Nagato City (10)


それに、ミラーレス機の望遠レンズとしては「高い!デカい!重い!」といっても、元々 X-Pro1 / X-E1 なんてのを買う輩は(妙に)こだわったユーザーしかいないわけですから、

数奇者しかいないであろう Xマウントユーザーの嗜好にあったレンズ


と言えるように思います。サイズなんかよりも画質最重視だったのは適切な判断だったと、文句言いつつも思います。

それに X マウントのボディはファインダー付きばかりでしたから(過去形)、ちょっとやそっと重いレンズでも問題ないですしね…

ただ、X-M1 登場でどうなるんでしょうかね。来年 XC50-200mm F4-5.6 OIS なんてのが出るんでしょうか。

XF55-200_12
(元々どれ一つとして、コンパクトなレンズなんて無い Xマウントですしね…)


ぶっちゃけ、サイズ的に XF55-200mm を付けた X-E1 の取り回しはミラーレス機の感じではなくて、「なんのためにミラーレス機を使っているのかなぁ…?」と疑問に思うこともあるのですが、実際撮ってみると

「軽さのためのミラーレス機ではなく、出てくる写真の質のためのミラーレス機」

という Xマウント本来の魅力にも気づくわけです。この絵を望遠レンズで撮るためには、しゃーねぇなぁ…と。

スペック的にはミラーレス機によくある 55-200mm ですが、

梅雨のさなかの湿気が多い空気だからこそ、ヌケの良さが光る


レンズって感じです。下手糞が言っても説得力がないですが、下手糞でも判るレベルということで :-D


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

本日公開の X-Pro1 / X-E1 向け新ファームウェアは(新レンズ対応を除いて)ちょっとした機能追加でしたが、フォーカスエリア選択を多用する身としては使い勝手が1ステップ向上したような良更新でした。

新レンズ対応+操作性改善 X-Pro1 / X-E1 新ファームウェア公開 〜たった一つの改善だが、これは良い!

そして、本日の新ファームウェア公開とともに、来月 X-M1 発売と前後して更なるファームウェア・アップデートも予告されています。内容は

  • オートフォーカス速度改善

  • マニュアルフォーカス時のピーキング機能追加

  • マニュアルフォーカスピント拡大時の倍率変更方法を改善


以上の3点。

AF速度、ピーキング機能などフォーカス時の操作性を向上「FUJIFILM X-Pro1」、「FUJIFILM X-E1」の 性能向上ファームウエアを公開 | 富士フイルム

AF の高速化については昨日の記事

富士フィルム「XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」ファースト・インプレ【中編】〜手ぶれ補正◎、改良AFもまずまず速いが、AF-Cは相変わらず使いものにならず

でも触れているように、AF速度は XF55-200mm ではかなり良い感じになっていますので、期待しても良いのではないでしょうか。AF-C は期待厳禁ですけど…orz

また、

フォーカスピーキング、やっと来たか〜
フォーカスアシストの拡大率変更方法改善も来たか〜


であります。どちらも嬉しい措置。

フォーカスピーキングは他社ではとっくの昔にできていることですから、それくらい最初からやってくれても良かったのに…という気持ちがなくはないですけどね(^_^;)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は X-M1、XC16-50mm F3.5-5.6 および XF27mm F2.8 が発表されるとともに、午後2時から X-Pro1 / X-E1 向けに新ファームウェアが公開されました。

新しいファームウェアの内容は、本日発表のレンズ2本 XC16-50mm F3.5-5.6 および XF27mm F2.8 への対応と、操作性改善のための2項目。

  • Fn(ファンクション)ボタンでの機能選択メニューに「フォーカスエリア選択」を追加

  • セレクターボタンの▼(下)ボタンにFn機能を割当て


これは X-M1 と同じようなフォーカスエリア移動操作が可能になるような機能追加になっていて、

右手だけでフォーカスエリア移動が可能になった


わけであり、ひいては

フォーカスエリア移動のために EVF から目を離さなくても済むようになった


わけです。

X-E1_FirmwareUpdate20130625_14
(AFボタンだけでなく Fnボタンまたは▼ボタンでも、この画面が出せるようになった)


今回のファームウェア・アップデートではこの部分だけの機能追加だけですが、ようやく EVF を覗いたまま、楽にフォーカスエリア移動が可能になります。

たった一つの改善だが、断然使いやすくなった!


と断言できます(中央一点 AF でしか使ってない人や MF オンリーの人は関係ないでしょうけどね)。

私自身は Fn ボタンにフォーカスエリア移動を、今まで Fn に割り当てていたホワイトバランス設定を▼ボタンに設定しました。GR などリコー機も下ボタンが WB 設定ですし、Fn ボタンの位置は EOS 一桁機の M-Fn ボタンと似た位置にあり、M-Fn はAFの測距エリア選択という機能ですから馴染みやすいかな、と。

まぁ、フォーカスエリア選択の UI については今までがおかしすぎただけで、他社並みの真っ当な使い勝手になっただけとも言えますけどね(^_^)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前編の記事ではファースト・インプレッション=第一印象として本当に率直に感じた、ミラーレス機の 55-200mm 望遠レンズとして

高い、デカい、重い、の3拍子


が揃ってると、散々強調しました。自分でもしつこいほどに書いた気もしますが、個人的にはこのレンズを評価するスタート地点は、そこにあると思っています。

サンニッパが画質は極上、AFも最速レベルであったとしても、ある意味当たり前の世界であり、それと同じです。高価な、重く大きなレンズが描写が良いのは当たり前。

そういう意味でこの XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS、私の中では発売前から期待せざるをえない、並のレンズじゃ許されない基準でしたので、厳しく当たりつつ半月少々使ってきましたが、

価格なり、デカさ重さなりのモノは見せてくれるレンズ


なのは間違いないようです(欠点3拍子があるから手放しで褒められないけど ^^;)。

Giravanz KITAKYUSHU Supperters (HOME) at Honjo Stadium
(浜風でかなり霞がかかった状況でもテレ端でそれなりに抜けてくれる)


このところ X-E1 や XF レンズをミラーレス機のメインマウントとして使っていますが、決して“愛着持って”とは言い難い、文句を言い出したら切りがないカメラシステムであり(それは近々また書くつもり)、しかしその反面、他にない魅力で文句を言いつつ使ってしまうカメラであります。

そして XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS も、そんな Xシステムの一員らしいレンズ。

不満点にブーブーと文句を言いつつも
まぁしゃーないかぁ…写りは良いしなぁ…と使ってしまう


そんな感じでボディと同じようなレンズです。今のところ、X-E1/X-Pro1 の望遠レンズは他に選択肢もないですしね…



さて、画質は良くも悪くも安定であり、価格なり、デカさ重さなりのこともあるわけですが、

強力な手ぶれ補正と AF 高速化も本レンズの特長の一つ


であり、それは実感できています。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

4月17日、同時に発表された2つの新製品は、私にとってどちらも興味深いモノでした。

一つは、この富士フィルム X マウント待望の望遠レンズ「XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」。そして、もう一つはリコー GR。

同日に発表され、発売も1日違い。過去の X-E1 絡みの記事で散々書いてきたように、XF55-200mm が出たら速攻買うつもりでしたから、発表後すぐに予約しました。しかし、GR も念の為に予約したわけです…

その後の展開はこの一ヶ月の本ブログ記事の経緯が示すとおり。当初“予約だけ”のつもりだった GR を購入することになり、資金的余裕が完全になくなり、翌日発売の XF55-200mm の予約はキャンセルしてしまいました。

しかし、GR が欲しくなったモノならば、この XF55-200mm は私にとって必要な物。NEX Eマウントシステムは一部を残して売却して、ミラーレス機のメインシステムを X-E1 & Xマウントレンズにしたのですから、望遠の画角はどうしても必要です。

今年は毎年恒例6月の北海道行きもなく(そういや3月以来行ってない…)すぐに使うアテもなかったのですが、日帰り予定だったガンバ大阪のギラヴァンツ北九州戦のアウェイ観戦で前泊して日本海沿岸をドライブすることになったので、ちょうどいい機会と思って購入しました。

XF55-200_01
(手前の iPhone は箱からしてデカいのを比較するためのもの ^^;)


発売直後に量販店も含めて品切れ、品薄になっていましたが、ちょうど出かける前日の夕方にヨドバシカメラに入荷するというグッドタイミング。そんなキッカケがなければ、まだ買ってなかったと思います。

FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
FUJIFILM フジノンXFズームレンズ XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

(Amazon でもようやく在庫がある状態に。価格も若干値下がり)


そんなわけで、発売から1ヶ月が経ち、購入してからも2週間が経ちましたが、X-Pro1 / X-E1 向けとしては待望の望遠レンズ「XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」のファースト・インプレッションを書いておきたいと思います。

ファースト・インプレッションというからには第一印象を書くわけですが、率直に言って

デカっ!重っ!!


これに尽きます。買って開梱してからレンズの実物を初めて見て手に取ったので、第一印象はコレに尽きます。

正直言うと、

これはちょっと引くなぁ、(買うのを)早まったかなぁ…


という思いが一瞬過ぎりました。それくらいのデカさ、重さ。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のカメラ界的には何と言っても、リコー新型 GR に尽きるわけですが、個人的にはこちらも大きなニュース。 X-Pro1/X-E1 用望遠レンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS が、ようやく正式発表になりました\(-o-)/

X-E1 を正月から使い始めた私ですが、XF55-200mm は去年からイベントで参考出品されていましたし、今日更新される前のレンズロードマップ(後述)では 2013年初頭に出そうな表示になっていましたから、

「望遠レンズは必要だけど、春までには出そうなロードマップだし、X-E1 買うタイミングとしてもちょうど良いかも」

なんて思いながら買ったのですが…結局正式発表は本日、発売は5月。

本気で使うカメラに望遠レンズは必須の身なので、時間以上に待たされた感が強い私です。

結局この間、ミラーレス機の望遠レンズ補完として(中古ながら)Nikon 1 V1 + 30-100mm を買ってしまったことは既述の通り。

キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【前編】
キャノンユーザー禁断?の Nikon 1 を買ってしまった、4つの理由【後編】

まぁ、像面位相差AF の Nikon 1 は元々一度使ってみたかったですし、300mm 相当の望遠システムとしては異常にコンパクトなので(XF 55-200mm 1本と変わらないくらい)、これはこれで買って良かったと思っていますが…

ともあれ、ようやくの XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 発表も含めて、今日の富士フィルムからのリリースは

  • XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 正式発表(5月25日発売、実売価格7万弱)

  • 新しいレンズロードマップ発表

  • AF高速化のファームウェア・アップデート予告


の3点。

注目のレンズロードマップの更新でしたが、

新しい XF レンズはなし、発売時期を遅らせただけ


というのが、下の新旧レンズロードマップの比較を見れば判ると思います。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

X-E1 を使い始めて2ヶ月近くにあるので、グダグダと書き連ねているセカンド・インプレッション。もうちょっと X-E1 を持ち上げて、悪いところ探し的な記事にするつもりはなかったのですが、どうもダメ出しばかりになってしまいました(^_^;)

モッサリニモマケズ、CBキャンペーンニモマケズ 〜 X-E1 と二ヶ月 セカンドインプレ【前編】
NEX-7 と X-E1 〜 X-E1 セカンド・インプレッション【中編】

X-E1 の良さといえば(ボディデザインの好みを別にすれば)吐き出す JPEG 画像の素晴らしさ以外は思い当たらないような…とはいえ、さすがにちょっと申し訳ないくらい言いまくってたので、これ以上は書きません。

ただ、色々と言われることの多い AF 速度は、日頃その点については結構やかましい私でもそう不満はないです。XF 18-55mm と XF 35mm に限ってですし(XF 60mm は要改善)、AF-C は論外ですけど。でも AF-C で撮るようなカメラではないでしょうから問題ないかと。

X-E1_SampleEastHokkaido09
(XF 18-55mm / マニュアルWB)


さて、前回記事の最後で、色々文句を言いつつも X-E1 は

「ボディサイズがデカくてカバンへの収まりは決して良くないのに、購入後2ヶ月経ってもファーストチョイスなカメラ」
「そのうち持ち出し率は下がるだろうなぁ…と思っていたのに、持ち出し率は高いまま」

と書きました。

「わざわざ、デカくてモッサリな X-E1 を持ち出したくなる理由は何なのだろう?」


そのことは自分でもちょっと疑問だったのですが、色々と考えていくと、

多少手のかかるカメラだからこその愉しさ

になるのかなぁ…と。

個人的にはこういうのは認めたくないのですが、そういうところは確かにあると思います。もちろん、使って得られる対価があって初めて成り立つことではありますが。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末、NEX-7 を興味持っていた友人に売って(像面位相差AF 搭載の)NEX-6 でも買おうと思っていたのに、なんか面白みを感じなくて少し悩んで購入した X-E1。

NEX と比べると色々とモッサリしているのは十分判って買ったけれども、

X-E1 を使い始めて NEX の良さを再認識することも多々ある


のも、また事実。

バリアングルモニターのような判りやすい差だけではなく、X-E1 には少なくとも2つ、根本的な問題があると感じています。

  • シングルタスクのような内部処理で、ユーザビリティが一昔前のデジタルカメラであること。機能的にシンプルとかそういった次元ではない。

  • ハードウェア・ボタンの配置を含めて、ファインダーを覗きながら設定を変更する、ということに全く考慮していない UI 設計。


もちろん、X-E1 はそういったところを目をつぶっても使いたくなる良さもあるわけですが、NEX-7 同様にコンパクトデジカメより使いやすいとは感じられない点、ボディサイズの余裕はあるけれど工夫の無さを感じるのです。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

いやー、やられました(?)。こういうことは間々あるのですが、一昨日、富士フィルムから発表されたキャンペーン。

+1 LENS キャッシュバックキャンペーン | 富士フイルム

Σ(゚д゚lll) ガーンですわ…この1ヶ月以内に2本も XF レンズを買ったのに… _| ̄|○

X-E1 のキットレンズである標準ズームレンズはまずまず満足しつつも、明るい標準レンズは持っておきたいから XF 35mm F1.4 R を…と思っていたら、格安価格の XF 60mm F2.4 R Macro を見つけて思わず買ってしまい、その後すぐにやっぱり必要だと XF 35mm F1.4 R を買い…

「うおー、キャンペーンがあと1ヶ月早かったら、5千円×2のキャッシュバックがあったのに〜〜っ」

などとは、今さら言っても仕方ないし、XF 35mm F1.4 R は1ヶ月でキャンペーンが気にならないくらい使っているので問題ないのですが…やっぱりねぇ。ちょっと悔しい(^_^;)

X-E1_and_Lenses1


正直言うと XF 60mm F2.4 R Macro は新品にしては格安の値段だったとはいえ、あまり使っていないので慌てて買わなくても良かったかなぁ…なので、尚さらです。

季節が進めば XF 60mm マクロも使う機会は増えると思いますが、この1ヶ月で使った回数を思うと…ですね。一般的な販売価格より5千円以上安く買っているのが救いですけど(´・ω・`)

というか、XF 60mm はマクロといってもハーフなことと、質感は良いけど重いのが微妙だったりもしますが、なんといっても

広角も含めて3本ないと、単焦点だけで持ち出す感じにならない


のが XF60mm をなかなか持ち出さない原因ですね。

標準画角相当の XF 35mm F1.4 R だけ付けて出る、標準ズームの XF 18-55mm に XF 35mm のペアで出ることは多いのですが、XF 35mm と XF 60mm だけで出ると、どうもバランスが悪いわけです。

となれば、

「キャッシュバック・キャンペーンで XF 18mm F2 R を買うか…」

という思いもなくもないのですが、ぶっちゃけ画角を埋めるためだけに4〜5万出して買うレンズかどうか悩ましいところです(XF 14mm の方が魅力ではありますが、Super Wide-heliar でカバーできるので…)。

ただ、XF 18mm F2 R はレンズがコンパクトなので X-E1 をお散歩カメラにするには最適なんですけどね。うむむ、どうしたもんでしょうか。正月1ヶ月でひと通り買って、X-E1 関連の物欲は消えたはずなのですが(^_^;)

X-E1_SampleEastHokkaido01


さて、今年の元旦から使い始めた富士フィルムのミラーレス機 X-E1。使い始めて2ヶ月近くが経ち、そろそろ購入当初のテンションの高さも抜けてきました。X-E1 関連の物欲をほぼ満たしたせいで憑きものが落ちた、というのも否定はできませんが(^_^;)

ともあれ、だいぶ落ち着いてきた?ので、冷静に振り返ったセカンド・インプレッションでも書こうと思います。と書き始めてから書いては消し…の状態が続いて、なかなかキータイプが進まないのですが、そもそも

慣れても、しばらく使っても印象はファーストインプレと大差ない


んですよね。ま、これで終わっちゃうのも、なんですけど。

端的に言って

撮る時は決して便利でも快適でもないけど悪印象だけではないカメラ
撮った後は、心地良くなれることの多いカメラ


というのは変わらない。時には違う印象も感じることもあるし、風景撮りなんかではたまに大外しすることもあるのですが、まぁだいたいそう。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

本日から国内最大のカメライベント CP+ ですが、先週末からまた北海道へやってきていて、新製品ニュースが殆ど追えていません。が、新しいXFレンズの発表があると思ったのに、今日以降あるのでしょうか…自分が見落としてるだけ?

さて、今回の旅のターゲットは、今年は早めにやってきた流氷。何度見ても飽きずに来てますが、今年もとりあえず一面の流氷は見られているものの、オホーツク海側はずっと天気が荒れていて空と海との境界もなく全て真っ白なのが残念です。

流氷と言えばオオワシ、オジロワシということもあって、今回はデジタル一眼レフに超望遠域のレンズという重量級の組み合わせを腰痛をおして持ってきています。望遠〜超望遠域は EOS に、そして標準域の風景やスナップ撮りは X-E1 に、という役割分担です(悪くない組み合わせと思ってます)。

とはいえ、飛行機で来る時から条件付き運航、昨日も含めて釧網本線は何度も運休する天気続き。昨日も吹雪の中を股下までの雪をラッセルして流氷の海岸にたどり着くも視界は効かず、時間を追って酷くなるばかりで、強風雪で一脚があっても長いレンズを構えるどころの話じゃないとなれば、重いボディ&レンズは今回殆ど重石状態です…orz

the ice field at Hama-Koshimizu


そんなことはありますが、それでも冬の道東(と道北)は何度来ても良いもので、流氷三昧やら雪原トレッキングやら釧路湿原へ足を延ばしたりと楽しんでおります。

そして、時には重いボディ&レンズをホテルに置き、ポーチに X-E1 だけを入れて身軽な散歩も楽しんでいます。

デジタル一眼レフ+重量級レンズで既に重たい状況でしたので、X-E1 の方はキットレンズの標準ズームだけで…と思っていたのですが、雪の町を夜散歩するのも大好きですから、明るいレンズも1本持っておきたいところでした。

となると、やはり XF35mm F1.4 R。

先日えらく安い値段で売られていた XF60mm F2.4 R Macro の新品を見つけて衝動的に購入してしまいましたが、やっぱり本来先に購入する予定だった明るい標準域レンズ XF 35mm F1.4 R を買って、それを持って行きたいな、と。

そういう思いに結局耐えられず、北海道へ来る前日に購入してしまいました。元々 X-E1 購入後、割と早い段階で購入する予定でしたけれど、先に XF60mm を買ってしまっただけにかなり苦しい決断ではありました(^^;

XF35mm08


しかし買って、旅に持って出て、使ってみると

コイツはやっぱり必要だったわ!


と実感。まぁなんというか、良いレンズと言うよりはズームではなく単焦点なのに便利と思わせるレンズです。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ