Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:X-A1

昨日こんな記事を書いての今日ですが、富士フイルムが Xマウントシステムのボディに対してキャッシュバックキャンペーンを開始しました。

Xシリーズお年玉キャンペーン | 富士フイルム

“少し早めのお年玉キャンペーン” ということで、本日2013年11月1日から来年2014年1月14日購入分が対象、申込期限は来年1月末となっています。キャッシュバック金額は

  • X-Pro1、X-E1、X-E2 が1万円

  • X-M1、X-A1 が5千円


となっていて、キャッシュバック対象商品はボディ単体でもレンズキットでも多少で同額となっています。

X100S などレンズ一体型ボディは対象外となっており、またレンズについては特にキャッシュバック・キャンペーンはありません。


続きを読む

しかし、なんで X-Pro2 が先じゃなくて X-E2 が先なのでしょう?? X-Pro1 は X-E1 に先立つこと半年前に発売されていたのに、今回は順番が逆じゃないですかねぇ。

X-Pro1 は話題になりつつも大して売れず、X-E1 になってようやくボチボチ売れたから今度は X-E2 先行ということでしょうか。X-M1 がナニで余裕がないから一番の売れ線(といっても知れてるが)を先に出すのでしょうか。

まぁ、最近の富士フイルムは「富士フイルム独自の X-Trans CMOS 撮像素子じゃない普通のベイヤー素子を採用した X-A1」を出してくるなど、

どう見ても迷走中


な状況ですから、何がどうあってもおかしくないのですが、X-E1 ユーザーとしては悩ましいところです。

FUJIFILM X-A1 | 富士フイルム

というか、

最大の特徴を削ったら富士フイルムのミラーレス機なんて誰が買うの?


って感じなんですけどねぇ。富士機は X-Trans CMOS 撮像素子による先鋭な画質が魅力なわけで、平々凡々なミラーレス機でわざわざ富士フイルムを選ぶ理由なんて1ミリもないと思いますけどねぇ(大して安くないし)。

おまけに中途半端な廉価機ばかりだして、X-Pro1 発売の頃は「当社はプレミアム路線で」とか言っていたくせに、なんなのでしょう。

X-A1_Release1
(赤色か?赤色が出したかったんか?上位機で赤を出す勇気がなかったんか?ww)


ともあれ、X-M1 以上にどうでもいい X-A1 はともかく、X-E2 ですよ。初代 X-E1 発売から1年でモデルチェンジ。早いですね。

FUJIFILM X-E2 | 富士フイルム

中身はタイトルにも書きましたが、

X-E1 + X100S + X-M1 - 可動式液晶 + α = X-E2


です。以上、終了です。まぁ順当すぎて、良くなってるのは判るけど、物足りないのも事実。可動式液晶もなしではねぇ。

X-E2_Release1
(表側の見た目は、ほぼ一緒)


具体的な改善点を並べてみると、以下のようになります。


続きを読む

このページのトップヘ