Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:Windows8

「最新のマイクロソフト・オフィスが付いてくることを考えれば、お得だしね!」などと理由をつけて購入した「ICONIA W3」。当初は7割ネタアイテムとして購入してみたわけですが、これが思いの外、自分にヒット!すっかり愛機になっています。

Acer ICONIA W3-810 購入から一ヶ月【1】 〜ネタ製品として買ったけれど、すっかり実用の愛機

そして、昨晩は早速 Windows 8.1 に無償アップグレードして利用しています。

本日発売 Windows 8.1!早速 ICONIA W3 を Windows 8.1 へ無料アップグレードしてみた

普通にネット見たり、SNS したりするタブレット的な使い方だけではなく、Microsoft Office をちょこっと使ったり(画面は狭いけど)、ちょっとしたコード書いたり、写真を加工しつつブログ書いたり程度は、まずまず問題なく、ストレスなくできます。

が、それでもやはりパワーは最低限の Atom プロセッサ搭載ですから決してサクサクという感じではないですし(意外とモッサリでもないのだけど、Windows 8.1 にして遅くなった)、何よりも

液晶が糞すぎる&分厚く重い


という難点はあります。

この秋は新型 Atom プロセッサ(Bay Trail)と Windows 8.1 という小型 Windows タブレットに適したハード&ソフトが同時にリリースされて、各社から 8インチ Windows タブレットが発売されていますが、Acer からも「ICONIA W4」が正式に発表になりました。

基本的には「ICONIA W3」を踏襲していますが、Atom が最新世代になって大幅高速化しただけでなく

糞液晶が IPS 液晶になって改善まともになった!
少し薄く、かなり軽くなった!


という点が挙げられます。


続きを読む

iPad / Android タブレットのおかげで、すっかり日陰者扱いになっている Windows 8 タブレットですが、今秋は新しい Atom プロセッサ(Bay Trail)と Windows 8.1 の発表を得て、一気に小型 8インチクラスの端末が充実します。

既に東芝 Encore が欧州で正式発表され、国内でも参考出品されたようですし、一足早く8インチ Windows 8 タブレット「ICONIA W3-810」を出したエイサーも新型機が海外で参考出品されています。

CEATEC JAPAN 2013:東芝の小型「Windows 8.1搭載タブレット」、CEATECでもチラ見せ - ITmedia PC USER
エイサーの8型Windows 8.1タブレットIconia W4目撃、Bay TrailにIPS液晶採用 - Engadget Japanese

そんな中、大手メーカー DELL からも小型 Windows 8.1 タブレットが発表されました。

Dell、Bay Trail/Windows 8.1搭載の8型タブレットなど - PC Watch
デルからも8インチWindows 8タブレット Venue 8 Pro、約400g で10時間駆動。ペン入力対応 - Engadget Japanese

スペック的には

大幅強化の新型 Atom + 8インチ液晶 + Windows 8.1 + 2GB RAM
それで、お値段 $300 台


という今秋の定番スペック。

液晶は 1280x800 pixels の IPS タイプで、ストレージは 32GB、マイクロソフト・オフィス付き、というのも定番。

その中で各社どう差別していくのかが楽しみですが、今のところはそう大きな差はないようで、実売価格やメーカーで選ぶ、という感じになるのでしょうか。今後まだ出してくるメーカーがあるらしいですが。


続きを読む

最近当ブログでは新型 Nexus 7 の記事を多く載せていましたが、その前に購入した 8.1インチの小型 Windows8 タブレット「ICONIA W3-810」も変わらず愛用しています。

以前の記事でも少し触れましたが、むしろ ICONIA W3-810 を購入したことで、作業用タブレットとしては iPad mini より断然 ICONIA W3 の方が使いやすい(Windows パソコンそのものだから当然)、閲覧メインなら iPad mini より小さい方がいいかも…となって、Nexus 7 メインになってしまったこともあります。

ですので、新型 Nexus 7 購入後も Nexus 7 だけを持ち出すこともありますが、ICONIA W3-810 とペアで持ち出すことも少なくありません。

液晶が糞&まともなアプリがなく閲覧端末としてはダメな ICONIA W3 に
閲覧専用タブレットの Nexus 7 を組み合わせるのは悪くない


ですね。ICONIA W3 と組み合わせる閲覧専用端末なら、Nexus 7 よりもう一回り小さいのが理想ですが… Xperia Z Ultra 欲しいです。Nexus 7 でも悪くはないですけどね。

ちなみに、最近はエイサー自身が“艦これ”ができるタブレットとしてアピールしているようで、Android が Flash をレガシーとして捨ててしまった今、そういうアピールもできるなぁ、とは思います。

iPad / Android タブレットの感覚で見ると、液晶画面の質の悪さには驚くと思いますが、マイクロソフト純正オフィス付きで今や4万円ですから、メーカーの信頼度には目をつぶってもお買い得な端末な気がします。

ICONIA-W3_BIOSupdate01


さて、そんな ICONIA W3-810 ですが、購入以来初めてファームウェア・アップデート(BIOS 更新)がありました。


続きを読む

昨今の新 iPhone 祭りをよそに、この春から色々な主力デバイスが iOS から Android や Windows 8 端末へと変わりつつある私の環境でありますが、iPhone / iPad から Android へ変わっても基本的なところは特に変わらないのですが、幾つか利点もあり、その中の一つに

microUSB で外部ストレージやメモリーカードを繋げられる


というものがあります。

昨今、書類などデーターのやりとりも最近はクラウド経由が多くなっています。が、モバイルデーター通信がいくら高速になったところで月間使用量 7GB(もしくはそれ以下)という制約がある限りは、大量のデーターをクラウド経由でやりとりするのは厳しいです。

また、Nexus のように外部 microSDHC スロットがない端末では、内蔵ストレージに何でもかんでも大量にデーターを入れるのも厳しい時があります。

と、そういう時のために先日、パソコンにもスマートフォン/タブレットにも直結できる USB メモリを購入して紹介しました。

microUSB/標準USB両対応!スマートフォン・タブレット時代のUSBメモリ「PQI Connect 201」



そして、今日は micro USB ホストケーブル付きポータブルSSD がアイ・オー・データから発表されました。

新製品情報 2013年 | 名刺サイズで超小型!軽いのに大容量! スマホの動画・写真を保存できるポータブルSSD登場 | IODATA アイ・オー・データ機器

ポータブルSSD から microUSB ホスト端子 or ケーブルが直接出ているわけではなく、単に短い microUSB ホストケーブルが添付されている(通常の USB 3.0 ケーブルも添付)というだけですが、

Android / Windows 端末との大量データーの持ち歩き・バックアップには最適


な製品と言えます。

というのも、私自身が、以下のような小型ポータブル SSD を長年愛用しており、出張や旅行では非常に重宝しています。


続きを読む

今晩間もなく次期 iPhone が発表され、ドコモの iPhone 取り扱いやら、国内でも 5S だけでなく廉価版 5C も売られるのか?TD-LTE や 800MHz帯 LTE への対応はどうなのか?などが注目されるところです。

しかし、とうとう本当にドコモから iPhone が出るとなれば

祭りも今年が最後かなぁ


という気はします。既に内容面では iOS / iPhone にエキサイトする要素は何もないわけで、毎年のドコモから出る出ない的な恒例行事が終わったら、来年からはどうなるんでしょうか。特に日経(笑)

私の方は以前の記事で書いたように今年初めて iPhone は静観予定であり、むしろ発売日が二転三転している新型 Nexus 7 の LTE版がいつ手元に届くのか?という方が気になります(米国では昨日発売開始したようですが)。

Nexus 7 発表時の記事にも書いたように、新しい Nexus 7 はスペックを考えれば高くないと思いますが、前モデルの激安さ加減、インパクトを考えると予約した今でも「新しい Nexus 7 は高いよなぁ」と思います。

ただ、手元の初代 Nexus 7 は国内発売当初のモデルですから 16GB しかなく、外部 SD カードスロットのない Nexus ではサブ端末とはいえ、ストレージ不足に悩む昨今ですので(電子書籍データーが思うように入れられない)、7インチ Android タブレットの買い換えは考えていました。

値段的に新型 Nexus 7 はスルーし、より軽い Medias Tablet UL の中古を買う方向に傾いていましたが、“Retina”品質の液晶の見やすさは第三世代 iPad を発売日に買って実感した私自身がよく知っていることに加え、このところ ICONIA W3 / Nexus 7 / iPad mini の三者を使ってきて

メインの小型タブレットを iPad mini から Nexus 7 に変更しよう


と決めたので、それなら多少の出費も意味があること& Retina iPad mini は見送り確定(たぶん)ということで、新型の Nexus 7 購入を決めました。


続きを読む

今日は PS4 の発売時期、値段が発表されたり、新型 PS Vita が発表されたり、SONY版 Apple TV、Chromecast な Vita TV なるものも発表されたりと、ホント最近は“意欲的なソニー”が帰ってきたなぁ、と思う昨今です。フルサイズ NEX の発表も近いようですし…

さて、先日、新型 iPhone が出る前にあたって適当な駄文をつらつらと垂れ流したわけですが、その続きのようなもの、です。


先月の記事「Acer ICONIA W3-810 購入から一ヶ月」の初回記事では、ネタ製品として買った ICONIA W3-810 が想像以上に実用になるヤツだったおかげで iPad mini の持ち出し回数が半減した、と書きましたが、その後も私の中で iPad mini の存在感は低下する一方です。

などと書くと、また日本エイサー公式が都合良くリツイートしたりファボったりするのですが、てめーらはウチのアフィを踏んで買い物を5千回くらいして嘘写真で改悪されたキーボード代を10倍返しで弁償しやがってから、おファボり下さい。

また、ITmedia とかで「仕事に使える8インチ Windows タブレット」云々という派手な広告を見ましたが、エイサーの場合は初期不良でも何でもサポートが有料ダイアルその他評判の糞サポートを真っ当にしてから仕事に使えるとか言いやがれ、であります。いやホント、真面目な話。

というわけで、ICONIA W3-810 は愛用しておりますが、決して軽はずみに勧められるものでもないのは、過去に書いた様々な理由、Win8 はタブレットとしては最低環境、次期Atom + Win8.1 を待つべき、などといったこと以外に、メーカー的に信用できるところでない故もあります。

といったことはあるものの、ICONIA W3-810 という 8インチの Win8 タブレット端末を得て、私のタブレット環境、考え方は随分変わりました。

GR005379.JPG


Win8 タブレットはタブレットと言いつつも、その実 Windows パソコンです。再三再四書いているように、タブレットとしては iPad / Android と比べて悪い意味で雲泥の差です。タブレットしては現状、かなり使い物にならないと言っても良いでしょう。

反面、Win8 タブレットはどこまでも Windows パソコンですから、パソコンでやらせていたような作業をやるには、 iPad / Android タブレットと比べて良い意味で雲泥の差です。

初代 iPad 購入以降、荷物軽量化のために「タブレットでノートパソコンの役割を一部代用できるようにする」努力を色々とやってきて、iPad (mini) は数多くのアプリ、周辺アクセサリに助けられて、出張先・旅先でノートパソコンを使う用途の一定部分は代用できるようになりました。

が、しかし、Win8 タブレットを使い始めて

パソコンでやるようなことはパソコンにやらせるのがベスト


という、至極当たり前のことを再実感しました。

小型の Win8 タブレットが出て使っていると

もう無理に iPad / Android にパソコン的な作業をやらせる意味はない


と思います。

「そんなこと当たり前だろ!」と言われればそれまでですが、実際に使ってみると、ちょっとしたことで「ああ、パソコン用 OS の Win8 タブレットなら楽だわ」と思うことは少なくないことに気づきます。


続きを読む

タッチ操作で快適に使える…とまではいかなくてもマトモに使える Windows ストアアプリを試したレポート第2回目は、VNC クライアントです。第1回目では SSH クライアントを2種類紹介しましたので、その流れで今度は VNC。

Windows8 タブレットで使う Windows ストアアプリを探す旅(1)SSH ターミナルアプリ 〜 Remote Terminal と SSH Terminal Emulator

リモート画面操作システムでは Windows には RDP という独自なものがあるせいか(VNC より優秀だし)、Windows 用の VNC クライアントは SSH 以上にニッチな感じです。とはいえ、接続先が Mac や UNIX/Linux の場合は VNC が第一選択肢になることも多いわけです。

Windows 環境では昔から UltraVNC や RealVNC といった VNC サーバー/クライアントソフトがあるわけですが、SSH 同様、タブレットで使うとなるとやはり、モダン UI を使った Windows ストアアプリで、と考えて探したのですが…SSH 以上に厳しい状況ですね。

SSH クライアント同様、VNC も

iOS (iTeleport) や Android (Pocket Cloud) の足下にも及ばない状況


であり、なかなか辛いところです。ってか、これに金を払うのか…と思うと、たとえ安価な金額でも iOS/Android との比較でショボすぎて微妙な気分にならざるを得ません。

特に Mac へ VNC 接続するにあたっては、VNC パスワード認証ではなく Mac のログイン認証を使いたいところですが、Mac のログイン認証に対応している VNC クライアントが一つしかなく、それが Mocha かよ…なので、なかなかに辛いです。

(というか、元々 UltraVNC も RealVNC もそうでしたからね…)

というわけで、SSH クライアント以上に「おう、これならナンボでも払ったるぜ!」と言えるアプリがない Windows の VNC クライアントアプリですが、

  • 安価 or 無料で最低限の機能はある「Janaikore Remote」

  • MacOS X のログイン認証に対応した「Mocha VNC」


の2種類を以下に紹介します。

続きを読む

ICONIA W3-810 を手に入れてから初めて Windows 8 と本気で向き合った気のする昨今ですが、タブレットとしても使える端末(本来タブレットがメインだけど、そう言うのが正しい気がする)を手にして名実ともに初めて見て回ったのが Windows ストアアプリ。

Windows 8 をパソコンとして使っている限りは、ストアアプリなんて気にする必要もない。ましてやタッチパネル対応の液晶ディスプレイを使っていなければ、まさに眼中にない存在。

しかし、従来の Windows アプリはタッチパネルや仮想キーボードのことなど考えて作られていないだけに、外部キーボードやマウスがないと非常に使いづらいこと、それゆえにタブレット端末として使う場合はタッチパネル利用を考慮したモダンUI(メトロUI)のストアアプリが必要なことは、過去の ICONIA W3 関連記事で書いてきました。

そして、それと同時に

Windows ストアアプリの品揃えの乏しさは驚愕もの


であることも過去に何度も強調してきました。アプリ数の少なさを見せかけで補うためか、従来型デスクトップアプリもストアに並べることができるのも何だかなぁ…であります。


と嘆いていても仕方ありませんので、ICONIA W3 購入後に色々と試しては「こりゃ使えねー」とアンインストールしまくり、「他にないから、これで妥協するか」と我慢したり、「マジで使えるアプリがねぇわ」と落胆したり…

いずれにせよ、ストアアプリを試しているのですが、ぶっちゃけ

Windows ストアアプリの情報がネットに全然ない


のも困ったちゃんでありまして、そういうことから自分でアプリを作る云々の前に、とりあえず使ってみている Windows ストアアプリについて、幾つか書いていこうかと思います。

Windows タブレット絡みの記事を書いても世の中から全く興味を示されず、場末ブログがさらに閑古鳥の鳴く羽目になるわけですが、今後断続的にストアアプリの感想を書いてみようかと思います。


というわけで、今回第1回目として紹介するのは、SSH ターミナルアプリ2種類。「Remote Terminal」と「SSH Terminal Emulator」。

いきなりニッチなジャンルですが、個人的に出先でリモートメンテナンスするのに必須のアプリなわけで、日本語での紹介例も殆どないので敢えて書いてみます。

どちらも有料ですが安いですし、試用ができますので十分試してから購入を考えることができますが、参考までにこの2種類の SSH ターミナルアプリの内容を紹介しておきます。

とりあえず、最初に結論を書いておきますと…


続きを読む

未明にマイクロソフトがブログでサラッと発表して、午前中はえらい話題になってますね。

Mark your calendars for Windows 8.1!

ICONIA W3-810 ユーザー的には Windows 8.1 は大歓迎、待望です。過去の ICONIA W3-810 の記事でも書きましたが、とにかくタブレット環境での Windows 8 はβ版レベル。

筋は良いから(タブレット環境で使う) Windows 8 が酷いとは思わないけれど、成熟しきれずに出したなぁ…という印象。Vista の時も SP1, SP2 と重ねるにつれて、かなり良くなっていきましたが、今回もそうなのでしょう。

Vista の時は Vista という名前を変えずに Service Pack で対処していたせいもあって、SP2 あたりで劇的に軽くなっても「Vista は糞」のイメージが最後までつきまといましたが、今回は 8 → 8.1 と名前を変えているので、どうでしょうか。

Windows 8 → 8.1 への変更点の主な点は以下の通りですが、デスクトップ環境で使うにせよ、タブレット環境にせよ、改良はあっても悪い印象はありません。

続きを読む

本格的にお盆の期間に入って、都市部では少し人の数、車の台数が減ったような感じでありますが、この酷暑続きでは、帰省で田舎に逃げられる人が少し羨ましかったり…都市部は昼間暑いだけではなく、夜も気温が下がらず、朝起きてからウンザリですからねえ。

とまぁ、鬱陶しいことを言うのは置いといて、昨日の記事に続いて ICONIA W3-810 絡みで色々買ってみた経験からの「買ってはいけないアクセサリ、買っても良い製品」の後編をば。



続きを読む

このページのトップヘ