Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Vita

大方の予想通り、今日の PlayStation Vita 関連の公式 Ustream 放送で発表されたのは、PS Vita の値下げ。

  • Wi-Fi版は 24,980円→ 19,980円(5千円値下げ)

  • 3G版は 29,980円→ 19,980円(1万円値下げ)


ということで、Wi-Fi版/3G版が同じ価格という珍しいことに。なお、新価格は2月28日から

「Wi-Fi版/3G版が同じ価格なのは、契約回線数を少しでも伸ばしたいドコモから補助が出てるんですかね?」

という疑問もあるわけですが、いずれにしても1万円値下げというのはそれなりですが、インパクトがあるような、ないような…

値下げは確かに歓迎で、とりあえず買ってみようかなぁ…と思わなくない人間にとっては、より敷居が低くなったのは事実です。

が、すっかり据え置き型ゲームどころか PSP / DS などのポータブルゲーム機でもゲームをプレイすることが少なくなった私のような

ゲーム好きとも呼べない層にゲーム機、Vita を買わせるだけの魅力の提示がない


かぎりは、値下げしても一気に台数を伸ばすのは難しいんじゃないですかねぇ。

続きを読む

東京ゲームショウを前にした今日の SCE カンファレンスで発表された PS Vita の発売日、3G モデルの回線契約、そして開発中のタイトル群。個人的に PS Vita は久しぶりに発売日買いしたいと思っているのだけど、今日の発表を見た第一印象は

Vita 本体の作り込みや 3G インフラは納得したけれど
肝心の発売タイトルのインパクトが弱いなぁ…


という感じ。ま、昨日の任天堂が 3DS 向けに、なりふり構わないくらいに人気タイトルをたくさん並べてきた翌日なので、余計にそういう印象は否めなかったかと。

とはいえ、今日のカンファレンスでもあったように

HD 版リメイク商法と、PS3 とのマルチ発売の応酬


だったわけで、PS3 との並行開発・発売が比較的楽となれば、自然と Vita での発売タイトル数は多くなっていくでしょうから心配はしていませんが…

もっとも、それ以外に気になる部分もありますが、まず今日のカンファレンスで PS Vita に関する発表点を整理してみます。

続きを読む

このページのトップヘ