Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:USB充電器

今年も Amazon の Cyber Monday セールが始まっていて、以前ブログで紹介したルンバの一番安いモデルもプライムセール以来の3万円を切る価格で販売されているようです。(2018年12月11日午前1時59分まで)


購入から4ヶ月経ったルンバ(一番安いモデル)がどうなったか、そろそろ書いておくか

上記記事でも書いたように、買うのかどうか迷っている製品はこういった大型セールの際に購入すれば、たとえ失敗しても(少しは)痛手が少なくて済みますし、逆に「お、意外と使える」と思う製品に出会えることも多い気がします。まぁ思うつぼではありますけどね(>_<)

Amazon | Cyber Monday Sale (サイバーマンデーセール) 2018

AUKEY_USB-C_Charger1


さて、以前 13インチ 2-in-1 ノートパソコン HP Spectre x360 を購入した際、付属の USB PD 充電器とは別に、もう1つの USB PD 充電器を購入しました。

HP Spectre x360【4】 〜初めての USB PD 充電器選び

その時のことは上記記事で書いていますが、



これら Amazon で比較的メジャーな中華系充電物ブランドの 3製品を候補として、
  1. ノートパソコンの充電が第一目的なので充電対応製品の広さと充電速度的に USB PD 出力は 45W 以上
  2. 既に複数ポートの USB 充電器を挿しているコンセントで置き換えたいから複数 USB-A ポートが必要

という選定理由から、「RAVPower USB-C充電器 Power Delivery 60W 5ポート RP-PC059 ホワイト」を購入しました。



しかし、これはあくまで自宅で使うことを考えたもので、出張・旅行用に持っていくには少々大きすぎます。

ノートパソコンだけでなく、iPad も買い換えて Pro になって USB-C になるなど徐々に USB-C 充電機器が増えてきて、当日だけならスマートフォンだけ、lightningと microUSB だけで良いのですが、泊まりでは USB-C、USB PD 充電が必要になってきました。(Android スマホも近々 USB-C タイプに買い替え予定)

そんなこともあって、しばらく前に、出張・旅行用の USB-C 充電器を購入することにして物色した結果、購入したのがコレ↓


Amazon | AUKEY USB充電器 ACアダプター 46W USB Type-C Power Delivery 3.0 + 5V/2.1A

何度か泊まりで持っていき、使ってみて具合良かったので、これを購入した理由と簡単な使用インプレッションを記しておきます。


続きを読む

前回記事では USB PD 充電器を初めて購入するにあたって 3機種の候補から RAVPower RP-PC059 を選択して購入したことを書きました。

HP Spectre x360【4】 〜初めてのサードパーティー製 USB PD 充電器を選ぶ



候補に挙げた上記3機種は、
  • AUKEY PA-Y12は3機種で唯一 USB PD 出力が本当に 60W あって Spctre x360 をフルスピードで充電でき、USB-A ポートは1つしかないが同時使用しても USB PD の充電速度は落ちない

  • RAVPower RP-PC059は最大出力 60W というのは合計値であり、USB PD 出力が最大 45W なのでフルスピード充電はできないがそれなりの速さで充電でき、USB-A 出力が 4ポートあるので USB PD を使わない時は普通の USB 充電器として大いに使える

  • Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQは出力合計 60W のうち USB PD 出力は最大 30W しかなく、USB-C 充電速度がやや劣り、ノートパソコンによっては充電できない場合もあるが、反面残り 30W 分を USB-A 4ポートへ割り当てられているので、USB PD より通常の USB-A 充電器の能力を重視する人向け

と、それぞれ特徴あるのですが、今回は
  • パソコンへの USB PD 充電能力
  • 複数 USB-A ポートがあって、普通の USB 充電器としても使いやすい
  • 価格(コストパフォーマンス)

を鑑みて RAVPower RP-PC059 を購入しました。

RAVPower USB-C充電器 Power Delivery 60W 5ポート RP-PC059 ホワイト

RAVPower_USBPDCharger02
(シンプルなパッケージ)

RAVPower_USBPDCharger03
(中身は充電器と2つ穴ACケーブルのみ)

RAVPower_USBPDCharger04
(USB-C 1ポート+USB-A 4ポート出力、給電ランプ付き)


さて、USB-C 絡みでは相性問題で使えると思ったのに使えなかった組み合わせが時々発生しますし、相性問題の少ない USB PD 充電器(給電器)まわりでも、たまに「○○に××が使えなかった」という話を聞きますが(特に USB PD 最大出力が 30W の製品)、

RAVPower の USB-C 充電器 RP-PC059 は
HP Spectre x360 で問題なく充電可能


であります。まぁ使えていなかったら最初にそれ書いて終わりですからね(^_^;)

さて、10日間ほど既に使用してきて幾つか感じたことを、以下箇条書きに記しておきます。

続きを読む

購入したのは随分と前なのですが(5月)、購入して試す前に E-M1 Mark II のフリーズ問題が発生したため、互換充電器を使ったことによる問題の切り分けが難しくなることを避けるため、ずっと使うのを控えていました。

しかし、当方の E-M1 Mark II は2回目の修理行き以降、千歳基地航空祭(+手持ち花火)を始め、酷暑の中を1ヶ月で9千枚近くシャッターを切っていますが、全く問題なく使えています。

オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【後編】

というわけで、E-M1 Mark II ボディの方は完全に正常状態に戻ったと判断できるので、購入してから忘れられていた E-M1 Mark II のバッテリー「BLH-1」用の USB 充電器を試しています。秋の航空祭遠征に向けての準備です :-)

購入した BLH-1 用 USB 充電器は ROWA 扱いのコレ↓



新しいバッテリーのせいか、互換バッテリーも USB 充電器もなかなか出てこなくて、やっと出てきたのが春頃。ROWA 扱いだったら、昔から幾つか買ってたので不安も少ないし、購入当時は互換バッテリーと抱き合わせセットじゃない USB 充電器がコレともう一つだけだったので、コレを選びました。

互換バッテリーについては購入せず、USB 充電器のみです。BLH-1 の互換バッテリーは
Smatree バッテリーはSmatree充電器とのみ互換性があり、オリジナルとサードパーテイーの充電器に合わないです。電源残量詳細のパーセント表示がありませんが液晶で大体電量が分かります。

という表記があったりして、どの互換バッテリーも
  • 純正充電器での充電不可
  • E-M1 Mark II で残量%表示が出ない(バッテリー交換表示が出ることもある)

という個人的には全く使う気になれない制約がついているので、非常用とか予備としても買っていませんし、今後も買うことはないでしょう。

まぁ「互換バッテリーが怖いなら互換充電器も怖いやろっ!」 というツッコミが入りそうなのは重々承知ですが、USB 充電器は EOS 時代からちょくちょく使ってきて、トラブルらしいトラブルを経験していないので、非常用、予備用途なら、という判断です :-)


続きを読む

先週、「お買いものベスト 2014」で挙げた製品の2015年と題して、昨年のお買い物を今年どれくらい使っているかを振り返ったわけですが、いよいよ 2015年も最終週ということで、毎年恒例、本年の「お買い物ベスト」を挙げていきたいと思います。

「お買いものベスト 2014」で挙げた製品の2015年 その1【カメラ機材以外編】
「お買いものベスト 2014」で挙げた製品の2015年 その2【カメラ機材編】

近年もうスマートフォンは進化も大してないので頻繁に買い換える来もしなければ、高い金出して買い換える気がしないし、旅とドライブと写真という感じの昨今ですので、去年も iPad Air を連続で買った以外はカメラ機材中心でした。

そして、そのカメラ機材的には大きな転機、創生期から色々買い続けてきたミラーレス機を全部捨てての一眼レフ回帰でもありました。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2014 【前編】6位〜10位
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2014 【中編】次点その他
だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2014 【後編】1位〜5位

今年はといえば、タブレットは去年 iPad Air を連続で買って大満足ですから今年はお休み。結局スマートフォンその他の買い替えもなく、限りありまくりのリソース(お金)をカメラ機材ばかりに集中投入という年になってしまいました。

パソコンも買い換えたいと言えば買い換えたいのですが、まだ全然現役で、RAW 現像も含めて耐えられない状況ではなく、年末にクリーンインストールし直したら、6年目の来年も全然行けそうです。

そして、カメラ機材的には去年に続いて転機があり、一眼レフ復帰に続いてフルサイズ復帰。昔のように 1D, 5D といった上位・最上位フルサイズ機には手が出ない懐具合ですが、ミラーレス機に浮気していた6年間から完全に元へ戻った感があります。

何やってんだか……という気もしますが(笑)、こればっかりは買って使って色々自分で知っていかないとどうにもならないので仕方ありません。と、自分にも言い訳しています(^_^;)

ということで、例年以上に偏った内容で、あまり面白味はないかもしれませんが、まず今回は今年のお買い物ベスト10の下位5つのアイテムから紹介していきます。


続きを読む

買ってブログに載せようと思いつつも、すっかり忘れているアイテムが幾つかあるのですが、そのうちの一つがコレ。車のシガレットプラグから USB 充電するための USB カーチャージャー。



モバイルバッテリー、USB 充電器などで(Amazon 界隈を中心に)有名になった Anker の製品です。以前、本ブログでも Anker 製モバイルバッテリーやタブレット4台同時充電も可能な大容量 5ポート AC-USB 充電器を紹介しましたが、それと同じ流れにあるクルマ用 USB 充電器です。

タブレットを4つ挿しても大丈夫!最強の USB 給電器「Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ」

こちらは車のカーシガレット用ということもあって USB 2ポート仕様ですが、

タブレット2台同時充電も余裕な 4.8A 出力仕様


という大容量と、本年発売の Anker 製品から採用されている「機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能な Power IQ 機能」搭載というのがウリです。

余裕ある大容量出力と Power IQ による充電速度と安定度は、先に発売されて本ブログでも取り上げた 40W 5ポート AC-USB充電器でも実感しており、今回の 24W 4.8A デュアルUSBポート・カーチャージャーも既に2ヶ月ほど使っていますが、車の中で安定した速度で充電できています。

(ただし、カーシガレットからの電力供給は車によって安定度が変わる場合もあるので、車と充電するデバイスの組み合わせによって充電速度が変わることはあります)

AnkerTurboCarCharger5


ドライバーと助手席の二人のスマートフォンの同時充電でもかなり速く、片方のポートに iPad などのタブレットを挿しても、もう一方に挿したスマートフォンの充電速度が落ち込むことがないのも良いですね。

私自身、従来から 2ポート 3A 出力(公称値)の カーシガレット用 USB 充電器を使ってきましたが、それと比べても安定度は高く、「もう持ってるし、大きな不満もないし、どうしようかなぁ?」と思いながら買ったものの、結果的には満足しています ;-)

ただ、唯一の欠点を挙げるならば、本製品の場合、以下のように

カーシガレット部からはみ出す突起部の長さは結構ある


ということがあります。カーシガレット製品では、カーシガレットの配置場所によっては突起部のサイズが気になる場合がありますが、そのような場合には注意が必要です。

続きを読む

USB 充電、USB 給電という仕組みはすっかり当たり前の世の中になり、USB 2.0 規格の給電能力 0.5A を超えて、スマートフォンなら 1A、タブレットなら 2A 前後を要求するのも普通になって久しいところ。

スマートフォン1台だけ、スマートフォンとタブレット1台ずつ程度なら、それぞれ AC アダプターを挿して充電していても問題ないでしょうが、当方みたく、スマートフォンは iPhone と Android を両方、タブレットも Nexus 7 と iPad Air の計4台のデバイスを常用していて、他にも転がってる状況では、デバイス1台にACアダプター1台というわけにはいきません。

最近はデジタルカメラも USB 充電が当たり前になりつつありますし、出先で使うモバイルバッテリーもまた USB 充電が必要です。

となれば、1つのコンセントで複数の USB 機器に給電できる AC-USB 充電アダプターが重宝します。元々は旅先、出張先のホテルで便利に使っていましたが、こう機材が多くなってくると自宅でも重宝しています。

そして昨今はタブレットのように、より大電流を必要とするデバイスも多く、USB 給電器にも容量の大きさ、余裕が必要となってきました(充電速度にも影響しますしね)。

そんな中、モバイルバッテリーで知られた Anker から

5ポート合計 8A 給電可能な AC USB給電器の決定版


が最近発売されました。

 


合計 8A 出力というのはコンシューマー向けの製品としては最大容量で、1.5〜2A クラスが必要なタブレットを4台挿しても十分充電可能ですし、そこまで極端でなくとも

スマートフォン2台+タブレット2台+デジタルカメラなら余裕の充電能力


というレベル。これなら通常利用では何台挿しても充電速度が落ちることはない余裕があります。


続きを読む

充電に大電流を必要とするスマートフォンが増えたのに続いて、さらに大電流を必要とするタブレット、最近はデジタルカメラも USB 充電が増えてきて、出張や旅先での ACコンセント用 USB 充電器の必要性はますます高まっています(自宅でも使ってますが)。

そして、旅先、出張先へスマートフォン/タブレットを持っていく人向けの最強 AC USB 充電器



でした。

この充電器については、昨夏の発売と同時に購入してレポートしています。

少し大きめサイズだけど充電能力抜群!バッファローの新型 4A出力AC-USB 充電器は現代の旅の強い味方

AC USB 充電器としては若干大きめなのが難ですが、追従品がなかなか出てこない合計 4.2A 出力というのは、出張先、旅先のホテルで複数のデバイスを繋いでも安心して充電することができます。自分で使い続けた結果、昨年のお買いものベストに推したくらいです。

そして BSMPA09 の発売から1年近くたった本日、バッファローから新たな AC コンセント接続の USB 充電器が発表されました。

大容量出力でタブレットやスマートフォンを急速充電できる。 4ポートタイプのUSB充電器を発売 | プレスリリース

「さらに供給電流アップなのか?」「2A 出力製品と同じくらいの小型化が実現されたのか?」と思ったのですが、どうも様子が違います。スペックは何から何まで旧製品と同じです…


続きを読む

このページのトップヘ