Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)


タグ:USBメモリ

Amazon や楽天の Black Friday セールが始まる頃となり、あちこちのネットメディアでもアフィリエイトリンクが目的だけの記事が乱舞する時期になりました。

いやね、別にアフィリエイトリンク貼るのは全然良いと思うのですが(自分もやってるし)、でも紹介するならちゃんと紹介しろよ、事実上アフィリンク貼るだけになってる記事をメディアを自称する者がやるのはどうかな、少なくとも自分が勧められるものを紹介してリンク貼る記事を書けよ、と思うわけです。

というわけで、しばらくは私自身が今年買って良かった製品、試しに買ってみたら意外と良くて使ってるモノを幾つか紹介していこうと思います。第一弾がコレ↓


(1TBが在庫なく512GBを購入、256GBもあり)


近年、スティック状の USB メモリサイズの超小型 SSD が幾つかのメーカーから発売され話題になっていましたが、今年バッファローから発売された本製品は

USBメモリどころか指の爪サイズ!


SD じゃなくマイクロ SD カードリーダーとほぼ同じサイズという小ささ!マジ小さい!!

具体的なサイズ比較は↓以下のとおり。

BUFFALOminimumSSD04
(各種USBメモリ、SD、microSDカードとの比較)

BUFFALOminimumSSD05
(一般的なUSB3.x対応SSD製品との比較)

BUFFALOminimumSSD06
(意味はないがiPhone 13 miniやAirPods Proとの比較)


いやぁ、マジで小さいです。この極小サイズで 512GB とか 1TB というのだから技術の進歩は素晴らしいですね。容量だけでなく、読み込み速度 600MB/s、書き込み速度 500MB/s(公称値)の SSD ですから、読み書き速度が遅めの USB メモリよりもずっと快適に使えます。

ただ、超小型というのは良い点だけでなく、ネガティブな部分も併せ持ちます(後述)。私の場合、それが嫌で USB メモリサイズの SSD が出てきた時も完全スルーのまま、ずっと標準的な?サイズの SSD を購入していました。


(メイン外付けはThunderbolt対応製品、USB 3に戻れない速さ!)


スティック状 USB メモリと同等サイズの SSD が出てきた時は、小型さよりも後述する小型ゆえのネガティブ要因の方が気になって興味は惹かれずスルーでしたが、本製品のような指の爪程度までまで小さくなると話は別。宣伝にもあるように、

PCのUSB端子に付けっぱなしにできるサイズ


であることが購入理由となりました(ただし USB Type A 端子の場合)。

BUFFALOminimumSSD07


ここまで小さいとノートパソコンの USB-A 端子に挿しっぱなしで持ち歩けますから

外付けでなく内部増設SSD感覚で使える


と言っても良いくらい(USB 接続による速度や機能の制限はありますが)。

ですから、
  • 内蔵 SSD の交換、増設ができないノートパソコン
  • 内蔵 SSD の交換、増設は可能だが、難しい/不安でやりたくない
  • 内蔵 SSD の交換はできるが、手間が面倒

などの理由で

内蔵SSDには手をつけられないけど
スッキリ容量不足を解決したい人に最適


と言っても良いくらい。後述する欠点に目をつぶることができるなら、普通の外付け SSD よりずっとスマートに使えるのは事実。

私自身、このサイズなら欠点を補って余りある使い方が可能、と感じて購入した次第です。



ただ、以下に挙げる欠点がありますから、私としては挿しっぱなしを考えてない、普通の外付け SSD 用途で買うなら他を当たる方がベターだと思います。あくまで PC に挿しっぱなしか、それに近い感覚で使うことが前提ならお勧めできます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も iPhone 狂想曲が吹き荒れる昨今で、自分は iPhone 5s / 5c ともスルー予定なので静観するつもりではあるものの、去年までは祭りにガッツリ乗っかっていた身としては、やはり気になります。

友人知人からも聞かれるので一括で買った場合の料金云々をまとめておこうかと思ったのですが、キャンペーン多すぎな上に au アップグレードプログラムのように隠し球がまだあるような雰囲気もあるので、どうしたもんかと思いつつ、昨日発売の新製品を紹介してみます。

小物だけど、割と待望していた便利アイテム


であります。

iOS と違って Android 端末は microUSB コネクタを通して USB メモリやメモリカードリーダーが使えるスマートフォン/タブレットが多くあります。というか、最近の Android 端末なら、ほぼ USB メモリやカードリーダーは使えるでしょう。

ただ、Android 端末が備える USB 端子は microUSB(USB microA)です。それゆえ、microUSB 端子のスマートフォン/タブレットから一般的な USB 機器を使おうとしても、いちいち USB ホストケーブルを介する必要があります



例えば、スマートフォン/タブレットに USB メモリを繋げる時も

PQIConnect201_12


こんな感じですね。ハッキリ言って

たかが USB メモリを使うのに別途ケーブルに刺してからなんて面倒くせー


なわけです。これは Android 端末だけでなく、ICONIA W3 のような microUSB 端子採用の小型 Windows 8 タブレットでも同じです。

てなわけで、「microUSB ホスト端子直結できる USB メモリが出ないかな〜」と思っていたのですが、最近立て続けに2種類が発売されました。

そして、購入したのがコレ↓



小さな USB メモリですが、以下のように、USB メモリの片側が microUSB 端子になっていて Android 端末や Windows 8 タブレットに直結でき、もう片側が通常の USB 端子になっていてパソコンなど通常の USB 端子に突っ込めるようになっています。

PQIConnect201_06
(microUSB 端子にも直結だからスマートかつコンパクトで便利!)


つまり

パソコンにもスマートフォン/タブレットにも直結できる USB メモリ


なわけです。以下に、手元にあるデバイスの幾つかに繋いでみた状況を載せておきますが、いやー便利です。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ