まだまだ暑いねぇ…と言っていたのが、あっという間に寒くなってきて、「今年は秋があったっけ?」なんて思いがしつつ、紅葉前線もどんどん南下して、山から麓へ降りていく秋まっただ中な季節。

関西では高野山が、関東でも箱根あたりが見頃を迎えて、いよいよこれからは低山、都会の公園、街路樹が色づく季節になり、その後は各地でイルミネーションイベントが催される季節になります。

紅葉を撮る時には三脚を据えて、きっちり構図を考え、しっかりピントを合わせて…というのが、カメラの入門書などでは書かれていているわけで、まぁ常識といっても良いのでしょう。

さらに、夜景の一つであるイルミネーションイベントを撮るなら、なおさら三脚は必要。スマートフォンのカメラで撮るならともかく、わざわざカメラを持って行って撮るなら、ちゃんと三脚で撮りたいものです。

しかし、そんな「三脚でちゃんと撮りたい」という気持ちはあったとしても、

三脚って、持って行くのが重いし、面倒くさいよね


ってのは大いにあります。そういう人は、きっと私だけじゃないはず(^_^;)

おまけに三脚は重いだけじゃなくて、長いのでかさばります。会社帰りにイルミイベントへ行こうとしても、普通の三脚を会社へ持って行くなんて、とてもできません。

かといって、荷物を軽くしようと安物の極細三脚ではコンパクトデジカメでも不安ですし、ミラーレス機は軽いレンズですら載せるのに躊躇われるレベル。風がちょっと吹いたら倒れてしまいます。

でも、重くて剛性のある三脚が良いだろうことは誰もが判っていても、高い・重い・長い、の三重苦。重いしっかりした三脚を持って行くのは、よほどの気合いがないと難しいですし、携行に負担がかかって、本来の目的(ハイキングとか写真撮影)が楽しくなくなっては無意味です。実に悩ましいところです。

Dojima River in the night


ということで、私自身が

「ちょっとハイキングがてらに紅葉を撮りに行く」
「気楽にミラーレス機を持って、近場に紅葉を撮りに行く」
「仕事帰りに、イルミネーションを撮りに行く」

こういったシーンを考えて

  • ミラーレス機を(ミラーレス用レンズとともに)載せるのに概ね満足できるレベル
    (個人的には NEX-7 + E 24mm F1.8 ZA レベルを載せても怖くない条件)

  • 軽すぎると風に弱いが、重すぎると持って行かなくなるので、重さは 1〜1.5kg 程度

  • カバンに収めやすいように縮長(畳んだ時の長さ)は、できるだけ短く

  • お値段は高くても2万円まで
    (本当は1万円以下がいいけど、安いモノは柔なものが多いので…)

  • 使い勝手が悪くないもの
    (細部の性能より使いやすさ優先)


といった条件に見合った三脚の中から選んだのが、コレ



色々とスペックやネットでの評判を机上で調べるだけではなく、ヨドバシカメラの三脚コーナーで自身で使い勝手やカメラを載せてみて決めました。


続きを読む