Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:TK700

今日(というか記事公開時では昨日)の午前中、九州へ向かう車内で

iPad mini でロジクール Ultrathin Keyboard Cover TK710 を使ってみたわけだが…

という記事を書きました。

フルサイズ iPad では素晴らしくマッチした愛用の一品、ロジクールのキーボードカバー TK710 も iPad mini での利用には少々厳しいと言わざるを得ませんでした。

その記事を書きながら、

「以前使っていたロジクールのキーボードケース TK700中華製安物キーボードケースの方が立て掛ける溝が深い分、ボディの薄い iPad mini でもしっかり差し込めて安定するんじゃないか?」

と感じました。

ということで、出先でロジクールのキーボードケース TK700 を持っている人に会うので、お願いして TK700 を借りてきました(TK700 は売却しちゃったので…)。

(名前が良く似ていますが、今年発売の iPad 用キーボードカバー製品が「TK710」。昨年発売の前モデルであり、iPad 用キーボードカバーではなくキーボードケースの製品が「TK700」です)

そして早速、帰りの福岡空港で使ってみています。

iPadmini_TK700_01


iPad mini とロジクール Ultrathin Keyboard Cover TK710 の組み合わせは全くお勧めできない状態でしたが、前モデルでキーボードカバーではなくキーボードケースである TK700 との組み合わせはと言うと…

iPad mini と TK700 の組み合わせは、安心して使える感じ\(^o^)/


です。

ただ、ここ(福岡空港)では机の上に置いてキーボードケース TK710 と iPad mini を使っていますので、このあと関空到着後に揺れる車内(リムジンバスまたは電車内)で使って、再び感想を書いてみたいと思います。というか、それ以前に飛行機が遅延していて終電に間に合うのか…

現在、福岡空港でピーチ関西空港行き最終便の搭乗を待っているのですが、折り返しの到着便が遅延していて、このままでは終電の接続に間に合うかどうか非常に微妙な情勢です。ヤキモキしながら、その不安を紛らわすために本記事を書いています(-。-;)

さて、ようやく搭乗開始…


続きを読む

前回記事に引き続き、新発売の iPad用キーボード一体型カバー「Ultrathin Keyboard Cover」TK710 を3週間使ってみた感想を記していきます。今回は前モデル TK700 やコストパフォーマンスに優れた中華製パクリ商品と比較してみます。


続きを読む

一昨日の記事で使った新型 iPad は一晩だけ試して既に友達のところへ収まり、SIM ロックフリー版を手に入れるまで、再び iPad 2 の生活に戻っています。一晩だけでしたので美麗な新型 iPad の画面に慣れきることなく iPad 2 に戻っても画面の落差に凹まずに済んだのは幸いです :-)

見た目も変わらないので新旧の差を意識しなくて済むのは、旧型ユーザーには優しいところです(逆に新型買っても新鮮味が薄いわけですが ^^;)。友達とは「新旧変わらない iPhone / iPad と何が新型判らない Android、どっちが良いだろうね」なんて話もしていたり…

さて、新型 iPad 発売日に使ってみて感じた印象を下記の記事にしました。

たぶん、じわじわ、来る、新型 iPad

と同時に、手元にある iPad 2 用のアクセサリー類も使えるかどうか、幾つか試してみました(私も新型 iPad は買いますからね)。

スタンド類は一番シビアな純正 iPad スタンド新型 iPad(第3世代)でも利用可でしたし、もう1つのも問題なく流用できました。iPad 2 からの乗り換えの場合にスタンド類は流用できることが多いのではないかと思います。

ただ、背面ケース類は某ショップで試した時も含めて 0.6mm 増の厚みが効いているようで、一部のシリコンケース以外は iPad 2 用の流用は厳しいのではないかと思います。

でもって、このブログでは iPad 用キーボード内蔵アルミケースを何度も取り上げてきましたので、それらの製品について新型 iPad で使えるかどうか試してみました。


続きを読む

昨夏 iPad 2 のカバーにもなる Bluetooth Keyboard Case に関する記事を2本書きました。

$40 で買った中華製のカバー兼用キーボードが素晴らしく良くて、でもキーボード配置だけがダメダメで、コピー元の本家ロジクール&ZAGG の製品が国内でも発売されたらいいのに…と思ったら、記事を書いた日に国内発表されるという間の悪さでした(^_^;)

ネタで買ったのに実用的!? $40のカバー兼用 iPad 2用キーボード「Mobile Bluetooth Keyboard for iPad 2」
「ロジクール キーボードケース For iPad2」TK700 国内販売開始(+中華製パクリとの比較)

これらの記事へのアクセス数は、この場末ブログの中でもさほど上位というわけでもなく、iPad 2 ユーザーの数に比して、やっぱりあまり注目されてないニッチ製品なんだなぁ…と思うと同時に、アクセス数の割には時々このブログ経由でご購入していただいている方がいて、感謝しております。

もっとも、私は本家製品(以下 TK700)が国内発売される前にバッタもん類似格安製品を購入したため、キーボード配列に不満はあったものの、買い換えるほどでもないと思って、中華製パクリ類似品を使い続けていました。

類似品ゆえの不満はありつつも愛用してきて、昨年のお買い物ベスト10でも4位と位置づけられるくらいに気に入っています。

iPad 3 が出ても、このカバー兼用 Bluetooth キーボードが出ないと
iPad 3 に買い換えられないか、iPad 2 と併用だなぁ…


と本気で思っているくらい、私の iPad 生活には欠かせない周辺機器になっています。

iPad2TK700_18Snap1
(パソコンを持っていく出張はともかく、旅のお供には超愛用)


さて、バッタもん類似格安製品に対して多少の不満がありつつも

「6千円出して本家製品 TK700 を買い直すのもアホらしいし、買い直すのは iPad 3 用だな」

なんて思っていたのですが、

年始早々、中華製キーボードケースが壊れたので
本家ロジクール TK700 を買い直しました


痛い出費でしたが、私にとってはもう iPad 2 のキーボードケースはなくてはならないモノですので、買い直しには躊躇いはありませんでした。

iPad2TK700_01


中華製キーボードケースの故障は、Enter キーと↑キーが入力できなくなる、というものでした。その他のキーについては全く問題がなかったのですが、さすがに Enter キーが入力できないのは厳しい状況でしたので買い換えました。

というわけで、今さら改めて TK700 の紹介と中華製類似製品との比較を、実際に両方を使ってみた実感と比較写真で行なってみたいと思います。以前の記事では TK700 の方は机上で見た比較でしか書いてませんでしたからね。

(1ヶ月近く前に掲載するために記事は書きあがっていたのに、NEX-7 その他の記事の影響ですっかり遅くなって掲載します…)

続きを読む

このページのトップヘ