Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:TB1e

表題のとおりの、どうでもいい1ヶ月前の話 Part 4。長々と続けてきたけど、とりあえず買うまでの話は、今回で終わりです。(長すぎ)

なお、本ブログの書き手は自転車に興味があるわけではない一般人ですので、自転車について書かれてると思って来てしまった方は、今すぐブラウザの戻るボタンを押して時間の無駄を避けるようお願いいたします。

TB1e_27


真夏の最中、今まで購入を考えたこともなかった電動アシスト自転車の購入検討を衝動的に始め、ブリヂストンTB1e に定まったけど、「よく考えてみれば自転車なんてロクに使わないから」と購入はペンディング…したはずなのに、大阪ダービーでガンバ大阪が大敗した鬱憤晴らしに、試合翌日に衝動買いした TB1e。

当初、納車は早くて半月以上先の入荷分で回せるかどうか、実際には時期を確約できないと言われて、それでも納得して購入契約を進めていたら、他店キャンセル分を取り寄せできるラッキーがあって 1週間くらいで納車となったのが前回までの話。

大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【1】〜電動チャリとか考えたこともなかったのに…
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【2】〜TB1eに決めた理由
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【3】〜購入、色、オプション

時期不明ならともかく、1週間くらい先には納車と判っていれば待つのは全く苦にならないし、その間 Amazon で自転車関連アクセサリーをみて「これは便利じゃないかな?」なんて無駄遣い…はしなくても、欲しいものリストにどんどん放り込んでいくという、待つのもまた楽し、の時間を過ごしていました。

スマホやパソコン、ネットワーク関連の製品やカメラ機材なんてのは、もう購入しても1ミリも楽しさはない有様ですが(義務感みたいなもの?)、

自分がよく知らないカテゴリー
の製品はちょっとワクワク


が止まりません。どこまで使うのか判らないし、そのカテゴリーに深入りする気もないけれど、そういう自分も含めて判らないから楽しいわけで、久々に楽しみでした。

そして、購入契約をした時の話のとおり、1週間弱で「準備が整ったので納車できます」との連絡が来たので、さほど日をおかずに早速、自転車を引き取りに向かった次第。


続きを読む

表題のとおりの、どうでもいい1ヶ月前の話 Part 3。本ブログの書き手は自転車に興味があるわけではない一般人ですので、自転車について書かれてると思って来てしまった方は、今すぐブラウザの戻るボタンを押して時間の無駄を避けるようお願いいたします。

大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【1】〜電動チャリとか考えたこともなかったのに…
大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【2】〜TB1eに決めた理由

夏までは購入を考えたこともなかったのに、真夏の夕刻、変速機の壊れた小口径激安自転車を汗だくで漕いでスタジアムに向かう際、電動ママチャリに抜かされまくって衝動的に購入検討が始まった電動アシスト自転車。

予算10万円程度で具体的に自転車選びをしたものの、スタジアム行く以外で普段自転車に乗らないし、暑さも少しマシになってきたから来年また考えよう!とペンディングに……したはずが、大阪ダービーでガンバ大阪があまりにも不甲斐ない大敗をした鬱憤晴らしとして試合翌日、仕事先帰りに近所の自転車屋へ買いに行った話であります。

TB1e_37


初回の記事で書いたように、TB1e を購入したのはもう1ヶ月以上前で、納車されたのも3〜4週間前になります。それから今までの間に TB1e は 2022年モデルが発表され、装備はほぼ同じなのですが、カタログ値のバッテリー走行距離が変更されています。

バッテリーその他の仕様変更がないのに2022年モデルでバッテリー走行距離が1.5倍近く延びているのは、本来ならカタログ値を疑ったりするところですが、購入前に口コミを調べてもカタログ値より遥かに保つという評判でしたし、自分でも乗っていてその評判を実感していますので、カタログ値を実勢値に近づけた(業界標準の試験で近づくように回生アルゴリズムを変えた)ということなのでしょう。

ですので、TB1e を選んだ理由を記した前回記事で現在の公式ページにあるカタログ数値と違う部分があっても、そういう事情があることをご了解ください。

(購入後すぐに来年モデルが出て、一瞬うぇっ!?と思いましたが、仕様・内容はカラーリングも含めてほぼ変わらないものですし、新モデルは12月発売ということですから、後述するように早めに買えたこともあって満足は変わりありません)


続きを読む

表題のとおりの、どうでもいい1ヶ月前の話 Part 2。以下の話の続き、というか、衝動買いに走る前に考えていた話。

大阪ダービーで大敗した鬱憤晴らしに電動アシスト自転車 TB1e を買った話【1】〜電動チャリとか考えたこともなかったのに…

なお、本ブログの書き手は自転車に興味があるわけではない一般人ですので、自転車について書かれてると思って来てしまった方は、今すぐブラウザの Back ボタンを押して時間の無駄を避けるようお願いいたします。

TB1e_07


さて、電動アシスト自転車を買おうなんて考えたことは一度もなかった、out of 眼中の商品だったのに、ガンバ大阪・夏場の15連戦で週1〜2回スタジアムへ向かう際、

いくら変速機が壊れた小口径折りたたみ自転車で速度が出ないとはいえ、こっちが汗だくで必死こいて漕いでるのに、毎週毎回いつも電動ママチャリに抜かされすぎやろ…オレも電動アシスト自転車買うか!?


と衝動的に思って、電動アシスト自転車購入を考え始めたこの夏。

具体的な購入候補を検討するまで行ったものの、

駅近で普段自転車を使うことはないし、近所を乗るだけ、週イチ程度のスタジアム行きだけのために10万円も出して電動アシスト自転車を買うのは、さすがに勿体ない。そろそろ涼しくなるし、来年また暑くなる頃に考えよう。


そう先送りしたのですが、先月初め、絶対に負けてはいけない大阪ダービーで1週間の間にホーム2連敗、最後は大阪ダービーの歴史で最悪の大敗を現地で見ていて鬱憤が溜まり、

このやり場のない思いをどこで発散したら…買い物で発散するしかないか!


と、ダービー大敗翌日に自転車屋へ行き、ペンディングにしたはずの電動アシスト自転車を購入契約していました。

TB1e_36


今となっては、というか、今のところは、

結果的には買って良かった


と思っています。あくまで、今のところは、ですけど。

購入は1ヶ月前でしたが、発売から時間が経っても人気の自転車だったため、納車はもう少し後で、乗り始めて3週間少々になるでしょうか。当初の納車予定は先月末以降でしたから、だいぶ早く手に入れることができました。

今回は私が電動アシスト自転車を買うにあたって、ブリヂストン TB1e を選んだ理由について記しておきます。ポイントは、
  • 回生充電に惹かれた
  • クロスバイク/スポーツバイク風だけど街乗り仕様
  • 当初予算から多少逸脱したけど許容範囲だった

この3点が決め手でした。


続きを読む

先週末はクラブ設立30周年記念試合でボロ負けしてスポンサー様や招待されたホームタウン各市長の前で恥を晒したガンバ大阪ですが、1ヶ月前には不倶戴天の敵であり絶対に負けてはいけない相手、セレッソ大阪との大阪ダービーで1週間の間にホーム2連敗、最後は 0-4 で大敗してサポーターの怒りと落胆を買う出来事がありました。

Jリーグ創設時からご近所クラブとして青黒ファンの末席を汚している当方も、さすがに現地で不甲斐ない戦いを目の当たりにして、かと言ってコロナ禍の折、どうすることもできずに悶々としたまま帰宅し、

このやり場のない思いをどこで発散したら…
買い物で発散するしかないか!


などと思ったものの、当時はまだ iPhone 13 / iPad mini の発表もまだなら、GR IIIx の発表も、EOS R3 の正式発表もまだで、それらの買い物で鬱屈した気分を発散することができませんでした。(まぁ EOS R3 で発散してたら被害が尋常でないことになっていましたが)

そこでふと、今年の夏になってから急にほしい物リストに入ったいたけれども無駄になりそうだし、暑い夏も終わりに近づいたからまた来年考えよう、そうペンディングになっていたものを思いついてしまいました。

大阪ダービーでボロ負けした腹いせに
電動自転車買って発散するか…!


本記事は、この8月までは欲しいものリストどころか興味の1ミリもなかった電動アシスト自転車を、大阪ダービーでガンバ大阪が大敗した鬱憤晴らしに翌日衝動買いした、という全くどうでもいい話でございます。

かれこれ、もう1ヶ月くらい前の話ですしね……


続きを読む

このページのトップヘ