Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)


タグ:Softbank

今日午前中に docomo の 2016年夏 新商品発表会があり、それに少し先行してソフトバンクが同じく夏モデルのプレスリリースを出し、さらに先行して昨日 au からプレスリリースが出ていました。

報道発表資料 : 2016年夏 新商品7機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
SoftBank、2016年夏商戦向けスマートフォンとして3機種を発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
Xperia史上最速! 0.6秒で撮影可能な「Xperia (TM) X Performance」が登場! | 2016年 | KDDI株式会社
世界初の「デジタル一眼レフカメラ技術」とauスマホ史上最大の3,600mAhバッテリーを搭載した「Galaxy S7 edge」が登場 | 2016年 | KDDI株式会社

ソニーの Z シリーズに代わる今年のフラッグシップ機「Xperia X Performance」は3社から共通で発売され、サムソンのフラッグシップ機「Galaxy S7 edge」は docomo と au から、あとは docomo とソフトバンクからシャープ AQUOS の新機種が、docomo からは富士通 arrows と Disney Mobile の新機種がリリースされた次第です。

(他には docomo から arrow タブレット1機種、WiFi ルーター1機種のみ)

ドコモ 1016年夏 新商品ラインナップカタログ (PDF)
ドコモ 1016年夏 新商品 主なスペック一覧表 (PDF)
ドコモ 1016年夏 新商品 主な対応サービス・機能一覧表 (PDF)
Xperia™ X Performance(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の概要(予定) | ソフトバンク株式会社
AQUOS Xx3(シャープ製)の概要(予定) | ソフトバンク株式会社
DIGNOR F(京セラ製)の概要(予定) | ソフトバンク株式会社
写真もゲームも映像も思い切り楽しみたいあなたへ! 世界初の「デジタル一眼レフカメラ技術」とauスマホ史上最大の3,600mAhバッテリーを搭載した「Galaxy S7 edge」が登場 | 2016年 | KDDI株式会社
Xperia史上最速! 0.6秒で撮影可能な「Xperia (TM) X Performance」が登場! イイものは長く使いたい、そんな声にお応えしてバッテリーが更に進化 | 2016年 | KDDI株式会社

しかし、ドコモの「2016年夏 新商品ラインナップの主な特長」欄を見ても判るように、

そろそろ新製品の特長を書くことが少なくなってきた感


は否めません。

ここに書かれたドコモの夏モデルの特長と言っても

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のソフトバンクによるイーモバイル買収には驚かされましたが、来春?大きく LTE 帯域が広がれば、ソフトバンク iPhone 5 ユーザーにとっては万々歳、今回の LTE プランにおける月額費用値上がりに対して十分な見返りになるような気がします。

また、昨日の発表の中では、発売してから後出しの形で公式サイトに追加された「月間 1.2GB 以上利用した場合には、翌々月に状況によって速度を抑制するかもしれない」という 3G時代同様の規制も撤回となり、他キャリア同様の 3日間による規制基準が設けられました。

以前、iPhone 5 の発表を受けて国内4キャリアの LTE サービスにおける規制基準を一覧にしましたが、その後ソフトバンクの内容・規制基準がコロコロと変化しましたので、昨日の発表時点の内容を反映させて、改めて

国内の LTE における速度抑制基準一覧・改訂版


を以下に示しておきます(内容について保証しかねるのでリンク先を参照下さい)。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

【9/19夜 追記】今朝記事を載せて、午後にはソフトバンクがテザリング解禁を含めた緊急記者会見をしたので、それに合わせて内容を修正しました。

【9/23 追記】ソフトバンクが月間転送量上限なしで主力に推している「パケット定額 for 4G LTE」は、従来のソフトバンク 3G回線同様に、月間 1.2GB超の利用で翌々月が1ヶ月間の速度規制となる可能性がある旨の記述改変がなされ、サポートもその旨の回答をしていますので、ご注意下さい。内容も修正しました。

【10/2 追記】ソフトバンクがイー・モバイル買収にともなって、また規制基準を緩和したり色々と変わりましたので、一覧表を改めて書き直しましたので、以下の記事をご参照下さい。

→ ■ キャリア各社 の LTE サービス規制基準一覧表・改訂版

(よって、以下の内容は古いものとなっています)


iPhone 5 の発表発売に伴い、去年に続き今年もまた「ソフトバンクが〜」「au が〜」という論争というか、どうでもいい争いが繰り広げられています。多分これからも毎年秋の風物詩になるのでしょう(´д`)

さて、色々な意見、議論をネット上で散見する中で、

「テザリングで使っていれば 7GB なんてあっという間だから、7GB 上限でテザリングなんて意味がない」

なんて意見も何度も見ました。

しかし、モバイルルーター利用のパソコンデーター通信向けプランも含め、

WiMAX を別として、LTE なら各社似たようなもの


であります(逆に言えば、パソコンをモバイルで通信しまくる人は規制がほぼない WiMAX メインにするのは常識)。

ということで、各社 LTE サービスの規制値をパソコン向けデーター通信用プランも含めて、まとめてみました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

【9/16 追記】両社ともデーター通信における制約条件が変わっているので(ソフトバンクの無制限記述がなくなったり復活したりとか)、それに合わせて追記修正しました。

前回記事にも書きましたが、最後の最後まで、というか予約開始時間まで公表されなかった、ソフトバンク、au の iPhone 向け料金プランおよび端末価格。

店頭でもイマイチよく判っていない面があったり、予約開始から30分経って各店員に料金・価格表の用紙が配られていたのを見ていたりで、まぁなんだかなぁ…と思ったのですが、夜になってようやく自分でもひと通りの内容を把握できました。

割引キャンペーンなどは現場では把握できず、予約受付を終了してからネット情報で知る始末。双方とも iPhone 向けに料金プランを用意する他、割引キャンペーンとして

  • (ソフトバンク)【新】iPhone かえトクキャンペーン(+のりかえ割)

  • (ソフトバンク)iPhone かいかえ割

  • (au)女子割


の3つが対象になるようですね。

男子も適用される「女子割」や「iPhone かえトクキャンペーン」は MNP 向けで、これは有りがちな施策ですが、普段最も冷遇される機種変更ユーザーに対する優遇策「iPhone かいかえ割」は流出対策が必要な今のソフトバンクらしい守りのキャンペーンに感じられます。

ともあれ、これらのキャンペーンも考慮した上で、ソフトバンク/au 両社の iPhone 5 向け料金プラン、価格を整理し、

キャリア ✕ 容量モデル ✕ 端末支払方法 ✕ 新規・MNP・機種変別の月額料金一覧表

を以下に作成してみました(内容については保証しきれません。間違っている、今後変更される可能性はありますので、その点は予めご了承下さい)。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえず午後イチくらいから梅田ヨドバシに並びました。まだ買うかどうかは決めてませんが、買うなら初日に欲しいですしね…(本当にまだ買うのを迷ってると言っても、誰も信じてくれませんが >_<)

12時すぎに到着した時に既に待機列は地下に収容しきれず、地上駐車場脇に並ばされていました。その時点での行列人数は、係員曰く「300人くらい」と言っていましたが、後刻の行列整理の状況からすると、12時すぎで 150人〜200人弱くらいだったと思います。

iPhone5_Reserving1


曇とはいえ屋外なので、暑い上に1時間くらいするとゴロゴロ〜と雷とともに雨が降ってきました(ヨドバシカメラから傘の配布はありました)。ただ、ちょうど雨が降ってきた頃に、私の後ろ4人くらいまでは地下に移動できたので、その後ゲリラ雷雨状態になっていたことを思うと、ものすごくラッキーでした。

結局4時間半ほど並んで、16時半すぎに予約受付を行うことができました(整理券配布は 15時半ごろ)。iPhone 4S の時と比べると倍くらいな印象、iPhone 4 の時に近い印象ですが、人数的にはずっと多い気がしました。

au とソフトバンクに分かれた時の待機列の比率は au 1:ソフトバンク 2 くらいの印象。私よりずっと後から来た人の並びでは、ソフトバンクの比率がもう少し高かったかもしれません。

iPhone5_Reserving3
(左2列ソフトバンク組、右1列 au組に分かれて整理券配布中)


iPhone ユーザーは当然多かったですし、機種変組は 64GB 一択という感じでしたが、意外とガラケーユーザーも多く見られましたね。あと、相変わらず代理で並んでいて、契約本人の身分証明書が必要と言われてアタフタする人も毎年多く見かけます。

ともあれ、今日予約を早めにやっておけば、あとはそう並ぶことも待つこともなく、(買おうと思えば)多分初日には買えるはずなので一安心です。やれることは先に手を打っておきたいので。

マジックマウンテン(MAGIC MOUNTAIN) トレイルチェアー ブラック MC100
マジックマウンテン(MAGIC MOUNTAIN) トレイルチェアー ブラック MC100

(待ち行列のお供は持っていくのが苦にならない、折りたたみ傘より軽いコレ)


さて、今回の予約に際して、どうしても言っておきたいことがあります。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

【追記】3月14日に「au Wi-Fi 接続ツール」アプリが配布開始となっていたので、リストに追加しました。スポットが地図で見られるのは良いですね。

au からも iPhone が発売!という衝撃から5ヶ月。「au から発売されたらソフトバンク終わるんでは?」などという事前の予想はどこへやら、ソフトバンクの積極的な引き止め施策と au版 iPhone 4S の機能不備まくりなどで

「au じゃ◯◯も××もダメなんでしょ? iPhone はやっぱりソフトバンクだよね」
「ソフトバンクでも大して困ってないし、ソフトバンクのままの方が安いし〜」


なんて感じで推移した、この5ヶ月だったようにも思えます。

ひとことで言えば、

iPhone に対する気合いの入り方がソフトバンクと au では違いすぎた


わけで、au へ MNP したユーザーから見ても当然の結果かな、と思います。

それでも、あちこち旅したい人間にとっては第一にエリアですから、不満や機能不備が多々あっても au に移って大正解だったなぁ〜と、個人的には思っています(連れがソフトバンク版のままなので差は実感できる)。

また、

Siri で遊ぶと au ですら速度抑制基準に引っかかるのにソフトバンクでは…


という状況を見ると、3倍ものパケット速度規制基準が緩く、1日単位で規制解除される au を選んだ利点は大いにあったと思っています。

それにクソみたいな機能不備が徐々に改善されていくのを感じて楽しむという、

au版 iPhone 4S は、まさに人柱上等!な人のための iPhone


だったので、俺向けだったかもしれません(^^;)

そんな人柱向け au iPhone 4S も今月相次いで大改良され、すっかり普通の iPhone に近づいてきました。この間の改善の歴史を振り返ってみると、以下のようになります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も、新型 iPad ?発表日の確定(3/7、日本時間 3/8 未明)やら、LAWSON Wi-Fi の正式発表やら、WiMAX の定番ルーター URoad の新製品(URoad-SS10)発表など色々と話題豊富でしたが、何と言っても

900MHz 帯の割り当てがソフトバンクに決定


というのが大きな話題でした。

ソフトバンクに携帯新周波数 900MHzのプラチナバンド:日本経済新聞
“プラチナバンド”900MHz帯はソフトバンクへ、電監審が答申 - ケータイ Watch

これで iPhone ユーザーの多くが幸せになれることでしょう。エリアカバーだけでなくバックボーンも改善されないといけませんし、エリアもドコモ・au 並みになるのには時間はかかるでしょうが、今より悪くなることはないでしょうから期待したいものです。

私も iPhone は当分ソフトバンクに戻す気はありませんが、前にも言ったように iPhone を脱ソフトバンクした分、iPad 3 はソフトバンクでも良いかなぁ…とは思っています(プリペイド版が使いづらいのが難点ですが…)。理想は iPad 2 同様に SIM ロックフリー機ですが、すぐに適価では買えませんからねぇ。

個人的にはソフトバンクが都市部や地方の穴を 900MHz 帯でカバーするだけでなく、本当の僻地もきちんとエリアカバーするかどうかには注目しています。あちこち旅したい人間にとっては、そこは重要ですから…

ちなみに、もう1つのプラチナバンドである 700MHz は 30MHz を 10MHz ×3に分けて、900MHz を獲得したソフトバンク以外に割り振るようですね(→ 700MHz帯の割当枠は3者―ドコモ、KDDI、イー・アクセスで確実か!?



さて、今日はもう一つ。先週発表になった

「EMOBILE LTE」の料金が正式に月額 3,880円と決定


された他、

端末実質0円や既存ユーザー乗り換えのための契約解除料割引


といった LTE 販売促進施策も行われるとのことで、スタートに向けてなかなか気合いが入っています。

イー・モバイルのLTEサービスは15日開始、料金プランも - ケータイ Watch
LTEとして国内最安、最速クラス、「EMOBILE LTE」を3月15日に提供開始〜月額料金は使い放題3,880円、端末は実質0円〜|報道発表資料|イー・アクセス
「EMOBILE LTEスタートキャンペーン」および「オプション入っちゃおキャンペーン(LTE)」を実施〜既存のお客さまも契約解除料最大1万円割引でお得にアップグレード〜|報道発表資料|イー・アクセス

これで 今年末とも言われる au の LTE サービスを除いては、docomo の Xi (LTE)、Softbank 4G (AXGP, TD-LTE)、EMOBILE LTE の LTE系3社に WiMAX が揃ったことになります。

ということで、自分の脳みそ整理を含めて、これらについて簡単に比較表にしてみました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

予約受付開始が16時からだというのに、12時半から ustream 中継も含めた“緊急記者会見”でようやく iPhone 4S の価格や料金プランを発表したソフトバンク。その中継のおかげか何かわかりませんが、13時頃から Twitter が落ちてました。Jobs 死去後も落ちてましたが…

まぁ記者会見の方は例によって孫社長の独演会であり、料金プランの発表よりも、喪服着て Apple 好き、Jobs 好きのアピールと au が採用する CDMA 叩きに必死だったという印象しか残りませんでしたが…

さて、ソフトバンクの方針をひとことで言えば

価格・料金は従来通りだが、キャンペーンで流出対策


といったところ。

肝心な点をピックアップしていくと以下のとおり。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクの場合は iPhone べったり、Apple と死なばもろとも的な戦略ゆえに、Android 機はせっかく良いものを持ってきても冷遇されてたりするわけで、秋冬モデル発表にもさほど期待はしてませんでしたが、

DELL Streak はソフトバンクか!


という驚きはあったり。

DELL Steak は、5インチ液晶の Android 端末。スマートフォンともタブレットとも言い難い微妙なところですが、逆に使ってみないと判らない、ということで、これはちょっとそそられていたものの、国内では出ないだろうなぁ…と諦めかけていたので、ちょっと気になります。

携帯できる5インチの大画面―Androidタブレット「DELL Streak 001DL」
5インチ画面のAndroidタブレット「DELL Streak 001DL」

といっても、月額料金が通常のスマートフォンプライスで2年縛りだと、ちょっと買えないですよね…。昨日の新規一括ゼロ円 IS01 購入記事にも書いたように、次々と良い端末が出るのが判っているだけに、2年縛りものとなると、なかなか手が出にくいところ。

昨日買った IS01 みたく「パケット使わずにオモチャとして使う」と割り切って月額8円で済ませられるなら良いのですけど、800x480pixels という解像度も現時点で既に少し遅れ始めてるとも言えますしね…

ソフトバンクがどのようにして売るかは判りませんが、Galaxy Tab と同様に iPhone と iPad の隙間に位置する商品ですから、力を入れているそれらとはかぶらないでしょう。

iPad のように安いパケット料金体系などが用意されるなら、面白いとは思うのですが、どうなりますやら…

というか、

また docomo じゃなくソフトバンクからですか


と思ったのは私だけではあるまい。モバイル向けの製品だからこそ、ソフトバンクよりドコモで使いたい人は多いはずなのに…



Android 携帯もいくつか出ているわけですが、主力になりそうなのは

3D液晶搭載、Android 2.2の「GALAPAGOS 003SH」
3D液晶+9.6M CCDカメラ、日本独自機能も備えたAndroid端末「GALAPAGOS 003SH」

でしょうね。ガラケー仕様の Android ケータイ。差別化は3D液晶ですけど、それがどこまで訴求できるかは疑問ですけど、

差別化が大好きな孫社長にはピッタリ


ですね(棒読)

ついでに、これのキーボード付きという形になる

3D液晶、QWERTYキー搭載のAndroid端末「GALAPAGOS 005SH」
3D液晶+QWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォン―「GALAPAGOS 005SH」

でしょうか。どちらもシャープ製端末。でもって、名前が「GALAPAGOS」

ややこしい名前、付けんなや!


って、きっと、ほとんどの人が思ってるでしょう。孫社長は良い名前が付けられたとか思ってそうですけど。

まー、シャープの電子書籍端末・サービスの「GALAPAGOS」が、やたら話題を呼んだからその流れにあやかったのでしょうが、なら当然シャープの電子書籍サービスが使えるんだろうと思ったら、未定とか…

【追記】使えるようにするらしいですね。ソフトバンクの電子書籍ストアとは別に使えるとか。それはそれで、ややこしい話だ。



といった2モデル以外は、特に大して興味を惹くようなものはなさげ。残り2つの Android ケータイ、

Android 2.2搭載、携帯風メニューも用意した「004HW」
Android 2.2搭載、重さ110gの「Libero 003Z」

は大して力も入れられず、話題にもならず消えて行きそうだし、だいたい発売が来年3月以降と鬼が笑いまくりだしね。

ガラケーは、毎度のシャープハイエンド端末に始まり一揃えですかね。以前発表していた LUMIX Phone が出たくらいで。

ちょっと気になるというか、言っておきたいのは

ULTRA SPEED | ソフトバンクモバイル

ですな。LTE 並みの速度を実現!とか発表会でふかしていたけれど、

基地局やバックボーンがボロボロな状態では何やっても一緒


なわけで、LTE の準備が遅れているのをこれで目くらまししようという、いつものソフトバンク戦略。

LTE までの繋ぎで DC-HSDPA や HSPA+ をやるのは当然だろうけど、今の回線状態じゃ、速度ご自慢は冷笑されるだけってのが判ってないのかねぇ…

デザリングについて質問されても「ノーコメント」だからね。できない、とも言えないところがまた何とも…
    このエントリーをはてなブックマークに追加

本日15時過ぎにソフトバンクから iPhone4 の価格と予約内容の一部が、よ〜〜〜〜〜やく発表になりました。

iPhone 4 料金プラン|iPhone 4|ソフトバンクモバイル
予約販売について|iPhone 4|ソフトバンクモバイル

が、iPad の時もそうですが、予約開始直前になって発表するセコいやり方&機種変更(買い増し)に関する事項がなかったりと詳細がはっきりせず、情報不足でグダグダになるやり方は、どうにかしてもらいたいもの。

そういった企業姿勢が、ソフトバンクがイマイチ信用できない的な部分に繋がっていることを自覚した方がいいと思うのだけどねぇ。やりましょう、やりましょうと自社の都合の良いことに返事してるより、もっときっちりやるべきことはあるはず。

といった愚痴は別として、暫定的な内容ですが、ひとまずまとめると

  • 予約開始は明日6月15日午後5時(朝からではない)

  • 予約は黒のみ。

  • 価格は現在の iPhone 3GS と同じ。

  • 【追記】機種変更(買い増し)価格は、新規・MNP 価格と同じ
    (公式発表ではないが、ソフトバンクショップへの連絡が複数確認されている)


ということであり、価格については

  • 一括払いだと 16GB:46,080円、 32GB:57,600円

  • 分割払いでは 16GB:月々1,920円、 32GB:月々2,400円

  • 月月割は、データー通信部分のプランによって変わり

    • 完全定額(月4,410円)のバリュープログラム (i) を適用した場合
       →毎月 1,920円割引

    • ダブル定額方式(月4,410円)の標準プライスプランを適用した場合
       →毎月 1,440円割引



となる。

要は、現在(昨年末の価格引き下げ後)の iPhone 3GS と同じ価格であり、16GB 実質ゼロ円と言ってるのは「完全定額のデータープラン(バリュープログラム (i))を選択した場合に、16GB の本体分割払い料金と月月割の料金が同じで相殺されるから、実質ゼロ」ということになる。

ただ、データー通信部分の料金を「完全定額は嫌だ、ダブル定額方式のほうがいい」となれば、月月割の金額が安くなるので、そこは完全定額だけど月額料金がお得な方を選ぶか、ダブル定額だけど月額料金が割高になる方を選ぶかとなる。

iPhone を使っていてダブル定額(標準プライスプラン)の下限で我慢したり、上限に行かないようにするのは、修行僧並みの節制が必要なので、普通は完全定額のバリュープログラム (i) を選べば良い話。

しかし、iPhone を使わなくなって寝かすことがあるような際には完全定額が不利になるから、その可能性があるなら思案すべきだろう。まぁ Pocket WiFi を使っていても、iPhoneでわざわざ Pocket WiFi を利用する縛りを自分に課すのは有り得ないと思ってるので、特殊な例のように思う。

いずれにせよ、ソフトバンクは発表時に、きちんと発表すべきものを全て明確に発表しない悪癖があって、また今回もそうなので、わかり次第、随時内容を更新する予定。

【追記 6/14 20時】機種変更(買い増し)価格も上記の新規・MNP と同じという話が確定的に流れています。公式サイトにはまだ明記されていないですが、ソフトバンクショップへはそういう話が行っている模様。

【追記 6/14 21時】ソフトバンクの iPhone4 に関する FAQ ページができています。これを書いている時点では、たいしたことは何も書いてませんが…

よくあるご質問(FAQ) | SoftBank

【追記 6/15 22時】17時からの予約受付で色々あったものの、料金的には上記の通り、旧来の iPhone からの機種変(買い増し)に関しては、新規と同額扱いとのこと。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ