Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:Sandisk

数日前、友達から「Amazon で CF を買いたいんだけど、Sandisk の偽物を掴まないようにするのはどうしたら良いの?」と聞かれました。昔からよくある質問で、ネットでも時々見ます。

昔から Amazon の Sandisk メモリーカードは国内流通品よりマーケットプレイス業者が海外版を輸入したものを中心に売られています。国内流通品を量販店で買うよりも、同じ Extreme Pro / Extreme / Ultra ブランドの CF/SD カードが半値近くで売られていたのですから、みんなそれを買いたくなるのも道理です。

最近は半値というほどではないものの未だ国内流通品より随分安く、また特定種類だけは Amazon.co.jp 自ら販売する Sandisk メディアカードもありますが、相変わらずマーケットプレイス業者(以下マケプレ業者)中心です。

Amazon.co.jp が発送を担当し、プライム発送が可能であっても、あくまで販売はマケプレ業者であり、製品に何かあっても(配送以外は)原則として Amazon に責任はない立場の商品となっています。まあ、それでも問題があれば返品はたいてい可能ですが。

ともあれ、Amazon でのマケプレ業者によるメディア販売がメジャーになるとともに問題となってきたのが、偽造メディアカード。外見は全く Sandisk 製品そのものだけど、実際に使ってみると「思ったほど速くない」。そしてベンチマークで調べてみると、本物の Sandisk 製品より遅い、という偽物です。

マケプレ業者が偽物と判って売ってるのか、業者も偽物を摑まされたのか、それは判りませんが、ともあれ Amazon で Sandisk の海外版メディアを買ったら偽物だった、という例は、いつからは珍しくなくなっています(1GB が最大容量だったような初期は平和でした)。


(偽物報告の多い製品たち)


最近の偽物は外見で判別がつかないだけではなく、使ってみても「え?何これ、遅すぎる!」とはならず、「謳い文句にしてはあまり速くなくない?こんなもの?」というようなレベルで、人/環境によっては気づかないこともあるようです(ベンチマークをとっても読み出しはさほど遅くなく、書き込みだけ遅いことが多い)。

そういう「Sandisk メディアの偽物」については Amazon のレビューやらググれば枚挙に暇がないでしょう。ですから、私もたまに「偽物除け」の方法を聞かれるのですが、買う前から偽物を確実に避けて安いメディアを買う方法なんて知らんとしか言いようはありません ;-)

まあ、Sandisk のメディアだけではなく(また Amazon だけではなく)買う側ができる対策として、次のような一般的なことくらいしか言えません。

続きを読む

明日からの CP+ 2014 に向けて、本日午後はデジカメ関連の新製品発表ラッシュ。午後1時からは早速オリンパスやソニーが発表を行っていますが、個人的に早速注目したのがコレ。

サンディスク初のUHS-II対応SDXCメモリーカード - デジカメ Watch

富士フイルム X-T1 が最初に対応カメラとなった、SDカードの新しい高速転送規格 UHS-II ですが、従来 UHS-II 対応カードは東芝のみでした。別に東芝が悪いというわけではないのですが、予備カード以外はずっと Sandisk を使ってきている身としては

ようやくサンディスクが動いてくれたか、対応してくれたか


というのは大きいです。


続きを読む

先日の記事「富士フイルム X-E2 ファーストインプレ【3】 〜発売前イベントで感じた印象と購入後の体感差」では、購入して使ってみると発売前イベントで感じた印象と違った、と感じた点について記しましたが、メモリーカードへの書き込み速度高速化については定量的なテストを報告すると書きました。今日は、その報告です。

X-E2 発売前イベント会場で使った印象では手持ちの X-E1 と比べても(RAW + JPEG ブラケット撮影の解放時間が)大差ない印象でしたが、後述する計測結果のとおり、

X-E2 のメモリーカード書き込み速度は、従来機よりかなり速くなっている


と判りました。発売前イベントでの印象は、会場の X-E2 で使用していたメモリーカードが遅かったせいですね。

発売前イベント会場の X-E2 で使用されていたのは富士フイルム純正カードは、以下の金色のメモリーカードでした。
富士フイルム SDHC-016G-C10 SDHCカード 16GB CLASS10

「これが基準のカードですか?」と聞いたら富士フイルムの方は「そうだ」と答えたのですが、後から調べてみると Class 10 ではあるものの、あまり速くないカードのようでした。

となれば、こちらの X-E1 がそこそこ速いカードで使っていたのですから、印象があまり良くないのも道理。富士フイルムには最大読み出し速度 90MB/s の UHS-I 対応の純正 SDHC カード、



が用意されているのですから、イベント時にはケチらずに能力を最大限発揮できるカードを使っていただきたいですね。こぢんまりした会場でタッチ&トライ台数も少なかったのですから、今後はご一考願いたいものです。

とまぁ、言い訳はこれくらいにして(^_^;)、

X-E2 は従来機よりメモリーカード書き込み速度は高速化されていて
最高速メモリーカードの能力を発揮できるミラーレス機


というのが、テスト結果で明らかになっています。この点でも、現行機に相応しい能力を(ようやく)得たと言っても良いかと思います。

以下、X-E1 / X-E2 で3種類のメモリーカードを使って書き込み速度を検証した結果を記しておきます。


続きを読む

このページのトップヘ