一昨日 Apple から「Digital Camera Raw Compatibility Update 3.0」がリリースされて、よ〜〜〜やく Panasonic の RAW、DMC-G1 / GH1 / LX3(および Leica D-LUX 4)の RAW が MacOS X および iPhone '09, Aperture 3 でサポートされた。

DMC-G1 や LX3 発売からは1年以上が経ち、「Apple はパナソニックの RAW をサポートする気ないんだな…」と思わせるに十分な期間だった。だから、今ごろサポート開始したのにビックリだ。Aperture のメジャーバージョンアップに合わせたのだろうけれど、なんだかなぁ…である。

ついでに言えば、PowerShot S90 やキヤノンの sRAW, mRAW も今回ようやくサポートされた。ホントにもう「私が使ってる RAW だけピンポイントでサポートしないのかよ!」という感じだったから、心の底からよ〜〜やくかよ、である。

前回のアップデート時には同時期発売の Powershot G11 や EOS 7D、さらには発売前の 1D Mark IV までサポートしながら S90 だけスルーだったのには、ガッカリよりむしろ驚いたくらいだ。

もっとも、普段 DMC-G1 の RAW 現像は Adobe Bridge / Photoshop CS4 の Caemra RAW を使っているし、iPhoto は使っているものの RAW 現像後の JPEG ファイルしか読み込ませていないので、特に不都合はなかった。

けれど、こういう RAW サポートの悪さ・遅さがあるから、興味がなくもない Aperture が安くなったところで、やっぱり買う気がしないんだよね。DMC-G1 / GH1 をサポートしておきながら GF1 は対応してないという不思議さもあるし。

ともあれ、それでも OS レベルでサポートしてくれれば、RAW ファイルを Quick Look でサクっと確認したり、プレビューで開いて簡易現像もできるので、便利なことは便利である。

というわけで、なんとなく

MacOS X のネイティブ・サポートも出たことだし
DMC-G1 の RAW 現像をちょっと比較してみるかな…


という感じで、少し自分でやってみた。現像に使ったアプリは

  • カメラ内現像(JPEG 撮って出し)

  • Adobe Camera RAW

  • Apple iPhoto '09(MacOS X 内部処理と同等)

  • SILKYPIX Developer Studio 3.0SE(一応純正の添付アプリ)


の4種類。

もっとも、やり始めてすぐに気がついたのだけど、なんというか、比較するのだからとデフォルトで RAW 現像処理してみたわけだが、

RAW で撮って現像するのに、デフォルト現像しても意味なくね?


という気が大いにするわけで…(^_^;)

きちんと調整入れてこその RAW 撮影、現像処理でしょ、というのは当然あるし、デフォルト現像で単純比較してもあまり意味はないと思えるが、かといって調整入れまくったら比較も糞もないというか、そこまで暇なことしてられっか、と。

そんなわけで、今回の記事もまたやっつけで、写真も現像時の自動補正のかかり具合がよく判るようなテスト用写真ではなく、Mac の HDD 内にあった RAW ファイルから適当に選んだ11枚。一応シチュエーションは色々で、なるべく白飛び気味とかコントラストの強いものを選んではみたけれどね…

こういうのをきちんと比較するのは、私もいつも見ている某カメラ比較ブログに任せるべきですな。ちゃらんぽらんな適当性格な私は、あくまで適当なことしかできませんが、なんとなく自分で比較したかったので。

続きを読む