Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:SHARP

一昨日、「iPhone は買い換えたから、いよいよ本当に買い換えなきゃならない Android を買い換えよう、どうしよう?」という記事を載せました。

iPhone は買い替えたので、サブの Android 端末買い替え算段 〜国産メーカーを応援するか否か…

掲載したのは一昨日(先週金曜日)ですが、記事の大半を書いたのはかなり前で、そもそも「年内に Android 買い換えの決着をつけなきゃ」というのはずっと前から考えていました。

InfoBarBatterySwelling
(バッテリーの膨らみはだいぶヤバいレベルでしたから…)


上記記事の最後に書いたように、色々な条件、スペック並べて絞っていくと、方向性は少し違うけど、
  • 超定番すぎて面白みはないけどコストパフォーマンス抜群の P10 lite を(今さら)買うか
  • 国内メーカー応援の意味も込めて、性能は落ちるけど機能的優位はある AQUOS sense lite を買うか

の二択になりそうでした。

 P10 liteAQUOS sense lite
OS バージョン7.07.1
OS アップデート8.0は確実2年2回保証
CPUKirin 658Snapdragon 430
RAM3GB
ストレージ32GB
microSDXC○ (〜128GB)○ (〜256GB)
画面サイズ5.2インチ5インチ
画面解像度1920x1080 pixels
液晶パネルIPSIGZO
バッテリー容量3000mAh2700mAh
急速充電◯(独自と言いつつ…)×
防水対応×◯ (IPX5/IPX8)
おサイフケータイ×
指紋認証
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11b/g/n
Bluetooth4.14.2
外側カメラ画素数1200万画素1310万画素
外側レンズF値F2.2
内側カメラ画素数800万画素500万画素
充電・通信端子microUSBUSB-C
筐体サイズ146.5×72×7.2mm144×72×8.5mm
重さ146g147g
発売時期2017年6月2017年10〜12月
価格2万円台後半3万円台前半〜半ば
(個人的に優位性があるという方が太文字)


その他、P10 lite には指関節で画面をノックしたりジェスチャーしてスクリーンショットなどができる「ナックルセンステクノロジー」があり、AQUOS sense lite では独自 AI「エモパー」(使わないけど)、なぞるだけでスクリーンショットが撮れる「Clip Now」、液晶のバーチャルHDR、覗き見防止機能など国産端末らしい機能が幾つもあります。

スペック比較見てもなかなか甲乙つけがたい、というか、

性能は P10 lite だけど、画面や機能では AQUOS sense lite
AQUOS sense lite が今どき Wi-Fi 5GHz 帯に非対応なのはかなりマイナスだけど、P10 lite は Bluetooth バージョンが少し古い
P10 lite は急速充電があって USB PD でもいけるらしいけど公式的には独自仕様だし、AQUOS sense には防水がある


みたいな感じで、

こっちはソレが良いけど、あっちはコレが良い


的な状況で、なかなか決めかねていました。カメラ部分の出っ張りはどちらもないというのも良いですしね。

そして第三の選択肢がないかどうかも含めて、もう少し(あと10日くらい?)悩んで年内に決着つければ良いや、と思っていたのですが、急転直下決まってしまいました。

続きを読む

2ヶ月ほど前、iPhone X を買う決断をする以前に↓こんな記事を書きました。

iPhone を買い換えるか否かで Android の買い替え方針も変わる 〜次に買うべきモノを悩む2:次のスマホ【前編】

要は使っている Android スマホが壊れそうな気配なので買い換えたいけれど、

Android 端末はサブ機として使っているから廉価スマホで良いのだが、おサイフケータイ機能のないグローバル端末は3万円くらいでも毎年どんどん進化しているので、できれば iPhone に Suica を移行して、Android 端末はおサイフケータイにこだわらず選びたい、でも iPhone を買い換えるのは高い。


という話でした。

InfoBarBatterySwelling
(バッテリーの膨らみもだいぶヤバいレベル)


そして、
  1. おサイフケータイを Android のまま残す
    (iPhone はそのままに、おサイフケータイ機能付き Android を買い換える)

  2. iPhone を買い換えて Suica を iPhone に移す
    (Android はおサイフケータイ機能のないコスパの良い端末に買い換える)

で迷っていたわけですが、結局 iPhone X に買い換えて後者を選択。

Android スマホ上のモバイル Suica を iPhone 上の Suica に移行したので、今度買い換える Android スマホはおサイフケータイにこだわる必要は無くなり、

全くのフリーハンドで Android スマホを選べる


のは良いですね。

安価な Android スマホでおサイフケータイ付き、というと、少し前までは富士通や京セラの

え?今どき、この値段でこんな低スペック?マジっすか?


という端末にならざるを得なかったですから。



ともあれ、そんなおサイフケータイが絶対条件から外れた今度の私の Android 端末選びですが、希望条件としては、以下のとおり。
  • 予算は3万円前後
  • もちろん SIM ロックフリーの Android 端末
  • docomo、au 両回線対応
  • Android 7.0 以上(8.0 へのアップデートも欲しい)
  • RAM は 3GB 以上
  • サブ機なのでストレージ容量は気にしないし、microSD スロットがなくても可
  • 外側カメラは素晴らしい画質は求めないが、iPhone 5s レベルは必要
  • 内側カメラはどうでも良い
  • サブ機なので性能面は妥協できるが、モッサリは勘弁
  • 防水はできれば欲しい
  • おサイフケータイは、あれば良い程度。他の項目が優先。
  • 意外とワンセグは欲しいが、今時そんな SIM ロックフリー機はない
  • 画面サイズは5インチ前後以下で、なるべく小型軽量なもの(重さ 150g 以上は NG)
  • いくら廉価機と言っても、今どき画面解像度が 1280x720 pixels なんていう旧時代の代物は勘弁
  • USB-C より今まで通りの microUSB 端子の方がベター
  • DSDS は別に要らない

といったところでしょうか。ちょっと望みすぎといえば望みすぎで全部を満たす端末はないけれど、1つ2つ除外すれば概ね満たす端末は幾らでもある良い時代です、今は。

続きを読む

噂の IS03 が今日午前に発表になりました。iPhone べったりの私も気になる存在でしたが、ほぼリーク情報通りでしたね。

ざっとした内容は(暫定仕様が含まれる)

  • OS:Android 2.1 ベース (2.2 へのアップグレードは予定・時期未定)

  • サイズ:約63 (W) ×121 (H) ×12.6 (D) mm (最厚部13.3mm)

  • 重量:約138g (電池装着時)

  • 連続通話時間:約230分

  • 連続待受時間:約200時間

  • 充電時間:約150分 (AC時)、約160分 (DC時)

  • カラー:オレンジ、ホワイト、ブラック

  • 画面:約3.5インチ ダブルVGA (960×640) NewモバイルASV液晶

  • 外部メモリ:microSD/SDHC (最大32GB)

  • カメラ:約957万画素オートフォーカス付きCCDカメラ

  • 無線LAN:IEEE802.11b/g

  • Bluetooth:2.1 + EDR

  • 外部インターフェース:microUSB

  • ブラウザ:Flash Lite 4.0 対応(Android 2.2 になれば Flash 10.1対応)

  • メール:Eメール (@ezweb.ne.jp) 対応

  • その他:ワンセグ、おサイフケータイ対応(当初は WAON のみ、Edy は来年1月、モバイル Suica は来年上期など)、GPSなど


といったところでしょうか。まさに

ガラケー × アンドロイド 第一号


という内容で、

ガラパゴス対応スマートフォン


になってますな。とりあえず

au の本気度は伝わってくる内容


ですね。まぁ出遅れまくってる状況では、本気も本気でやらないと巻き返せないですしね。

ともあれ、これで「au はスマートフォンに消極的」とか「au はスマートフォンに関してはダメ」と言われなくなるのは間違いないところ。真に初めての日本製スマートフォンを出したことで認められるでしょう。

ただまぁ、現時点では

肝心要の本体価格と料金プランが未発表


ですけどね。そこにまた本気度を垣間みられることを期待したいところ。

デザインやサイズは明らかに iPhone のパクリですが、それはそれで仕方ないでしょう。国内メーカーの基準になってしまったでしょうし、iPhone デザインパクリは海外メーカーも同じです。

ただ、表面のデザインや配色はなかなか良い感じなのに、背面デザインはシャープのガラケーそのもので超ダサいと思いますけど。あの無闇にレンズを強調するデザインは、良いと思ってやってるんですかね?それともシャッター音と同じで隠し撮り対策ですか?あのデザインはキモいでしょ…

もっとも個人的にはスマートフォンにもおサイフケータイは欲しいですから、そういうのは iPhone に望むべくはないですし、ソフトバンクの糞電波以外で使えるスマートフォンは欲しいと思っています。

重要なのは使い勝手、特にレスポンスですが、



このあたりの動画その他を見る限りは、発売までのチューンナップやその後のアップデートでそれなりにはなりそうかな?と思います。XPERIA の轍は踏まないでしょう :-)

ただまぁ、この全部入り的な満艦飾のスペックを見て思うのは

連続通話230分のバッテリー駆動時間は短すぎるだろ…


と。公称値で、これはちょっとヤバくね?と。たぶん、IS03 はネットしまくったら2〜3時間でなくなる悪寒…

シャープは Willcom D4 でバッテリー駆動時間を完全に捨てて高機能に走ったという過去もあるし、今ひとつピントがズレてしまうことがあるので、ガラケーならともかく、スマートフォンだとどうなるかは心配というか、他人事なので興味津々ですな。

ま、私自身

iPhone を捨てることは当分ないけれど
ドコモのガラケーは IC 対応のスマートフォンに乗り換えるつもり


でいるので、ドコモのスマートフォンも気になるし(IS03 もそのうちドコモから出てくるでしょうし)、他の国内メーカーが開発中のスマートフォンも楽しみにしています。個人的には iPhone とは全く違う方向性の、IC 対応が必須ですけど。

ただ、今回の IS03 を見てもバッテリー駆動時間が心配のように、「まだ国内メーカー製スマートフォンは待ちなのは変わらない」と思ってます。ドコモから出る新型スマートフォン(Galaxy S は別として)がどういうものになるか判りませんが。

「au でスマートフォン」というなら IS03 は今のベストでしょうけど、個人的には iPhone にない、おサイフケータイへの要求が国内製スマートフォンになるわけで、そういう観点からは現状

Edy もモバイル Suica も対応するのは来年だし
Android 2.2 を待って来年かな


という感じですね。

iPhone ユーザーだからこそ高みの見物していられるし、スペックだけで優劣競うのはガラケーだけで十分だろうって感じだし、なにより

別にドコモのガラケーと2台持ちでも不便は感じてない


ってのが大きいですね。1台で賄える方がいいでしょうが、現状 iPhone から乗り換えるほどのメリットは皆無ですしね…

auから“1台目”のスマートフォン、Android搭載の「IS03」
Android au、「IS03」発表会で見せたauの本気
FeliCa、ワンセグに対応、メインで使えるAndroid携帯―auの「IS03」
「Android au」で「反転攻勢」へ IS03で「auの本気度見せる」
写真で解説する「IS03」(外観編)

このページのトップヘ