Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:PlayStation

今年のお買い物展望、スマホ・タブレット関連は控えめ、デジカメ関連は昨年の失敗をフォローアップする年になりそうなことは前回前々回で書きました。

2018年 物欲展望 【スマホ・タブレット・スマートデバイス編】
2018年 物欲展望 【デジタルカメラ編】

ただ、ぶっちゃけ言うと、

毎年カメラ関連に金を費やしている自分が
いささかアホらしくなってきた


というのも本音であり(去年の失態がだいぶダメージに ^^;)、もっと言えば、

ミラーレスとデジタル一眼レフの狭間で
右往左往してる自分がホント馬鹿


というのを自覚している分、いい加減にすべきじゃないのかという思いもあって、実際にはなかなか購入テンションも上がらなかったりします(^_^;)

何よりもデジタルカメラ云々の前に(それこそ高画素機を買うならばその前に)、

5年も使い続けてきたデスクトップパソコンの買い替え必須


なのが今年 2018年であります。ことしの最優先お買い物予定です(^_^;)

続きを読む

大方の噂通り、そしてほぼ想定されていたような内容で、先ほど PlayStation 4 が発表されました。

私なんかがこのニュースを書いても仕方ないのですが、自分の頭のなかの整理も含めて、PS4 の概要をまとめておくと

  • 過去の独自プロセッサからパソコンと同じ x86系プロセッサ(AMD の Jaguar ベース 8コア)へ変更

  • GPU は次世代 Radeon ベース

  • 搭載メモリ GDDR5 8GB(システム・グラフィック兼用)

  • 6倍速BD/8倍速DVD CAVドライブ(読み出し専用/角速度一定)

  • USB3.0、1000Base-T 有線LAN、IEEE 802.11b/g/n 無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR

  • 出力は HDMI、アナログAV、光デジタル(音声)

  • 新コントローラ「デュアルショック4」はタッチパッドと“シェア”ボタン付き

  • PS4 内蔵カメラとデュアルショック4の組み合わせで位置検知が可能

  • ゲーム中のサスペンド・レジューム対応。起動を素早く、ダウンロードはスリープ中およびバックグラウンド対応

  • スクリーンキャプチャだけでなくプレイ中の短い動画を撮ってアップロード可能。

  • PlayStation 4 カメラを使って、プレイ中の自分の顔もプレイ動画撮影に含めることもできる
    (よくテレビ番組でタレントが色々なことにトライする時に、タレントの顔も小さく含めるような形と同じ)

  • PlayStation 4 カメラは内蔵ではなくテレビ側に設置する別デバイスで PS4 とは AUX 端子で接続。別売か同梱かは不明。

  • デモは Unreal 4、Havok、KNACK、Killzone、DriveClub、inFamaus、The Witness、deep down(カプコン新作)、Watch Dog(UBI、プレイアブルデモ)、DIABLO 3(PS3版もあり)、Destinyなど

  • スクエア・エニックスは既出のムービーデモ、Final Fantasy 開発者が出てきて「E3 での発表をお楽しみを」(それだけか!)

  • DriveClub はグランツーリスモじゃない車シミュレータ系ドライブゲーム。造り込みが凄そう。

  • 何かと SIMPLE 強調、デベロッパー主義強調

  • PlayStation Network を Facebook や Ustream と接続して、ワンタッチでプレイ動画を公開など

  • もちろん、PlayStation Vita との連携、リモートプレイあり

  • 結局、最後まで本体デザインは見せることなく、価格も発売時期も未発表(今年の年末商戦向け)

  • 以前買収した Gaikai の技術で高速ゲーミングネットワークと同時に従来のゲーム、特に PS3 のゲームの配信を実現する方向らしい
    (PS3 の BDディスクを入れても動かないのは確定。PS3 の BDディスクを持っていれば PS3 ゲームの配信を利用ないし割引で買えるかは不明)



といったところ。

内容的にはその筋の人達が予想していた範疇で、アーキテクチャ的に完全にパソコンになったこともあって

ハイエンドPCでしかできないゲームをお手軽に


というコンセプトかな、と感じます。デモをしたゲームメーカーを見ても、PC 向けからのマルチ展開も多いですしね。
続きを読む

大方の予想通り、今日の PlayStation Vita 関連の公式 Ustream 放送で発表されたのは、PS Vita の値下げ。

  • Wi-Fi版は 24,980円→ 19,980円(5千円値下げ)

  • 3G版は 29,980円→ 19,980円(1万円値下げ)


ということで、Wi-Fi版/3G版が同じ価格という珍しいことに。なお、新価格は2月28日から

「Wi-Fi版/3G版が同じ価格なのは、契約回線数を少しでも伸ばしたいドコモから補助が出てるんですかね?」

という疑問もあるわけですが、いずれにしても1万円値下げというのはそれなりですが、インパクトがあるような、ないような…

値下げは確かに歓迎で、とりあえず買ってみようかなぁ…と思わなくない人間にとっては、より敷居が低くなったのは事実です。

が、すっかり据え置き型ゲームどころか PSP / DS などのポータブルゲーム機でもゲームをプレイすることが少なくなった私のような

ゲーム好きとも呼べない層にゲーム機、Vita を買わせるだけの魅力の提示がない


かぎりは、値下げしても一気に台数を伸ばすのは難しいんじゃないですかねぇ。

続きを読む

このページのトップヘ