Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Panasonic

昨日、関東から西の太平洋側に梅雨明け宣言が出て、ちょうど夏休みも始まって夏本番となりました。個人的には暑いより寒い方が好きだし、撮影的に夏は湿度と陽炎との戦いに完敗しまくるので、とにかく早く涼しく、澄んだ空気が欲しいです(>_<)

半年前に E-M10 Mark II を買ってから、その小ささで撮影以外の普段でもカバンの隅に(コンパクトデジカメではなく)レンズ交換式カメラを入れて持ち歩くことが多くなったことは再三書いてきました。

メイン機を E-M1 Mark II にしてからは、E-M10 Mark II ではなく E-M1 Mark II を持ち歩くことの方が多くなりましたが、感覚的には大差ありません。(E-M1 Mark II が大きいと思ったことは皆無)

そして、パンケーキズームレンズ M.ZUIKO 14-42mm EZ との組み合わせでは “EVF 付きコンパクトデジカメ” 感覚で使えるのも良いのですが、それ以上に気に入っているのが、小型望遠ズーム LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.(パナソニックのレンズ名は無駄に長いので以下 PZ 45-175mm)



小さなマイクロフォーサーズ・カメラボディとパンケーキズームレンズの組み合わせで “EVF 付きコンパクトデジカメ” 感覚なだけならコンパクトデジカメ使っていても変わらないわけですが、そこはそれ、レンズ交換式カメラですから、コンパクトな望遠レンズでも持って行って付け替えれば、

やっぱりレンズ交換式はこういうメリットがあるからええよなあ


と思うわけです。外出時の所用と所用の合間に、ふらっと空港へ行って撮影しようと思ったら、望遠レンズは必須ですから尚更。


続きを読む

前回まで E-M10 Mark II を2ヶ月使ってきて改めての感想を記しました。

購入から2ヶ月経ったので E-M10 Mark II セカンドインプレッション 【前編】
購入から2ヶ月経ったので E-M10 Mark II セカンドインプレッション 【中編というか雑記】
購入から2ヶ月経ったので E-M10 Mark II セカンドインプレッション 【後編】

E-M10 Mark II は EVF付きコンパクトデジカメの代わりとして買ったものの、そこはそれ、レンズ交換式カメラを買っているのですから、レンズキットを買って終わりというわけではありません(^_^;)

マイクロフォーサーズには、コンパクトながら写りの良いレンズが色々と揃っていて、そこが魅力となっています。超絶性能を求めたレンズ、比類ない明るい開放値を求めたレンズというのもありますが、マイクロフォーサーズではそれら大型レンズより小さくても小気味良い写りをするレンズに惹かれる私です。

ということで、当初は2本目のレンズからはコンパクトで明るめの単焦点レンズを揃えていこうと思っていたのですが、E-M10 Mark II 購入直後の横浜・鎌倉散歩旅で「望遠馬鹿だから、やっぱり望遠レンズは欲しいよなあ」と感じて、敢えなく2本目は廉価望遠ズームレンズという、ごくありきたりの選択になってしまいました(>_<)

オリンパスの廉価望遠ズームレンズは M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R(以下 M.ZUIKO 40-150mm R)だけですが、パナソニックには何本かあり、それらの中で私が選んだのは LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S.(以下 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm)でした。



これを選んだ理由については過去の記事に記しました。

三たび出戻ったマイクロフォーサーズの2本目レンズとして、廉価望遠ズームにパナソニック G X VARIO PZ 45-175mm を選んだ理由

どうしても「使ったことがないから使ってみたい」という思いが強く出るのは致し方ないことですが、諸々評判を聞いていても廉価望遠ズームレンズとしては良好でしたし、何よりインナーズームでビヨーンと鏡胴が伸びないのが好みでした(^^)

GXVARIO45-175A


そして購入からちょうど2ヶ月になるので、E-M10 Mark II の購入2ヶ月後感想を書いたついでに、この廉価望遠ズームレンズ LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm の感想も記しておこうと思います。

まず、結論から言うと……


続きを読む

CP+ は本日が最終日。個人的には昨日から始まったJリーグの方に意識がいっているのですが(ガンバ大阪の新スタジアムでのリーグ開幕戦は本日)、CP+ の現地レビューをチラ見していますが、ちょっと気になったのはコレ↓

【CP+2016】小型の2倍マクロレンズや、1:1マクロに対応した15mmレンズなど - デジカメ Watch

15mm の超広角で等倍マクロレンズって、なんか凄いですね。どういう使い方があるのか、私にはさっぱり想像がつきませんが、ワーキングディスタンス 18mm で画角15mm というのはどれくらいに見えるのかは、一度見てみたいですね。

ま、そんな CP+ を横目に、今年に入ってからの各社新製品に対する個人的雑感の3回目、最終編を。


続きを読む

富士フイルム X-T1 やらオリンパス E-M10 の発表は注目していたのですが、それに紛れて見落としていた本日発表のパナソニックのコンパクトデジカメ LUMIX DMC-TZ60 と DMC-TZ55。どちらも、なかなか魅力的!

デジタルカメラ LUMIX DMC-TZ60発売 | プレスリリース | Panasonic
デジタルカメラ LUMIX DMC-TZ55発売 | プレスリリース | Panasonic

DMC-TZ60_Release
(小さいながらも EVF 付きの DMC-TZ60)


昨年、大の愛機でもある APS-C センサー搭載単焦点コンパクトのリコー「GR」を補完するデジカメとして “手のひら超望遠デジカメ” を購入しました。

GR の補完的コンパクトデジカメをどれにしようか… 〜買い物は悩んでる時が一番楽しい
身軽な旅に向けて、GR の補完用コンパクトデジカメとして結局買ったのは…

上記記事でも書いたように、画質は良いけど広角単焦点の GR を補完するコンパクトデジカメとして、画質には目をつぶって高倍率を志向したカメラ選びの中で、候補だったのがパナソニックの 20倍ズーム DMC-TZ40 であり、極小ながらも EVF 内蔵の DMC-LF1 でした。

結局は富士フイルムの FinePix F900EXR を購入したわけですが、今年の富士フイルム後継機 F1000EXR は殆どマイナーチェンジであったのに対し、パナソニックは

ズーム比率を20→30倍にして換算24-720mm !! と EVF を内蔵した DMC-TZ60




ズーム比率は 20倍(24-480mm)ながら背面液晶がチルトする DMC-TZ55


の魅力ある2機種を出してきました。正直、ちょっと欲しいかも。


続きを読む

CES 2014 開幕を前にプレス発表が相次いでる昨日今日。パナソニックが Firefox と提携して Firefox OS 載せテレビを出すかと思えば、LG は何度か死んでる WebOS をテレビ向けに再実装して搭載とか、個人的には「ふーん」ですが、今年も色々あるようで。

デジタルカメラ関係では昨日の富士フイルムに続いて、日本時間の今朝イチにもキヤノン、パナソニック、シグマから発表がありました。


続きを読む

昨日のフルサイズ・ミラーレス機「α7」「α7R」の余韻が大きい昨今で、今日はニコン D5300 の発表などもありますが、個人的に今週のデジカメ新製品で一番注目していた「LUMIX DMC-GM1」が発表になりました。

DMC-GM1_Release1

DMC-GM1K|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

とにかく注目すべきは、そのサイズ。

レンズ交換式カメラでボディだけを比較するのは無意味であることは NEX を使ってきて重々承知なわけですが、それでも

ボディだけなら RX100M2 どころか S120 よりも小さい!
(あくまでボディだけの話)


のは驚きです。キットレンズも 24〜64mm 相当で厚さ 24mm! 軽さ 70g というのは、これまた凄い(おまけに手ぶれ補正内蔵。フォーカスリングはないけどね…)。

レンズ交換式コンパクトデジカメ的な方向


になっています。

実際、各種コンパクトデジカメや PENTAX Q、NEX と比べてみると、以下の通り。


続きを読む

散々ネット中を確定的な噂が飛び回っていましたが、パナソニックのマイクロフォーサーズ機としては待望の“全部入り”小型機 DMC-GX7 が正式発表されました。

一昨年発表・発売されたコンパクトスタイルのミラーレス機 DMC-GX1 の後継機ということですが、パナソニックユーザーの、マイクロフォーサーズユーザーが思う

コンパクトスタイルのミラーレス機で
こんな機能が全部入っていたら良いのになぁ…をおよそ実現した


と言えるモデルになっていて、スペック上はかなり魅力溢れる一台になりました。

色々と「おお、これを搭載してきたか〜!」という点はありますが、

ついにパナソニックもボディ内手ぶれ補正を搭載!


というのが一番のポイントでしょう。

これでパナボディでオリンパスの素晴らしい単焦点レンズを使う時も手ぶれ補正が効くようになりますし、マウントアダプター経由でレンズを使う時にも手ぶれ補正の恩恵を受けられます。

E-P5 に EVF が内蔵されなくてガッカリ…だった人も(オリンパス信者でなければ)GX7 を買ってみる気になるかもしれません。手ぶれ補正は OM-D 譲りの E-P5 の方がずっと強力そうでありますが、どちらを優先するかの問題でしょう。

いずれにせよ、レンズ内手ぶれ補正とボディ内手ぶれ補正の論争は色々あれど、今までレンズ内手ぶれ補正にこだわってきた一角のパナソニックがボディ内手ぶれ補正を搭載してきたことは、マイクロフォーサーズ全体、マイクロフォーサーズユーザーから見れば大きなメリットな気がします。

DMC-GX7_Release1


また、EVF 内蔵の小型ミラーレス機は NEX-7 や X-E1 など既にありますが、

ボディ内蔵なのにチルト式 EVF !


というは、やってきましたねぇ。個人的にはボディ内手ぶれ補正より魅力を感じます。私自身、「本機で使うミラーレス機は EVF 内蔵機に限る」と思っているのですが、これは羨ましいです(富士フイルムにこういう芸当は無理だろうねぇ)。

当然、内蔵 EVF の回転角は(上下にチルトする)背面液晶と違って上方向にしか動きませんが、それで十分です。EVF でウエストベルト撮影をしたい時には(出っ張る)外付け EVF というのが決まりでしたが、それを打破しました。

内蔵 EVF も背面液晶もバリアングル!


なんて素晴らしいのでしょう。EVF は最新の 276万ドットタイプ、背面液晶も GX1 の時と違って100万画素タイプの真っ当なモノが載っています。

他にも以下のように、目立つところから細かいところまで、しっかり改善改良されてきて、「ミラーレスの小型高級機」というジャンルに参入するに相応しい内容になっています。

続きを読む

前回まで2回に分けて防水デジカメ LUMIX DMC-FT25 のファースト・インプレッションを書きました。

防水デジカメ LUMIX DMC-FT25 購入…から1ヶ月経ってようやく出番到来で簡単インプレ【前編】
画質はひたすら我慢 〜防水デジカメ LUMIX DMC-FT25 購入【後編】

上記ではあまり触れませんでしたが、この LUMIX FT25 を使うにあたって&一度使ってみて、関連アクセサリーをいくつか購入しました。

購入したのは

  • 専用シリコンジャケット

  • 互換バッテリー

  • ネックストラップ


の3種類。

ま、大したものではありませんが、それらについて簡単に。


続きを読む

先週八重山諸島へ行って帰ってきたら、色々なものが壊れていたり調子が悪くなっていて、日本の西端で出費を重ねた後に帰ってきてまた出費の様相で頭の痛いゴールデンウィークです。せいぜい仕事に励むことにしましょう…orz


さて、前回の前編記事冒頭でも書いたように「サッカーの雨中観戦時でも気軽に使えるカメラは必要」と思って購入した防水デジカメ LUMIX DMC-FT25。

ずっと西表島にいたので使う機会もあろうかと思ったのですが、諸事情からカヌーやシュノーケリングをすることがなく(滞在後半は天気悪くて涼しかった…)、殆ど使うこともなかったのですが、これから夏に向けて使う機会はあるでしょうし、

落としても大丈夫な防水デジカメは、一つあると安心


という感じでもあります。

今後も雨天、水中/水際撮影時だけのピンポイント条件専用機になりそうですが、それだけでも一つ買っといて良かったな、と思っています。

ただ、何回か撮影して思うのは

覚悟していたが、画質は泣ける、我慢が必要


ということ。

防水デジカメという性質上、レンズは繰り出しのない屈曲式で最小限のサイズであり、保護のためのガラスもあったりして、どうしても画質が良くならない制約があります。ありますが、

iPhone と変わらなくないかもなぁ


という印象レベルは少々キツいものがあります。特にテレ端域では油絵です。

DMC-FT25_Sample8


パナソニック LUMIX の画像エンジンも悪いわけでもなく、超解像iAズームなんかはズーム倍率に制約のある防水デジカメには便利な機能だと思うわけですが(他の LUMIX ではちょっとくらいの倍率なら結構使えた印象がある)、如何せん元の画像が厳しい状況では超解像も解像はしないですからね…

とまぁ、そういうこともあるので、後編では実写画質の適当サンプルを少し載せておきます。


続きを読む

今年は当初から「今年こそは防水デジカメを買おう」と思っていました。実は去年も思っていたのですが、コンパクトデジカメは既に PowerShot S100、Cybershot RX100 といった素晴らしいカメラを2台も持っていますので、これ以上カメラが欲しいわけではなく、後回しになっていました。

ただ、

サッカーの雨中観戦時でも気軽に使えるカメラは必要やなぁ


というのは以前からありました。特に昨シーズン前半は「(ガンバ大阪のホームスタジアムである)万博の試合のたびに雨じゃねーか!?」というくらい雨に降られましたし、土砂降りの中を観戦することも間々ありました。

少々の雨ならタオルやハンカチをかぶせて PowerShot S100 や DSC-RX100 で撮りますが、一定以上の雨になると使うのは躊躇われます(当然)。とはいえ、雨だからといって毎回、防塵防滴仕様の重い一眼レフと重いレンズを持っていくのもアホらしい。

というわけで、防水コンパクトデジカメは買いたい物リストにずっと入っておりましたが、いつも使うものではないし、正直欲しいものでないし…ということで、ようやく購入となりました。

構造上からも、防水コンパクトデジカメに画質を求めるのも無理があるので、

どれ買っても画質がそれなりだから、防水デジカメならどれでもいいや


という気分でしたが、年度末にヨドバシカメラへ行ったら、マイナーチェンジとはいえ、まだ新製品の時期なのに結構安く売っていたので思わずコイツを購入してしました(型落ち品 FT20 のAmazon 販売値段と同じだった)。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス タフモデル 防水モデル DMC-FT25
Panasonic デジタルカメラ ルミックス タフモデル 防水モデル DMC-FT25

(Amazon でも新旧モデルの価格差は、さほどない。機能差も少ないが)


先月は Amazon でオリンパスの型落ち品が1万円強と安売りしていたので買おうと思ったのですが、カートに入れたまま決済せず、忙しさにかまけて放置してたら売り切れてしまうという事態もありましたので、いい加減とっとと買っておくかと思ったこともあります。

ただ、年度末からは仕事が色々忙しくて写真を撮るどころでもなかったし、防水デジカメが必要になることもなかったので、1ヶ月近く完全放置されていたのですが、先週日曜日のカターレ富山戦@富山は季節外れの氷雨模様となりまして、ようやく出番となりました。

DMC-FT25_Sample2
(4月後半なのに立山は雪が降ってるし、スタジアムも凍える寒さで辛かったです…)


加えて、この時期に買ったのは毎年4月は沖縄に旅行へ行くことを定例にしており、その時に使う…つもりだったのですが、潜るどころか、カヌーやシュノーケルすらなさそうな感じで出番はない模様です。一応持ってきているのですが(´・ω・`)

ともあれ、使ってみた感想を簡単に書いておきます。


続きを読む

このページのトップヘ