Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:OneNote

一ヶ月ほど前にクラウドメモサービスの雄「Evernote」が有料プランの値上げを発表し、同時に無料版の利用制限を引き上げて利用端末2台まで、となりました。

Evernote の価格プランの改定について - Evernote日本語版ブログ

「Evernote を使えばこんなに便利!」「できる人は Evernote をこんなに活用している!」なんていう記事がメディアでも個人ブログでも雨後の筍のように氾濫しましたが、結局パワフルに使っている人は少数なのでしょう。

周りを見てもキャンペーンがらみではなく自分でお金を払って Evernote の有料プランを使っている人は2人いますが、うち1人は今回の値上げで有料ユーザーを止めて無料版を使いつつ代替策を探すそうです。

ちなみに発表直後には値上げ対策として、割安になったソースネクストのパッケージ版「Evernote プレミアムパック」を購入するという手段もありましたが、早々に売り切れ、そしてすぐに販売終了になってしまいました。



かく言う私も Evernote の有料プランユーザーになったことは数年ありましたが、docomo 端末契約のおまけなど何かとサービスで付いてきたもので、それらの間も含めて Evernote をガシガシ使いまくったことはなく、当然自分でお金を払って有料プランに加入したこともありません。

そして、Evernote の便利さは使っていて私も十分感じていたものの、ここ1年くらいはもう全く使わなくなってしまいました。その理由は

メモアプリにしては重くなりすぎ


ということ。

これはひとそれぞれ印象が違うと思いますが、軽くレスポンスの良いメモアプリが好きな私としては、初期の頃はともかくどんどん機能が増えて便利なことも増えた分、もっさり感が気になってきて使わなくなってしまいました。テキストメモとしても、テキスト分量が多いと動作が鈍くなるのは厳しかったですね。

だからと言って Evernote ほどの多機能メモアプリをそのまま代替できるアプリ、サービスもないのは事実で、結局自分の使い方を考えて、どこか妥協するか、もしくは複数サービスに割り振るか、的なことになります。

一般的に Evernote 代替のメモアプリというと、以下のアプリがメジャーどころでしょうか。

続きを読む

眠たい…と思う前に、パソコンの前で即寝落ちする日々ですが、その分早起きができて相殺できております。そして今朝起きて昨晩のニュースを追っていると、マイクロソフトのマルチなメモ/ノートアプリ「OneNote」の Mac版がリリースされるとともに、Windows版も含めて無料化されました。

OneNote_for_Mac_Release

Microsoft OneNote (Mac App Store)
Microsoft OneNote | デバイスに対応したデジタル ノート作成アプリ

個人的に OneNote は結構好きなソフトで、Windows タブレットを使い始めてから特に気に入って使っていたのですが、Mac版が出て、iPhone/iPad、Android とともに、ほぼオールラウンドな環境で利用、データーの同期が可能になりました。

元々、iPhone用、iPad用、Android用は無料でしたが、Mac用とともに Office ファミリーとして有料だった Windows版 OneNote が無料化され、OneDrive(旧 SkyDrive)を介したクラウドサービスも 7GB までは無料利用できますから、完全無料でも相当に使えるアプリになりました。


続きを読む

このページのトップヘ