今日は立冬。インフルエンザの流行を除けば冬大歓迎の私としては、晩秋〜年末までが一番好きな季節でもあります(年が明けると微妙)。我らがガンバ大阪はJ1昇格は決めたものの、天皇杯も既に負け、珍しく暇な12月になりそうですが…

さて、またチラ裏糞記事なんですが、一昨日発表になった Nikon Df。ネットでも賛否両論ですけれども、昨日友人とも話していて意外と言われたのですが、個人的には「アリ」です。というか、

これはニコンならではの英断だなぁ


と思ってます。

もちろん、自分自身が欲しいかと言えば1ミリも欲しいとは思いませんし(一眼はハイエンド高速連写機にしか興味なし)、今はキヤノンメイン、サブでフジその他ですから完全に他人事なのですが、今の時代、こういう “趣味性だけに走ったカメラ” が一台くらいあっても良いでしょうし、それができるのはニコンだけです。



一種のファッションカメラとも言えますが、良いじゃないですか。

カメラは性能や機能だけで買う/好むものではない


わけですし。カメラだけでなく、道具はいかにそれを愛せるかであって、そこに見た目や雰囲気は十分大きな条件だと思います。

私は機能やデザインが気にならないことはないにしても、もっと別のところを重視してカメラを選びますが(デザインで選んでいたら富士フィルムのカメラなんて使っていない)、見た目やデザインに重きを置く人もいるわけです。

このカメラのデザイン(ここでは操作系 UI デザイン含む意味)が好きにしろ、嫌いにしろ、そういう見た目重視のカメラがコンパクトだけでなくデジタル一眼レフでも出てくるのは良いことだと思います。

続きを読む