Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:Nikon

一眼レフシステムを捨ててミラーレスへ移行する人は少なくないのですが、周りでニコンから富士フイルムへ移行した人が2人いて、さらに最近また一人移ったのを知り、9月の某カメラ屋の販売ランキングでニコン待望のミラーレス機 Z7 を凌いで富士フイルム X-T3 が首位になったのも何となく納得してしまいました。(値段も倍以上違うけど)

富士フイルム Xマウント一式を手放した時に「またいつか戻ってきたい」と言っていた私ですが、最近過去の写真を見ていて、また Xマウント欲しい気分が高まり、X-H1 を買った友達に「X-T2 売る時には一応声をかけて」なんて言っていたりします( ̄ー ̄)

もっとも、マイクロフォーサーズ含めてトリプルマウントを維持できる財力はないため、現状だとマイクロフォーサーズと入れ替えになるでしょうけど、レンズ交換式コンパクトデジカメとしてのマイクロフォーサーズは気に入っていて手放したくないので、Fマウントに続く Xマウント復帰の道は険しそうです……

(動体を撮るカメラとして使うつもりはないので、ボディは X-T2 のお古で十分、レンズは以前持っていた単焦点レンズ、XF14mmF2.8、XF23mmF1.4、XF35mmF1.4、XF60mmF2.4 Macro あたりで十分なのですけどね)

D500_540FL22


さて、前回は業界がフルサイズ・ミラーレス機へと大きくシフトしていく中で、再びデジタル一眼レフに出戻って、ニコン Fマウントへ戻って半年間、色々と思っていたことを吐き出しました。

百花繚乱ミラーレス機が出揃う中、一眼レフへ出戻って半年【前編】 〜 最後に最高のAPS-C機に出会えた

あくまで私自身が感じることなので、人それぞれ賛否色々思うところはあるでしょう。撮るもの、立場が違えば感じ方も違うでしょうから他人の思うところを否定しようとは思いません。別に正解とかはないでしょうし。

いずれにせよ、最後のデジタル一眼レフシステムとしてニコン Fマウントに戻ってきて、その結果には満足していますし、D500 は過去に使ってきた APS-C 機の中で最高と思えるものだということは前回記しました。

ただ、D500 を半年使ってきて、D500 というかニコン機、ニコン Fマウントの仕様として、どうしても「コレはアカン」と思う点がないわけではないです。

ぶっちゃけ、自分自身の使い方と合わない点でもあるので、これまた普遍的にダメな点とは言い切れないのですが、褒めてばかりでも仕方ないので、十数年ぶりにニコン機へ戻ってきて少々ストレスを感じている僅かな点を挙げておきます。


続きを読む

ようやく暑い日々が過ぎさり、地震と強烈台風に見舞われ続けた夏も終わって秋本番。心地よい気候に、木々は色づき、Jリーグもシーズン最終盤を迎えつつ、航空祭もピークシーズンになり、一年で一番楽しい時期になりました。

エアフェスタ八尾、SUPER FORMULA 最終戦@鈴鹿、明野航空祭、岐阜基地航空祭、エアフェスタ浜松、百里基地航空祭……。週末にはガンバ大阪の試合も仕事もあるので、どれだけ行けるかは判りませんが、楽しみな秋です :-)

でもって、気が付けば D500 で主力機をミラーレスからデジタル一眼レフへ出戻りしてから、ちょうど半年が経ちました。ということで、あれこれと半年使ってきた感想やら、取り留めのない雑感を記しておこうかと思います。

TediousDays20181014_04


ニコンやキヤノンのフルサイズ・ミラーレス機が発表され、パナソニックもフルサイズに参戦、ミラーレス時代の雄となったソニーも超望遠レンズを揃え始めたり、富士フイルムも着実に動体撮影性能を上げてくるなど、すっかり「時代はミラーレス」になりました。

今年がそうなる年であろうと判っていて、それでも流れに反してデジタル一眼レフに戻ったわけですが、そんなデジカメ界激動?の半年を経ても

デジタル一眼レフへ戻って良かった
D500 を買って使って満足


であることは変わりません。細かな点で幾つか不満を感じるところはありますが、概ね満足どころか大満足と言えます。

率直に言って、私にとって D500 は前メイン機の E-M1 Mark II はもちろん、EOS 時代の主力機で同じ APS-C ハイエンド機である EOS 7D Mark II と比べても、

動体撮影において全幅の信頼を置ける道具


と感じられるものです。

まぁ半年使ってきて随分慣れた今でも「ニコンのこの仕様は、やっぱりおかしい」と思う点は幾つかあるので(詳細は次回)、操作性という点では EOS の方がちょっと上という思いは変わらず、この点では 100% 満足とは言えませんが、

最初に購入したデジタル一眼レフ機であるニコン D70 から数多くの APS-C 機を使ってきて、ここまで性能面で信頼できる、使っていても撮影結果を見てもストレスの少ない APS-C 機はなかったなぁ


と、半年使ってきてそう思えるカメラです :-)


続きを読む

ニコンが「Z」の銘を冠した新マウントの本気ミラーレス機を出して、「後出しキヤノンはどうするのかな?Photokina 前に発表するという噂としない噂が錯綜してるけど…」なんて思っていたら、週末になって EOS R & RF マウントのどエライ噂が出てきましたね。

キヤノンの看板レンズの一つ 50mm F1.2L がリニューアルされるのはともかく、まさかの 28-70mm F2!チャレンジングなレンズに、マウントアダプターはドロップインフィルターやコントロールリング付きまで用意され、ボディはまだ一部の情報しか出てきてないものの、AF最低輝度限界 -6EV というのは間違いとしか思えない数字。

飛び道具だけでなく、35mm マクロのように昨今のインスタ映え狙いっぽいレンズだったり、普通に使えるズームとして 24-105mm F4 を出してくるのも周到です。ニコンみたく「来年 24-70mm F2.8 が出るのに、キットレンズも同じ画角レンジの 24-70mm F4 なのかぁ」ということもない。

(24-105/120mm の F4 ズームは画質評価はそれなりなので、画質優先で 24-70mm に抑えたニコンの判断が間違ってるとは思いませんが、標準ズームは F4 通しで良いと思ってる人は画質最優先よりレンジの広さを選びたい人が多いように思いますけど…)

いずれにせよ、ニコンみたいに既存ユーザーの移行しか考えてないであろう「今の一眼レフ用レンズが使えるミラーレス機」ではなく、「どうよ?これならミラーレスの意味があるでしょ?RFマウント使ってみたくない?」という心意気が出てるのは好感が持てます。(ボディ内手ぶれ補正の搭載がないなら大きなマイナスでしょうけど)

というか、久しぶりにキヤノンの本気を見せてもらえそう、というか、手ぐすね引いて待ち構えていた感がしますね。EFマウント移行時のレンズ攻勢も結構なものだったらしいですし、正式発表やその後を楽しみに見ていきたいです。

寝られない夜なので、ニコン・ミラーレス機 Z6/Z7 についての独り言

AFS500mmF56PF_Release1


パナソニックがフルサイズ参入、それもスチルというビックリの噂も同時期に流れて、デジタルカメラ激動の季節という感じですが、動体撮影メインの私にとってはまだ様子見な気分です。

というか私自身、去年やっちまったばかりでもあるし、しばらくは冒険なしです。D500 には結構満足できていて、フルサイズもとりあえず一眼レフを買うのは間違いないので、ニコンの Z もキヤノンの R も外野から楽しく弥次馬するだけなのですが、問題はコレ↓

AFS500mmF56PF_Release8


いやー、本気のミラーレス機とともに、一眼レフ用の凄いレンズが出てきたというものです。半年前に買ったばかりのゴーヨンをロクに使えてないのに、超魅力的な 500mm。もっと言えば、

超望遠レンズのゲームチェンジャー


とも言うべきレンズでしょう。

発表時のスペックを見て予想以上の軽さに驚きましたが、ニコン大阪へレンズ実物を見に行って、改めてそのコンパクトさにも魅力を感じた次第。


続きを読む

仕事が佳境で何もしてない、買ってないのでブログを書いているネタもないし、余裕もなかったのですが、とりあえずニコンから本気ミラーレス機 Z6, Z7 が正式に発表になりましたので、ひと言。

NikonZ7Z6_Release1


というか、今日はニコンのミラーレス機より、また台風が近いところの通って右側の危険半径に入って暴風雨に晒されるかと思うと、気の休まるところがありません(>_<)。台風接近なのに、朝飯も昼飯も食べられないくらい忙しかったし……

前にも書いたように台風12号では、地震で被害を受けて補修工事待ちのブルーシートが飛んで、瓦がごっそりズレて雨漏りその他が大変でしたからねぇ。そして、先週末から屋根の補修工事が入ったところで台風!いやー、屋根まだちゃんと瓦に相当するものがないので、雨漏り覚悟の夜です_| ̄|○

というか、書いてる途中に天井へポツポツと音がし始めたので、今夜も寝られないのは間違い無く、そんな不安な夜に仕事の集中力も出てこないので、どうでもいい駄文を書いているわけです┐(´д`)┌

NikonZ7Z6_Release2
(Z7 も Z6 も見た目全く同じですね)


とまぁ、いきなり愚痴から始まってしまいましたが(場末の個人ブログだから許して)、ニコンのミラーレス機、あれこれ言われてるみたいですが、スペックその他は公式ページなどへどうぞ。

Z 7 - 概要 | ミラーレスカメラ | ニコンイメージング
Z 6 - 概要 | ミラーレスカメラ | ニコンイメージング
フルサイズミラーレスZ スペシャルコンテンツ | ニコンイメージング

ついでに、ライバル機のスペックその他も。

α7 III | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
α7R III | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

とりあえず、公式サイト見て気づいたのですが、Z7, Z6 じゃなくて「Z 7」「Z 6」なのですね。面倒くさいので、Z7, Z6 で行きますけど。

で、Nikon Z7 / Z6 のスペックその他を見て感じた、個人的な印象は以下のとおり。


続きを読む

先月ニコンから開発発表された AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR(以下、ゴーゴーロク)。以前の記事にも書いたように、個人的にかなり気になっているレンズです。

スタジアムの観客席からサッカーを撮る際には、陸上トラックのない専用スタジアムで前方席から撮る場合でも 500mm くらいが必要です。(フィールド脇から撮影できるプロカメラマンの標準レンズはヨンニッパこと 400mm F2.8 ですが、それより距離は必要)

しかしながら、がら空きの自由席でもない限り長玉レンズを持ち込むのは周りの迷惑になるので、500mm、600mm といったレンズは(それがタムロン、シグマのようなズームレンズであっても)使うのは避けたいものです。実際、望遠レンズ禁止になったスタジアムもあります。

私の場合、キヤノン時代は周囲の理解を得てサンニッパ (EF300mm F2.8L IS II USM) を使っていましたが、それですら気が引けていたわけで(精一杯身体を引いて撮っていたけど)、そういう意味ではニコンの 300mm f/4E PF ED VR(以下、サンヨンPF)というレンズは、具合の良いレンズであります。



サンヨンPF はサンニッパよりも一段暗いので、シャッター速度を確保しようと思うと APS-C カメラで ISO 3200 を使わざるを得ないし、ぶっちゃけスポーツ撮りに使うには AF が遅いのが難点ですが(普段の撮影で遅さを感じることは殆どない)、PF レンズによる劇的なレンズ長の短さ(と軽さ)は、フードなしで 15cm 未満とスタジアムの観客席で撮っていても周りに迷惑はかかりません。

90分ずっと手持ちでも全く筋肉痛の心配がありませんし、画質的にも妥協の範囲内。VR に SPORTS モードがある最新形なので、ニコン VR の強いファインダーの揺れを気にする必要もなく、AF速度以外は良いレンズです。

そんな中、ニコンは今度 500mm F5.6 の PF レンズを発表しました。

Nikon | ニュース | ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を開発

ゴーヨン(AF-S 500mm f/4E FL ED VR)を買ったばかりだし、



と言いつつも、「PF レンズとはいえ、500mm のレンズがサンニッパレベルの 20cm 台前半は厳しいやろ」と思ってスルーの方向だったのですが、実機レンズの写真がリークされて見てみると、思いの外、短そう。

となると、

フルサイズ+ゴーゴーロクなら、今の APS-C 機+サンヨンPF より確実に画質も上げられて、シャッター速度も稼げそう。AF 速度もサンヨンPF よりは速いだろうし、サンニッパが全然リニューアルされない今だと、フルサイズ機と一緒に買いたいなぁ


という気持ちになっていました :-)

個人的には「ゴーゴーロクが実際どれくらいの長さなのか?」というのが、購入するか否かのポイントなのですが、昨晩 Nikon Rumours にゴーゴーロクの長さが判りそうなリーク写真が載っていました。
続きを読む

梅雨空真っ盛りと家庭の事情に仕事の絡みでなかなか撮影に出かけられず、新しい機材を買ったのにストレスが溜まるばかりですが、こればっかりは仕方ありません(´・ω・`)

そんな中、今日はニコンから「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」(以下、ゴーゴーロクPF)の開発発表がありました。

Nikon | ニュース | ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を開発

いま造ってるで〜、というだけの発表ですから、重さ、大きさなどは全く記載がありませんが、300mm F4 を従来の3分の2程度、15cm 未満に収めた PF レンズを採用していますから、500mm F4 で 38cm 以上ある 500mm レンズがどこまで短く、軽くなるのか楽しみです。

サンニッパサイズの 25cm を切ってくるのは難しいと思いますが、もしそのレベルまで短くなれば、頑張って購入したいですね!

20cm 台前半なら観客席で使っても隣席の視界を遮らずに使える場合は多いので、APS-C + 300mm レンズで我慢しているところをフルサイズ+500mm レンズに切り替えられますからね。楽しみです!

(でも現実的には、長さは 30cm 切るくらい、重さは 2kg 強くらいでしょうかねぇ)

D500_540FL07


さて、前回記事の後半として書いていたのですが、長くなったので分割にした話。ニコンの AF-C と言えば、昔から強力にアピールされているのが、ご自慢の「3D-トラッキング」。

防滴性能への信頼 〜ミラーレスからデジタル一眼レフに出戻って1ヶ月【D500編その2】

同じような機能はミラーレス機含めて各社あるわけですが、そこはそれ、メーカーとしての経験値の差が出るところでもあり、特にスポーツ撮影では顕著な差が出るように思います。

(中には、追尾系の AF を選択すると負荷が大きくなる分だけ処理落ち気味になったり、AF 速度精度が甘くなったりすることもカメラによってはありますし……)

と言いながら、買ったばかりのお試し撮影の時を除いて 3D-トラッキングは、ほとんど使っていませんでした。理由は簡単で、慣れていないから。

購入直後に試した時に「良さげだけど、なんか癖が強いな」と感じて、これは D500 に少し慣れてから実戦投入することにしよう、と。全く新しいカメラですから、最初は違っていても“ある程度読める”機能を使っていきたいわけです。

その方が今まで使ってきたカメラとの違いも判りやすく、理解も早まり、結果も出しやすいと考えたからでした。


続きを読む

その昔、体調的なこともあって、今のミラーレス機に繋がる初号機 LUMIX DMC-G1 を発売直後に購入してから、デジタル一眼レフとミラーレス機の間で揺れ動いて散財しまくってきたのが、この7〜8年の私のデジタルカメラ歴と言えます。

だいぶ無駄遣いはしてきましたが、私にとってデジタルカメラは写真機としてのデジタルカメラだけでなく、デジタルガジェットとしてのデジタルカメラという側面も強いので、そこは仕方ないかなー、とか言い訳しています(^_^;)

そして、すっかり「時代はミラーレス機」になった今年に、ひとまずメイン機をミラーレス機からデジタル一眼レフへ戻したのは今まで書いてきたとおり。

時代の流れから完全に逆行していますが、動体撮影、特にスポーツ撮影を考えると、やっぱり今はまだニコンやキヤノンのデジタル一眼レフに分があるかな、と思っての行動でしたが、現行機のボディ性能や使いたいレンズを考えてニコンへ戻ったことも含めて、とりあえずは正解だった、というのが、この1ヶ月の結論であります。

正直なところ、サッカーを撮ってなければ求める基準も機材も随分違っていて、

ソニー「α7 III」で撮る、スーパー耐久富士SUPER TEC24時間レース - 価格.comマガジン

このような実戦写真レビューでも大いに魅力を感じる FE マウントへ移行して、デジタル一眼レフへ戻ってこない可能性は小さくなかったと思うのですが、好きなモノ(ガンバ大阪)を撮るというのは趣味写真として基本ですから、そこを大前提にするのは仕方ありません(^^)

D500_340PF23


もちろん、前回でも書いたように

動体撮影も未来はミラーレスなんだろうなぁ


という思いは変わっていませんし、結果だけを求める場合にはミラーレス機と言ってもスチルじゃなく「8K 動画切り出しで良いじゃん!」という未来になってもおかしくないでしょう。

ただ、そうではなく官能的な部分を求める場合には(今のフィルムカメラのように)デジタル一眼レフが残るのかもな、と1年ぶりにデジタル一眼レフへ戻って、シャッター音を聞きながら思ったりしています。

車のエンジンサウンドやステアリング感、心地よいロール感がドライバーの気分を載せるように、カメラも音や感触が撮り手のテンションを上げるところはあるよなぁ


なんて思ったりする昨今です。(昔はそういうことは二の次だったけれど)

ま、そういう感覚自体がジジ臭いものだろうなぁ、とは思っていますけどね(^_^;)

続きを読む

仕事の事情、家庭の事情で、行く予定だったレース、航空祭も断念することが多い今春、7月の千歳基地航空祭も諦め気分になってきました。B747 ジャンボの政府専用機展示飛行も今年が最後の可能性が高いので何とか行きたいのですがねぇ。

おかげで、せっかく大枚叩いて買った AF-S 500mm f/4E FL ED VR の出番もなかなかなくて、もどかしい思いだけが募ります(>_<)

とはいえ、岩国FD や SUPER GT 鈴鹿など、まずは1ヶ月使ってきて AF-S 500mm f/4E FL ED VR に若干の不満?があるとすれば、

この2点くらいで、写りや AF 速度に不満があろうはずもありません。(まだ APS-C でしか試してないですけど)

D500_540FL06


VR(手振れ補正)もバッチリで、ネットで「SPORTS モードは VR の効きが落ちるので云々」という感想も見たことがありますが、全然問題ないですね。キヤノンの IS mode1/mode3 と同様、SPORTS モードは NORMAL モードより効きは落ちても落差を顕著に感じるようなことはなく、手持ちの流し撮りも含めて満足できるものです。

また、最新世代の大口径単焦点レンズということもあり、500mm F4 でありながら、ひ弱な私でもとりあえず、何とかギリギリ振りまわせる重さ、長さ。(すぐ筋肉痛になるけど)

ということで終わっても良いのですが、これだけだと内容のない記事が更にないので、以下、書きかけの適当メモを組み合わせた駄文をば。


続きを読む

一番身近にいる人間からの「すっかりカメラに文句を言わなくなったね」という言葉が全てを表していて、以上終わり!なくらいのデジタル一眼レフに出戻っての1ヶ月です。

世の中、自分の嗜好に 100% フィットした量販商品なんてのは有りえないわけで、どこかで折り合い(妥協)をつけながら使うことになるわけですが、その妥協の少なさが満足度にも繋がります。

その観点から言えば、D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR は今までで 100% の満足度に最も近い機材と感じています。(レンズ的には EF300mm F2.8L IS II USM も同じくらい満足でしたが)

また、300mm f/4E PF ED VR(以下、サンヨンPF)も最初は購入の判断がつかなかったものの、借りて使う機会があって「やっぱりこれは今の自分の撮影環境に必要」と納得して購入することになりました。



この1ヶ月使ってきて、ちまちまと雑感メモを書き連ねているので、少々記しておきたいと思います。相変わらずまとまりのない適当雑感ですけど。

D500 については少し前に色々と書きましたし、ミラーレスとデジタル一眼レフの狭間で行き来している中での感想は後日触れることにして、まずは「サンヨンPF」こと AF-S 300mm f/4E PF ED VR から。


続きを読む

レビューというわけではなく、十数年ぶりにニコンの一眼レフへ戻ってきた際の戸惑いなども含めて、D500 を使って半月〜1ヶ月間で気づいたことを幾つか記してきました。

今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【前編】
今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【中編】
今さら D500 をレビューするつもりはないけれど、十数年ぶりで気づいたことを書いてみる【後編】

例によって記事を書いてる時点と公開のタイムラグがあるので、以前より慣れてきた点もあったりしますし、自分の印象が間違っていたりする点については、予約投稿かけてから公開時までに追加修正したりしていますが、大体の内容は書いてる時点でのリアルタイムの心情だったりします。

とりあえず、一番慣れない問題の「マウントの回転方向」については、レンズを回すのではなくカメラボディ側を回すようにして、すぐ逆側に回しがちな癖を矯正しようとしています。(それが良いのか悪いのかは判らないけど)

キヤノンに限らず他のメーカーも含めて概ね同じ方向の回転で幾年月でしたから、違和感を消すには数カ月から半年単位で時間はかかるでしょう。仕方ありません。

(ズームリングなどの回転方向が逆なのは、パナソニックやタムロンなどで経験しているので、違和感があっても慣れるのは難しくないはず。オリンパス機との併用で戸惑いは続くだろうけど)

D500_540FL23


で、今回は「番外編」というのも変ですが、D500 ボディそのもの以外の点について、十数年ぶりのニコン一眼レフで色々感じたことを記しておこうと思います。

続きを読む

このページのトップヘ