Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Nikon

今日は話題のニコン D850 の発売日でした。某カメラ店では

ニコ爺「今すぐ手に入らないのは仕方ないが、今から予約したら11月までには買えるんやろ?12月頭に孫の××があるからそれまでには間に合わせたいんじゃ」

店員「申し訳ありませんが、今からだと2ヶ月以上お待たせする可能性もあって、11月中にお渡しできる保証はできません」


という会話がなされて、お孫さんの勇姿を D850 で撮りたいニコ爺さんちょっとキレかけモードだったりする光景も見ましたが、あちこちで2ヶ月待ちという話を聞くので、今からだと「年内に手に入れば…」気分で注文するのが良さげみたいです。

あ、私は注文していないです。ホントです(^_^;)

先週末には、ニコン・ファンミーティングなるものが大阪で開催されて D850 も大々的にプッシュされたみたいですが、先日の記事で書いたように、大昔ユーザーであったもののすっかりアウェイの地ですから、ニコン信者の集まりにはちょっと足がすくんで行けませんでした。まぁ、開催地のほたるまちへ行くのが面倒だったからですけど。

NikonPlazaOsakaD850Event7


とはいえ、次期購入機種として有力候補の D850 ですから、折を見てニコンプラザへ D850 を触りに行こうと思ってウェブサイトを見たら、ニコンプラザ大阪で「D850 発表記念イベント」なるものをやっているのを知ったので、今日それを見に行ってきました。


続きを読む

先月開発発表があり、数日前にはプレスリリースまで流出してリークされていましたが、ニコン渾身の一撃とも言える一眼レフ D850 が正式に発表されました。

D850 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

いや〜、噂どおり

やれることは全て注ぎ込んだ一眼レフ機


という感じですね。4,570万画素で連写7コマ/秒、バッテリーグリップ装着で9コマ/秒というだけでも、かなり魅力的です。(連続撮影枚数も 14bit RAWで51コマ、12bit RAW で170コマですから、この画素数を考えれば大満足でしょう!)

スポーツ撮影に使うには「もう一声欲しかった…」(ボディだけで秒8コマ、バッテリーグリップで秒10コマ)というのはあるでしょうが、4,570万画素という高画素ですからこの仕様でも十分に頑張ったと言えます。(クロップしても速くはならない)

高画素と動体対応の高速連写が、かなり高いレベルで両立


した初めてのカメラと言っても良いのではないでしょうか。

これだけ詰め込んだら、今どきバッテリーグリップなしボディでは珍しい重さ 1kg 超なのも仕方ない気がします。(バッテリーグリップ用バッテリーは本体とは別の、D5 と同じバッテリーというのは連写速度向上ののためとはいえ、運用上なかなか面倒な気がしますが)

そして、

これでお値段40万円というのは十分リーズナブル


ではないでしょうか。(バッテリーグリップで連写9コマ/秒を使おうと思うと、+10万円超だけど)

少なくとも、EOS 5D Mark IV の初値に比べれば全然説得力あるでしょう。長年キヤノンとトップシェアを争っていたニコンも海外でソニーに抜かれる市場が出てきましたから、起死回生の一台として、魅力ある価格を打ち出してきた感があります。


続きを読む

北米最大のコンシューマー電機系展示会の CES の開幕を前に、今週はデジタルカメラもスマホもパソコンその他 IT ガジェット系も新製品発表が目白押しです。国内発表はなくとも、海外発表のある製品は多数出てくるでしょう。

デジタルカメラも各社から多くの製品が発表されると見込まれていて、情報リーク系ブログでは既に国内発表のプレスリリースを元にした詳細スペックが流されてる機種もあります。(そのうちどこかのメーカーがプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求からの展開をすれば面白いのにw)

その中で、いち早くニコンが国内でフラッグシップ機「D5」と、出るかどうかニコンユーザーの中でも意見が割れていた APS-C フラッグシップ機「D500」が発表されました。

D5 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング
D500 すべてを凝縮した、渾身のDX。 | ニコン

いやー、

ニコン渾身のツートップ


ですね。「ニコンの一桁機の奇数番は名機」という流れを受け継ぐ雰囲気と生身を持つフラッグシップ「D5」に、「本当に出たし、なにこれ凄い APS-C 機!」という「D500」。

ぶっちゃけ、ミラーレス機を捨てて全面的に一眼レフ回帰してから、ニコンのデジタル一眼レフは気になるけど、他のメーカーのカメラは新製品が出ても「へぇ〜」と思うかどうか程度です。正直どうでもいい。でも、ニコンの一眼レフだけは、やっぱり気になります。

D5 の方は「本当にメモリーカードスロットが XQD と CF の2機種を用意したんだ…」という驚きでしたが、D500 に関しては出たことそのものが驚き。

あれだけフルサイズ志向だったニコンを翻意させ
徹底的に 7D Mark II を叩くスーパー APS-C 機を出してきたか〜


というのは驚きというか、さすがニコンというか、「やはりこうでなくっちゃね!」感があります。

D500 のスペックを見れば EOS 7D Mark II ユーザーとしては心穏やかになれませんが(D5 ともども拡張感度の激烈な数字は実写見ないと判りませんが)、D500 の内容を見て初めに思ったのは……


続きを読む

先日発表された Nikon 1 V3 に続いて、噂の出ていた下位機種 Nikon 1 J4 が本日発表になりました。

Nikon | ニュース | 報道資料:高速性能と高画質を小型・軽量ボディーに凝縮した、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 J4」を発売

Nikon 1 V3 での新機能、機能強化である、
  • 1800万画素CMOS センサー&ローパスレス
  • 画像処理エンジン「EXPEED 4A」
  • AF追従連写速度 最大20コマ/秒
  • シャッターボタンを押した瞬間の前後20コマ(1秒間)を連写し、残したい画像のみを選択・保存できる「お気に入りフォト」
  • 1080/60p の動画撮影
  • 1280×720/120fps〜416×144/1,200fps のスローモーション動画
  • 動画撮影中にカメラが自動で静止画も撮影する「動画中おまかせスナップ」
  • 実時間の4倍速で再生される「早送り動画」
  • Wi-Fi機能

といった点は J4 も全て搭載。下位機種とはいえ、性能的には V3 と遜色ありません。それでいて予約価格で3万円近い低価格、そしてコンパクトなボディに収め、伝統のレンズ同色のカラーバリエーション。

売れるかどうかは別にして廉価モデルとして過不足ない仕様どころか、

さすがニコン、ライバルメーカーと違って出し惜しみしないね!


という感じであります。

ただ、こうなってくると

同性能の J4 出すのに、何故 V3 は EVF 外付になったんや!?


という思いがまた湧いてきます。やっぱり、EVF はオプション、グリップもオプションで、見かけの値段を抑えたり、オプション商売ということだったのでしょうか……70-300mm とともに V3 には期待をしていて思い切り肩透かし食らった身としては、J4 の発表を見てさらに複雑な気分になりました(ー ー;)

もっともボディ周りを中心に上位機、下位機の差は、以下の点で明確にあります。

続きを読む

続々と CES 2014 直前のプレス発表が続いているわけですが、ソニーの発表では 4K 映像関連やウェアラブルデバイスの発表をメインに多方面な新製品が出され、Xperia の新機種「Xperia Z1S」も発表されています。

Xperia Z1S 4G LTE for T-Mobile - All Android Smartphones Sony Store - Sony US

そして、NEX-3N 後継機も発表と言うことでしたが、注目は名称。α7 / α7R 登場時に宣言していた「ミラーレス機も NEX から α本体ブランドに統合する」ということだったので、どうなるかと思っていたところ、

NEX-3 最新鋭機は α5000


となったようで、APS-C ミラーレス機は α4桁の型番なのか?という感じですね。

(となると NEX-7 後継機は名機と同じく α7000…なわけないだろうけど、どうするのかな?)

a5000 Compact Interchangeable Lens Digital Camera - All Alpha NEX Sony Store - Sony US

で、この NEX-3N 後継機である α5000 の売りというと、例によって「ポップアップストロボ内蔵 APS-C センサー搭載機世界最小」というもの。写真を見ると

a5000_Release


という感じで、ぱっと見は「従来の NEX-3 と変わらなくね?」という感じですが、仕様表のサイズを比較してみると以下の通り。


続きを読む

昔から1月より12月が大好き、年の瀬の雰囲気が好きで年が明けるとテンションが落ちる私ですが、皆様におかれましては師走の中をいかがお過ごしのことでしょうか。

強烈な寒波で全国的に冷え冷えですが、この冬の空気も嫌いじゃありません。雪国じゃないから吐ける言葉ではありますが、意外と大阪は首都圏のような雲一つない冬晴れが続くわけでもないので、冬になると東京が恋しいです。富士山も見えないし。

Expo '70 Park in late autumn or early winter (23)


さて、「ニコン Df」が結構売れていて品薄とは聞いていましたが、先週メーカーからも供給不足のアナウンスがありました。

ニコン、「Df」の供給不足を告知 - デジカメ Watch

もちろん売れているのは間違いないにしても、たぶん馬鹿売れまくりというより、メインストリームのカメラではない分だけ生産量も多くなく、時期的にメインストリーム製品の生産量を調整して Df 増産もできなかったのだろうな、と勝手に推測したりしていますが、そんな中、予約購入した知人が自慢げに見せてくれて、改めて良いカメラだなぁ、と感じました。

非Ai レンズにも配慮した構造といい、「ああ、ニコンにしか作れないカメラだなぁ」と、つくづく感じ入った次第。


続きを読む

今日は立冬。インフルエンザの流行を除けば冬大歓迎の私としては、晩秋〜年末までが一番好きな季節でもあります(年が明けると微妙)。我らがガンバ大阪はJ1昇格は決めたものの、天皇杯も既に負け、珍しく暇な12月になりそうですが…

さて、またチラ裏糞記事なんですが、一昨日発表になった Nikon Df。ネットでも賛否両論ですけれども、昨日友人とも話していて意外と言われたのですが、個人的には「アリ」です。というか、

これはニコンならではの英断だなぁ


と思ってます。

もちろん、自分自身が欲しいかと言えば1ミリも欲しいとは思いませんし(一眼はハイエンド高速連写機にしか興味なし)、今はキヤノンメイン、サブでフジその他ですから完全に他人事なのですが、今の時代、こういう “趣味性だけに走ったカメラ” が一台くらいあっても良いでしょうし、それができるのはニコンだけです。



一種のファッションカメラとも言えますが、良いじゃないですか。

カメラは性能や機能だけで買う/好むものではない


わけですし。カメラだけでなく、道具はいかにそれを愛せるかであって、そこに見た目や雰囲気は十分大きな条件だと思います。

私は機能やデザインが気にならないことはないにしても、もっと別のところを重視してカメラを選びますが(デザインで選んでいたら富士フィルムのカメラなんて使っていない)、見た目やデザインに重きを置く人もいるわけです。

このカメラのデザイン(ここでは操作系 UI デザイン含む意味)が好きにしろ、嫌いにしろ、そういう見た目重視のカメラがコンパクトだけでなくデジタル一眼レフでも出てくるのは良いことだと思います。

続きを読む

前回記事では、かなり気に入っている Nikon 1(の望遠ズーム)ですが、ニコンの決算説明会資料 (PDF)

Nikon 1(ノンレフレックス)は、商品計画を見直す。今期のレンズ交換式カメラを55万台下方修正するが、その大半はNikon 1

という、Nikon 1 の将来が不透明になったと考えざるを得ない文言があったことを書きました。

と同時に、Nikon 1 が気に入っている私も「売れないのも道理だよなぁ」と感じていることも書きました。売れ線ミラーレス機であるマイクロフォーサーズや NEX あたりと比べても、

  • 画質的に劣ることはあっても(特に高感度)優位性は殆どない

  • センサーサイズが小さいことによるボディ・レンズサイズの小ささは、望遠レンズを除いて優位性の差を縮められている

  • コンパクトから移行する人が魅力を感じる点の一つであるボケを魅力に見せられるレンズが少ない

  • センサーサイズが小さいことで優位になる望遠側は 300mm 域のレンズ止まり

  • 価格的な魅力にも乏しい


という点が挙げられます。

私の場合、EVF+望遠レンズという組み合わせを欲して Nikon 1 V1/V2 + 30-110mm というシステムに魅力を感じていますが、広角〜標準域で Nikon 1 を積極的に使いたいか?と言われれば微妙です(10-100mm のコンパクトな高倍率ズームレンズは良いと思いますが)。

せめて初代 RX100 くらいの画質ならば、もっと広範囲に Nikon 1 を活用していたでしょうが、現状では

小型軽量な望遠システムを持って行きたい時限定


であります。それも、ほぼ昼間専用。

Nikon 1 の AF はミラーレス機で唯一動きものに対応できる AF-C だと感じていますが、同時に動きものを捉える時にはシャッター速度を上げる必要がある時も多い=高感度が必要な場合も多く、Nikon 1 の高感度画質のダメさが、AF の魅力も大きく損なっていると感じています。

Lake Biwako 2013.8.16 at Karasuma Peninsula (2)


そういう意味でも

Nikon 1 はセンサーが良くならないと、どうにもならないよなぁ


と思います。ISO 800 で崩壊する画質では動きもの云々関係なくダメでしょう。

そして、先の理由でも挙げたように、Nikon 1 が売れないのは画質だけではありませんから、ニコンが決算説明会で示したように手詰まり気味なのも仕方ありません。

センサーサイズの小ささを生かしてボディもレンズもグッと小さくしていく方向しかない、それこそ、「サイズ的なライバルはマイクロフォーサーズじゃなくて PENTAX Q だ」という感じにならないとねぇ、と思うのです。

オリンパスもパナソニックもカメラ事業の生き残りをかけてマイクロフォーサーズには注力していますから(ソニーの NEX も)、一般ユーザーに一番訴求しやすいポイントである「大きさ」については努力して、かなり Nikon 1 との差が詰まっています。

続きを読む

X-E1 の望遠レンズがなかなか出ないので、つなぎの意味で購入した Nikon 1 V1 + 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6。

300mm 域までカバーする EVF 付きの望遠レンズセットなのに小型軽量で、当初買った理由と関係なく、軽量望遠セットとして愛用しています。過去記事でも何度も取り上げました。

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS を買ってからしばらくは出番がなくなっていましたが(というか、存在を忘れていた時期も…)、酷暑が続く今年の夏は出歩く時の荷物も少しでも軽減したいので、

「望遠レンズも持って行きたいな」
→「高感度は糞だけど昼間専用で Nikon 1 セットで行くか」

ということの多い昨今です。いやホント、マジでこのサイズ感、軽さは助かります。そして何より

ミラーレス機で唯一動きものを狙える AF


というのは有り難い存在です。

そういうこともあって、繋ぎのつもりで「ちょっと試してみたい」程度で買った Nikon 1 ですが、ずっと気に入っています。特に 30-110mm はこのサイズで 300mm 域の望遠レンズというのは素晴らしく、XF55-200mm 単体よりもずっと軽いので、画質面には目をつぶってでも出番は多くなっています。

もっとも、その目をつぶる画質の方はコンパクトデジカメとは比較しては失礼なレベルとはいえ、

ISO 800 でダメダメになる高感度の酷さ


だけは使っていて一番ストレスの感じる点です。

同じ1インチセンサーの CyberShot RX100 を使っていて、そちらはある程度の高感度でも使えなくはないもので(ISO 1600、時には 3200 でも我慢できる画質)、Nikon 1 の高感度画質とは2段くらい差があると感じていました。

これについては手持ちの V1 だけでなく、次世代の V2 / J3 / S1 あたりでも大差ない状況ですので、やはりセンサーの差、同じ1インチセンサーでも Nikon 1 は Aptina 製と言われていて、一眼レフのように SONY 製のセンサーを使っていないからだろうなぁ…と、素人ながらにも感じざるを得ないところです。

そういうこともあって、Nikon 1 が好きなユーザーであれば

「Nikon 1 次世代機では RX100M2 のセンサー、せめて RX100 のを使ってくれ〜」


と思っている人は私だけではないでしょう。

今秋〜今冬くらいにまたモデルチェンジするだろうから、その時は頑張ってソニーと折り合って、是非 RX100M2 のセンサーを使って欲しい。そうしたら高感度画質も劇的改善、Nikon 1 の動体撮影能力もキッチリ生かせるようになるはず…

などということを、お盆前に改めてツイートしたら、その日にこんな発表が。

ニコン、14年3月期の純利益500億円 予想比150億円下方修正:日本経済新聞
‎2014年3月期 第1四半期 決算説明会 (PDF)

このニコンの決算説明会の資料には以下のようなことが書かれており、Nikon 1 についてはかなり衝撃的な言葉があります。


続きを読む

どれも既に海外で先行発表やら開発発表されていたり、イベントで参考出品されていた製品たちですので、特に目新しい物はなく、個人的に今すぐ欲しい、買おう!というものでもありません。

(EF200-400mm F4L IS USM Extender x1.4 は買えるものなら欲しいですけど、金も体力ももたない代物な気が…もう 3kg 超えるレンズは無理かも、と思う昨今)

ただ、一昨年初めの開発発表から延々と延期されまくって開発中を引っ張ってきた EF200-400mm F4L IS USM Ext. x1.4 がようやく正式に発表されたことは、価格レンジは全く違うものの

これでまた一つ EF100-400mm L IS リニューアルへの障害がなくなった


という意味では大変喜ばしい出来事のように思えますし、買えないからといって決して他人事でもないと思っています :-)

キヤノンの場合、ボディでもなんでも、多少なりともカブるものは高いものから準備発表発売していく伝統というか、ヒエラルキー絶対主義というか、そういうところはありますからね。

Canon EFレンズ EF200-400mm F4 L IS USM EXTENDER1.4× ズームレンズ 望遠 EF200-400LIS
Canon EFレンズ EF200-400mm F4 L IS USM EXTENDER1.4×

(Amazon では 125万円強。ハチゴーロクよりは安いがロクヨンと同程度!)


パナソニックはレンズ、特にズームレンズで良質なものを連発していて、今回の高倍率ズームも一気に垢抜けたというか、明るくなって大幅軽量化してインナーフォーカスになるというのはホント素晴らしいです。あとは撮像素子なんでしょうけれど…

そして、個人的に興味が惹かれるのは、Nikon 1 シリーズ用の明るい中望遠相当レンズ 1 NIKKOR 32mm F1.2。今すぐ買うつもりはないのですが、Nikon 1 に本腰入れてシステム構築するとなったら欲しい一本。

今年初めに X-E1 +レンズ3本、NEX-C3(NEX-7 を手放した代替)、Nikon1 V1 +望遠レンズ、DP1 Merrill と立て続けに色々買い込んだのですが、

稼働率が圧倒的に高いのは Nikon 1 V1


だったりしています。

30-110mm との組み合わせての、このサイズ感で 300mm 望遠というのは実際に使い続けて今なお称賛してしまいますし、悪い意味も含めて、この組み合わせが堕落への誘惑になっています(^_^;)


続きを読む

このページのトップヘ