Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Moves

ここ数日の記事では、歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された新機能「データー出力機能」の使い方と、出力データーの概要およびそのデーターの利用方法について説明してきました。

歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説
行動記録アプリ「Moves」から出力した位置記録データーを Google Maps やカレンダーで表示する方法
Moves からエクスポートした GPX, KML, iCal (ICS) データーをスマートフォン/タブレットで利用・閲覧する方法【Android 編】

昨日の Android編では、Moves からエクスポートしたデーターを Android スマートフォン/タブレット単体で利用したり、閲覧する方法について述べました。Android ではファイルの扱いがほぼパソコンと同じ自由度ですので、パソコン版と同じ方法+スマートフォン/タブレットらしくアプリ利用の2つがありました。

しかし、iPhone / iPad といった iOS 環境ではファイルの扱いにかなり制限があり、特にファイルを自由にアップロードすることができません(iOS でも Jailbreak すれば…といった話は除外した通常環境での話です)。

ファイルの扱いに大きな制約があるのは全てが欠点というわけではなく、アプリ毎にできるだけ高い閉じた環境を作っていることは Android と比べてセキュリティ的な優位点になっていますが、ブラウザでアップロードできるファイルが写真だけ、という制約があるので、

  • ブラウザで Google Maps を開いて、マイマップに KML ファイルをインポートして行動軌跡を地図上にプロットする

  • ブラウザで Google Calendar を開いて、行った場所、行動サマリーの ICS ファイルを読み込ませる


といったことができません。

iOS では純正ブラウザ (mobile Safari) 以外のブラウザアプリも純正ブラウザに準じたコンポーネントを使うことが義務付けられていますので、自由にアップロード可能なブラウザを作ることが難しい状況です(特別な条件において全くないわけではない)。

iCab mobile などの、ちょっと特殊なことができるブラウザアプリで試してみても無理なようでしたので、今のところ Google サービスへデーターを読み込ませるのは難しいようです。

ですから現在の iOS 環境(iPhone、iPad)では Moves でデーター出力しても

アプリで行動 (activities) データーを読み込んで地図上に軌跡を表示する


ことしかできません。

とはいえ、通常は行動軌跡の地図へのプロットができれば十分であり、「相変わらず iPhone/iPad はできることに制約があるけど、あまり不便は感じないかなぁ」と思っています。

これは今回の話だけでなく、色々と、Android から iPhone メインに戻ってきて感じることですけどね(もちろん、Android の方が便利なこともあるし、時には Android の方が簡単なこともある)。



というわけで、iPhone/iPad では適当なアプリで GPX/KML 形式の GPS ログファイルを読み込んで地図上に軌跡を表示することしかできませんが、Moves からのデーター出力したファイルのダウンロードと保存も少々特殊なので、そのあたりも含めて簡単に記しておきます。


続きを読む

このところ 2記事に渡って、歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加されたログデーター出力機能の使い方を説明してきました。

歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説
行動記録アプリ「Moves」から出力した位置記録データーを Google Maps やカレンダーで表示する方法

最初の記事では Moves サイトからログデーターを出力する方法と出力した内容の説明を、前回記事では出力したデーターを Google Maps や Google Calendar に読み込ませる方法を説明しました。

ただ、前回記事の Google Maps や Google Calendar に読み込ませる方法はあくまでパソコンメインの話で、スマートフォン/タブレット上で出力したデーターを楽しむ方法ではありませんでした。

ですので、スマートフォン/タブレットだけで処理する方法を追加で説明しておこうと思います。今回は Moves で出力したデーターを Android スマートフォンやタブレットで処理/閲覧する方法を簡単に紹介しておきます。


続きを読む

昨日は歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加されたログデーター出力機能の使い方と出力ファイルの中身を解説しました。

歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説

上記記事で説明したように、Moves アプリで記録したデーターは Moves ウェブサイト上にバックアップされ、データー出力機能も Moves サイト上から行い、zip ファイルがダウンロードされます。

Moves のデーター出力機能でダウンロードされた zip ファイルには、多様なファイル形式・分類で非常に数多くのファイルが収められており、慣れていない人は「どれをどう使ったら良いの?」となりがちです。

しかし上記記事の最後に書いたとおり、通常使うファイル形式・種類はだいたい決まっています。そのあたりも含めて今回は、

「Moves のデーター出力機能を使ってダウンロードしたファイルを Google Maps や Google Calendar に読み込ませて利用する方法」

を簡単に説明します。


続きを読む

日々の行動を逐次記録していくアプリ「Moves」。歩数計やランニング記録などのヘルスログや単なる GPS ログを採るだけではなく、Foursquare と連携して行った場所を記録できるなどライフログ的なアプリとして、この手では定番サービス/アプリの一つとなっています。

Moves_ExportFunc34


私も以前から GPS ログアプリの一つとして時々使っていて、なかなか愉しいアプリと思っていたものの、GPS ログアプリ同様にバッテリーの消費量が気になっていました(この手のアプリではまだマシな方らしいですが)。

今年になって Moves を常用するようになったものの、心置きなく使えるようになったのはメイン端末を iPhone 5s に切り替えてから。iPhone 5s に備わるコプロセッサ M7 のおかげか、Android 端末で使っているよりはバッテリー消費がかなり削減されたので、ようやく常時オンにして使うようになりました。

(Android 端末で使っている時は GPS ログアプリと同じく、使う時以外は記録をオフってバッテリーが無駄に減らないようにしていました)

さて、そんな「Moves」ですが、GPS ログアプリ的に使いたい場合には、一つ大きな欠点がありました。

GPS ログのデーターを容易に出力できなかった


という点。

従来、iPhone版にせよ、Android版にせよ、Moves のアプリ単体では記録したデーターの出力は行えず、アカウント登録して Moves のウェブサービス側へバックアップしたログデーターを、Moves Export という外部サービスと連携して出力し、さらにそれを加工してようやく一般的な GPS ログデーターとして使えるようになる面倒臭さでした。

はっきり言って、Moves で記録した GPS ログデーターを Google Maps / Earth で表示させたい、と思っても、それらのデーターの処理に詳しくない人には到底無理な状況でした。

しかし、ようやく先週になって

Moves 本体にログデーター出力機能が追加され、
出力データー形式も豊富で各種アプリ/サービスで簡単に利用可能に!


なりました。

Moves_ExportFunc35
Moves_ExportFunc36


この待望の機能、昨日になって私もようやく試したところ、最初は

「アプリの更新情報にデーター出力機能が追加されました、って書いてあるけど、そんな機能どこにもないやん!」

と思ったのですが、Moves アプリそのものにデーター出力機能が追加されたのではなく、Moves のウェブサービス側にデーター出力機能が追加されていました

(そのため、Moves アプリ利用開始後にアカウント登録して、Moves のウェブサービスへ日々のデーターバックアップを行っていることが必要)

そんなことを Twitter 他で呟いたら、何人かの友人から「気がつかなかった」と言われましたので、以下 Moves のデーター出力方法と、出力されるデーターの中身について簡単に説明しておきます。


続きを読む

このページのトップヘ