Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:M.ZUIKO

12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO という3本の M.ZUIKO PRO レンズを4ヶ月ほど使ってきた雑感2回目です。

3本の M.Zuiko PRO レンズ雑感 〜12-40mm F2.8、40-150mm F2.8、300mm F4 IS〜 【前編】

前回書いたように、3本の PRO レンズのうち、12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F2.8 PRO については、描写最高とまでは言わないけれどコストパフォーマンスは最高であり、40-150mm F2.8 PRO で少し絞りたくなる時があるものの、基本的には開放から文句なく、マイクロフォーサーズの高感度の弱さを補ってくれる素晴らしいズーム2本だと思っています。

反面、300mm F4 IS PRO の方はそれなりに良レンズだけど、センサーサイズの小さなマイクロフォーサーズ用にも関わらず、フルサイズ用サンヨンよりデカい、重い、遥かに高い、の割には……で期待したほどではなかった、コスパ的には微妙というのが個人的な感想です。



前回、大きく分けて4つ思っていることがある、と書いて、そのうち 2つについて述べましたが、今回は残り2つ。

今回はフードや三脚座について。12-40mm F2.8 PRO はノーマルなモノで特に言うことはないのですが、40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO については使う前と使ってみてからの感想がだいぶ違いました。


続きを読む

4ヶ月前に E-M1 Mark II を購入してから色々と書いてきましたが、同時に購入した 40-150mm F2.8 PRO、300mm F4 IS PRO や1ヶ月後に購入した 12-40mm F2.8 PRO の感想は特に書いてきませんでした。



レンズについてはカメラボディ以上に好みや求めるもので意見は千差万別なものですし、個々人の撮影スタイルに左右されるところはあるでしょうが、4ヶ月使ってきて私が感じてきたことをまとめておきたいと思います。

細々としたことは別にして、強く思っていることは4つありますが、まずは2点。


続きを読む

初めてのマイクロフォーサーズ機 DMC-G1 が発表されたのは、かれこれ4年近く前、2008年の9月。すっかり市民権を得てシェアを伸ばしているマイクロフォーサーズ陣営のトップバッター DMC-G1 は、まさにデジタルカメラ新時代の旗手でした。

発表直後には「せっかくのマイクロフォーサーズなのにコンパクトタイプじゃないデカさで、ガックリ」と批判しまくりだったのに、発売後に実機に触ったら一瞬で惚れて購入し、愛用したのは過去の記事に散々書いています。

そんな、かなり愛用した DMC-G1 でしたが、昨夏マイクロフォーサーズのレンズ一式とともに手放しました(DMC-G1 の後に買った E-P1 は、全く気に入らなくて速攻で手放していた)。

動体撮りが多い私としては何かと限界は感じていたし、時間が経つと画質に不満を感じるようにもなりました。DMC-G1 + 45-200mm の組み合わせはデジタル一眼+望遠ズームよりコンパクトとは言え、小さくはないサイズに比して得られる写真を考えれば、結局デジタル一眼を選ぶことが多くなっていったのが主因。

さらに DMC-G1 以後のマイクロフォーサーズの進歩の緩慢さから、買い替えたくなる機種がいつまで経っても出なかったので、

AF や EVF に革新的な進歩があったら、また m4/3 に戻ってこよう


そう思って手放しました。3年後か5年後か…その頃にまた戻ってきたい、と。

GF2 + M.Zuiko 40-150mm サンプル3
(DMC-GF2 + M.Zuiko DIGITAL 40-150mm F4-5.6 @石垣島・平久保崎)


んが! AF や EVF の進歩どころか、相変わらずマイナーチェンジの繰り返しの真っ最中の、わずか9ヶ月後にマイクロフォーサーズに出戻ってきてしまった…

まるで

「こんな家、出ていってやる!」と勢い良く家出したものの
結局その日の夜中にこっそり戻ってきた


そんな気分である。はっきり言って、ちょっと気恥ずかしい

でも、理由はある。

思いも掛けない早さでマイクロフォーサーズに出戻ってきてしまった理由は、ただ一つ。

リコーが GXR の中望遠・望遠ユニットを出す気がないから


ただ、それだけ。P10 ユニットはあるけれど、あれは廉価コンパクトデジカメと変わらない。

今年マウントアダプターユニットを出すと言っていた時に微かな期待はしていたものの、正月にあった GXR 用マウントアダプターユニットの発表は結局Mマウントだった。リコーやリコー信者を思えば仕方ないとは言え、これで AF が使える中望遠・望遠系ユニットは望み薄となった(少なくとも当面は)。

というわけで、

コンデジ画質じゃなくて、動体が撮れる、最もコンパクト望遠撮影体制を


と思って、悩んだ上に購入したのが、この パナソニック DMC-GF2 に、オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6 という組み合わせ。

GF2_MZuiko40-150_Blog1


普通は組み合わそうとしない組み合わせであるのは重々承知だが、理由はある。

続きを読む

以前から9月15日に新ファームウェアが提供されると噂になっていた E-P1 および 2本の M.Zuiko レンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 と M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8)の新しいファームウェアが提供になった。

フォーサーズシステム ファームウェアアップデート|オリンパスイメージング

E-P1 および2本の M.Zuiko レンズとも Ver.1.0 から 1.1 へとアップデートすることになっている。

しかし、オリンパスのデジカメのファームウェア・アップデートを初めて行ったのだが、

今どき、ファームウェアをアップデートするのに
専用ソフトを起動して、デジカメをパソコンと USB 接続する必要がある


ことに驚いた。いや、驚きと言うよりは、怒りに近い。アホか!?という感じだ。

昨今デジカメのファームウェア・アップデートといえば、パソコンでファームウェアのファイルをダウンロード・解凍して、SD や CF のメモリーカードに入れて、デジカメのメニューでファームウェア・アップデートを選ぶ、というのが普通の流れだ。モノによっては、ファームウェア・アップデート用ファイルを自動認識してくれるデジカメもある。

そういった手順は、確かにパソコンに慣れていない人では煩雑に感じる人もいるだろうから、デジカメに添付されている専用写真管理ソフト経由でファームウェア・アップデートを提供するのも良いことだと思う。

問題は、「デジカメをパソコンと USB 接続して専用ソフト経由でないとアップデートできない」ということだ。

デジカメをパソコンにわざわざ接続しないユーザーが多い
ということをオリンパスが知らないはずはないのに馬鹿じゃね?


と思う。さらに言えば

パソコンと E-P1 を接続するケーブルは専用ケーブルである


という点。USB 端子が AV 端子と兼用になってるため、USB ミニB端子と非常に似ているが異なった端子になっていて、汎用の USB ケーブルは使えない。E-P1 同梱の専用ケーブルでしか、E-P1 とパソコンは接続できない。

おまけに、

ファームウェア・アップデートに使用しなきゃならない
オリンパス純正ソフトが糞すぎてインストールしたくない出来


と来てるから質が悪い。「オリンパスマスター2」なんて、どうしても RAW 現像ソフトが他にない人が仕方なく使うレベルのソフトで、メーカー添付ソフトの中でも最低の部類なのは間違いない。

パナソニックのように下手な自社開発ソフトを添付することをせず、Silkypix の機種限定版を添付するということが極めて英断に思えるくらいの糞ソフトだから始末が悪い。

まぁファームウェア・アップデートをする前からボロクソに書いたけれど、

デジカメをパソコンと繋げないとファームウェア・アップデートできず
繋げるのに本体同梱の専用ケーブルでないと繋げられず
アップデートに使用する専用ソフトがインストールすら無駄に感じる糞ソフト


とくれば、ボロクソに書かずにはいられない。

デジタルカメラ、なんだから単にボディやレンズの性能、使い勝手だけでなく、このあたりの使い勝手も考えてもらわないと困ると思うのだが、どうも以前から言われてる割にはオリンパスは考えを改める気はないようで、何だかなーである(ますますオリンパスと自分が合わないことを実感する)。

Toba Port and Sakatejima Island


ともあれ、アップデートして色々と試す。一応アップデートする前にもチェックのための試写をしてからアップデートしてみた次第。

アップデート内容は

・E-P1 が「C-AF(コンティニュアスAF)撮影時の動作を改善しました」
・レンズは2本とも「AF動作を改善しました」

となっている。どちらも AF、主に AF-C の改善を図ったようだ。

E-P1 の AF-C は使い物になるどころか、AF-C というモードを作ってみました、というだけの代物で、よくもまぁ恥ずかしげもなくリリースしたなぁ、これなら AF-S だけにしておけば良かったのに、というものだった。

ともあれ、少しアレコレ撮ってると、「ん?少し AF アルゴリズムを変えたかな?」という感覚はある。本来変わってないはずの AF-S で撮っていると感じるのだが、

旧ファームでは状況によっての AF 速度にあまり大きな差はなかったが、
新ファームでは状況によって今までより速く合焦することがある
(反面、ちょいと遅くなる状況も存在する)


つまり、状況によって合焦までの速度差が出るが、速くできる時はスイープの回数を減らそうという意図が変更に感じた。

といっても、公式的には AF-C (C-AF) での改善を図っているとしか書かれてないので、ここに書いた私の感触は単なる思い込みに過ぎないかもしれない。

その肝心要の AF-C についてだが、

本気で AF-C を改善する気あんの?


としか言えない。別の言い方をすれば、ふざんけな、とでも言えば良いだろうか。いやホント、マジで。

E-P1 の AF-C における最大の問題点は、カメラを動かさずに同じ被写体にピントを合わし続けているにも関わらず、合焦動作(ピントを合わすためのスイープ動作)をし続けてることが多発することだ。

一度被写体に合焦して、そのままカメラを動かしていないにも関わらず、レンズがグイーグイーと前後にフォーカスを合わせる動作をし続ける。そういった動作が頻繁にある。

静止体に対する合焦すらできないのに、当然動体に対して追従合焦なんて夢のまた夢で、AF 速度の遅さもあって、とにかく E-P1 の AF-C は使い物にならない。

今回、ほとんど0点に近い E-P1 の AF-C がせめて10点くらいになってくれるか(100点満点で)と思っていたのだけど、全くそんなことはなかった。スイープ動作が多くの場合で以前より小刻みになって、あぁ少しは変えたんだなぁ〜というのは感じるけど、結果は変わらない。

どうせ E-P1 で AF-C を使う人なんていないのだろうし
メニューやスペックから C-AF を消したら良いのに…


と心底思う。きっと、オリンパスには無理だと思うから、いっそ捨てて割り切ったらどうかな。

そう思うくらい、何も変わってない。期待外れのファームウェア・アップデート。

まともな AF のあるマイクロフォーサーズが欲しかったらパナソニック一択(遅くても AF 精度は E-P1 の方が…と言ってる必死な信者さんもいるけど、精度は変わりませんしね)。

ってか、ほとんど向上してない AF 周りの変更だけで、メニュー周りの使い勝手向上とかやる気ないのかねぇ。こんな糞改良してる間があったら、そちらの方をやって欲しいわ…

オリンパス、E-P1と交換レンズのAF動作を更新

【追記】なんか、また E-P1 の悪口を書いてしまったような形になるけど、E-P1 に不満は多々あってもかなり使ってるし、むしろ腹の立つのはオリンパスなんだよね…E-P1 を買う前から。キヤノンは諦めを感じさせるけど、オリンパスは神経逆なでされるというか(笑)

OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 ホワイト

以前書いたように、E-P1 は発表即日に予約した。レンズキット、パンケーキキット、ツインレンズキットの3種類があるうち、標準ズームのみのレンズキットは最初から考えなかったが、パンケーキレンズのみにするか?標準ズーム&パンケーキの2本セットにするか?は、ちょっと迷った。

結局、シルバーボディに対するセットに付く標準ズームレンズがシルバーではなくブラック、ということが引っかかってパンケーキレンズのみのセットにした。パナソニックのレンズ群を持っていなければ当然ダブルレンズセットだったろうが、手元にはパナから出ている標準、望遠、超広角の3本のレンズがある。

収納時に 2cm の差があるのは小さくないが、使用時の感触はオリンパス純正でもパナソニックの標準ズームでも全く変わらないし、むしろ AF 速度はパナの方が速いかも?といったことは、この記事とかこの記事に書いた。

なので、まぁオリンパス純正の標準ズームは別に要らないか…とは思っていたものの、やっぱりどこか引っかかる。毒を食うのに皿まで食わないのは、画竜点睛に欠けるのではないか?と。

とにかく、E-P1 なんて見た目しか取り柄がなく、単なる初物として買う以外には意味がないことがハッキリしてきた。だいたい、オリンパスの開発陣が発売する前から次の機種の話をどんどんして「次は良くなりますよ〜」とか言ってるのは、頭がおかしいんじゃないかと思うくらいだ。

ややもすると速攻予約した心が折れそうにもなる。初物を欲しい気持ちに変わりはないが、コレを買うのが馬鹿という気持ちがここまで大きくなった商品は久しぶり。

となると、むしろその折れそうな心を支えるためにも、標準ズームも買って退路を経つべきか?という逆ギレ的思考が頭をもたげてくる。もちろん、E-P1 なんて見た目しか取り柄がないのだから、ダブルレンズセットに変えるのではなく、別途単体でシルバーの標準ズームを買うべきだろう…

と思って、ふと amazon を見たら価格が¥26,460 まで落ちている(6/23 昼現在)。この価格だと、ダブルレンズセットとの差額(2万)と比べても大差ないし、とりあえず予約しちゃうか…



とはいえ、同じようなことを考えている人は多いようで、量販店でも標準ズームのシルバーだけは発売日に入る確定分は締め切ってるところが多く、amazon だけに発売日に手に入るのは難しいかもしれない。

が、amazon はキャンセルもすぐできるし、正直まだ買うかどうかすらも迷ってるから、とりあえず予約という程度。発売日前日に発送がなければキャンセルだし、その前にやっぱりキャンセルする可能性も大きい。とりあえず皿まで食ってみようかな?とは思い始めているが…

これが「やっぱりオリンパスのレンズは写りが良いね〜」というなら、一も二もなく手に入れようという気になるけれど、そうじゃないしねぇ。サンプルを見る限り、パナと大差があるように見えないし…

本当はオリンパスプラザで自分の SDHC カードを挿して両方のレンズを挿して撮って PC 上でちゃんと比較してみたいのだけど、先日は自分の SDHC カードを挿すのは禁止だったからねぇ。

オリンパスプラザ大阪


パンケーキレンズが多少写りが酷くても気にしないけど(それにしても…という気はするが)、同じような写りの標準ズームを2本持っていても仕方ないしねぇ。私は基本的に、ボディ内での収差補正はどんどんやれ!と思う口だが、それも中途半端だしねぇ。

それにしても、巷の反応をチラ見しているとレンズに対する批判が凄くて、オリンパス信者が信じていたものに対する落胆なのかな〜なんて他人事に眺めていたり。

まぁ、既に DMC-G1 でマイクロフォーサーズに画質を全く期待していない私も、パンケーキレンズについては、いくら画質が二の次のレンズとはいえ、オリならもうちょっと真面目に作ってくるもんだと思っていたけどね…5万弱で売るんだしねぇ。

かといって、標準ズームもパンケーキレンズも止めてしまったら、E-P1 を買う意味がないしなぁ…となってくるので、こういうことは考えないように、サンプルは見ないようにしないと。って、そんなカメラを買う意味があるのだろうか?とも思うが、デジカメを買うと思わなければ良いような気がしてきたり(意味不明)

このページのトップヘ