Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Kinoppy

早くから電子書籍を利用していた私ですが、年々電子書籍の比重が高まって、とうとう今年は完全に

電子書籍で出さない、いつ出るかわからない出版社の新刊以外は全部電子書籍で購入

という年になりました。

本は紙に限るとか、もうどうでも良いです。電子書籍の方が好きな文字サイズで読めますから、

老眼が入ってきたジジイには電子書籍の文字サイズ自由度最高


であります\(^o^)/

先日、(電子書籍をなかなか出さないレーベルの新刊が出たため)数ヶ月ぶりに文庫本を読んだら、

あれ?文庫本って、こんなに文字が小さかったっけ?


と驚いてしまい、そう思ってしまう自分にもう一回驚いたくらいです。

慣れとは恐ろしいものです。老眼の進みはもっと恐怖ですけどね😭

そんな感じで電子書籍を読み始めた頃、電子インク端末(SONY Reader や Kindle)を使い始めた数年前とは違って、

もはや新しいもの好きとかではなく、大量の書籍を端末1つに入れられるという当たり前の理由でもなく、老眼という必要に駆られた電子書籍メイン化

になりつつあるのがここ1年であり、悲しいかな認めざるを得ません。iPhone 6s Plus 購入の時と同じこと言ってますね…_| ̄|○

4インチ iPhone 最高!の私がiPhone SEを買おうとして6s Plusにした、たった一つの哀しい理由

それだけに

零細でもないのに電子書籍を出さない
紙と同時発売しない出版社やレーベルは滅びろ


と思う気持ちが高まる昨今です。ついでに「紙に限る、電子は出さない」とか言ってる作者は、もうイラネ(。・ω・)σ ⌒*

世間では「電子書籍の利用率の伸びはさほど大きくない」とか「電子書籍のシェアはコミックを除くと相変わらず低い」とかいう話もあるみたいですが、他人が使おうが使わないが、どうでも良いです。

と言いたいですが、利用率が高くないと電子書籍の優先度が上がらずに、新刊の電子書籍同日発売が増えなくて困りますけど、基本は他人はどうであれ、自分が心地よく電子書籍で読めればそれで良い、です。

そんな感じで電子書籍比率がさらに高まって、一般文芸、コミック、ラノベ、その他含めた

全書籍購入数のうち 95% は電子書籍で購入した 2016年


でした。そして来年以降、この電子書籍比率は増えこそすれ、減ることはないのも確実です。

Kindle20161229D


新刊だけに限っても全体の9割を超える今年の電子書籍購入ですが、電子書籍ストアの使い方には去年までと少し変化が出てきました。端的に言えば、

複数ストアの使い分けは継続しているものの
Kindle ストアでの購入比率が高まった 2016年


でした。理由は2つ、ハッキリしています。


続きを読む

前回記事で現在につながる国内の電子書籍ストアがオープンして3年を迎えるところが今月来月と多いことに絡めて、電子書籍を使ってる上での雑感を書きましたが、いま自分が利用している電子書籍ストアについての感想を少し記しておきたいと思います。

電子書籍ストア(書籍を有料 PDF で配布しているところを含む)でアカウント登録してところを数えてみると 11社もあり、数社を除いて全て何らかの形で有料で書籍購入していますが、10冊以上購入して常時使ってると言えるのは

の4ストア。eBookjapan や BookLive! のほうにそれぞれの使い良さを判っていても何故か使っていないストアもありますし、honto のように初期の頃数冊買ったけれど今は完全スルーのストアもあります。

前回記事で触れたように、電子書籍ストアはストアが店じまいすれば、そこで買った本は(すぐではなくても)読めなくなってしまいますから、リスク分散という観点からは複数の電子書籍ストアで買うのは有りだと思っています。

また、書籍によっては

「○○出版社は××ストアで先行販売する」

ということもありますし(角川系書籍の BOOK☆WALKER 先行が代表例)、先行販売だけではなく

「□□社は電子書籍ストアのうち、△△と◆◆でしか販売しない」

ということもあるので、一つのストアに絞っていると電子書籍としてリリースされていても買えない場合が出てきます。

反面、あまり多くの電子書籍ストアで買っていると、○○はどこで買ったっけ?ということが増えるので、常用するのは3〜4ストアくらいが限界かなぁ、と思っています。

もっとも、それなりの冊数を買っている電子書籍ストアが先の4店舗に絞られたのは決して、電子書籍ストアとして素晴らしいからでも、読書用閲覧アプリの出来が良いからでもありません(^_^;)

常用する電子書籍ストアが決まっていったのは、割となし崩し的


なものでした(BOOK☆WALKER を除いては電子インクの専用書籍端末が使える、という大きな理由はありましたが)。

ただ、それだけに電子書籍を大量購入する前にもう少し考えておくべきだったかなぁ、なんてこともあります。後悔はしていませんが、最適な4ストアだったかどうかは判りません。

例えば最後発の Kindle ストアは圧倒的シェアを獲得しているようでありますし、私自身も購入書籍数がトップになりそうな勢いで買ってますが、決して使い勝手は良くありません(購入は一番便利だが、買った後の書籍管理は最低レベル)。

ということもあるので、今後利用する人の参考になるかどうかは判りませんが、私はいま常用している4つの電子書籍ストアについて、使っていての忌憚ない感想を述べて行きたいと思います。今回はまず、紀伊國屋書店ウェブストア

続きを読む

このページのトップヘ