Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:JR西日本

モバイル Suica で東海道・山陽新幹線のエクスプレス予約を使っていた人間にとっては朗報というか、私個人が iPhone 7 で「iPhone で Suica」が可能になったものの、それに踏み切れなかった理由が解消しました!

【お知らせ】平成29年10月23日(月)より「Apple PayのSuica」でエクスプレス予約がご利用いただけるようになります。

少し前からサービスが始まった、年会費が要らない、普通の Suica カードで東海道・山陽新幹線乗車ができる「スマートEX」では最初から iPhone 上の Suica でもサービスが利用可能、東海道・山陽新幹線がタッチ&ゴーで乗車可能でしたが、昔からある「エクスプレス予約」でも、ようやく iPhone の Suica で乗れるようになりました\(^o^)/

(スマートEX は Suica などの交通系 IC カードで東海道・山陽新幹線がオンライン予約・乗車でき、年会費も不要ですが、エクスプレス予約のように割引はありません)


続きを読む

10月の土休日限定ながら、新幹線/在来線特急の自由席も含めた JR西日本エリア乗り放題で、大人1人1万円!という JR 西日本にしては珍しく太っ腹な「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」が発売されました。

14日前購入・発売枚数限定 JR西日本30周年記念 乗り放題きっぷ|JRおでかけネット

JR西日本のフリーきっぷ、周遊きっぷの類は何かと制約が厳しいことが多いのですが、今回は JR 30周年記念ということで、今年の10月の土祝日限定ながら、特急含めたJR西日本エリア全域、1日1万円ポッキリであります。

制約条件としては
  • 自由席限定(指定席に乗る場合は別途乗車券も必要)
  • 14日前までに乗車日を指定して購入(1ヶ月前から発売開始)
  • インターネットサイト限定販売
  • 乗車日1日あたり3000人限定

といったことがありますが、それを考えても激安です。

京阪神から山陽新幹線で福岡(博多)や北九州(小倉)へ日帰り観光しに行くだけでも2倍以上の元が取れますし、下関へ旨いもん食いに行って観光して、ついでに関門海峡を船で渡って(徒歩で関門トンネル渡るのもいいけど)門司のレトロ街を満喫して帰ってくるのも良いでしょう。そもそも広島往復だけでも通常は2万円近くかかりますからね。

そんなスーパーお得なきっぷですので、9月1日から販売開始した10月1日分は数日で完売、3連休のきっぷもあっという間に完売してしまいました。(三連休初日の土曜日の分は即日だった)

三連休のきっぷが速攻完売するのは当然でしょうが、記事執筆現在ではまだ3週間分の週末のきっぷがこれから販売予定(10/14,15,21,22,28,29)ですので、昨日に続いて京阪神発で個人的にお勧めのプランを幾つか紹介しておきたいと思います。

完売日続出!10月土休日限定、JR西日本30周年記念乗り放題きっぷのお勧めプランを幾つか【前編】

前回は中国地方のプランを4つほど紹介しましたが、今回はそれ以外のエリアを少々。(今回も行程先や乗車する列車の写真は HDD の中から探すのが面倒なので貼りません。ググれば幾らでもでてくると思いますので ^^;)

プランの時刻検索は NAVITIME 乗換案内アプリを使用し、10月15日(日曜日)を想定して作成しています。実行に移す場合、きっぷを購入する場合には、ご自身で予定に合わせて実行可能かどうかを必ずご確認下さい。


続きを読む

先日、発売が発表された「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」。10月の土休日限定ながら、新幹線/在来線特急の自由席も含めた JR西日本エリア乗り放題で、大人1人1万円!

14日前購入・発売枚数限定 JR西日本30周年記念 乗り放題きっぷ|JRおでかけネット

JR東日本と違って、乗り放題など自由度の高いお得きっぷが少ないJR西日本。フリーきっぷの類いが元々少なく、「2人以上限定」となっているお得きっぷも少なくなくて、なかなか撮影旅やブラッと一人旅に使えないことが多く、いつも JR東日本を羨ましく思っていました。

そんな JR西日本が、30周年記念ということで、今年の10月の土祝日限定ながら

特急含めたJR西日本エリア全域、1日1万円ポッキリ


という、JR西日本には珍しいフリーきっぷを発売して話題になっています。
  • 14日前までに乗車日を指定して購入
  • インターネットサイト限定販売
  • 乗車日1日あたり3000人限定

という形での発売になっており、9月1日から受付開始したのですが、

発売後数日で10月1日分は完売
既に三連休までの切符は完売


となっています。(ちまちま記事を書いていてアップするのが遅くなっているうちに、どんどん完売日が増えていったんだけど ^^;)

ただ、残る10月14日以降の、10月後半のきっぷはまだこれから購入できますので、京阪神発で個人的にお勧めのプランを幾つか紹介しておきたいと思います。

まずは前編として、中国地方を中心に4コース。


続きを読む

京都鉄道博物館がオープンして2日が経ちましたが、盛況なれど某ネズミ系テーマパークや大阪港近くのテーマパークのような開館後も入場待ちから大行列ということはないみたいですね。

公式サイトのトップに混雑状況が掲示されており(一時間に一回程度更新)、当日券売り場、レストラン、ミュージアムショップのおおよその待ち時間が記されていますので参考になるかと思います。

KyotoRailwayMuseumAnnounce
(混雑時はこのような情報が公式サイトに掲示されている)


ちなみに、同じ梅小路公園内には一足先に「京都水族館」がオープンしています。大阪に住んでる人間としては「海遊館があるのになんで海のない京都の水族館へ行かなあかんねん」と思って行ってませんが、京都鉄道博物館と隣同士ということで、

「京都水族館」と「京都鉄道博物館」セット券を「セブンチケット」で販売 (PDF)

こういったタイアップ前売りチケットが5月1日から発売されるようです。お得になっていますが、7月利用分の前売り入場券になっているので、その点はご留意ください。

さて、なんだかんだで長くなってしまった京都鉄道博物館体験記ですが、前編では入場してから博物館本館へ入るまでのプロムナード、同じく屋外展示のトワイライトプラザ、食堂車ナシ20での昼食などを紹介し、中編では博物館1階の展示を紹介しました。

いよいよオープン!京都鉄道博物館へ行ってきた【前編】
いよいよオープン!京都鉄道博物館へ行ってきた【中編】

前回記事でも書いたように、当方が開館前の内覧会で行った時は見学時間が通常営業より短かったため、後半はだいぶ駆け足で巡ることになってしまいました。

が、博物館2階の目玉でもある「鉄道ジオラマ」はしっかり見てきましたし、最後に何よりも貴重な梅小路機関車庫も久しぶりに見てきましたので、後編の今回は、博物館2階3階と梅小路機関車庫の紹介をしていきます。

続きを読む

今日4月29日、ゴールデンウィークのスタートと同時にオープンした京都鉄道博物館。関西ローカルのニュースでも紹介されていましたが、予想に違わず結構な人出のようですが、当日券を買うのに長蛇の待ち行列となるような混乱はなかったようですね。

公式サイトのトップでも待ち時間が表示されていますが、いずれにしても大勢の来館者がいると前回の前編記事でも述べたように、お昼ごはんを食べるところに苦労しますし、トイレもそう多くないので、これから行く人はその点を充分ご留意ください。

というわけで、有難いことに一足先に見に行くことができた京都鉄道博物館の体験記その2、であります。

いよいよオープン!京都鉄道博物館へ行ってきた【前編】

前回は入場して博物館本館へ行くまでのプロムナード、そして本館の脇に展示しているトワイライトプラザで屋外展示している車両を紹介し、プロムナードに展示されているブルートレインの食堂車内で昼食をいただき、本館に入ったところまで紹介しました。

Kyoto Railway Museum (25) entrance of Museum 1F / 500Series521-1, Kuhane581-35, Kuha489-1
(博物館内に入ったところのメイン展示とも言える車両たち)

Kyoto Railway Museum (34) Museum 2F / looking down at 500Series521, Kuhane581, Kuha489
(後ろから見るとアレだが、見なかったことにしよう X-)


レストランになっているブルートレインの食堂車(ナシ20)を除いて、ほとんどの列車は車内に入ることはできませんし、展示方法にも多少ツッコミどころがないわけではないですが、昔懐かしの車両から最近まで走っていた車両まで、鉄ヲタじゃなくても楽しめるというか、むしろ鉄ヲタじゃないライト層の方が楽しめる印象です。

そして、このメインの3両の展示の周囲に、「鉄道のあゆみ」「車両のしくみ」「鉄道の施設」というテーマごとの展示があり、これがなかなか充実しています。充実しすぎていて、ゆっくり見て回っていたら、実は時間が足りなくなってしまいました(^_^;)

というのも、内覧会は10時から15時の5時間のみで(営業開始後は通常17時半まで)、割と時間が短かったのに屋外展示や昼ご飯をゆっくり食べ過ぎて、結構あちこちサッと通り過ぎるだけになってしまいました。

そういう意味では、また混雑が一息ついた頃にまた再度見たりなかったところを見に行こうと思っているのですが、とりあえず今回は1階のテーマ別展示を紹介したいと思います。これがホント、なかなか盛りだくさんありました。

続きを読む

「のぞみ」から「こだま」へ2階級降格というのもアレだが、8両にされてしまうってのが哀しすぎる。まぁ、見たり写真を撮ったりするのには一番人気だし、誰がどう見ても最高に格好良い新幹線だが、乗る方から見れば最悪に近いから仕方ないかね。

新型 N700 大量投入で、東海道新幹線から引退させられる 500系をJR西日本がどう処遇するのか?と思っていたけど、やっぱりこうなってしまったか…。大阪・神戸〜九州間の客を飛行機から根こそぎ奪いまくってる「ウエストひかり」は、通常5列の普通席をグリーン並みの4列シートにして大人気だから、元々狭い 500系を「ウエストひかり」に持ってくるのはできなかっただろうしなぁ。

ともあれ、8両の短編成にされてしまうと、写真を撮っても今イチ感が出てくるだろうから、ホント今のうちに撮っておかなきゃ…と思うのだが、1D3 は長らく眠りについたままだ。永遠に眠ったままかもしれんな。D70 で初めて一眼を持ち始めてから、間違いなく一番写真を撮ってない。沖縄行きもキャンセルしたし、ひたすら引き蘢りで仕事だから撮る予定もない。防湿ボックスに入れてあるレンズもどうなってることやら。

500系、こだまに格下げ JR西が来年投入

このページのトップヘ