Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:Jリーグ

昨日の記事では Jリーグ公式チケットサイト「Jリーグチケット」で QRコードタイプのチケットを購入し、QRチケットを発券、チケットの QRコードを取得するところまでを2回に分けて紹介しました。

使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【チケット購入編】
使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【QRチケット発券編】

以上の手順で取得して保存したチケット QR コードが以下のようなものです(GIF 形式の画像ファイル)。

J-LeagueTicket27
(実際のコード部分は加工処理済み)


そして、あとはこの画面を現地スタジアムの指定場所にある機械にかざすと購入が証明され、入場用チケットと引き換えになります。

ということで、昨晩のナビスコ杯 清水エスパルス vs ガンバ大阪@IAIスタジアム日本平で早速試してみましたので、使い方を紹介しておきます。

続きを読む

(前回記事、使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【チケット購入編】 の続きです)

Jリーグ観戦チケットを通常の紙チケットではなくスマートフォンやガラケーで QRコードを受け取って現地スタジアムで見せれば発券、入場できる「QRコードタイプのチケット」を購入できる Jリーグ公式チケットサイト「Jリーグチケット」。

従来、食わず嫌いならぬ、使わず放置でしたが、友達が使っていたのを機に試してみると、

チケットの持って行き忘れはないし
発券手数料も一切かからない


という便利さがあるので、これは使って行こうと。前回記事でも書きましたが、アウェイ遠征にチケットを忘れて行ったこと数回、そのうち一回はチケット完売で、飛行機乗って行きながら観戦できず、でしたからねぇ(^_^;)

というわけで、本日のナビスコ杯 清水エスパルス vs ガンバ大阪の試合を静岡の IAI スタジアム日本平まで応援に行く際に、このJリーグチケットの QRチケットを早速試してみました(いま、清水へ向かう車中でこの記事を書いています :-)

実際に使ってみると

普通に、ぴあやローチケ、e+などで発券するより若干ややこしい


のも事実ですが、一度分かってしまえば/慣れれば問題ないですし、これはもっと知って使ってもらった方が良いと(私の経験からも)思うので、ネットの場末に記しておきます。

前回記事では、「Jリーグチケット」サイトの利用登録とQRコードのチケットを購入するところまで紹介しました。

◼︎ 使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【チケット購入編】

今回は

一番のポイントである QRコードチケットの取得・配布


について紹介します。


続きを読む

2年前、ぴあの ASP を使って始まった Jリーグ公式チケット販売サイト「Jリーグチケット オンラインサービス」。

J-LeagueTicket01

Jリーグチケット オンラインサービス

Jリーグ謹製チケットサイトではあるものの、
  • Jリーグ公式なのに指定席は座席指定ができないとは…
  • またサッカー協会 (JFA) と全く別の会員サイトかよ
  • 結局、ぴあだろ?

的な反応が多くて、各クラブの公式サイトからリンクが張られている、年間パス保有者向けワンタッチパス・ポイントプログラムからもチケット購入のための導線がある割には、イマイチ利用度は薄いまま。

かくいう私も従来利用したことがありませんでした。特に去年はガンバ大阪が J2 に落ちて、アウェイゲームではガンバノミクスとも言われたチケット争奪戦が発生し、発売日には、ぴあとローチケと e+ で同時アタックすることも多く、他の方法に手を出している余裕もありませんでした。

ところが最近、サポーター仲間の友人がこの Jリーグチケット・オンラインサービスを利用して QR コードによるチケットを購入していました。その友人も初めての購入だったせいか、スタジアム前で色々とまごついていたようでしたが、

予めチケットを発券しなくても良い、現地でスマホの QR コードをかざすだけ


というのは、もしかして俺にピッタリなシステムなのでは?と思い直した次第。

自慢じゃないけど、

アウェイ遠征にチケットを持っていくのを忘れた過去が複数回


あるわけで、一度はアウェイゲームがチケット完売だっただけに、チケットを忘れて飛行機で遠征行ったのに試合を見られずに帰る、という悲惨な思い出もあるわけです。

そんなこともあり、アウェイゲームのチケットは現地に着いてから、ないし現地に行く途中で発券するという方法を採っています。クレジットカード払いにして、いつでもコンビニで受け取れる方法です。先週末のベストアメニティスタジアムの鳥栖戦も、鳥栖へ行く途中に発券しました。

けれど、Jリーグチケットの QRチケットなら発券の手間も要らず、現地の指定機会にスマートフォンで QR コードをかざすだけですから

チケット忘れのトラウマを持つオレこそ使うべきだった Jリーグチケット


ということに今さら気づきました。

おまけに

QRチケットなら通常のチケットと異なり、手数料が一切かからない


というのも利点。コンビニでの発券手数料もかからないし、カード払いでのシステム手数料もかからない。

当日発券できるようにクレカ払いのコンビニ発券だと、手数料だけで合わせて 300円+税金。当日券や、1カテゴリー上の座席すら買えちゃいそうな+αがかかってきます。そんな手数料がかからないのも貧乏人には有り難い話です。

J-LeagueTicket25


というわけで、今日のナビスコ杯、清水エスパルス戦@IHIスタジアム日本平の試合のチケットを初めて Jリーグチケットにて、QRチケットで購入してみました。実際に使ってみると

サイトの説明も微妙で、手続きは少々判りづらい


気がしました。複数枚のチケット購入と QRコード配信にも対応できていて、よくできていると言えばできているのですが、その分ややこしいところもあります。

ということで、自分用備忘録も兼ねて簡単に Jリーグチケットでの QR チケットの購入から利用までを書いてみたいと思います。

結構手続きが長いので(特に初回は)、「チケット購入編」「QRチケット発券編」「QRチケットで入場編」の3回にわけて紹介したいと思います。

今回はまず、Jリーグチケットへのユーザー登録も含めた「チケット購入編」をば。


続きを読む

いや〜、今年は長いオフシーズンでした。一昨年、ガンバ大阪がまさかの J2 降格の憂き目にあった時も、元旦の天皇杯決勝まで戦っていたのでオフシーズンは2ヶ月だったのですが、昨年の天皇杯は早々に負けたし、J2 は J1 より早く日程を消化するので、例年以上に長いオフシーズンでした。

その分、選手たちもゆっくり疲労をとり、そして今年に向けての体力・スキルアップをしてくれていると信じていますが、我らがガンバ大阪は開幕前から怪我人が出ており、大黒柱の一人である宇佐美がしばらく欠場になるのはかなり痛い。

もっとも、今オフのガンバ大阪は例年になく的確な補強というか、全盛期の頃から補強ポイントだろ!と言われ続けてきた GK に新潟から日本代表クラスの東口を、そして加地さんの後釜たる右 SB に千葉から米倉を獲得し、久しぶりに一ファンとしても納得の補強でした。

そのせいか、J1 復帰初年であるにも関わらずスカパー!や専門誌の順位予想では、優勝争いとまではいかなくても比較的上位に予想してくれている方々が多かったりします。

まあ、Jリーグの順位予想ほど難解で、そして当てにならないものはありませんが、どうせなら上の方に外れてもらって、また ACL 出場権を得て名実ともにアジア戦略を唱えられるクラブになって欲しいものです。

続きを読む

J2 は来週まだ最終節が残っていますが、ホーム万博の最終戦である本日の試合で、ガンバ大阪は 2週間前の J1 昇格に続いて J2 優勝も自力で決めました。

Gamba20131117B


本ブログではサッカーのことは殆ど書かないようにしているのですが(書いていたら切りがない :-)、優勝セレモニー含めて今年の “仕事納め” 的なイベントも本日終わったので、年に一度くらいは “今年のまとめ” も込めて少し書いておきたいと思います。


続きを読む

ブログネタ
好きなサッカーチームは? に参加中!
言うまでもなく、ガンバ大阪。理由は当然、地元中の地元だから。もっともJリーグ発足の頃は、地元クラブだから応援はしていたしファンクラブには入っていたけれど、少し冷めてもいた。

冷めていたのはJリーグの喧噪が「何だかなぁ〜」な気分でもあったことが大きかったし、ガンバのサッカーに今一つ魅力がなかったこともある。弱いことは別にしても。

その冷めた感じがなくなったのは、Jリーグブームが過ぎるのと同時に、10年近く東京で仕事していた時に、首都圏の試合でガンバを応援しにいくようになってからかな。相変わらず激弱くて、ホント今まで J2 降格してないのが不思議なくらい弱い時代だった(エンボマがいた一瞬を除く)。

いよいよ、京阪ダービー開始。メインも立って気合入れッス。


当時は調布に住んでいたので、味の素スタジアムにはガンバの試合以外でも足を運んでいたが、すぐ近くにホームスタジアムがあるという状況が変わると、何故か見に行きたくなるもので、そこから心を込めて?応援するようになったかな。

その後、西野監督時代になってJ優勝、ACL 優勝、マンチェスターユナイテッドと対戦…という、1990年代の頃には夢にも思わなかった日々が続くようになったし、何より誇れる魅力あるサッカーをするようになって、今は本当に幸せな日々を過ごさせてもらってると思ってる。

もっとも、中盤のレギュラーメンバーのレベルが高すぎて、世代交代が遅れて平均年齢が上がりすぎてる現状を考えると、今の幸せな日々が今後も続くかどうかは判らない。西野監督も毎年辞める辞めないな状況が続いているし…

個人的には長期政権で良いと思うのだけどね。監督が変わってレギュラーも変化したり世代交代したり、というのは有りがちだけど、同じ監督できちんと世代交代して強くあり続ける、というのを日本のクラブでも可能、日本人監督でも可能だと言うことを見せて欲しいと思うんだよね。

いずれにせよ、これからもガンバをずっと応援するのは間違いない。時には批判もするだろうけどね。今なら新スタジアムとか。新スタ建設は一向に進まないし、今の糞スタジアムはどうにかしてしてもらわんとね…

いよいよ、正念場の一戦開始!ここで川崎を叩かないと…頑張ってくれ!ガンバ!!


てなわけで、「好きなサッカーチームは? 」というテーマが livedoor Blog の管理画面に出ていて、答えている人を見ていたら、100人以上答えているのにガンバ推しが一人しかいなかったので、私も書いてみた。

最後に言っておかなければならないが、大昔(1994年)のナビスコ杯で大敗した時に「ガンバなんか消えてなくなれ!」と罵った、当時Jリーグのチェアマンだった川淵は今でも嫌いだ。まぁ、川淵が嫌いなのはそれだけが理由じゃないけど。功績は認めるけどね。

[ 大黒、東京VでJ復帰! ] さっき発表になったわけだが、う〜ん、複雑な気分。よりによってヴェルディか…

大黒、東京VでJ復帰!「名門復活に貢献」


[ ガンバ vs 札幌 ] 昨晩の試合は久々に 4-2 とガンバらしいスコア…だったけど、実際は微妙かなぁ。得点だけ見れば快勝っぽいが、ゲーム内容はスカッとした感じではなかった。相手が千葉と並んで J2 降格まっしぐらの札幌だったから、このところのもどかしい感じは無かったけれど、4点取ったのは良いけど2点取られたのはなぁ…前節 DF がよくなったように見えたのは、やっぱり幻だった感じ(>_<)

それに前節決勝ゴールを決めたヤットが、今節も2アシストで大車輪の活躍。今日はベストメンバーだったけど、五輪代表でヤットやミチが抜ける上、バンは肝機能障害から当面戻って来れそうにないし、正直この先を考えると心配。水曜はナビスコ杯準々決勝だけど、できればヤットとかは休ませて欲しいなぁ。

Jリーグは土曜日に浦和、名古屋が負けてくれて、首位と勝ち点1差の4位だけど、単に団子状態になっただけだから全く予断を許さない展開。Jリーグは1敗どころか引き分けも許されないような状況が続きそうだから、ナビスコと両方欲張ると厳しいかも…ナビスコも大事かもしれないが、Jリーグや ACL はもっと大事だし、サブメンバーとうまくやりくりして欲しいと思う。

それにしても、昨日は久しぶりの週末ゲームで混雑してるだろうからと 1D MarkIII は持って行かなかったのだが、ギリギリの時間で急いで出かけたせいか DP1 も忘れてしまった。おまけにスタジアムの途中まで歩いてきたところで、携帯も忘れたことに気づいた。取りに帰ろうかと思ったが、戻ると試合開始に間に合わなくなるし、2時間くらいのことなので、そのままスタジアムへ。よって、写真は一切なし…

G大阪・遠藤、貫禄2アシストで勝利に貢献


[ EURO2008 スペイン優勝 ] 素晴らしいサッカーをするチームが素晴らしい結果を残して、本当に良かった。スペインの試合は見ていて時間を経つのを忘れさせてくれる、未明の試合でも眠気を起こさせないサッカーだった。1次リーグでのオランダも凄かったし、ロシアも準々決勝までは良いサッカーをしていたが、スペインのサッカーは格好良いという言葉が一番似合うサッカーだった。

ややもすると、華麗なパスワークからの攻撃ばかり注目されるけど、カシージャスを中心とする守りも素晴らしいものだった。特に左サイドのセルヒオ・ラモスは凄い。もちろん、イニエスタ、シャビ、シルバ、アロンソといった中盤の速いパス回し、そして飛び出しと、そこへの速いスルーパス。ロシア戦なんか完全に見とれてしまうくらいだった。

EURO を見ると日本代表の試合やJリーグの試合が本当にショボく見えてしまうが、ただ単に「欧州サッカーを見てると日本のサッカーなんか見る気しないね」なんて斜に構えず、その違いを見据えつつも日本のサッカーも応援したいと思う。まぁ「オレは邦楽は聴かない」「オレは日本車なんか乗らない」という人もいるから否定はしないけど(同じことだ)。

スペインやオランダのサッカーは(個人技に差がありすぎるとしても)日本サッカーが学ぶべき点は多いと思う。体格が決して良いとは言えないスペイン(それでも日本人とは比較にならないけど)が、体格負け、あたり負けせずに展開で攻略して行き、速いパス回しと攻撃で相手の体力を奪う戦略(自らは体力負けしない)。

日本の伝統的な決定力の無さを補うためにも、スペインの2列目4人でパス交換しながら突破して行く攻撃、2列目から裏へ抜け出すタイミングの良さ(センスもあるんだろうけど)、そしてスルーパスの速さ。ほんの少しでも日本にあれば、と思う。

日本代表だけでなく、J屈指のパスサッカーを展開するガンバもそうだ。トラップやパスの正確性だけでなく、前へ進む姿勢の違いは確実にある。横後ろのパスではなく、前へ進むパスと状況に応じてドリブル突破する姿勢。代表だと松井あたりが入って少し変わりつつあるけど、ガンバもパスだけでなく突破する変化がもっとあればなぁ…と思ったり。

ともあれ、本当に楽しく、良いものを見せてもらった EURO2008 だった。CL でもそうだったけど、欧州のサッカーは確実に新しい流れができてるよなぁ…

スペインが44年ぶり優勝/欧州選手権

[ 神戸、大久保の五輪代表招集拒否 ] なんだかねぇ。怪我を理由にするなら、なんで神戸の試合にはフル出場してんねん!?って感じだな。結局、チームの柱を出したくないだけじゃん。ガンバはヤットを快く送り出しているのにねぇ…選手も選手なら飼ってる方も飼ってる方ということか。ガンバが気前良すぎなのかもしれないが、日本人なら日本のクラブなら、国を代表するチームには協力してやれよ(-_-#)

神戸・社長が激怒!OA枠大久保の招集拒否
G大阪・遠藤「選んでもらえて光栄」


[ 代表戦不人気で日本サッカー協会当期赤字 ] 昔の浮ついた代表人気に胡座をかいたまま、殿様商売してるからだな。来てもらおうという努力もないし、人気選手頼みの浮動層ファンをアテにして、本当のサッカーファンが行きたくなるような措置は一切とってこない現状では当然だろう。

サッカーファンならば、前回W杯以後、サッカー協会に不信感を持ってる人は少なくないはずだし、今の代表の試合に対してもテンションが上がる人は少ないと思うけどね。良いチームになって、魅力ある試合ならば、ファンは行きたくなるもんだ。3次予選で消化試合が一番観衆が多かったなんて、おかしすぎるわ。

日本サッカー協会当期赤字 代表戦不人気が響く


[ W杯最終予選組み合わせ決まる ] 相変わらず楽観視はできないけど、まだマシなグループに入ったのは確か。それでも、日本が3次予選のアウェーで負けたバーレーンにきっちり勝てなきゃ始まらない、という状況なのは言う間でもない。3次予選みたいな体たらくだったら勝ち抜くのは難しいだろう。

ってか、アジア枠が4+αもあるのは、世界全体からしたら多いくらいなんだけどな…。日本サッカー界もここらで一度W杯出場を逃さないと根本から変われない気がするわけだが、逃しても変わらなかったら最悪だし、そういう気もするからなぁ…

日本は豪州と同じA組/W杯最終予選

長かった1ヶ月半のJ1中断期間を経て、ようやく昨日から再開(昨日はACL 一次リーグ出場チームに関わる2試合のみで、全体としては今週末から)。でもって、ふとピッチサイドのカメラマンたちを眺めてみると…この中断期間の間に、また黒レンズ(ニコン)比率が増えとる!

Cameramans at the pich-side 1
(1D MarkIII + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)


去年までは真っ白(キヤノンの白いLレンズばかり)で、黒いニコンのレンズは1本あるかな?くらいだった。それが今シーズンに入って何本か見かけるようになって、やっぱり D3 の影響で増えてきたな〜と思っていたのだけど、

もはや「スポーツカメラマンはキヤノン(が多い)」なんて昔話!


だね。もちろん、未だキヤノンの方が多いのは多い。上の写真は前半のアウェー側(ガンバが攻撃する相手側)なのでガンバの攻撃&ゴール狙いが撮れる方向ゆえに、大半のカメラマンがこちら側に来ているが、反対側にも数名、サイドラインから撮ってるカメラマンも5〜6名いて、それらを全部合わせるとニコンは3分の1くらい(残り3分の2はキヤノン)。

でも、半年前、昨年末のシーズン終わりにはニコンユーザーがほとんどいなかったことを考えると、驚くべき変化だ。新聞社所属カメラマンはともかく、フリーカメラマンはなかなか移行できないことを考えると、このままだと今後もどんどんニコン比率は高まりそうだ。キヤノンのお得意様が相当離れてるんじゃないかなぁ。

1D3 ユーザーとして隣の芝生がよく見えるどころか、本当に良いのが明らかなのだから、まぁそれも納得だけどね。1D3 については色々と書きたいことがあるのだけど、また後日(というか、既に1ヶ月前に書き上げていたのだが、放置プレイしている間に内容が古くなってしまった…^_^;)

一つだけ忘れないうちに書くとすれば、最近アップデートされた DPP 3.4 は、また良くなった。画像セレクトのためのコレクション機能も良いが、何よりもノイズリダクションが進化したのが嬉しい。今まで輝度ノイズ・色ノイズ別に強弱の2段階のみだったのが、10段階で効果が調整できるようになったのも助かるし、アルゴリズムが変わったようで明らかに効果がよくなった。

昨日の試合の写真の現像時にも新しい DPP の NR は大きな効果を発揮した(昨日は大して撮ってないけど)。なにせ暗いレンズで撮らざるを得ないので、ISO は 3200 固定(F5.6, 1/640 のマニュアル露出)だからノイズ軽減処理は必須だが、DPP で処理しきれずに Photoshop CS3 + Neat Image に任せるシーンは(サッカー撮りでは)なくなりそう。

A scene before the football game
(DP1)


肝心の試合の方は、何とか勝った、という感じ。正直、試合内容は今イチ。久しぶりの実戦、そして夜になっても蒸し暑すぎる状況だから仕方ないとはいえ、前半は「やる気あんの?」というくらい単調かつ淡白だったし、後半最後の方は動きが完全に止まっていた。

代表の試合から2日後のヤットを出すのは無理させ過ぎかと思ったのだが、そのヤットがいなかったら勝ててなかったのだから、やはりヤットの存在の大きさを感じさせることになって、五輪代表のオーバーエイジ確定と言われてるだけに、今後が不安になる。

続きを読む

先週末のガンバ vs 浦和の件を何度も書こうと思いつつも全然まとまらないままなのだが、ACL 全南戦の前に少し書いてみる。

とにかくJ創設当初からガンバを応援している一人として、怒りを禁じ得ない。東京で移動中に携帯でGメールを見て浦和に勝ったことを知って喜んだのだが、さらに色々チェックしていたら一悶着どころの話じゃない状況があったのを知り、夜になってWマンションに帰ってネットに繋いで大事になっていたり原因を知って、もうホントにアホかボケかと。

浦和側に思うことはあっても、とりあえずガンバはサポーター組織を一度解散させても良いんじゃないかと思う。少なくとも当該サポーター組織はまず解散させるべきだろう。今日の ACL 試合を前に、昨晩暫定的な措置が発表されたわけだが、

【処分が決定するまでの間、5/21全南戦を含む該当グループの活動禁止】
活動とは、横断幕、応援の統率、該当グループと判定できる服装・装飾品を身につけての来場を含めた、グループの活動のすべてを禁止致します。また、万博競技場にてホーム試合時にAホーム席での応援統率を目的としたマイクの使用を許可してきましたが、マイクの使用に関しては該当グループに関わらず、明日の試合より使用を不可とします。


というのは、暫定的でも甘すぎる(マイク使用はもう永久禁止でいい)。当該サポーター組織は解散すべきだし、実行者が特定できなければ(今さら自首しなきゃ特定なんぞできない)該当サポーター組織全員出入り禁止すべきだ。どうせ出入り禁止と言っても、年パス&クラブ会員資格剥奪および再入会のブラックリスト入りくらいで、通常チケットの入場を取り締まれるわけもないのだから、それくらいの罰を与えてしかるべきだろう。

それからJリーグの処分も今回は厳罰にすべき。浦和が絡むとすぐに甘くなるJリーグだが、全国ニュースでサッカーに対してのイメージを地に貶めた行為に対して強い処分を見せないと、Jリーグ組織として鼎の軽重が問われることになる。

ガンバファンではあるが、今回はガンバに対して1試合の無観客試合という制裁すらやっても良いと思う。そういう制裁は今こそすべきだし、そうすれば浦和も含めて極めてルーズなスタジアム警備体制も、もう少しきちんとクラブが考えるようになるだろう。

そしてJリーグから制裁がなかったら、ガンバが自主的にホーム浦和戦を無観客試合にしても良いと思うくらいだ。無観客試合になれば年パス所持者としては1試合無駄になるわけだが、今回のことはサポーター全員が一罰百戒として受け止めるくらいで良いと思う。そのくらいのことを感じなければ、馬鹿はいなくならないし、また馬鹿が出てきた時に周りが袋叩きにして止めるくらいにならない。語り継がれるくらいの厳しい処分で良いと思う。

とにかく今年は既にモノの投げ入れ問題が発生していたわけだし、このところのゴール裏は相手を貶めるコールが多くて何だかなー状態だった(ホームだけじゃなくアウェーでもやってたし)。相手を貶めるのは応援でもなんでもない。単なる自分たちの憂さ晴らしにすぎない。ゴール裏に、そんな当たり前のことが判らない馬鹿が増えてきたのだったら、一度サポーター組織は全部潰してしまえば良いと思う。

今回のことは、単にサッカーを見に行くことへのイメージ低下、サッカーに対してのイメージ低下だけでなく、スポンサーという問題もある。そのことも含めて、もう一度ゼロからやり直す意気込みをクラブ側が見せて欲しいと思う。

Jリーグのお荷物と言われたガンバがそこそこ強いクラブになって、観客動員数も増えてスポンサーもそこそこつくようになったのに、本当に残念だ。ガンバの応援は大人しいと言われてきたし、以前は実際そうだった。でもそれは、ホームタウンが北摂という土地柄であり、ガンバというクラブの宿命だと思っていたし、その中で地道にやればいいと思っていた。

そして実際地道なものが実ってきたのがここ数年。久しぶりに大阪へ戻ってきて、ホームでの試合を見る機会が増えて感じるのは観客も応援も増えていることだったが、昨今の馬鹿さ加減を見るにつけ、どうもそういうアホをやってるのは“ニワカ”なのではないかと感じる。長き弱い時も、一時的に強くてすぐ弱くなった時も、そんな過去を知っていれば、今の状況に苛立ちはあっても憂さ晴らしをするようなことはないはずだ。

たとえ大人しくとも、昔のような馬鹿がいない時代に戻ってくれた方が良い。甲子園のライトスタンド感覚も要らない。熱心な応援と熱狂的な暴走は違う。後者の存在は癌だ。Jやガンバがせっかくファミリー層を呼び込もうとしても、そういうのがいれば今回のように逆効果になる。徹底排除で良いと思う。

と、ガンバに対してばかり言っていたが、唯一納得できないのは勝利後の円陣にイチャモンをつけられていること。これに関しては謝罪すべきものでもなければ、文句をつけられるものでもないだろう。実際見れば判るように、挑発的な行為をしているわけでもない。自分たちだけで輪を組んで喜んでいるだけだ。それをあの瞬間湯沸かし器がクレーム付ける方がおかしい。というか、いくら納得できない笛を吹かれて負けた腹いせにしか見えない。ま、浦和の場合は選手が王様だからねぇ。

ホント、言葉もないわ。大宮相手のホームで、逆転負け。ありえなす。試合後に、高校生グループが「金返せ〜」と言っていたのが印象的だったよ。年パス持ってるようでもなかったし、¥3,000(一般当日なら¥3,500)は高校生には安くないよな。

日曜のアウェー神戸戦では、ちょっとヒートアップして声を張り上げてしまって、友達から怖いよ…と言われてしまったようなこともあったけど、今日はもう声も出なかった。それは(ごく一部の大宮サポーターを除き)スタジアム全体がそうだった。最後の方はホーム側も、シーンとしていた。試合後にしばらく立ち上がれなかったのも久しぶりだ。

でも、はっきり言って今日も完敗。日曜と同じ。完全に運動量で負けてた。点の取られ方は違っても、今日はガンバが先制し、勝ち越し点を先に奪っていても、中盤の展開は似ていた。

日曜より頑張ろうという気力は見えた(ように思う)。でも、一歩が出ない、出ても遅い。前へのパスは繋がらず、ボールには常に競り負ける。そして相手にボールを散らされるとついていけずに数的不利になる。1対1で抜かれまくる。今のガンバには、勝てる要素がない。

そして、聡太…。後半に勝ち越し点となるゴールを決めたのに、それから試合終了までは聡太にとって天国から地獄だっただろうな…フィールド中央の1対1で股の間を思い切り抜かれたりもしたし…スタンドでも戦犯扱いだったしな。

せっかくJリーグ初ゴールだったのに、辛いものになってしまったのは、応援している俺もちょっと悲しいものがある。ってか、今期レギュラーを取るだろうと信じて、ほとんど誰も見たことのない背番号2のレプリカを買って背負ってる身にもなってくれよ…(今日はスタジアムへ直接行ったわけじゃないから着てなかったけど)。今後どうなるのか判らんけど、頑張れ、聡太。頑張ってくれ。

before today's football game @Banpaku Stadium
(こんな照明でも DP1 特有のゴースト、通称サッポロポテトが出てしまってる…)


ともあれ、DFに加地が戻ってきて、いつものメンバーになったのに、ホームで逆転負け。1週間前、ACLで完勝した時には、これでJリーグも勢い乗って行けると思ったら、まさかの連敗。この調子だと土曜のグランパス戦も、そして来週水曜のアウェー、タイでの ACL も勝てる気がしない。

どうしても DF が槍玉に挙がってしまうけど、実際試合を見てると DF がクリアしたボールに MF がフォローがなくて、ルーズボールも含めて相手に第二次、第三次攻撃を許してしまっていたり、何よりバレーがまた外しまくりターンに入ってるわけで。ルーカスは前節も今節もよく頑張ってると思うんだが、バレーは…ぶっちゃけ3年契約したのは失敗だな。バンが戻ってきたらベンチで良いし、むしろ新しい FW を探すべきだろう。

まぁ救いと言えば、10位まで落ちたとはいえ、まだ序盤で首位との勝ち点差がまだ7しかない!ということ。絶好調だった鹿島もガンバと同じように ACL 絡みの疲労で勝てないでいるし、名古屋も連敗。ガンバと同じように低空スタートだった浦和が絶好調になってきて首位に行ってしまったが、混戦になってるだけに、まだまだ頑張れるはず。

Jリーグ中断までの2試合と ACL 2試合をなんとか乗り切って、中断期間中に体制を立て直して欲しいと思う。

G大阪、2度リード守れず 逆転負けで4試合勝ちなし


[ ちなみに… ] ホムスタ神戸と万博スタジアムの違いを、観客席の同じような位置から見た写真で比較してみるテスト。

scene before the game GAMBA vs Vissel
ホムスタ神戸。普通にサッカースタジアム。屋根あり、まともな椅子、フィールド近し。

at half time of the game
万博。どこのアマチュア施設?という感じ。野ざらし、長椅子、フィールド遠すぎ。


しかしスタジアムも糞で、試合内容も糞だと、観客もまた減って閑古鳥が鳴くぞ…。高槻のド田舎にスタジアム作るような話はキッパリ捨てて、すぐ近くの某工場跡地にスタジアムを作ってもらってくれ。本当にあそこに作るなら、プラチナシート代以上の寄付はするつもりだし、そういう人は少なくないと思うぞ。万博以上に便利な場所だしな。

このページのトップヘ