Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Jリーグ

まだまだシーズン前の国内プロサッカー界隈ですが、昨晩は ACL(AFCチャンピオンズリーグ、アジア No.1 クラブ決定戦)の本戦出場を賭けたプレーオフが吹田スタジアムで行われ、我らがガンバ大阪は例年より半月から3週間早く公式戦開始となりました。

Gamba20170207A


ガンバ大阪は日本クラブ最多の 9回目の ACL 出場になるわけで、ファン、サポーターも

毎年 ACL に出るのは当たり前、来季 ACL 出場権が最低ラインの成績、ACL がないと物足りないシーズンに感じてしまう身体になってしまってる


という感じですが、昨シーズンは Jリーグ4位(2位までが ACL 出場権、3位がプレーオフ行き)、天皇杯も3連覇の夢をクリスマスイブの準々決勝で絶たれ、一時は ACL 出場権が遠のきました。

しかし、CWC でも大活躍した鹿島アントラーズが Jリーグに続いて天皇杯も制覇してくれたおかげで、リーグ4位のガンバ大阪が繰り上がりで ACL プレーオフに出場となりました。(ありがとう鹿島アントラーズ、ホントにありがとう🙏)

Gamba20170207B


とはいえ、9回目の ACL 出場ながら ACL プレーオフを戦うのは初めてであり、毎年ならまだ宮崎で二次キャンプをやっている時に公式戦、それもいきなり、シーズン初っ端から一発勝負の絶対負けられない戦いで、1ファンとしては

マレーシアで断トツに強いクラブとはいえ、レベルに差があるし大丈夫だろうと思うけど、ガンバはスロースターターが伝統になってしまってるし、ちょっと不安がないこともない


なんて思っていましたが、結果は 3-0 の快勝で、今年も無事 ACL を戦えることになって嬉しい限りです。

相手は J3 か JFL 上位くらいのレベルでしたので、昨日の試合を物差しにリーグ戦、ACL を占うわけにもいきませんが、レギュラークラスの選手が何人も出ていった中、新しい CB 2人が期待を持たせる内容だったのと合わせ、リーグ開幕まで半月ある段階ではまずまずだったように思えて一安心です :D

Gamba20170207D
(挨拶代わりにゴールを決めた清水から移籍の三浦弦太)


とまぁ、前置きがやたら長くなっていますが、2月早々に公式戦といっても昨季はリーグ戦が終わるのが異常に早い日程だったため、ホームスタジアムである吹田スタジアムでの試合は 3ヶ月ぶり。久しぶりにスタジアムへ行くと

やっぱりサッカー観戦は生に限るし
我らが吹田スタジアムは最高やな!


っていうのを実感し、試合が終わっても少々テンションが上がりっぱなしでした。リーグ戦が始まって毎週のように試合があると日常になって、家に帰った時点で切り替わってしまうのですけど、3ヶ月ぶりですからね(^^)

Gamba20170207C


てなことで、前回記事で触れた、今季から Jリーグの中継を行うネット配信サービス DAZN がドコモと提携する際の具体的な内容が本日発表になりました。

続きを読む

シーズンを締めくくる元旦の天皇杯決勝から1ヶ月が過ぎ、国内プロサッカークラブは既に今季に向けて合宿を始めていたり、既に一次合宿が終わっているクラブもあります。

天皇杯決勝が元旦、というのは風物詩以上に慣れ親しんだ、サッカーファンにとって染み付いた日程ですが、天皇杯に負けたクラブのシーズンオフは2〜3ヶ月と長いのに、天皇杯準々決勝まで残ったクラブの選手はオフの休みが1ヶ月もない状況なのは、毎年考えさせられるものがあります。

我らがガンバ大阪も、天皇杯はクリスマスイブの準々決勝で敗退してしまいましたが、Jリーグ開幕より1ヶ月前の来週2月7日に ACL プレーオフがあるため、シーズン始動は1月15日で即、沖縄合宿。オフは20日くらいしかなく、身体をどれほど休められたのか心配です。

GAMBA20160302Yatto


さて、今季の Jリーグ、特に J1 リーグは大きな変革の年になります。その変革の大きな要因が、DAZN による Jリーグ中継権獲得。10年間で 2,100億円という巨額契約、1年平均で 210億円というのは、長年 Jリーグ中継権を取ってきたスカパー!の 4倍です。

(ただし、10年契約 2,100億円が毎年均等に支払われるわけではないとのこと。契約後半に増額される形なのでしょうが、それでも最初の年から従来の2〜3倍であろうことは想像に難くありません)

この DAZN の Jリーグ放映権獲得によって変わることは大きく分けて2つ
  1. 従来より数倍になった放映権料収入により、変則的な2シーズン制が1シーズン制に戻り、J1の順位に応じた分配金・賞金も一気に増えた

  2. (少なくとも今季は)Jリーグの完全生中継はDAZNのみとなって、スカパー!では見られなくなり、ライブ放送を不安定なインターネット中継で観るしかなくなった

前者はJリーグ側、クラブ側にとっての変更点であり、ほぼ朗報と言っていい変更でしょう。

反面、後者はファン側にとって大きな変更点であり、DAZN の月額視聴料はスカパー!に比べて半額程度であるものの

不安定なインターネット中継で、Jリーグ始まって生中継がちゃんと観られるのか?


という不安・不満は誰しも抱えており、少なくともこれまでの DAZN の状況から見れば、私自身もJリーグが始まったら、

DAZNのJリーグ中継が阿鼻叫喚地獄になり
怨嗟の声が上がりまくっても驚かない


ですね。それはもう、

ライブ配信による同時多数視聴においては
電波による配信とネット配信では越えられない壁がある


ので、どうしようもない話です。

そうならないようにしてもらいたいですが、先行している欧米での評判を検索した時にもブーイングの声は(ちょくちょく)出ているみたいなので、スムースに快適視聴できて皆が不満ないような状況は想像できません。

DAZN15


昨年 DAZN 放映権獲得後からスカパー!契約者による否定的な声は大きく、一部サッカーまとめブログなどではネットの意見でネガティブな意見だけ抽出した記事もあったりしますが、個人的には

たとえライブ中継視聴環境が悪くなろうが
DAZN放映権獲得によるJリーグの変化があれば良い


と思っています。


続きを読む

先月、8月19日夜に日本でもサービス開始された、各種スポーツ中継サービス「DAZN」。DAZN で「ダ・ゾーン」と呼ぶらしいですが、どうしても「ダズン」と呼びたくなる私です。

その DAZN は、世界で多くのスポーツをライブ・オンデマンド中継を行うサービスであり、日本ではサービス開始前に、来季以降10年間の Jリーグ放映権を勝ち取ったことで大きなニュースになりました。

JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 〜2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継〜【Jリーグ】:Jリーグ.jp
巨額放映権とJリーグの未来。“黒船”DAZNが描くビジョン【独占インタビュー】 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

おかげで、財政難に喘いで 2シーズン制&ポストシーズンゲーム導入という“金策”まで行わなければならなかった Jリーグは、DAZN による放映権収入がスカパー!時代の数倍から10倍になるため、来季から1シーズン制に戻し、優勝賞金も数倍になるようです。(まだ正式決定前)

また、ユーザー側にとっても、お値段が月額 1,890円(税込)と Jリーグの現行スカパー!オンデマンドからすると千円以上安くなりますし、Jリーグだけでなく欧州南米の多くの国のサッカーが観られますし(残念ながら2大リーグのプレミア、リーガエスパニョーラと欧州CLは対象外)、プロ野球の一部球団、メジャーリーグ、F-1、UFC、Vリーグ、NBA など多くのスポーツがその月額料金で観られる、というのがウリです。

このあたりについては、サービス開始直後の記事で触れました。

各国サッカー(来季からJリーグも)、MLB、NBA、F1、Vリーグ、UFC…世界のスポーツ配信サービス「DAZN」が始まったので、早速使ってみた感想

個人的にはもちろん、来季からの Jリーグ中継を主目的に DAZN を契約することになるわけですが、まずは事前に DAZN がどんなものか?
  • 映像は安定して見られるのか?画質はどうか?
  • ライブ中継の実際とのタイムラグはどうなのか?
  • アプリやブラウザでの使いやすさはどうなのか?

これらの点について1ヶ月の無料視聴期間で確認しつつ、お試ししてきたので、現時点での DAZN に対する感想を以下に述べておきたいと思います。(サービスイン当初に比べると、ゆっくりながら改良されてきているので、今後も同じとは限りません)


続きを読む

少し前、来季以降の Jリーグの放映権を従来のスカパー!より7倍の金額で取得してサッカー界のみならず話題になった、スポーツ配信サービス「DAZN」。

聞きなれない名前(日本語読みは、ダズンでええんか?)なのも当然で、新しいネット配信サービスで今夏(8月)スタートということでしたが、昨晩サービスが開始されました。

DAZN01

DAZN

この DAZN、何が凄いと言って、

最初からよくこれだけ契約(コンテンツ)集めたなあ


というくらいの配信コンテンツの量。(あくまで予定)

Q. 配信コンテンツについて

サッカーだけでもドイツ・ブンデスリーガ、イタリア・セリエA、フランス・リーグアンといった欧州各国のトップリーグやカップ戦に多数の南米リーグ、そして来季からは Jリーグ(J1〜J3)が加わります。

そして、一見サッカー中心でありますが、
  • メジャーリーグや NBA、NFL といったアメリカ4大スポーツのうち3つをカバー
  • F1、GP2 などのワールド・モータースポーツ
  • 総合格闘技の雄である UFC
  • 国内バレーボールの Vリーグ

といったものを始め、テニス(ATPワールドツアーの下位大会)、世界卓球選手権などなど、サッカー以外のジャンルも揃っていて、

全部まとめて月額 1,890円


というのは、かなり魅力的な値段です。

DAZN06


もちろん、ツッコミどころがないわけではないのも事実で、欧州各国のトップリーグが幾つか網羅されてるとはいえ、イギリス・プレミアリーグ&スペイン・リーガエスパニョーラという2大リーグがないですし(その2つのオンデマンドはソフトバンク系スポーツナビLIVEで配信)、世界最高峰のチャンピオンズリーグもない。

国内サッカーでも、Jリーグはあるけど、カップ戦(ルヴァンカップ、天皇杯)はないし、ACL もない状況なので、サッカーとて全てが DAZN で賄える、というわけではありません。

また、日本語の実況があるコンテンツも限られていて、南米サッカーや F1 など映像のみというコンテンツが多数を占めます。(まぁ日本語実況があるのも良し悪しですけどね)

もっと言えば、

サービス開始時点のコンテンツはまだ全然揃ってなくて数えられるほど


です。Jリーグは来季からの契約ですし、ブンデスリーガなど欧州サッカーも新シーズンはまだ始まっていない国も多く(ブンデスリーガは来週末から)、サッカー以外のコンテンツもまだまだ試験放送レベルです。

DAZN15


ま、実際に課金サービスが始まるのは9月20日からですので、それまでにどこまでコンテンツが揃うかはお試しで使ってみながらみていきたいと思いますが、先に挙げた予定されている内容が全て網羅されるなら月額 1,890円は安いと言えるでしょう。

それに、オンデマンドの料金だけで話をすると

現状のスカパー!Jリーグオンデマンドは月額2,962円


ですから、Jリーグだけでも千円以上の値下げになるわけです。

他の例で言えば、F1。F1の生中継ネット視聴方法は毎年コロコロ変わるのですが、今年はオンデマンドのみの契約ができず、スカパー!またはCATV契約+「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」という有料放送契約をすることで、スカパー!オンデマンドにてネット視聴できるという仕組みになってしまい、月額3千円以上かかるので、やはり値下げになりますし、サッカーと両方見る人にとっては割安感が半端ないです。

ただ、多種多様なコンテンツを一堂に揃えてリーズナブルな価格なのは嬉しいのですが、

一番のキーポイントは画質と配信の安定性


です。

はっきり言って、スカパー!オンデマンドのJリーグ配信の画質は「ニコニコ動画よりマシ」という程度の前時代的低画質で、「3千円近く払ってこれかよ…」って感じでもありましたし、時々サーバーの高負荷による配信停止トラブルがあったのもユーザーなら知ってることとです。

いくら安くても配信が不安定でストレス溜まるなら金を払う気はしないわけで、みんなそこが気になるところでしょう。

DAZN は初回登録から1ヶ月は無料お試し期間ということですので、昨晩から今朝にかけて実際に4〜5時間ほど色々なコンテンツをながら見で垂れ流しつつ、チェックしてみました。


続きを読む

“日本一のサッカースタジアム” とか言い切っちゃて良いんじゃないかと思うくらいの観戦環境ながらも、来場者数が3万超えると何かとパンク気味な、ガンバ大阪の新スタジアム「吹田サッカースタジアム」。

SuitaStadium18
(蛍の季節ですが、ガンバナイター時のLEDイベントも見ものです ^^)


Jリーグは 2016年現在、J1〜J3 で全 56 クラブまで増えていて、Jリーグを開催するスタジアムも同程度あるわけですが、私自身そのうち7割程度、40近いスタジアムへ訪れた経験があります。(最近できた J3 のスタジアム訪問率は低い)

駅近至便なところ(鳥栖ベアスタなど)、ピッチの近さが魅力なところ(柏日立台など)、身の丈規模でコンパクトながらも見やすいところ(仙台ユアスタなど)、何もかも大きく立派なところ(埼玉スタジアム)、何かと独創的なところ(札幌ドーム)……

でも日本で多いのは、やっぱり陸上競技場を流用したスタジアム。ガンバ大阪も去年まではそんな陸上競技場スタジアムであり、屋根なし、(ピッチが遠くて)迫力なし、(大半の座席は長椅子で)背もたれなしの「3ない」スタジアムでした。

ですから遠征先の魅力的なスタジアムを羨ましく思うことも多かったのですが、今年から自慢のサッカー専用スタジアムで開催となり、開幕当初は心ウハウハでしたし、もちろん今も、我らがホームスタジアムへ入るたびに満足感に溢れるわけですが、やっぱり来場者の多い時の激混み具合には閉口することしばしば。

SuitaStadium19
(最前列でなくともスマホで撮ってこの近さですからね…)


物珍しさもあってか、今は週末のゲームなら毎試合3万人以上の来場者が訪れてくれていますが、来た人がスタジアムグルメの行列と帰りの大混雑に嫌気がさして来る気がなくなってしまわないか正直心配でもあり、近々日本代表戦(キリンカップ)も行われるため、前回記事を書きました。

まもなく日本代表戦開催「日本一のサッカースタジアムだけど帰りは地獄」な吹田スタジアムからの脱出方法を案内してみる【徒歩編】

個人的には「やっぱり周辺環境を考えると、4万人収容というのは少々無理があったんじゃないかなぁ」と改めて思わなくもないのですが、新スタジアム建設構想が持ち上がった当初、他ならぬ地元吹田市が

新しいスタジアム作る?作ってウチに寄贈すると言われても金は一切出さんし、収容人数3万2千人以下のショボいスタジアムなら受け取らないし、代表戦ができるように4万人規模に拡張すべきだと思うが、ウチは一切知らんで。


こんなことを言って揉めた経緯もありますからねぇ。まぁ金も出さずに貰ったスタジアムに「市立」と名付けるクソ吹田市は(以下略 ^^;)

SuitaStadium15


ともあれ、週末のゲームや日本代表戦後の帰りが大変なのは間違いありません。車で来るにしても駐車場の出庫に1時間くらいかかることも珍しくないですし、今季から事前販売の駐車券が必要になりました。

そして安易に、目の前にある「ららぽーと EXPOCITY」 の駐車場に止めると高額加算金が待っています。(これは EXPOCITY へ来る人も注意が必要)

サッカー開催日 駐車場ゼロシステムについて (PDF)

というわけで、なかなか帰りが大変なので、ならば「いっそ万博公園駅以外の駅まで歩いた方が、距離はあるけど時間的に確実だし良いのでは?」という人がガンバ大阪サポーターにも増えていること、そしてその徒歩ルートを前回記事で解説しました。

まもなく日本代表戦開催「日本一のサッカースタジアムだけど帰りは地獄」な吹田スタジアムからの脱出方法を案内してみる【徒歩編】

今回は「長時間歩くのは辛い」という人のために、路線バスおよびレンタサイクルを使う手段を解説したいと思います。(記事内容および実行結果について当方は保証しません)


(昨今のサッカー本は下らないのばかりだが、これは興味深かった。ツッコミは足りないけど)


先に言っておきますが、色々な意味で前回紹介の徒歩が確実です。路線バスも本数は多くなく、サッカー観戦者だけのものではありませんから、多くの人が来れば乗れるとは限りません。(レンタサイクルが借りられるかどうかも同じ)

土日夕方を中心にバス経路上の道路が渋滞していてバスが遅延することは珍しくありませんし、ナイトゲーム終了後の21時台の路線バスは本数が非常に少ないか、終了していることもあるので、バスを利用するならシャトルバスを優先して、本記事はあくまで補助的な手段であることをご了承ください。

(注意)午後7時半キックオフの日本代表戦では、確実に間に合う路線バスは殆どありませんので、ご注意ください。


続きを読む

ガンバ大阪が今シーズンからホームスタジアムとして利用する「吹田サッカースタジアム」。間違いなく

日本一の臨場感溢れるサッカー専用スタジアム


として胸を張れる素晴らしいスタジアムです。特にピッチからの近さは特筆モノで、1階席真ん中より前方なら迫力満点です。

昨日、震災で一時活動停止を余儀なくされていたロアッソ熊本の J2 復帰第3戦、熊本地震復興支援マッチを神戸ノエビアスタジアムへ観に行っていましたが、以前は羨ましく思っていたノエスタが色褪せて見えるくらい吹田スタジアムの見やすさは素晴らしいと誇れます。

the ceremony to celebrate the completion of GAMBA OSAKA's New Stadium
(雰囲気は竣工式の際に撮影したこのスライドショーでどうぞ)

the ceremony to celebrate the completion of GAMBA OSAKA's New Stadium | Flickr - Photo Sharing!

また、単に「日本一のサッカー専用スタジアム」というだけでなく、よくある地元自治体からの補助なしに寄付金などの民間資金だけで建設したスタジアムというのも日本初で、今後のスタジアム建設の見本になるものと言われています。

(もっとも、一番の地元である吹田市がアレもしない、コレも出さない、だけど作るならもっとでかくしろ、と非協力的な割には文句ばっかり言っていたからそうなったという経緯もあり、そして一銭も出さなかった割には「市立」吹田サッカースタジアムなどという厚顔無恥な名前をつけた吹田市は滅びろ!だけどね X-)

いずれにせよ、

「サッカーに興味ある人もない人も一度はおいでよ、ガンバの新スタジアム」


と声を大にして言いたいのですが、予め知っておいてもらいたい、注意する点もあります。

SuitaStadium20
(1階席前方ならピッチが近い!)


サッカーの観戦環境としては間違いなく日本一、本場欧州基準と言い切れるものの、

来場者が3万人以上来た時の帰りは地獄


であり、もう一つは

スタジアムグルメは大充実してるけど
来場者が多い時は行列が酷くてロクに買えない


ということ。混雑時の、帰りの地獄さとスタジアムグルメの買えなさ、行列の酷さはガンバ大阪ファンが一番実感していることでもあります。

ですので、今季ガンバ大阪のホームゲームを一応全試合行っていて状況を知りつつ、地元民でもあるので、吹田サッカースタジアム対策について少し記しておこうと思います。

6月7日にはキリンカップの日本代表戦が吹田サッカースタジアムで行われ、即日チケット完売で満員御礼確実ですから、ふだん代表の試合しか見ない興味ないという人たちも多く来て、吹田サッカースタジアムの素晴らしさを知るとともに、地獄を見る人も多いと思うので、その一助になればと思います。

続きを読む

昨日の記事では Jリーグ公式チケットサイト「Jリーグチケット」で QRコードタイプのチケットを購入し、QRチケットを発券、チケットの QRコードを取得するところまでを2回に分けて紹介しました。

使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【チケット購入編】
使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【QRチケット発券編】

以上の手順で取得して保存したチケット QR コードが以下のようなものです(GIF 形式の画像ファイル)。

J-LeagueTicket27
(実際のコード部分は加工処理済み)


そして、あとはこの画面を現地スタジアムの指定場所にある機械にかざすと購入が証明され、入場用チケットと引き換えになります。

ということで、昨晩のナビスコ杯 清水エスパルス vs ガンバ大阪@IAIスタジアム日本平で早速試してみましたので、使い方を紹介しておきます。

続きを読む

(前回記事、使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【チケット購入編】 の続きです)

Jリーグ観戦チケットを通常の紙チケットではなくスマートフォンやガラケーで QRコードを受け取って現地スタジアムで見せれば発券、入場できる「QRコードタイプのチケット」を購入できる Jリーグ公式チケットサイト「Jリーグチケット」。

従来、食わず嫌いならぬ、使わず放置でしたが、友達が使っていたのを機に試してみると、

チケットの持って行き忘れはないし
発券手数料も一切かからない


という便利さがあるので、これは使って行こうと。前回記事でも書きましたが、アウェイ遠征にチケットを忘れて行ったこと数回、そのうち一回はチケット完売で、飛行機乗って行きながら観戦できず、でしたからねぇ(^_^;)

というわけで、本日のナビスコ杯 清水エスパルス vs ガンバ大阪の試合を静岡の IAI スタジアム日本平まで応援に行く際に、このJリーグチケットの QRチケットを早速試してみました(いま、清水へ向かう車中でこの記事を書いています :-)

実際に使ってみると

普通に、ぴあやローチケ、e+などで発券するより若干ややこしい


のも事実ですが、一度分かってしまえば/慣れれば問題ないですし、これはもっと知って使ってもらった方が良いと(私の経験からも)思うので、ネットの場末に記しておきます。

前回記事では、「Jリーグチケット」サイトの利用登録とQRコードのチケットを購入するところまで紹介しました。

◼︎ 使ってみれば便利な、Jリーグチケットで買うJ観戦 QRチケットの買い方・使い方【チケット購入編】

今回は

一番のポイントである QRコードチケットの取得・配布


について紹介します。


続きを読む

2年前、ぴあの ASP を使って始まった Jリーグ公式チケット販売サイト「Jリーグチケット オンラインサービス」。

J-LeagueTicket01

Jリーグチケット オンラインサービス

Jリーグ謹製チケットサイトではあるものの、
  • Jリーグ公式なのに指定席は座席指定ができないとは…
  • またサッカー協会 (JFA) と全く別の会員サイトかよ
  • 結局、ぴあだろ?

的な反応が多くて、各クラブの公式サイトからリンクが張られている、年間パス保有者向けワンタッチパス・ポイントプログラムからもチケット購入のための導線がある割には、イマイチ利用度は薄いまま。

かくいう私も従来利用したことがありませんでした。特に去年はガンバ大阪が J2 に落ちて、アウェイゲームではガンバノミクスとも言われたチケット争奪戦が発生し、発売日には、ぴあとローチケと e+ で同時アタックすることも多く、他の方法に手を出している余裕もありませんでした。

ところが最近、サポーター仲間の友人がこの Jリーグチケット・オンラインサービスを利用して QR コードによるチケットを購入していました。その友人も初めての購入だったせいか、スタジアム前で色々とまごついていたようでしたが、

予めチケットを発券しなくても良い、現地でスマホの QR コードをかざすだけ


というのは、もしかして俺にピッタリなシステムなのでは?と思い直した次第。

自慢じゃないけど、

アウェイ遠征にチケットを持っていくのを忘れた過去が複数回


あるわけで、一度はアウェイゲームがチケット完売だっただけに、チケットを忘れて飛行機で遠征行ったのに試合を見られずに帰る、という悲惨な思い出もあるわけです。

そんなこともあり、アウェイゲームのチケットは現地に着いてから、ないし現地に行く途中で発券するという方法を採っています。クレジットカード払いにして、いつでもコンビニで受け取れる方法です。先週末のベストアメニティスタジアムの鳥栖戦も、鳥栖へ行く途中に発券しました。

けれど、Jリーグチケットの QRチケットなら発券の手間も要らず、現地の指定機会にスマートフォンで QR コードをかざすだけですから

チケット忘れのトラウマを持つオレこそ使うべきだった Jリーグチケット


ということに今さら気づきました。

おまけに

QRチケットなら通常のチケットと異なり、手数料が一切かからない


というのも利点。コンビニでの発券手数料もかからないし、カード払いでのシステム手数料もかからない。

当日発券できるようにクレカ払いのコンビニ発券だと、手数料だけで合わせて 300円+税金。当日券や、1カテゴリー上の座席すら買えちゃいそうな+αがかかってきます。そんな手数料がかからないのも貧乏人には有り難い話です。

J-LeagueTicket25


というわけで、今日のナビスコ杯、清水エスパルス戦@IHIスタジアム日本平の試合のチケットを初めて Jリーグチケットにて、QRチケットで購入してみました。実際に使ってみると

サイトの説明も微妙で、手続きは少々判りづらい


気がしました。複数枚のチケット購入と QRコード配信にも対応できていて、よくできていると言えばできているのですが、その分ややこしいところもあります。

ということで、自分用備忘録も兼ねて簡単に Jリーグチケットでの QR チケットの購入から利用までを書いてみたいと思います。

結構手続きが長いので(特に初回は)、「チケット購入編」「QRチケット発券編」「QRチケットで入場編」の3回にわけて紹介したいと思います。

今回はまず、Jリーグチケットへのユーザー登録も含めた「チケット購入編」をば。


続きを読む

いや〜、今年は長いオフシーズンでした。一昨年、ガンバ大阪がまさかの J2 降格の憂き目にあった時も、元旦の天皇杯決勝まで戦っていたのでオフシーズンは2ヶ月だったのですが、昨年の天皇杯は早々に負けたし、J2 は J1 より早く日程を消化するので、例年以上に長いオフシーズンでした。

その分、選手たちもゆっくり疲労をとり、そして今年に向けての体力・スキルアップをしてくれていると信じていますが、我らがガンバ大阪は開幕前から怪我人が出ており、大黒柱の一人である宇佐美がしばらく欠場になるのはかなり痛い。

もっとも、今オフのガンバ大阪は例年になく的確な補強というか、全盛期の頃から補強ポイントだろ!と言われ続けてきた GK に新潟から日本代表クラスの東口を、そして加地さんの後釜たる右 SB に千葉から米倉を獲得し、久しぶりに一ファンとしても納得の補強でした。

そのせいか、J1 復帰初年であるにも関わらずスカパー!や専門誌の順位予想では、優勝争いとまではいかなくても比較的上位に予想してくれている方々が多かったりします。

まあ、Jリーグの順位予想ほど難解で、そして当てにならないものはありませんが、どうせなら上の方に外れてもらって、また ACL 出場権を得て名実ともにアジア戦略を唱えられるクラブになって欲しいものです。

続きを読む

このページのトップヘ