Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:HTX21

なんかまぁ、すっかり過去の機種化した INFOBAR A02。iida UI 2.0 も予想どおり愉しいのは最初だけというか、追加テーマも最初の数週間だけ幾つか配布して、あとは完全放置体制ですからね…

まぁ試しに使ってみた経験は悪くなかったですが、au 独自のプロジェクトなんて結局ロクなもんではない、ローカル端末は放置プレイされて終わり、ってのが判っただけでも収穫です。

というか、やはり Android の場合はメインのワークメモリ 1GB か 2GB で快適さが全然違いますね。現行機種で 1GB というのは殆どありませんが、1GB と 2GB の差は快適さの違いとして大きいです(実用性が落ちるわけではないが、快適さの違いがある)。

iida UI のせいもあるでしょうが、INFOBAR A02 はホント、メモリ不足気味。

INFOBAR_A02_FirmwareUpdate20131218F
(HTC 端末では多くの人が経験している USB 端子キャップちぎれ。
気をつけていたが、つい最近やってしまいました…orz)


とまぁ、不満を並べつつ、「どーせ、こんなローカル端末はファームウェア・アップデートもロクに来ねーし、バグも放置なら Android のアップデートもないだろうな」と、すっかり期待も雲散霧消しつつ使っていたのですが、

幾つかのバグ修正アップデートが本日リリース


されました。

INFOBAR A02アップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

内容は、以下の3点のバグ修正。
続きを読む

ゴールデンウイーク前に日本の一番西の方へしばらく行っていたら INFOBAR A02 用充電クレードルが発売→即完売され、帰ってきてから au ショップへ何軒回っても

「在庫はありません」「入荷時期は判りません」「入荷するかどうかも判らないんです」

と言われまくり、ゴールデンウイークが明けても変わらないので auへの罵詈雑言が心の中を駆け巡る昨今です。

というか、ショップを回っていても仕方ないから au オンラインショップで予約しよう、そろそろ購入 or 予約できるかな?と思って見に行くたびに

InfoBarA02_57


という公式ショップすら入荷未定・予約不可の状況に更なる心の罵声とが、つい口をついてしまいそうになり、ついでにブログにも書いてしまいそうになって困ります(´・ω・`)

とはいえ、この充電クレードルとカメラのことを除けば、とりあえず INFOBAR A02 は悪くない端末であり、この2点を除けば大きな不満も感じていないことは、先日のセカンドインプレッション記事にも書きました。

au INFOBAR A02 と一ヶ月少々 〜セカンド・インプレッション【前編】
au INFOBAR A02 と一ヶ月少々 〜セカンド・インプレッション【中編】
au INFOBAR A02 と一ヶ月少々 〜セカンド・インプレッション【ようやく本題の後編】

ま、充電クレードルは自分だけの問題ですが、カメラの酷さ、特にフォーカシング時の意味不明のデカい擬似サウンドについては周囲に迷惑もかけますし、友人知人からも失笑と「そりゃ酷いね」の応酬であり(昨日も言われた)、やはり時々 INFOBAR A02 を大阪湾に投げ込みたくなります。

この話は何度書いてもやりきれないので置いとくとして、先日のセカンドインプレッションで一点、書き忘れたことがありました。INFOBAR A02 は(も)

MHLアダプター(MHL-HDMIケーブル)経由で、テレビに接続して楽しめる


という点。

昨今の Android スマートフォンでは珍しくないですし、iPhone でも可能ですが、microUSB B 端子から HDMI への MHL 規格の変換アダプターは安いのが魅力。



千円強で売られていたモノを買ったこともあって、iPhone / iPad 用の Lightning AV ケーブル(4千円前後)と比べると非常にリーズナブル、やはり汎用規格は有難いねぇ…という感じです。

以前から旅先、旅行先では、事前に iTunes ストアで映画をレンタルして iPad に入れてきてテレビに接続して楽しんできたわけですが、Lightning 端子になった iPad mini ではまた変換ケーブルを買い直さなければならず、無駄に高くて閉口していたのですが、Android スマートフォンではお手頃価格。

ということで先日は INFOBAR A02 + MHL アダプター + HDMI ケーブルで楽しんでみました。


続きを読む

INFOBAR A02 のセカンド・インプレッションを3回に分けて書いてきている最終回。【前編】ではウンコすぎるカメラ機能について当たり散らし、前回の【中編】では au 800MHz LTE の良さを持ち上げまくり、と上げたり下げたり忙しいわけですが、ようやく本題と言いましょうか、

“INFOBAR A02 端末そのものの良し悪し”

について、iida UI のことも含めて何点か述べておきたいと思います。

この一ヶ月半使ってきて INFOBAR A02 端末そのものに感じることを列挙してみると

  • チャチな質感・造りで、長期間の使用に耐えられるか疑問(特にスイッチ類)

  • ファンクションキーは便利だが、軽すぎて誤動作多し

  • 液晶が 5インチ端末より少し小さいとはいえ、厚みもあるし、角が丸いので、片手操作は厳しい

  • ストラップ穴とイヤホン端子が逆面は使いづらい

  • バッテリーの保ちは Android 大型液晶端末ならこんなもんレベルで、そう悪くもないが、良い印象もない

  • モバイルバッテリーに繋いで使いながら充電していると、なかなか充電が進まないのは気になるレベル

  • やっぱり iida UI は見た目だけ、実用性はイマイチ
    (でもこれを止めたら INFOBAR A02 を使ってる価値ゼロだしねぇ…)


という感じでしょうか。


続きを読む

3月の購入・契約から一ヶ月少々、そろそろ一ヶ月半ほどメインスマートフォンとして使ってきた INFOBAR A02 のセカンド・インプレ2回目。購入当初のテンションも収まり、実用機として色々と思うところは出てきています。

前回記事の【前編】ではカメラ機能に関して鬱憤晴らし込みでボロクソに書きましたが、

そんなに iPhone のカメラの方が良かったなら iPhone 5 に戻るか?
と言われれば、それは全くない


と断言できます。メインの7インチタブレットを iPad mini から他に変えるのと同じくらい、現状では有り得ない選択肢。

そして、INFOBAR A02 でどれだけ貶しまくっても当然だと思えるのがカメラ機能だけならば、iPhone 5 に戻るのが有り得ないと言える理由も唯一つ。

現状の au 800MHz LTE の広さ/快適さに一度慣れたら
iPhone 5 に戻れるわけがない


わけです。


続きを読む

先週、日本の西端近くの離島(当然 au ショップなんぞ存在するわけもない)へ行ってる間に INFOBAR A02 用の充電クレードルが発表され、翌日に発売されてオンラインショップ含めて速攻完売してしまい、手に入らないでイラッときている昨今でございますが、INFOBAR A02 ユーザーの皆様にはいかがお過ごしのことでしょうか。

生産中止だの販売停止だのという噂が絶えないものの、細々ながら売られているようで、巷のケータイ屋で「在庫あり」「あと◯個有り」という表示を見ると何故かホッとする昨今であります。

さて、AOAO カラー発売で INFOBAR A02 を購入してから一ヶ月と十日。iPhone 5 に代わるメイン・スマートフォンとして使い始めてきて少し経ちましたので、一ヶ月少々使ってきての率直なセカンド・インプレッションを書いてみたいと思います。

端末の良し悪しを論じる場合には

・端末固有の良し悪し
・OS(バージョン含む)に起因する良し悪し
・キャリアに依存する良し悪し

の3点があります。

特に Android 端末の場合は iOS 端末と違って、OS の問題(不満)と端末固有の問題(不満)の切り分けが難しいこともあるのですが、ここでは主に INFOBAR A02 ハードウェアに絡む部分と、INFOBAR A02 の心臓でもある iida UI に関する点を述べていきたいと思います。

なお、本記事では率直に思いの丈を書くようにしたため、不快極まる表現を遠慮なく用いておりますため、そのあたりを気になさる方はブラウザを戻るボタンを今すぐクリックないしタップされることを推奨します。苦情は聞く耳持ちません :-D


続きを読む

メイン端末を iPhone 5 から INFOBAR A02 へ移行したので、iOS で使っていたアプリを INFOBAR 内へ大量投入して以降、iida UI ではなかなk整理がつかなくなっている昨今ですが、皆様年度末をいかがお過ごしのことでしょうか。花見ですか、羨ましい。

さて、なんかすっかり INFOBAR ブログ化している状況ですが、今回もまた INFOBAR。意外と注目度の低い INFOBAR (>_<)

今回はちょっとした小ネタですが、

INFOBAR A02 は仕様上 32GB microSDHC までしか使えないが
64GB microSDXC カードも FAT32 でフォーマットし直せば利用可能


という話です。

InfoBarA02_64GBmicroSDXC19
(INFOBAR A02 公式ページの仕様表から)


もちろん、FAT32 でフォーマットするので、いくら容量がデカくても、4GB 以上のファイルを使うことはできませんし、何よりも動作保証外の行為です。

他の microSDXC 非対応機で microSDXC カードを使ったことによるトラブルは発生しており、

非対応機で microSDXC カードを使うことは各キャリアから警告が出ている


ほどですので、くれぐれも自己責任と言いますか

「microSDXCカードを買ってきて、たとえ使えなくても文句言わない」
「使っているうちに microSDXC カードが壊れて、カード上のデーターが消えても泣かない」

という覚悟が必要です。無論、私も何ら保証しません(端末とカードとの相性問題もありますからね)。


続きを読む

今さら私が書くようなことでもないのですが、現在 au では「ウエルカム割」という割引キャンペーンがあるおかげで、MNP で au に移ってきた場合には

オプションを全部切れば月額3円で契約維持、音声通話のみ利用


ということが可能です。

データー通信関係その他のオプションを全部外して、基本使用料の「LTEプラン」または「プランZシンプル」のみの契約の契約にするわけですが、「ウエルカム割」で MNP ユーザーは2年間基本料が無料です。

つまり、差し引きゼロ円。ユニバーサル使用料の3円のみがかかる、というわけです。

ウェルカム割 | au(5月末まで)

データー通信オプションを切ってしまうのでネット関連は Wi-Fi 限定、ezweb.ne.jp なキャリアメールも使えないことになり、Wi-Fi 通信と音声通話のみ利用可能となりますが、LTEプランまたはプランZシンプルの契約ですから au 相手に 1〜21時は通話料無料です。

というか、今回の私のように INFOBAR A02 を購入契約はしたけれど、iPhone 5 の契約回線を使うから INFOBAR 側の回線は使わない、寝かしておきたい、という人には一番効率の良い話です :-)

また、au 3G スマートフォンとは異なり、

au LTE 端末では LTE NET の契約を切ればデーター通信は一切されない


ので、全オプションを解除した回線 SIM をスマートフォンに入れたまま、音声通話&Wi-Fi 限定端末として安心して使えるようになりました。

このことは au LTE サービスが半年たって今でも、未だ au に電話で問い合わせても、au ショップでも、au ショップが au に問い合わせても返ってくる答えが違うことがありますが、結論は上記のとおり。

(今回 au ショップの店員さんが au に念の為に問い合わせたところ、私が au に電話した時と異なる答えが返ってきて、店員さんも困って一番正確に回答できる部署へ問い合わせて改めて確定した回答をいただきました)

これについては、どういうことかというと…

続きを読む

INFOBAR A02 / XTL21 購入契約から 10日経ち、iPhone 5 の代わりにしばらくメイン端末として使っていけるかどうか試してきました。その過程で気づいたことは長々、細々とファーストインプレ記事として書きました。

カメラ機能のように「ふざんけなよ」レベルな部分もありますが、トータルとして iPhone 5 の代わりにメイン端末として使うのを止めるほどではない、それなりに愛着を持って使っていけそう、と判断しました。

正直なところ、

わざわざ iPhone から Android にメイン環境を移りたい理由は全くない


ですし、iPhone に不満があるわけでも、Android の方が良いとも思ってないのですが、いい加減進化のなくなったスマートフォンですので、

「気分転換に目先を変えてみるのも良いかな」

ということで、しばらくは iPhone 5 の代わりに INFOBAR A02 をメイン端末として使っていくことにしました(iPhone は音楽プレイヤー、iOS アプリのためにサブ端末で利用)。

InfoBarA02_34


そして、購入時の記事でも書いたとおり、au に 5,480円の LTE フラット料金を毎月2回線分払えるほどお大尽な経済状態でもありませんので、

  • 毎月割の少ない(スマートパス加入で1,440円)INFOBAR A02 の回線は LTE.NET、LTE フラットなど全部オプションを切って、利用料金は毎月3円のユニバーサル使用料のみにして SIM は寝かしておく
    (基本料のみの支払いになるが、au は現在 MNP だと2年間基本料が無料になるのでデーター通信を使わないようにすれば実質ゼロ)

  • au にしては毎月割がまだ多めの iPhone 5 の回線はそのまま使用し、INFOBAR A02 に iPhone 5 用の nanoSIM を挿して利用する


ということにしました。

HTC J Butterfly 同様に INFOBAR A02 に au iPhone 5 の SIM を挿して使えることは先駆者がいたので判っていましたが、私自身もやってみて確認しましたので、今回はまず、

「au iPhone 5 の nanoSIM を INFOBAR A02 に挿して使う手順と注意点」

を以下に記しておきます。

なお、ここで紹介する方法は au の動作保証外の内容であり、au の保証が受けられなくなる場合がありますのでご注意下さい。当方は一切の責を負いませんので、ご了承下さい。


続きを読む

さて、長々と続けてきた INFOBAR A02 / HTX21 のファーストインプレッションですが、ひとまずインプレという形の記事は今回で終わりにしたいと思います。次回以降も INFOBAR に関して幾つか書く予定ですが、INFOBAR A02 のインプレとしては区切りにします。

今回は、今まで触れてこなかったカメラ関係を中心に触れていきます。

InfoBarA02_PhotoSample1


購入直後に使った時から「なんじゃこりゃ」という感もあったわけですが(画角的にも驚く)、慣れは必要だろうと1週間何も言わずに使い続けてきました。その結果としての感想でもあります。

先に結論を言っておくと糞です。慣れたら変わるかと思いましたが、iPhone と比較すればするほど糞です。さすが HTC 製というべきか。

INFOBAR A02 購入して少し使ってみてかなり気に入ったので、というか LTE エリアの広さと快適性は端末云々を超えるので、ひとまず iPhone 5 からメイン環境を移行して使ってみる方向でいるのですが、幾つかのネック、ハードルがあります。その最たるものが、この INFOBAR A02 のカメラ。

さらに酷いカメラの Android スマートフォンから移ってきた人はいざ知らず、iPhone という“機能的には最小限だけど、何も考えずに綺麗に撮れる”点ではスマートフォンで最優秀の部類に入るであろう端末からの移行となると、かなり厳しく言わざるを得ません。

というわけで、今回は INFOBAR A02 のカメラについてちょっと辛口に書かざるを得ないわけですが、カメラ以外の補足的な項目とともに以下、記しておきます。


続きを読む

今週はずっと INFOBAR A02 / HTX21 のことを書いていますが、それだけ気に入ってるということで(^-^)

iPhone はもちろん、Xperia Z ほどの人気機種でもないせいか、この場末ブログにおいても INFOBAR のことを書いても割とスルーされてるようで、購入前からググっても意外とレポート記事が少なかったりして、INFOBAR って意外とマイナーだったの?とか思ったりしています(AOAO の発売を待っていた分、新鮮味はないですが)。

噂では先行で発売されていたカラー NISHIKIGOI が入荷未定になって色々な噂がネット上でも飛び交っていますが、どうなんですかねぇ。発売されてまだ2ヶ月経っていないのに…。もちろん真偽不明ですし、買った身には関係ないことですけど。

ただ、充電クレードルだけはないとマジ困ります。iPhone のようにサードパーティから幾つも製品が出てくるなんてことはないでしょうから、純正が出てくれないとどうにもなりません(´・ω・`)

InfoBarA02_30


さて、過去3回にわたって色々と書いてきました。

INFOBAR A02 《AOAO》ファースト・インプレッション【1】
INFOBAR A02 《AOAO》ファースト・インプレッション【2】ちょっとダメ出し回
INFOBAR A02 《AOAO》ファースト・インプレッション【3】 〜屋内に強いLTE、動作速度もバッテリーも◎

今回はちょっと細かい点について書き連ねつつ、INFOBAR 最大の特徴でもあり私が購入する大きな要因になった iida UI 2.0 についてPart 2 で書き忘れた点を補足追加しておきたいと思います。

続きを読む

このページのトップヘ