Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo


タグ:Google

2週間前に国内発売された新型 Nexus 7 (2013) の LTE版。予約購入して、発売直後から半月使ってきたわけですが、すっかり愛用、愛機と言って良いくらいです。

特に、先日の三連休に信州へ行った時も含めて持ち出し率が大変高くなったこと、出先でちょっとした時に出して使いやすくなったことでしょうか。 iPad mini とサイズ的に大きく違うわけではありませんが、幅がスリムであることは確実に出しやすくなっていることに繋がっていると感じます。

Nexus7_2013LTE49


初代 Nexus 7 は少々厚みも重さもあり、直後に iPad mini の激薄さを触った後では持ち出す気は失せてベッドサイド専用端末になっていましたが、薄く軽くなった新しい Nexus 7 は身軽に単独で持ち出すも良し、Windows 8 タブレットやノートパソコンを持ち出すペアとしても良し、です。

大型閲覧端末としてならば、もう一回り小さな Xperia Z Ultra あたりが自分のベストサイズだと思っていますが、7インチより小さくなると今度は外部キーボードを使って作業しようという気がなくなるので、閲覧&作業両方を求めるなら、このあたりが妥協点かな、と思っています。

Nexus7_2013LTE53


ともあれ、初代と比べて圧倒的に持ち出す頻度が増えましたし、それが想定されていたが為に LTE 版の発売を待って買ったわけですが、

やっぱり買って良かった LTE版


です。出先で使う頻度が高ければ、タブレットでも 3G/LTE 内蔵に越したことはありません。

Wi-Fi 版にモバイルルーター、テザリングという手段はありますし、私自身この一年は Nexus 7 にしろ、iPad mini にしろ Wi-Fi版を買ってしまいましたが(繋ぎだと思ったので)、3G/LTE内蔵タブレットに復帰して、やはり持ち出すなら内蔵に限るね、と再認識。

過去モバイルルーターを長らく持ち歩いていた経験があるだけにそれがなくて済むのは有り難いですし(圏外の判別のしやすさなどの利便性もある)、スマートフォンのバッテリーを気にしながらテザリングを ON/OFF しなくても済むのは楽です。

逆にバッテリーの大きなタブレットをテザリングしっぱなしにして、モバイルルーター代わりにする方が便利ですしね。



ということで、頻繁に持ち歩くようになった Nexus 7。スマートフォンではありませんが、通話以外ではそれっぽいこともできます。出先で新型 Nexus 7 を使うにおいて気になることを幾つか触れておきます。


続きを読む

前編記事から間が空いてしまいましたが、先日の三連休は信州三昧、ガンバ大阪のアウェイ遠征応援あり、ドライブ堪能ありで、そのお供に買ったばかりの新型 Nexus 7 と、同じく買ったばかりの新型 Nexus 7 用キーボードケースをセットで持って行き、使っておりました。

それにしてもアルウィンはスタジアムの良さだけでなく、噂に違わぬ松本山雅サポーターの素晴らしい応援と親切さには少し感動でした。運営も素晴らしかった。そのおもてなしのせいか、勝ちきれず引き分けに終わってしまいましたが、また J1 の舞台で戦いたい相手、行きたい(非の打ち所のなかった)アウェイでした。

GR007245.JPG


さて、前述のように信州へは「新型 Nexus 7 (2013) LTE版+対応キーボードケース」を持っていって、現地でも仕事のメールやらブログやら書いたり、若干のお仕事メンテなどもしていたのですが、実際に使い込んでみて

ある意味予想通り(キー配列に難あり)だったけど
思った以上、期待以上に使えているキーボードケース


という印象です(ちなみに、同じ製造元と思われる初代 Nexus 7 用の中華キーボードケースのキー配列も確認しましたが本製品と同じでした)。

もちろん、Android OS ですから Windows 8 端末の ICONIA W3 やノートパソコンと比べると、できることには限りがあります。が、テキストタイピングや類する作業には(キー配列の難点があるにも関わらず)私には思った以上に使えています。

Nexus7_2013Keyboard05


この新型 Nexus 7 + 専用キーボードケースの組み合わせを使っていると、なんとなく

シグマリオンやモバイルギア(の一部モデル)を思い出させるサイズ感


だったりします。あのギリギリ感のあった、決して快適とまでは行かなくてもコンパクトなタイピング機として使える端末。この新型 Nexus 7 + 専用キーボードケースもそういう感覚があります。

決して郷愁というわけではありませんが、今ああいった端末の代わりとなる一つの回答かもなぁ、と感じています。これでもっとキーボード配列が真っ当ならば、本気でそう言えるのですけどね (キー配列の問題点は前編記事参照)。

さて後編では、

  • キー配列以外に注意すべき点(本体裏面への傷対策など)

  • iPad mini +キーボードカバー TM710 との比較


について、以下記しておきます。


続きを読む

先週の三連休は台風が本州を横断して京都をはじめ各地で被害が出ましたが、今月二度目の三連休はそのようなこともなく、残暑気味で天気は下り坂ながらも穏やかな連休を迎えています。そして、わたくしめは信州・松本に来ております。

GR007156.JPG


秋を見つけに信州ドライブに…と言いたいところですが、残念ながら?主目的は明日のガンバ大阪 vs 松本山雅戦の応援。ここ松本山雅は小ぶりながらも観戦しやすい立派なサッカー専用スタジアムを持ち、J2 でも指折りの熱心なサポーターがいるクラブ。

ですから、ガンバ大阪の J2 降格が決まった直後から、今シーズンこの松本には是非とも遠征してアルウィンスタジアムを体感しようと決めていて、どこの人気アーティストのライブやねん!というくらい発売直後に売り切れたチケット争奪戦を勝ち抜いてやってきました。

(いやホント、今年のガンバ大阪 J2 アウェイ戦のチケットの取りにくさは異常です。Jリーグ草創期でもここまでではなかったように思います。当時はガンバが弱小不人気クラブだったからですけど ^^;)

ともあれ、明日の試合を楽しみにしつつ、今回の旅でお供している端末は先週買ったばかりの新型 Nexus 7 (2013) LTE版。そして手元に届いたばかりの、新型 Nexus 7 用キーボードケースとの組み合わせを持ってやってきました。

Nexus7_2013Keyboard05


そして、このキーボードで本記事の無駄に長い大半をタイピングして使い心地を試しつつ、感想を書いております(いま松本のホテルに着いてから残り半分を書いています)。

先に結論を言っておくと、

他人にはとても勧められないが、個人的には意外と気に入った


製品です。他人に勧められないけれど、これから書いていく欠点を納得した上でチャレンジする分なら止めはしません。良いところもあるので、欠点に目をつぶれるなら、買いです。

とまぁ、そういった新型 Nexus 7 (2013) 用キーボードケースについて、その欠点と長所を書き連ねてみます。


続きを読む

本日は iPhone 5s/5c の発売日で、祭りの本番でした。初参戦のドコモは社長の差し入れやら渡辺謙、堀北真希を揃えてのオープニングやら宣伝にも力を入れていたようですが、孫社長はどこへ消えられたのでしょうか。

例年のような iPhone 持ち上げのツイートもしなければ、アップル発表会や発売日セレモニーにも顔を出さず、けれど月末の Android 秋冬モデル発表会には出席予定になっていますから、ドコモ参入でアップル憎しに転じて「iPhone はもう終わり、これからは Android」とかぶち上げるんでしょうか。まぁどうでもいいですけど。

いずれにせよ、これで毎年恒例の iPhone 祭りも終了。ドコモ参入という最大のネタも尽きたことですし、今後は話題性も低くなって、しばらくすれば「あの頃は盛り上がってたよなぁ」と振り返ることになるのでしょう。ちょうど、今のオヤジ、ジジイがドラクエ行列を振り返るように…

Nexus7_2013LTE48


そんなこんなで Twitter の timeline 上に並ぶ「iPhone 5s 予約完了」の文字を見て若干の負け組意識を感じつつも、私は新型 Nexus 7 LTE版を楽しく毎日使っております。負け惜しみじゃなくて、良い買い物をしたと思っています。

持ち出しタブレットを iPad mini から変更してスリム(薄さではなく幅)になった分、車内など出先でサッと出して使う頻度は確実に増えました。iPad mini は出先の、特に人目のあるところで使うには若干大きく感じていましたが、Nexus 7 のサイズはギリギリ許容範囲です(個人的な感性にすぎません)。

まぁ、iPhone もバリエーションが増えてきましたので、ここはなし崩し的に 画面比率 4:3 の 6.xインチ液晶の iPad nano とか、3.5インチ液晶の iPhone mini とかを出していただきたく(笑)



さて、前回の新型 Nexus 7 インプレ記事では初代の欠点の一つだった、やや厚め・重めだったのが見事に解決されて満足度が高まる一方、縦長になったことでやや重量バランスが悪くなったことを指摘しました。

それでもそれが些細なことであり、最初のインプレ記事でも書いたように「基本的に初代より改善された点ばかり」と感じるのは、

高精細化して断然見やすくなった新型 Nexus 7 の液晶画面の素晴らしさ


であり、尚且つ

薄く軽くなって、それでいて液晶が高精細化


されたことです。

Nexus7_2013LTE44
(ようやく “Retina” 画面に戻ってきたなぁ…という文字の綺麗さ)


初代 Nexus 7 が多少厚め重めだったとはいえ、軽量薄型化と “Retina Display” 化を両立したのは素晴らしいことですし、何かと文句言いの私もこれなら全く文句なしです!(笑)

それに

昔からの iPhone / iPad ユーザーだからこそ
液晶が高精細化される良さを実感してきた過去がある


わけで、そういう意味では「ようやく 7インチでも Retina になったか」という思いと、また iPad mini が後追いになってしまったことに少々の寂しさも感じています。

続きを読む

今晩の iOS 7 リリース、明後日の iPhone 5s/5c 発売で、スマートフォン/タブレット方面の話題は Apple 系一色ですが、スマートフォン、大型タブレットに続き、7インチクラスの持ち出し用タブレットまで iOS → Android を完了した私であります(^_^;)

そうはいっても iPhone 4S のサイズ感は捨てられずに現役ですし、iOS 7 への更新は様子見の 4S に代わって iPad mini を当面 iOS 7 テスト機にする予定で、今晩の iOS 7 リリースを待っております。

ちなみに iOS 7 では認証関係のルールが変わっているので、ウェブサービスにログインするアプリは事前に iOS 7 対応のアプリに更新しておかないと不具合が出る可能性があります。アプリを更新せずに iOS 7 にすると使えなかったり、再ログイン・コンテンツの再ダウンロードが必要になる場合もありますので、ご注意を。



さて、初代 Nexus 7 ユーザーが新型 Nexus 7 に触れた時に感じるのは、

薄く、(幅が)細く、少し軽くなって、そして画面が綺麗だなぁ


ということだと思いますし、ぶっちゃけ言えば、新型 Nexus 7 の改善点はそれらとメモリ倍増、背面カメラ追加が全てと言っても良いでしょう。

Nexus 7 は初代モデルの時点で機能的には完成されていましたので、機能面で 2013年モデルになって大きく変わったところはありません。処理速度的にも大きく変わった印象はありません

そういう意味では

使い勝手の改善はあっても、できることは初代モデルと同じ


です。メモリーカードスロットは Nexus シリーズらしく相変わらずありませんしね(最大の欠点)。

Nexus7_2013LTE21Nexus7Compare


ただ、初代 Nexus 7 はコストパフォーマンス最重視だった分、野暮ったさも存分にありました。中華Pad(激安の中国製タブレット)みたいな安物感満載というわけではありませんが、やや厚めで重量も少々重め。

特に、直後に iPad mini が出てきてしまっては、価格レンジがいささか違うとは言え、

「Nexus 7 は安くて使える良いタブレットだけど、iPad mini とは質感やデザインが天地の差だなぁ」

というのが正直なところでした。IT製品とは言え、商品はスペックだけで買うものではなく、特に持ち歩くモノとなればデザインや質感は(時にスペックよりも)重要なポイントです。

(安いだけの Kindle Fire / Fire HD よりマシ、というのは下を見すぎな話 ;-)

そんな野暮ったい初代 Nexus 7 に比べると

二代目は洗練された印象


です。iPad mini の質感・デザインにはまだまだ追いついてはいませんが(後述)、初代に比べれば随分と垢抜けました。

「価格が高くなってしまったので、これくらい良くなっても当たり前」というのは正直な思いですが、いずれにせよ、初代に比べれば良くなりました。店頭でちょっと比べるくらいでは大きな差はないように感じても、毎日使っていれば、その差は歴然です(もっとも見た目で一番の差は画面の綺麗さですが)。

続きを読む

先週金曜日に新型「Nexus 7」2013年モデル LTE 版(以下、新型 Nexus7 LTE)が国内でも発売開始となりました。過去の記事で何度か触れてきましたが予約してあり、発売日翌日に手元に届きました。

Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック(Android/7inch/APQ8064/2G/32G/BT4/LTE) ME571-LTE
Google Nexus 7 (2013) ME571-LTE

(Amazon では3連休が明けて在庫が復活、即納状態になっている)


最近は Android もクラウドへのバックアップ&レストア機能があり、同じ Nexus 7 のせいか、Googleアカウントへログインすると初代 Nexus 7 のアプリや環境設定が自動的に復元されました。

iOS ほど便利な復元機能ではありませんが、Android も随分と楽になりました(Mac や iOS は勿論、Android もこうやって整備してきたのに Windows は相変わらず周回遅れなんですよねぇ)。

到着日のうちに、ほぼ環境も構築できて使い始めましたので、3連休のうちにはファーストインプレの記事でも書こうかと思っていたのですが、バタバタとしていて3連休も過ぎ去ってしまいました。

が、その分、この3連休からしっかり自宅内外のタブレットとして使い始め、持ち出しての利用もしています(そのための LTE版購入です)。

新型 Nexus 7 は米国での Wi-Fi版発売から既に一ヶ月半以上、国内 Wi-Fi版発売からも半月以上経っていて、今さら私ごときがとやかく言うデバイスでもないのですが、私なりに思うところを述べていきたいと思います。

Nexus7_2013LTE01


特に過去、初代 iPad から iPad mini まで歴代 iPad を購入し、初代 GALAXY Tab などの Android 端末を使いつつも、メインのタブレット端末は iPad だった私が、

iPad (mini) から新型 Nexus 7 へメインのタブレット端末を移行する


今回ですので(そしておそらく Retina iPad mini が出てもメイン端末は移行しない)、そのあたりのことも含めて忌憚なく書いていこうかと思います。


続きを読む

Twitter で知って Amazon で確認してみると…

Nexus7LTE_SaleDate1


確かに Amazon の Nexus 7 (2013) LTE版のページでは、以前「この商品の発売予定日は2013年9月30日です。」だったのが、9月13日になっています。

Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック ME571-LTE

ただし、アカウントサービスの注文状況ページを見ると、まだ9月30日発売の時と同じ配送日になったままです。

Nexus7LTE_SaleDate2


元々 9月中旬発売予定だったので 13日でも全くおかしくないわけですが、13日と言えば、新型 iPhone の予約開始日と噂される日…iPhone を意識するようなことはないと思いますが、来週はなんか IT ガジェット的に色々と慌ただしい週になりそうです。


続きを読む

IFA で Xperia Z1 や GALAXY Note III などが発表され、いよいよ次期 iPhone の発表も間近になってきました。同時に電子インク採用の電子書籍専用端末も新型 Kindle Paperwhite、新型 SONY Reader の発表もありました。

個人的には今のところ、

  • 新型 Nexus 7 (2013) LTE版
    → 予約済み

  • 新型 Kindle Paperwhite (2013) Wi-Fi版
    → 予約済み

  • 新型 SONY Reader PRS-T3(国内未発表)
    → この期に及んでもフロントライト未採用なのでスルー予定…だけど、値段と実機見てパネルの質次第では買い換えるかも?


といったところが今秋の予定であります。

iPhone については過去モデルチェンジの度に予約&発売日買いを繰り返してきましたが、過去記事に書いてきたように iPhone 5 から 4S に戻って、4S のサイズ感に惚れ直したので 5S にしろ、5C にしろ、あまり興味ありません。

GPP Gevey SIMロック解除下駄を履かせ iPhone 4S を復活させて感じる、オリジナル iPhone サイズの良さ

今回初めて新型 iPhone をスルーすることになる予定ですが(少なくとも予約買いはしない)、幾つか流動的な可能性は残っています。


続きを読む

フル HD 液晶搭載、背面カメラ追加、クアッドコア CPU、メモリ 2GB、Android 4.3、Qi互換ワイヤレス充電対応という噂通りの内容で、新型 Nexus 7 が今日未明に発表されました。

初代 Nexus 7 を日本で予約開始と同時に購入して 10ヶ月使ってきた私としても、気になる存在です。国内販売当初は 16GB モデルしかなかったのでそれを買いましたが、その後すぐに 32GB モデルが出て悔しい思いをしましたので、買い換えたい気持ちも若干あります。

それに、

フルHD も速度向上もワイヤレス充電もどうでもいい
けど、薄く軽くなったのは魅力的!!


であります。初代 Nexus 7 は、ちょっと厚めで、そのせいもあってか若干重く感じていたので、新型の薄さ、軽さには惹かれます(コストパフォーマンス的にも)。

とりあえず、初代→新型 Nexus 7 の変更点(改良点)をまとめると、以下のとおり。

続きを読む

昨日、「ドコモ dtab は USB ホスト利用可、デジカメ写真も読み込める」という記事を書きましたが、dtab の USBホスト機能を確認した時点で思い出しました。

少し前の Nexus Media Importer バージョンアップで
外部メディアへファイル書き込みが可能に


なっています。Nexus Media Importer が Ver.5 になった時点で可能になりました(記事執筆現在 Ver.5.0.2)。すっかり忘れていました。

Nexus Media Importer - Google Play の Android アプリ

以前、メモリーカードスロットのない Nexus 7 の代替策として以下のような記事を書きましたが、こうなると“今は昔”になってしまいましたね。

Nexus 7 にないメモリーカードスロットの代替策【1】USB ホストケーブル + Nexus Media Importer
Nexus 7 にないメモリーカードスロットの代替策【2】Wi-Fi ストレージ/メモリーカードリーダー

Nexus 7 での USB 経由外部メディアへの読み書きは元々ハードウェア的には可能なことで、root を取れば自由自在にアクセスできていました。それが意図的に読み込み専用に制限されていたのが謎すぎますし、未だに Nexus Media Importer 限定ですから困ったものです。

もっとも、スマートフォンやタブレットに外部メディアを繋いで、デジカメのデーターなどを読み込む人はいても、何かしらを書き込む人は少ないでしょうから、あまり問題にならないのかもしれません。

とはいえ、せっかくある機能を無闇に制限されてるのも腑に落ちませんし、Nexus 7 でもようやく、何かしらのデーターを

外部メディアにバックアップ可能になった


わけですから、素直に前進を喜びたいと思います。

iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK
iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK

(この手の microUSB ホストケーブルで USB カードリーダー等と接続する)


ちなみに、Nexus Media Importer Ver.5 になっても、

標準設定のままでは外部メディアにファイルを書き込めません


ファイルを外部メディアに書き込み可能にするには設定の変更が必要です。

ということで、Nexus Media Importer で外部メディアへ書き込み可能にする設定方法と、ファイルを外部メディアへ書き込む手順について、以下簡単に記しておきます。


続きを読む

このページのトップヘ