Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Google

先日、毎月缶コーヒー1杯分でアップグレードできる(& iPhone から簡単にできる、支払いに iTunesカードが使える) iCloud の敷居の低さについて雑感を記しました。

月130円の誘惑 〜クラウドストレージのプチ・アップグレード

上記記事でも触れましたが、私自身が使っているクラウドストレージは iCloud だけではなく、Google ドライブ、マイクロソフト OneDrive、Dropbox、Amazon クラウドドライブ、といった大手/メジャーサービスに加え、BOX も利用しています。

これらは全部無料で使っているわけではなく、一時的なものも含めて有料アップグレードしているサービスもあります。

周りからは

「そんなに色々使っていて、どうするの?」

と言われることもありますが、それなりに使い分けているつもりです。

特に、天災がいつやってくるか判らないご時世ですから

クラウドにバックアップしておけば
自宅に何があってもデーターは残る


ということはありますからね。もちろん、秘匿すべき情報は安易にクラウドへバックアップするのが危険であることは言うまでもありません。

ともあれ、チラシの裏的な話ではありますが、私個人が常用している、Google ドライブ、マイクロソフト OneDrive、Dropbox、アップル iCloud、BOX 、Amazon クラウドドライブの 6種類のクラウドストレージの使い分けについて、簡単に記しておきたいと思います。

続きを読む

今月だと解除料の要らない更新月のガラケーをキャッシュバック付きの iPhone 5c に MNP しようかなぁ…と思っている昨今ですが、この1年ですっかり iOS と Android の完全両刀遣いになっている私。

アプリも両 OS で同じ有料アプリを買っていたりすることも少なくなく、両刀遣いは出費が増えるなぁ…と実感していますが、一番困るのは

「映像コンテンツの購入/レンタルは iOS/Android で共用できない」

というところ。

もちろん、hulu やバンダイチャンネルのようなサードパーティのサービスならいずれでも OK ですし、ドコモの dビデオはコストパフォーマンス抜群ながら両方で観られるのは便利で気に入っています。

反面、iTunes Store で購入/レンタルしたものは iPhone、iPad のみでしか観ることができませんし、Google Play では Android のみ。仕方ないとは言え、電子書籍同様に、

「複数の環境で視聴することを考えると iTunes も Google Play も不便」

だよねー、ということになっていました。

しかし、今回

Google Play で購入・レンタルした映像は iOS デバイスで閲覧可能


になる Google 公式アプリがリリースされました。

Google Playムービー&TV (AppStore)

幾つかの制約はありますが、Google Play で購入/レンタルしたものが iPhone、iPad で観られるのは両刀遣いにとっては嬉しいこと。Google は Apple のように自社環境縛りがキツくないので、国内でもようやく出たかという感じですが。

iTunes Store で買ったものが Android で使えることは、おそらく将来にわたってないでしょうし、Google Play カードも国内で発売されてクレジットカードなしでも使いやすくなったので、これはちょっと良い感じです :-)

ということで、利用制約も確認すべく、簡単ではありますが早速試してみました。


続きを読む

年末年始休みの最後になって体調を崩してしまった私ですが、仕事始めの今日、皆々様にはいかがお過ごしのことでしょうか。改めて、あけましておめでとうございます。今年も旧年以上に適当に書き連ねるブログになるかと思います。

さて、昨年のお買いものベスト第1位に「Nexus 7 (2013年モデル)」を挙げたせいか、年末年始に逢う人や Skype、LINE した人に「そんなにええの?」的に聞かれたりしました。

毎年末に書いている「お買いものベスト」は、あくまで自分のお買いものとしての評価であって、製品として高く評価するだけでなく、自分の使用頻度や “どれだけ元を取ったか”度が目安です。

コストパフォーマンスや価格衝撃度は 2012年モデルが圧倒的でしたし、iPad mini も Retina 化し、 Fire HDX という強力なライバルが出てきて、誰にとってもベスト商品というわけではありませんが、私には強くフィットしていました。



基本的に iOS にベースがある私にとっても iPad mini より Nexus 7 のサイズ感が合っていることは先日の記事にも書きましたし(Retina 化で若干重くなってるし)、いくら Kindle Fire が良くなったと言っても Google Play ストアは使いたい、というのがありました。

また、スマートフォンでテザリングができる時代とはいえ、テザリングなしでも常にネットと繋がっていること(通知やメールが受信できること)、もしくは常時テザリングでスマートフォンのバッテリーが心配になることを考えれば、持ち歩きタブレットにもモバイル通信機能が内蔵されている方が断然便利です。

そして日々の通信コストや融通を考えれば、SIMロックフリーモデルの方が好ましく、その点でも Nexus 7 は iPad mini の SIMロックフリーモデルよりは随分廉価に済むことが大きなポイントでした。

そういった点もあって、購入から4ヶ月経った今も変わらず評価は高く、愛用しまくっている Nexus 7 (2013) LTE版ですが、最近になって困っている、ただ一つの問題点があります。


続きを読む

日本国内でもそろそろ…と言われながら、なかなか発売されてこなかった Google のプリペイドカード「Google Play カード」。ようやく昨日12月9日、正式に国内発売が発表されました。

Google Japan - Google+ - 本日、Google Play ギフトカードの提供を開始しました

その名の通り、Google のオンラインストア「Google Play」のコンテンツ購入に利用できるプリペイドカードです。クレジットカードやキャリア決済を登録しなくても有料アプリ(アプリ内課金含む)、映画(レンタル含む)、書籍の購入に充当できるので、Apple / iOS と同じく随分と買いやすくなりました。

私の周りでも Android の欲しい有料アプリはあるけどクレジットカード登録するのは嫌だから我慢する、なんて人もいました。気持ちはよく判ります。クレジットカード登録していると際限なく買えるのも怖いですしね…(最近、電子書籍ストアがそうなりつつあるので歯止めをかけなきゃ ^^;)

また、キャリア紐付けの Android スマートフォン/タブレットを使っていない、ガラケーと Nexus 7 という組み合わせで使っている友人もいるので、そういう人にも朗報だと思います(従来も Vプリカを利用する方法はありましたが、一般的な手法ではありませんでした)。

Google Play カード発売の正式発表は昨夕でしたが、一昨日くらいから都内の一部コンビニで販売目撃例がありましたので、関西のコンビニでも売っていないか捜していたのですが、当方の立ち寄ったコンビニ数カ所では昨日の段階ではなく、本日になって販売開始されていました。

GooglePlayCard01
(昨日までなかったブラックの Google Play カードが一式)


私が販売しているのを確認したコンビニでは、ともに 1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の4種類の金額カードが置いてありましたが、他にも 15,000円、20,000円のカードがあるようです。

(友人の見たコンビニでは 10,000円カードしか置いてなかったというところもあったようで…速攻で他のカードだけ売れたのかも知れませんが)

というわけで、早速 1枚購入して試してみました。業界標準とも言える Apple の iTunes カードその他のプリペイドカードと変わらないので、特に難しくはありません。


続きを読む

Nexus 7 (2013) LTE版の国内発売開始から1ヶ月少々が過ぎ、予約購入した私もその期間ずっと愛用しています。今になっても新型 Nexus 7 への評価は以前の記事と変わらず、

不満が皆無とは言わないが、かなり高いレベルで満足


であり、購入直後にありがちなテンションの高さがすっかり収まっても満足感は続いています。

「やっぱりタブレットも LTE版の方がええわー」

というのも変わりませんし、

「ちょっと高めに感じたけど、思い切って買って良かった」
「多少不満があっても、良さが十分不満を上回っていて満足感高し」
「使っていて心地よい」

というのは、半年前に購入したデジタルカメラ「リコー GR」と同じで、GR と新型 Nexus 7 が今年買った満足度 “ツートップ” かなぁ、という印象です。

Nexus7_2013LTE57


新型 Nexus 7 (2013) の良さ、そして不満点については以下の記事でまとめたとおりで、一ヶ月使った段階では何も変わっていません。

半月使ってきてのまとめ、初代から買い換えただけの価値があったか? 〜新型 Nexus 7 (2013) LTE版 ファーストインプレ【5】

初代モデルより薄く軽くなったこと、持ちやすくなったことは LTE版を選択したことと合わせて、持ち出し頻度は確実に増えていて、

iPad / iPad mini メインだった頃より遙かに持ち出すタブレットになった


というのが実際のところ。

Nexus7_2013LTE31ThreeDevices


やはり iPad mini より小さい分だけ持ち出しやすく、また車内その他で出しやすいという印象はあります。ほんの少しの差なのですが、私の中では違いますね。それでも贅沢なもので、

「もう少し小さく、薄くなれば良いのになぁ。特に縦はもっとサイズダウンを」

という気持ちはあります。過去の記事でも書きましたが、やはり縦長すぎるバランスの悪さはあるので、上下があと 1cm ずつ(できれば上部は 1.5cm)削ることができるならばベストだったでしょう。

とはいえ、持ち出すのに、持ちだして使うのに困ると言うことはなく、以前の記事でも紹介した ↓ の中華キーボードケースも合わせて愛用しています。

続きを読む

過去記事で書いてきたとおり、先月購入した新型 Nexus 7 (2013) は LTE版を買ったこともあって、かなりの頻度で持ち出しています。

ノートパソコンや Windows 8 タブレットとペアで持ち出したり、キーボードケースとともに単独で持ち出したり、とにかく愛用しています。購入直後の嬉しがりハイテンション状態なだけだと思っていましたが、どうやらそうでもないようです。

さて、そうなると悩ましくなるのが Nexus 7 を持ち出す時のケース or カバー。

iPad でもよく見られる“背面ケースと液晶側のカバーが一体化して自動スリープ機能付きのケース”は新型 Nexus 7 用に幾つも出ていますし、保護という点では良いのですが、分厚くなりすぎて個人的には(買おうかな?と思うことは多いものの)敬遠しています。

背面に TPU ケースみたいなケースを付けた方が安全と判っていても、結局初代 Nexus 7 同様に裸で使っています(液晶保護フィルムも貼ってません)。スマートフォンは落としたり傷つけた経験はあるもののタブレットはないので、痛い目に遭うまではこのままな気がします(^_^;)

そんなタブレットは(Nexus 7 に限らず)裸で使っている私も、持ち運び時に裸のまま鞄に放り込むことはせず、たいていは適当なスリーブケースに端末を入れてから鞄に入れてます。

どれも百均やら高くても千円未満で買ったようなケースばかりなのですが、ふと Amazon で Nexus 用のケースを探してみると

194円のレザーケース


が。コレ↓



当然、値段なりのものであるとは誰しも判ると思いますが、それでも百均レベルの値段でフェイクレザーのケースは興味あったので注文して使ってみました。


続きを読む

毎年の iPhone 狂想曲が一段落ついて、これからは本日の WiMAX 2、ソフトバンクに始まって au、ドコモと Android 端末の発表会が続きます。ついでに 10月はデジタルカメラ関係の新製品発表も多いようで…物欲刺激されまくるようなことがあると困りますね(--;)

さて、このところ断続的に書いてきた新型 Nexus 7 (2013) LTE版も購入してから半月が経ち、完全に「いつも手元にあるもの」となりました。

結論から言えば、

満足以上、大満足未満


という感じです。その中間よりは大満足に近い感じでしょうか。おかげで、今年初めて“参加”を見送った iPhone 祭りも平静に見ていることができました。

過去記事で何度も書いたように、初代 Nexus 7 より持ちやすく、持ち出しやすくなって自宅内外の利用で活躍しており、かな〜〜り満足はしています。が、完璧とまでは言えませんし、細かい点では不満点もあります。ですから、大満足とまで言うのはちょっと…という感じです。

Nexus7_2013LTE51


しかしながら、昨秋、「本命は Retina 搭載機だよなぁ、繋ぎだよなぁ」と思いながら購入した iPad mini の時のような妥協感はないですし、初代 Nexus 7 のように「不満があっても安いから許す」的な妥協感もありません。

細かい欠点はあっても、

妥協なく買える/使える 7インチ端末になった


と感じます。まぁそれだけに、逆に小さな不満点を感じることもあるわけですが(値段的にも要求するレベルは上がっているしね)。

少なくとも私にとっては

初代を使っていて不満に思っていたことの殆どが解消された


のですから、一年で買い換えるだけの価値はあった、と言えます。

ただ、トップエンドの性能があるわけでもなく、価格破壊的な安さもなくなっていますから、初代ユーザーに「絶対買い換えるべき!」と言い切れるかは微妙で、実際周りの初代ユーザーの背中押したりもしていません。

ぶっちゃけ、

画竜点睛を欠く


部分も持ち合わせています。良くなって値段も上がったからこそ、そう思えてしまいます。

以下に新型 Nexus 7 (2013年モデル) の改善点、欠点を改めてまとめてみましたが、この二代目に魅力を感じるか、買い換えるに値するかは、以下の点にどれだけ魅力を感じるか、初代モデルの不満を改善されてると感じるか、もう一つと思って来年を待ちたくなるか、によるでしょう。


続きを読む

2週間前に国内発売された新型 Nexus 7 (2013) の LTE版。予約購入して、発売直後から半月使ってきたわけですが、すっかり愛用、愛機と言って良いくらいです。

特に、先日の三連休に信州へ行った時も含めて持ち出し率が大変高くなったこと、出先でちょっとした時に出して使いやすくなったことでしょうか。 iPad mini とサイズ的に大きく違うわけではありませんが、幅がスリムであることは確実に出しやすくなっていることに繋がっていると感じます。

Nexus7_2013LTE49


初代 Nexus 7 は少々厚みも重さもあり、直後に iPad mini の激薄さを触った後では持ち出す気は失せてベッドサイド専用端末になっていましたが、薄く軽くなった新しい Nexus 7 は身軽に単独で持ち出すも良し、Windows 8 タブレットやノートパソコンを持ち出すペアとしても良し、です。

大型閲覧端末としてならば、もう一回り小さな Xperia Z Ultra あたりが自分のベストサイズだと思っていますが、7インチより小さくなると今度は外部キーボードを使って作業しようという気がなくなるので、閲覧&作業両方を求めるなら、このあたりが妥協点かな、と思っています。

Nexus7_2013LTE53


ともあれ、初代と比べて圧倒的に持ち出す頻度が増えましたし、それが想定されていたが為に LTE 版の発売を待って買ったわけですが、

やっぱり買って良かった LTE版


です。出先で使う頻度が高ければ、タブレットでも 3G/LTE 内蔵に越したことはありません。

Wi-Fi 版にモバイルルーター、テザリングという手段はありますし、私自身この一年は Nexus 7 にしろ、iPad mini にしろ Wi-Fi版を買ってしまいましたが(繋ぎだと思ったので)、3G/LTE内蔵タブレットに復帰して、やはり持ち出すなら内蔵に限るね、と再認識。

過去モバイルルーターを長らく持ち歩いていた経験があるだけにそれがなくて済むのは有り難いですし(圏外の判別のしやすさなどの利便性もある)、スマートフォンのバッテリーを気にしながらテザリングを ON/OFF しなくても済むのは楽です。

逆にバッテリーの大きなタブレットをテザリングしっぱなしにして、モバイルルーター代わりにする方が便利ですしね。



ということで、頻繁に持ち歩くようになった Nexus 7。スマートフォンではありませんが、通話以外ではそれっぽいこともできます。出先で新型 Nexus 7 を使うにおいて気になることを幾つか触れておきます。


続きを読む

前編記事から間が空いてしまいましたが、先日の三連休は信州三昧、ガンバ大阪のアウェイ遠征応援あり、ドライブ堪能ありで、そのお供に買ったばかりの新型 Nexus 7 と、同じく買ったばかりの新型 Nexus 7 用キーボードケースをセットで持って行き、使っておりました。

それにしてもアルウィンはスタジアムの良さだけでなく、噂に違わぬ松本山雅サポーターの素晴らしい応援と親切さには少し感動でした。運営も素晴らしかった。そのおもてなしのせいか、勝ちきれず引き分けに終わってしまいましたが、また J1 の舞台で戦いたい相手、行きたい(非の打ち所のなかった)アウェイでした。

GR007245.JPG


さて、前述のように信州へは「新型 Nexus 7 (2013) LTE版+対応キーボードケース」を持っていって、現地でも仕事のメールやらブログやら書いたり、若干のお仕事メンテなどもしていたのですが、実際に使い込んでみて

ある意味予想通り(キー配列に難あり)だったけど
思った以上、期待以上に使えているキーボードケース


という印象です(ちなみに、同じ製造元と思われる初代 Nexus 7 用の中華キーボードケースのキー配列も確認しましたが本製品と同じでした)。

もちろん、Android OS ですから Windows 8 端末の ICONIA W3 やノートパソコンと比べると、できることには限りがあります。が、テキストタイピングや類する作業には(キー配列の難点があるにも関わらず)私には思った以上に使えています。

Nexus7_2013Keyboard05


この新型 Nexus 7 + 専用キーボードケースの組み合わせを使っていると、なんとなく

シグマリオンやモバイルギア(の一部モデル)を思い出させるサイズ感


だったりします。あのギリギリ感のあった、決して快適とまでは行かなくてもコンパクトなタイピング機として使える端末。この新型 Nexus 7 + 専用キーボードケースもそういう感覚があります。

決して郷愁というわけではありませんが、今ああいった端末の代わりとなる一つの回答かもなぁ、と感じています。これでもっとキーボード配列が真っ当ならば、本気でそう言えるのですけどね (キー配列の問題点は前編記事参照)。

さて後編では、

  • キー配列以外に注意すべき点(本体裏面への傷対策など)

  • iPad mini +キーボードカバー TM710 との比較


について、以下記しておきます。


続きを読む

先週の三連休は台風が本州を横断して京都をはじめ各地で被害が出ましたが、今月二度目の三連休はそのようなこともなく、残暑気味で天気は下り坂ながらも穏やかな連休を迎えています。そして、わたくしめは信州・松本に来ております。

GR007156.JPG


秋を見つけに信州ドライブに…と言いたいところですが、残念ながら?主目的は明日のガンバ大阪 vs 松本山雅戦の応援。ここ松本山雅は小ぶりながらも観戦しやすい立派なサッカー専用スタジアムを持ち、J2 でも指折りの熱心なサポーターがいるクラブ。

ですから、ガンバ大阪の J2 降格が決まった直後から、今シーズンこの松本には是非とも遠征してアルウィンスタジアムを体感しようと決めていて、どこの人気アーティストのライブやねん!というくらい発売直後に売り切れたチケット争奪戦を勝ち抜いてやってきました。

(いやホント、今年のガンバ大阪 J2 アウェイ戦のチケットの取りにくさは異常です。Jリーグ草創期でもここまでではなかったように思います。当時はガンバが弱小不人気クラブだったからですけど ^^;)

ともあれ、明日の試合を楽しみにしつつ、今回の旅でお供している端末は先週買ったばかりの新型 Nexus 7 (2013) LTE版。そして手元に届いたばかりの、新型 Nexus 7 用キーボードケースとの組み合わせを持ってやってきました。

Nexus7_2013Keyboard05


そして、このキーボードで本記事の無駄に長い大半をタイピングして使い心地を試しつつ、感想を書いております(いま松本のホテルに着いてから残り半分を書いています)。

先に結論を言っておくと、

他人にはとても勧められないが、個人的には意外と気に入った


製品です。他人に勧められないけれど、これから書いていく欠点を納得した上でチャレンジする分なら止めはしません。良いところもあるので、欠点に目をつぶれるなら、買いです。

とまぁ、そういった新型 Nexus 7 (2013) 用キーボードケースについて、その欠点と長所を書き連ねてみます。


続きを読む

このページのトップヘ