Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:GR

「ガンバの鹿島遠征がてら CP+ 行けば良かったけど、仕事がなぁ…」と思いつつ、小牧基地オープンベースには日帰りでまったり行こうと準備万端、朝4時に起きたのですが、目を覚ました瞬間、仕事の進捗状況が頭をよぎり、

マッタリ行くとしても明日の仕事に影響が出ると、来週の「区切り」までの作業進行が間に合わなくなるし、ファームウェア・アップデートした E-M1 Mark II と 300mm F4 IS PRO の試し撃ちに行くとしても、今年の小牧はブルーインパルスも来ないし、元々ファイターの機動もないから別にいいかなあ?基地祭にしては空いてそうだけど……


などと日和ってしまって、結局早朝から仕事をしつつ、DAZN で鹿島戦の中継を観ながら、こんなヨタ記事を書いています(^_^;)

また、時期的に確定申告の作業もあって昨年の領収書を整理していると、去年の3〜4月くらいまでは伊丹空港周辺のコインパーキングの領収書がこれでもかという感じでたくさん出てきて、今冬の全く行けなさを改めて実感するとともに、去年も5月以降は急速に伊丹空港周辺の駐車場領収書が減っていくのを見て、

機材ごときで撮影テンションが変わっちゃいけないと判っていても、機材で行く気のテンションが変わるのもまた事実だよな…


なんて心の中で言い訳しながら領収書整理をしておりました。(もちろん趣味にかかった費用は経費になりません…)

まぁ、今週末の遠征は諦めた分、来週末から目白押しのモータースポーツイベントにお出かけできれば良いんですけどねぇ(>_<)

cpplus2018_banner


さて、今週開催されている CP+ は期間内で特別サプライズがあったというわけではなさそうですが、ネット経由で見ていて、個人的に幾つか気になったことを備忘録的にピックアップメモしておきます。


続きを読む

購入から2年半近く、愛機と呼べる存在であったコンパクトデジカメ「リコー GR」を、表題のとおり先日売却しました。

初期購入限定の赤リングも付けていた他、メーカー提供の純正カスタマイズサービスも3種類も行って(レンズネームリング交換、シャッターボタン交換、シャッターボタンアジャスト)、まさに「自分だけの GR」になっていましたので、正直あまり売るつもりはなかったのですが……色々考えて売却しました。

GRCustomize14RedxRedStart

GRCustomize15

GRCustomize16


懐に余裕のない身であるから、というのは勿論あるのですが、昔から

使わなくなったデジタル機器を、放置して所持したままにしたくない


というのがあります。

最近は、パソコンもスマートフォンもデジタルカメラも進化の速度が落ち着いてきて、以前ほど1年2年経ったら別物レベルになるようなことはなくなりましたが、それでもやはり、“デジタル製品は生鮮食料品みたいなもの”だと思っていますので、基本的に、年月が経てばどんどん価値は落ちていきます。

カメラそのものに大きな愛着や価値を見いだす人も多いですが、私にとってカメラもパソコン、スマホ同様の単なるツールでしかありません。(そこは人それぞれの考え方なので)

GR は満足度も持ち出し率も高く、手をかけてそれなりの愛着もありましたが、

「使わなくなった GR だけど長く残しておくか? いや、それはないわ」

というのが自分なりの結論でした。

加えて、身も蓋もない話をすると、某所で売却値段を調べると2年半も経ったカメラの割には値段はそこそこつきました。さすが、コンパクトデジカメ最強ブランドともいえる「GR」だけあります。2年以上使い倒して、発売と同時購入した時の3分の1を大きく超える値段なら御の字です。

ちょうど築城航空祭に続いて、ナビスコ杯決勝のチケット代、遠征費用も工面しなきゃならない時だったので、「使わなくなったカメラを置いておくより、売って撮影旅行代やスポーツ観戦の費用に充てる方がええわ」と(^_^;)

まぁ GR 売って、高いチケット買って、埼玉くんだりまで行ったナビスコ杯決勝は、見事なくらい完敗しましたけどね! (>_<)

GR_Goodbye2
(準優勝の表彰を見るのは、ちょっと哀しい……)


ともあれ、愛着持って使っていた GR を手放す要因になったのは「使わなくなった」ことですが、その使わなくなった理由というのは、以下の3つでした。


続きを読む

ちょっと前から小耳に挟んでいたこともあって個人的に驚きはないのですが、リコーから新しい GR、「GR II」が今朝発表になりました。

GR2_Release1

大型イメージセンサー搭載のハイエンドコンパクトデジタルカメラ「GR II」新発売|RICOH IMAGING

ぶっちゃけ、現行 GR から 2年経っても大きな変化のないマイナーチェンジであり、現行 GR からの変更点と言えば

  • Wi-Fi、NFC が付いた(対応アプリも提供)

  • バッファメモリ増加で、最大連続撮影枚数が4→10コマになった

  • 画像処理エンジンは GR ENGINE V のままだが、高感度画像処理が向上した

  • AWB が一新されて改善された

  • エフェクトモードに明瞭コントロール、光沢コントロール、鮮やか、人物、雅、HDR調が追加された


というくらいで、センサーやレンズはそのまま、ボタン/ダイアル周りもそのまま、ボディ形状も Wi-Fi 対応で若干てっぺんに盛り上がりができたくらいで殆ど変わり無しです。

GR2_Release3


現行 GR も含めて何台かの GR シリーズを購入してきたユーザーとしては、

買い換え衝動が起きないマイナーチェンジで嬉しいような
ここまで何も変わらないとどこか哀しいような


そんな複雑な感じでもあります。


続きを読む

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。の三月になってしまいましたが、当方は既にもう花粉症でガッツリ辛い状況なので、とにかく春は大嫌いです。梅が咲こうが、桜が咲こうが、諸々花の季節だろうが、暖かくなろうが大嫌いです。

春は黄砂も多く、冬の澄み切っていた空が濁るわ、陽炎はキツくなってくるわで、ホント早く秋が来て欲しいです。昨今暑すぎる夏も要らないですが(今年も猛暑予報…)、とにかく春は辛いだけです。

とまぁ、そんな中ですが、昨日 GR をふと使いながら「そういや、そろそろ現行 GR も2年になるなあ。今春モデルチェンジするのかなあ?」と。


続きを読む

あっという間に今年も残り3ヶ月! 10月に入ってしまいました。大きな案件が一つ終わって、小さなちょい仕事も昨日納品して、年内の残る大仕事が一つあるものの、ようやく多重並行作業的忙しさも一段落で、秋冬の旅を考える余裕もできてきました。

放置プレイになりつつあるこのブログもどうしたもんかという感じですが、幾つかまた書きかけの草稿途中のまま時期を逸してしまったりで、まぁ適当にチラ裏ブログとして草葉の陰世間の陰で書いていくと思います。

で、昨日はドコモの秋冬モデル発表会があったものの、忙しくてロクに内容を見られていなかったのですが、夜に帰ってきて某有料メルマガのライブ配信なんかも聴きながら見ていたところ、こんな記事が。

リコーイメージング、スマートフォンの画質を認証する「GR certified」ロゴを発表 - デジカメ Watch
リコー「GR」シリーズ開発メンバーによるモバイル機器搭載カメラ向け画質認証プログラム 「GR certified」の開始および認証第一号決定のお知らせ|RICOH IMAGING

まー、なんなんですかねぇ、これは。

リコーは血迷ったん?


記事を見て最初に思ったのは、それでした。


続きを読む

去年今年と色々買ったカメラの中で GR だけは変わらぬ愛用具合であり、私にとっては「なくては困る」カメラの筆頭なのですが、その GR を持ち歩きする時に使っているケースはずっと、この↓純正ケースでした。



GR 購入直後にこのケースを買った際、本ブログでも記事にしました。

色々試して悩みつつ、結局買ってしまった GR 純正革ケース GC-5 〜コンパクトなGR用ケースなら現状一択で良い製品

このケース、純正だけあって GR にピッタリピチピチ。最初は少々キツいくらいですが、使っているうちに革が馴染んでとても良い感じに出し入れできるようになりますし、最小限のサイズでしっかり保護してくれます。

何よりこのケースの良いのは、ケースというよりはベルトに付けたり、リングを使って、腰からぶら下げてホルスタータイプのケースとして使えるところ。

サッと取りだして、サッと撮れる GR に相応しいケースと思って、1年3ヶ月愛用してきました。

GRcase20140904B


ところが昨夜、神戸の山の中、ユニバー記念競技場へガンバ大阪の応援に行った際、駐車場からスタジアムへ向かおうとした際に、腰から GR がコロコロコロと……Σ(;|| ̄▽ ̄)/

幸い屈んでいる体制での落下でしたので、ガシャーン!と落下破壊するようなこともなく(立った状態での落下なら終わってた)、見た目は殆ど傷もなく動作もとりあえず問題無さそうですが(レンズ周りに影響はあるだろうけど)、いやー焦りました。

ちゃんとケースに入れていたはずなのに、なぜ GR が転がり落ちたんだ??と思って見たところ、この純正ケースの縫製の糸が切れて(解れて)しまっていたのが原因だったようです。


続きを読む

昨日の機能拡張ファームウェア・アップデートで追加された「シフトクロップ」機能を試してみようと、大阪市内でアレコレ所用をこなしながらビルでも撮っていたのですが、今ひとつ上手い感じになってくれず、これはちょっと腰を据えて研究する必要があるなぁ、と感じている今日だったりします。

さて、昨日の記事は出先にて iPad の仮想キーボードでサクッと書いたので少々思うところを書くのを忘れていたのですが(今日も出先 iPad でのやっつけ記事だけど)、

「一年間使って満足度も高いし、客観的に見て完成度も高い GR に、これ以上必要なものは何だろう?」

ということをファームウェア・アップデートしながら、つらつらと思っています。


続きを読む

今年1月に第二弾がリリースされたリコー GR の機能拡張ファームウェア・アップデートですが、本日第三弾がリリースされました。

GR_FirmwareUpdate20140603A

Firmware Update Software for GR|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア | RICOH IMAGING

リコー GR の機能拡張ファームウェア・アップデートは「これくらい最初から入れとけや」という機能追加ではなく、発売時からそれなりの完成度、満足度がありつつ、さらにファームウェア・アップデートで機能追加されるので有り難いです。

昨年の機能拡張第一弾で追加された 47mm クロップ機能はまさかでしたが大変うれしい機能で、しょっちゅう使っていますし、Eye-Fi 利用時の RAW 転送禁止やシャッターボタン確定、Pモードの解放優先プログラム線図は常用し、フォルダ名設定変更も使っていて、どれも今やなくてはならない、あって自然な機能拡張です。

そして今回の機能拡張ファームウェア・アップデートの内容は以下の通り。第二弾あたりから、かなり地味になっていますが、これだけ細かくカスタマイズできる GR になかったのが不思議な設定もサポートされています。

続きを読む

一年前の5月末に APS-C センサー搭載になってフルモデルチェンジした、リコー GR が発売されて一年が経ちました。昨年の “お買いもの第2位” に挙げたわけですが、今なお愛用しています。

高感度画質の物足りなさや暗所AFのダメさ加減を思うと「APS-C になったからナイトスナップも最強だぜ」という目論見は若干外れましたし、お手軽スナップ機としてはもう一声寄りたくなる接近戦の弱さはあるものの、

コンパクトで、持ちやすくて、使いやすくて、速写しやすく、画質も○


まさに「コンパクトデジカメはこうあるべき」という思いは一年経った今も変わりませんし、正直言って、あまり他のコンパクトカメラが欲しくならない大きな理由でもあります。

特に、カメラの操作性/使い勝手においては私のベンチマークになっています。この一年、自分が購入し、使ってきたカメラの中でも「使い勝手の良さを標榜するなら GR の爪の垢を煎じて飲んでから言え」と思う機種もありました。

それほど気に入ってるということもあり、無精な私にありがちな

面倒くさいし「iPhone でええか」にならない希有なカメラ


でもあります。広角単焦点のコンパクトデジカメだけど iPhone でええかと思っても不思議ではないのですが、GR だけはなりません。

不精者であるがゆえに、画質のショボいコンパクトデジカメだと往々にして「iPhone でええか」になってしまいがちです(iPhone じゃなくスマートフォン全般の話)。コンパクトを持っていても出してセットして撮るより iPhone の方が素速く、ネットに上げるのも楽。

ってか、どうせコンパクトデジカメで撮る写真もその殆どが iPhone で撮るような適当日常スナップ、旅スナップとなれば、ふと「iPhone でええか」と楽に流れがちです。

私自身にとって GR の場合、その「iPhone でええか」ということが少ないのは次の理由からかなぁ、と思ったりしています。

続きを読む

最近は富士フイルム機のことをあーだこーだと言っていますが、愛機 GR は揺るぎない My Favorite Camera であり続けています。ポケッタブルなこのサイズでこの画質、そして圧倒的な操作感。良いですね。

さて、その GR に向けて、昨年10月に続く機能拡張ファームウェア第二弾がリリースされました。

Firmware Update Software for GR|ダウンロードサービス/デジタルカメラ関連ソフトウェア | RICOH IMAGING

早速適用して試してみましたが、今回のファームウェア・アップデート内容は以下のとおり。

続きを読む

このページのトップヘ