Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)


タグ:GPSロガー

ここ数日の記事では、歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された新機能「データー出力機能」の使い方と、出力データーの概要およびそのデーターの利用方法について説明してきました。

歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説
行動記録アプリ「Moves」から出力した位置記録データーを Google Maps やカレンダーで表示する方法
Moves からエクスポートした GPX, KML, iCal (ICS) データーをスマートフォン/タブレットで利用・閲覧する方法【Android 編】

昨日の Android編では、Moves からエクスポートしたデーターを Android スマートフォン/タブレット単体で利用したり、閲覧する方法について述べました。Android ではファイルの扱いがほぼパソコンと同じ自由度ですので、パソコン版と同じ方法+スマートフォン/タブレットらしくアプリ利用の2つがありました。

しかし、iPhone / iPad といった iOS 環境ではファイルの扱いにかなり制限があり、特にファイルを自由にアップロードすることができません(iOS でも Jailbreak すれば…といった話は除外した通常環境での話です)。

ファイルの扱いに大きな制約があるのは全てが欠点というわけではなく、アプリ毎にできるだけ高い閉じた環境を作っていることは Android と比べてセキュリティ的な優位点になっていますが、ブラウザでアップロードできるファイルが写真だけ、という制約があるので、

  • ブラウザで Google Maps を開いて、マイマップに KML ファイルをインポートして行動軌跡を地図上にプロットする

  • ブラウザで Google Calendar を開いて、行った場所、行動サマリーの ICS ファイルを読み込ませる


といったことができません。

iOS では純正ブラウザ (mobile Safari) 以外のブラウザアプリも純正ブラウザに準じたコンポーネントを使うことが義務付けられていますので、自由にアップロード可能なブラウザを作ることが難しい状況です(特別な条件において全くないわけではない)。

iCab mobile などの、ちょっと特殊なことができるブラウザアプリで試してみても無理なようでしたので、今のところ Google サービスへデーターを読み込ませるのは難しいようです。

ですから現在の iOS 環境(iPhone、iPad)では Moves でデーター出力しても

アプリで行動 (activities) データーを読み込んで地図上に軌跡を表示する


ことしかできません。

とはいえ、通常は行動軌跡の地図へのプロットができれば十分であり、「相変わらず iPhone/iPad はできることに制約があるけど、あまり不便は感じないかなぁ」と思っています。

これは今回の話だけでなく、色々と、Android から iPhone メインに戻ってきて感じることですけどね(もちろん、Android の方が便利なこともあるし、時には Android の方が簡単なこともある)。



というわけで、iPhone/iPad では適当なアプリで GPX/KML 形式の GPS ログファイルを読み込んで地図上に軌跡を表示することしかできませんが、Moves からのデーター出力したファイルのダウンロードと保存も少々特殊なので、そのあたりも含めて簡単に記しておきます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ 2記事に渡って、歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加されたログデーター出力機能の使い方を説明してきました。

歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説
行動記録アプリ「Moves」から出力した位置記録データーを Google Maps やカレンダーで表示する方法

最初の記事では Moves サイトからログデーターを出力する方法と出力した内容の説明を、前回記事では出力したデーターを Google Maps や Google Calendar に読み込ませる方法を説明しました。

ただ、前回記事の Google Maps や Google Calendar に読み込ませる方法はあくまでパソコンメインの話で、スマートフォン/タブレット上で出力したデーターを楽しむ方法ではありませんでした。

ですので、スマートフォン/タブレットだけで処理する方法を追加で説明しておこうと思います。今回は Moves で出力したデーターを Android スマートフォンやタブレットで処理/閲覧する方法を簡単に紹介しておきます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加されたログデーター出力機能の使い方と出力ファイルの中身を解説しました。

歩数計&行動記録アプリ「Moves」に追加された待望のログデーター出力機能の使い方と内容概説

上記記事で説明したように、Moves アプリで記録したデーターは Moves ウェブサイト上にバックアップされ、データー出力機能も Moves サイト上から行い、zip ファイルがダウンロードされます。

Moves のデーター出力機能でダウンロードされた zip ファイルには、多様なファイル形式・分類で非常に数多くのファイルが収められており、慣れていない人は「どれをどう使ったら良いの?」となりがちです。

しかし上記記事の最後に書いたとおり、通常使うファイル形式・種類はだいたい決まっています。そのあたりも含めて今回は、

「Moves のデーター出力機能を使ってダウンロードしたファイルを Google Maps や Google Calendar に読み込ませて利用する方法」

を簡単に説明します。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の行動を逐次記録していくアプリ「Moves」。歩数計やランニング記録などのヘルスログや単なる GPS ログを採るだけではなく、Foursquare と連携して行った場所を記録できるなどライフログ的なアプリとして、この手では定番サービス/アプリの一つとなっています。

Moves_ExportFunc34


私も以前から GPS ログアプリの一つとして時々使っていて、なかなか愉しいアプリと思っていたものの、GPS ログアプリ同様にバッテリーの消費量が気になっていました(この手のアプリではまだマシな方らしいですが)。

今年になって Moves を常用するようになったものの、心置きなく使えるようになったのはメイン端末を iPhone 5s に切り替えてから。iPhone 5s に備わるコプロセッサ M7 のおかげか、Android 端末で使っているよりはバッテリー消費がかなり削減されたので、ようやく常時オンにして使うようになりました。

(Android 端末で使っている時は GPS ログアプリと同じく、使う時以外は記録をオフってバッテリーが無駄に減らないようにしていました)

さて、そんな「Moves」ですが、GPS ログアプリ的に使いたい場合には、一つ大きな欠点がありました。

GPS ログのデーターを容易に出力できなかった


という点。

従来、iPhone版にせよ、Android版にせよ、Moves のアプリ単体では記録したデーターの出力は行えず、アカウント登録して Moves のウェブサービス側へバックアップしたログデーターを、Moves Export という外部サービスと連携して出力し、さらにそれを加工してようやく一般的な GPS ログデーターとして使えるようになる面倒臭さでした。

はっきり言って、Moves で記録した GPS ログデーターを Google Maps / Earth で表示させたい、と思っても、それらのデーターの処理に詳しくない人には到底無理な状況でした。

しかし、ようやく先週になって

Moves 本体にログデーター出力機能が追加され、
出力データー形式も豊富で各種アプリ/サービスで簡単に利用可能に!


なりました。

Moves_ExportFunc35
Moves_ExportFunc36


この待望の機能、昨日になって私もようやく試したところ、最初は

「アプリの更新情報にデーター出力機能が追加されました、って書いてあるけど、そんな機能どこにもないやん!」

と思ったのですが、Moves アプリそのものにデーター出力機能が追加されたのではなく、Moves のウェブサービス側にデーター出力機能が追加されていました

(そのため、Moves アプリ利用開始後にアカウント登録して、Moves のウェブサービスへ日々のデーターバックアップを行っていることが必要)

そんなことを Twitter 他で呟いたら、何人かの友人から「気がつかなかった」と言われましたので、以下 Moves のデーター出力方法と、出力されるデーターの中身について簡単に説明しておきます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと早く買っとけば良かった…」というのが率直な感想だった、ワイヤレス GPS ロガー HOLUX M-241。M-241 を使い始めた感想と Mac との絡みについては、先月多くの記事として取り上げました(今さらな話題が多いですけど)。

もっと早く買っとけば良かった… ワイヤレス GPS ロガー HOLUX M-241(前編)
もっと早く買っとけば良かった… ワイヤレス GPS ロガー HOLUX M-241(後編)
M-241 の GPS ログを Bluetooth 経由で Mac (Lion) に取り込む方法
GPS ログから写真に撮影位置情報を自動付加できる GPSPhotoLinker(写真の位置情報一括削除もできるよ)
EXIF 撮影日時やファイル作成・変更日時を自在に変更・同期できる ExifDateChange

その後も旅やドライブへ出かけるたびに持ち出して、GPSのないデジタル一眼やミラーレス機で撮った写真へのジオタグ付与だけでなく、旅の記録として重宝しています。GPS ログの軌跡を見てるだけで思い返すことができて良いですね。

方向や地理感覚には自信があるので、自分が通った、ドライブした経路については細かいところまで把握できているのですが、やはり客観的データーとして残るのは良いです。ホント、もっと早く買っとけば…と、いつも後悔しています。



さて、大したネタではないのですが、GPS ロガーで旅やドライブの記録を取るようになって、嬉しがって他人に見せることが少なからず出てきました。そういった“人に見せる”、“みんなで見る”用途にピッタリなのが、9〜10インチの大きめタブレット。ま、私の場合だと iPad になります。

そこで、必要になるのが、GPS ログを iOS デバイスで、iPad で表示するアプリ。

iPhone用 GPS ロガーアプリには他のロガーで取得したログデーターを表示する機能を持つアプリもあるようですが、iPad でシンプルにログ軌跡が表示できる(無料ないし安価な)アプリを探してみました。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

過去2回 GPS ロガーに関する記事を載せましたが、今回は前回記事の続きでもありつつ、GPS ログ云々に関係ない便利ソフト ExifDateChange の紹介です。

この ExifDateChange が本来目的としている機能は

デジカメの内蔵時計が狂ったまま撮影した写真の EXIF 撮影日時を一括変更


というものです。ただ、ExifDateChange では

・ファイル作成日時
・ファイル変更日時
・EXIF 撮影日時
・EXIF 画像画像変更日時
・EXIF デジタル化日時

の5項目について、これらのいずれかの項目を基準に修正することができます。

M-241_ExifDateChange02
(ExifDateChange 起動時画面)


具体的にどういうことができるかというと、

  • 指定したファイルのファイル変更日時をファイル作成日時に戻したい
    (ファイル作成時はファイル作成日時と変更日時は同一だが、その後ファイル変更をすると変更日時は当然変わるのを戻すことができる)

  • 逆にファイルの作成日時を変更日時に合わせて一括変更したい

  • ファイルの変更日時を作成日時から 3日と 4時間24分31秒だけ加えた日時に変更したい

  • カメラの内蔵時計の AM/PM を間違っていて12時間ズレたまま撮ってしまったので、写真の EXIF 撮影日時を全部 -12時間したい

  • 海外から帰ってきてカメラの内蔵時計の時差を修正せずに写真を撮ったので、撮影日時が6時間ズレたままのを一括修正したい

  • カメラの内蔵時計を1年間違えて設定していて、今まで撮った写真が全部1年前の撮影日時になってるのを1年分修正したい
    前回記事で紹介した GPSPhotoLinker でも EXIF 撮影時間の一括変更はできましたが、日付の変更は不可でした)

  • ファイルの変更日時が撮影日時になっていたのに(GPSPhotoLinker などの)ソフトで処理したら現在日時になってしまったので、ファイル変更日時を全て撮影日時に戻したい

  • 写真の撮影日時を全て+2時間30分して、ファイル作成日時およびファイル変更日時もその時刻に合わせる


といったことが可能です。

反面、

  • 全てのファイル作成日時や変更日時を yyyy年mm月dd日 hh時nn分ss秒 に統一したい

  • 写真の撮影日時を aaaa年bb月cc日 ee時gg分kk秒 に統一したい


というような「絶対日時での時刻指定による変更」はできません。あくまで、ファイル作成日時、ファイル変更日時、EXIF 日時を基準にした相対値を書き込む修正となります。

そういった制限はありますが、

頻繁に使うことはなくても、あると便利


なソフトです(あまり頻繁に使う機会はない方が良いソフトとも言えます ^^;)。

以下、前回記事に絡んで具体例を挙げてみます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回記事「M-241 の GPS ログを Bluetooth 経由で Mac (Lion) に取り込む方法」の続きです。

ワイヤレス GPS ロガー「M-241」で記録した GPS ログデーターを Bluetooth 経由で Mac に取り込み、撮影した写真と GPS ログデーターをマッチングさせて写真に撮影位置情報を自動付加させる手順の、今回は要の部分です。

ただし、GPS ログデーターを取り込んだ以後の話ですので、GPS ロガーは M-241 以外でも構いません。今回は

写真ファイルの位置情報を追加・削除できるソフト GPSPhotoLinker


の使い方です。

M-241_GPSPhotoLinker01
(GPSPhotoLinker)


GPSPhotoLinker は単に GPS ログデーターと写真をマッチングさせて写真に位置情報を付加するだけでなく、写真に含まれる位置情報を一括削除したり、手入力での追加も可能ですので、そのあたりも含めて説明します。

また、GPS ログと撮影写真をマッチングして位置情報を付加する今回の方法は「GPS ログの位置情報記録時刻と写真の EXIF データーに含まれる撮影時刻を照合」しますから、できるだけ正確な位置情報を写真に付加させるためにはカメラの内蔵時計を正確に合わせておく必要があります

ただ、時刻合わせを忘れてカメラの内蔵時計がズレている場合もあると思いますし、また GPS ロガーによる記録が途中で途切れてしまった場合もあると思います。それらの場合の対処方法も合わせて述べておきます。

  1. GPS ログデーターと写真をマッチングして写真に位置情報を自動付加する

  2. GPS ログが一部欠落・記録されてない場合のマッチング方法

  3. カメラの内蔵時計がズレていた場合に、写真の EXIF 撮影時刻を一括変更する方法

  4. 写真に含まれる位置情報を(一括)削除する

  5. GPS ログがない時に、Google Maps を見て写真に位置情報を追加する方法



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日「もっと早く買っておけば良かった…」と題して、今ごろ手に入れたワイヤレス GPS ロガー M-241 について記事を書きました。

もっと早く買っとけば良かった… ワイヤレス GPS ロガー HOLUX M-241(前編)
もっと早く買っとけば良かった… ワイヤレス GPS ロガー HOLUX M-241(後編)

そして、さらに今さらですが、M-241 で記録した GPS ログを OS X 10.7 (Lion) の Mac に Bluetooth 経由で取り込み、その GPS ログデーターで写真に位置情報を追加する方法を記しておきます(利用するソフトは全て無料のものを使用)。

先人たちが既に多くの情報を残していますが、現行 OS 下での自分・友人用まとめということで。

今回はまず、M-241 の GPS ログを Bluetooth に取り込む方法を、M-241 と Mac のペアリングから手順を追って記しておきます。

なお、大前提条件として

GPS ロガーのデーターと撮影写真をマッチングさせるつもりなら
デジカメの時計は正確な時刻に合わせておくこと


が必要です。

元々厳密な撮影位置記録ではなく撮影時の移動速度によっては誤差が出るものですし、十数秒程度ならあまり気にならないと思いますが、分単位でズレていると撮影位置の記録が明らかにズレる場合がありますので、この点だけは注意しましょう(後日、デジカメの時刻がズレたまま撮影した場合の対処方法も記します)。


  1. M-241 と Mac の Bluetooth ペアリング

  2. HoudahGPS で M-241 から GPS ログを取り込む

  3. HoudahGPS で GPS ログを KML に変換して Google Earth で表示させる



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前編で紹介したように、今更ながら GPS ロガーを入手して使い始めました。ゴールデンウイークに入手した直後、所用で広島へ行った時(ついでに宮島にちょい寄り)と先週北海道へ4日間行っていた時に使ってきました。

飛行機、新幹線、在来線、船、高速バス、路線バス、車、徒歩と様々なシチュエーションで利用しましたが、後述するトラブル以外では概ね正確に記録されていました。

M-241_06
(先週の帯広にて。著名な場所は立ち寄らず、変なとこ?ばかりだったかも…)


主に窓席に座りたがる“大きな子供”なこともあって、公共交通機関では GPS ロガーを腰に付けたままで窓席に座っている状態で、飛行機でも新幹線でも十分位置記録が可能でした。何度かバスの通路側座席ということもありましたが、その時も問題なく録れています。

もちろん、電車やバス、車でのトンネルの中などでは記録が途切れますし、建物内の奥まったところでもダメですが、概ね録りたい範囲では録れたように思います。

iPhone の GPS (+3G) はともかく PowerShot S100 は初期 GPS 捕捉がとっても遅く、また精度もそれなりで、完全に開けた場所ならともかく、電車内でも窓辺に S100 を置いていないと位置記録はできない状態でしたから、それから思えばずっと良いです(S100 の GPS がイマイチなのは判ってましたが…)。

M-241BT15Earth3
(長いトンネルが連続する山陽新幹線ではこんな感じ。トンネルの合間で録れてるので納得)

M-241BT16Earth4
(六甲・神戸の両長大トンネルに挟まれた半地下的な新神戸駅では GPS 捕捉できなかったようだ)


いずれにせよ、“専用機”ですので、基本的には朝出かける時にスイッチを入れて放ったらかしで、夜帰ってくるなりホテルへ入るまで何も気にせず行動記録が録れるのは楽です。

前記事でコメントいただいたようにスマートフォンや PowerShot S100 でも同じことはできましたが、それぞれの機械では主目的は別にありますから、“ちょい使い”ならともかく、丸一日使うとなるとバッテリー消費や使い勝手で GPS 記録を専用機で分けておく方が安心、気楽です。

スマートフォンは複数持っていますから1台を GPS 記録専用にすることも考えたのですが、スマートフォンアプリだと安定性という点で丸一日安心して動かしておけるかというと現状微妙なことも多いですからね…

ただ、本機でも4日間北海道へ行った際には、トンネルその他 GPS が捕捉できない場所でもないのに

突如ログ記録が途切れたり、記録されなくなることが何度かありました


確実な原因はまだ不明ですが(今後対策して再発しなくなれば確定できます)、M-241 自体がおかしくなるというよりは、勝手に停止ボタンが押されるような状態になったのでは?と推測しています。

その点については色々と試してみた結果、今後の注意点も判りました。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ゴールデンウィークの小ネタ記事にも書いたように「ワイヤレス GPS ロガー M-241」をゴールデンウィークの最後の方に入手して早速使い始めました。

キッカケは以前も書いたように、キヤノン EOS 用 GPSレシーバー GP-E2 をキャンセルしたこと。その時の小ネタ記事で単体 GPS ロガーの M-241 を買おうかな…と書いたら、使わなくなった友人が安価で譲ってくれました。



元々7千円前後で売られているものなので、今まで買おうとしたことは何度もあったのですが(Amazon の買い物カートの「今は買わない」コーナーに長く入れっぱなしだった)、無駄遣いが多い私にも関わらず、なぜか今ひとつ踏みきれませんでした。

そして、実際に使ってみて痛感したのは

もっと早く買っておけば良かった…


という後悔の念。旅好き、ドライブ大好きな私が、他に色々無駄なものを買って、なんでこれを買わなかったのか…と。

街歩きから旅、ドライブまで出かけるのが好きで
あとから歩いた道や通った経路を振り返りたい人なら必須


と言ってもいいでしょう。間違いなく楽しい。

M-241BT13Earth1
(道や電車なら経路が記憶にあっても、船の航路は GPS 記録ならでは)


加えて、スマートフォンなどを使った経験から

デジカメの写真にも撮影位置情報が付いてると便利だよなぁ…
と思っている人にも絶対オススメ


スマートフォンと同じようにデジカメにも GPS 機能が付いているのが一番便利ですが、GPS ロガーで自分の行動記録をしておくことで、

GPS のないデジカメで撮影した写真にも
あとからパソコン上で写真に撮影位置情報を付加することができる


のは便利です。以前からそれが可能なのは知っていましたが、実際やってみると重宝しますし、その作業も簡単。なんで食わず嫌いだったのかと、反省中。

M-241_04
(PC上で GPS ログとマッチングして GPS のない NEX 撮影写真に位置情報を付加)


一手間かかっても GPS ロガーを使えばデジカメを買い替えなくて済むし、デジタル一眼レフ用の純正 GPS アダプターと比べるとずっと安くて取り回しも楽。旅カメラのお供には重宝します。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ