Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:Fire

外へ持ち出すタブレットは 10インチクラスの「iPad Air 2」なのに、より小型な 7インチタブレットの「Nexus 7 (2013)」は自宅内専用(ほぼベッドサイド用)になってる私ですが、両方とも使い込んで年月が経ってるせいか、それなりにへたっております(´Д` )

iPad Air 2 の方はバッテリーはだいぶダメになっていますが、iOS 10 でも処理速度に不満を感じることはまだ殆どないので、バッテリー交換さえすればまだまだ現役ですが、Nexus 7 (2013) の方はモッサリ感があるだけでなく、時々原因不明のフリーズも起きます。

Nexus はベッドサイドに置いてあることもあって朝の起床アラーム代わりにもしていますが、アラームが鳴って画面タップで停止→スヌーズになるはずが、画面タップしたらアラームのメロディがブザー音に変化してフリーズ、電源ボタン長押しで強制オフするまで耳障りなブザー音が止まらないという、確実に起床できる迷惑極まりない症状が度々発生しています。

そんなわけで、そろそろ iPad Air 2 はバッテリー交換、Nexus 7 (2013) は新しい 7インチタブレットを物色していて、その候補の一つが、Amazon Fire タブレット。

先日大規模なセールをやっていて、そろそろモデルチェンジを匂わせていましたが、噂どおりに昨晩発表になりました。



7インチタブレットの「Fire 7」が 8GB/16GB ストレージの2モデル、8インチの「Fire HD 8」が 16/32GB ストレージの2モデル。いずれも 6月7日発売予定。

特長は唯一、激安価格だけ


と言ってもいいくらいで、スペックは凡庸もしくはそれ以下ですが、値段だけは激安。

続きを読む

未明からの iPad mini 祭りがようやく一段落しそうになってきた午後、

Amazon Kindle の国内展開を発表!


となりました。

発表内容をまとめると、以下のとおり。


続きを読む

今晩は以前から噂になっていた Amazon のタブレットデバイスの発表でした。名前も「Kindle Fire」とリークされていた通りの名前でしたが、驚きは価格。



7インチ IPS 液晶(1024x600 pixels)、デュアルコア CPU、内蔵ストレージ 8GB、413g と、昨今の Android タブレットと比較すると、それなりのスペック(最新世代と比べると普及機に属するクラス)。

おまけに Android ベースではあるが Android タブレットではないので、Android マーケットの多彩なアプリは使えないものの、独自のチューニング、Amazon Silk によるウェブ表示高速化が可能という利点もある。

まぁ、あくまで Kindle、あくまで Amazon のサービス利用とウェブ閲覧のための端末ではあるが、それで殆ど賄えるという人は少なくないはず。

それに

お値段 $199


という激安価格。日本円にして1万5千円強。ヤバすぎる。

一応、スペックを見ると以下のとおり。

続きを読む

このページのトップヘ