Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:FUJIFILM

日本代表、ブラジルW杯初戦コートジボワール戦は完敗でしたね。点差以上に厳しいものがありました。私は午後から福岡で所用があったので、いつもの昼前の便での移動ではなく早朝便で移動し、福岡空港近くのレベルファイブスタジアムで行われたパブリックビューイングで観戦・応援していたのですが、ただただ残念。

日本らしいサッカーで向かって叩きのめされるのはドイツW杯を思い起こさせなくもないですが、次戦ギリシャ戦を勝てば望みは繋がりますから、次は招待チケットが当たった某パブリックビューイングにてしっかり心を送りたいと思います。

Level5StadiumPV20140615


さて、以前の記事にした X-T1 後継機?の噂はその後もまた色々ポロポロと出てきているようですが、まあそのことについて思うところはまた別途書くことにして、気を取り直しつつ?先週発売された X-T1 用ロングアイカップを週末使ってみました。



ので、その感想を福岡からの帰路の時間を使って記しておきます。続きを読む

昨日届いた X-T1用のロングアイカップ、装着するボディを富士フイルムのサービスステーションに取りにいけてなかったので、すぐに試すことができませんでしたが、本日修理上がりのボディを取りに行くことができて、早速付けています。

ロングアイカップを付けてみた感じ、特に眼鏡ユーザー的にどれくらい良くなったかについては週末にでも少し使ってみてから感想を書きたいと思いますが、とりあえずアイカップもデカくなって、ますます一眼レフ感が増しています。

X-T1_LongEyeCup1


斜光線対策はどうなのかはともかく、一眼レフユーザー的には慣れていることもあって、最初からこうしていればいいのに、が第一印象だったりします。

さて、本日 X-T1 やレンズを受け取りに富士フイルム大阪サービスステーションへ赴いたところ、来週月曜日から大阪/福岡でもサービス開始される XFレンズレンタルサービスの準備が整っていました。

東京でレンズレンタルサービスを 経験している人には既知でありましょうが、富士フイルムのレンズレンタルサービスの価格がサービスステーション内に掲示されていましたので、自分のメモ用に記しておきます。


続きを読む

今日夕方、ヨドバシ.com から X-T1用のロングアイカップの発送メールが来ましたが、おいらの X-T1 は端子カバー対策修理に出してまだ戻ってきていません。月曜夕方に上がりましたという連絡をいただいたのですが、ちょうど今週の予定を fix した後だったので、ロングアイカップを試せるのは週末ですかねぇ。



さて、先日 X-T1 に早くも後継機が(すぐにでも出るという噂を流した FUJI RUMOURS ですが、また気になる噂というか、富士担当者とチャットしたという人物のブログからの情報を掲載しています。

Fuji Rep confirms: 18-135 coming next week (June 16th),16mm + 120-400 sounds right too, new firmware updates on the way | Fuji RumorsFuji Rumors

富士フイルム初の防塵防滴レンズ XF18-135mm は FUJI RUMOURS 以外でも来週 6月16日発表、7月発売という噂が流れているので(ソースロンダリングかもだけど)、どうやら確定的のようですね。

気になるのは XF56mm F1.2 R 並みという噂も出ていた価格だったり(今回紹介されてるサイトでは£699 と書かれているので XF56mm 並みですかねぇ) 、F値が小さめになるという噂だったりあった仕様ですが、高倍率ズームレンズも「デカく重く高くなってもガンガン行くぜ」路線なのでしょうか。

結構買う気だったのが完全に萎んでしまった私も、そのあたりは興味あります。UK では X-T1 ユーザー向けに割引があるとかいってますが、完全に他人事になりつつあります……(^_^;)

また、今回の FUJI RUMOURS の噂記事では XF18-135mm だけでなく、

My chat with the Fuji Rep | Christopher's Photo and Tech Blog

上記サイトの話を元に、以下のように幾つかの噂(富士担当者から聞いた話)を載せていて、ちょっと気になるのもあります。

続きを読む

昼間は真夏日 32℃だったものの、夜は涼やかな風が吹いて心地着くなぁ…と思いながらの帰路途中、Feedly で RSS Feed をチェックしていると、FUJI RUMOURS に「なんじゃこりゃー!?」な記事が。

X-T1 with hardware upgrade coming soon? | Fuji RumorsFuji Rumors

要約すると、

2つの信頼できるソースから、富士フイルムがX-T1 のマイナーアップデート機種(X-T1b?)をリリースすることを教えてくれた。高解像度の EVF 搭載など幾つかのハードウェアの改良が期待できる。発表は今月中かもしれない。


という噂。

えーと、今日は4月1日だったっけ???


続きを読む

ちょうど一ヶ月前に、富士フイルムが XFレンズの廉価なレンタルサービスを開始することを発表しました。

富士フイルム、XFレンズのレンタルサービス&クイックメンテナンス開始!

この時は東京サービスステーションだけの受付。「大阪や福岡にもサービスステーションがあるんだから、そちらでもやってくれたらいいのに…」と思っていましたが、一ヶ月遅れで大阪および福岡サービスステーションでも「レンズレンタルサービス」を開始されることが決まりました。

XFLensRentalOsaka
(本日午後届いた富士フイルムのメールから抜粋)

大阪サービスステーション | 富士フイルム
福岡サービスステーション | 富士フイルム

大阪サービスステーションにおけるレンズレンタルサービスのスタートは来週6月16日(月曜)から。

レンズレンタルサービスの内容は東京サービスステーションとほぼ同じ仕様で、お値段は1泊2日 1,080円から、当日返却は無料というリーズナブル価格(最大 7泊8日)。

いくらレンズの価格が安いとは言え、巷のレンタルサービスでレンズを借りる金額から比べると随分と安く、当日返却なら無料ですから、「富士フイルム様、キャーすてきー!」なサービスです(決して棒読みではない ^^;)。


続きを読む

来週からワールドカップ開催のため、Jリーグも J1 は中断期間中。なので、午前中に代表戦の馬鹿試合を見てから、午後は J2 観戦。一眼レフを背負って撮影しようと出かけたのですが、現地について撮り始めたら CF が入ってない……予備も持ってくるのを忘れて 5kg の重りを背負って往復しただけでした(>_<)

ここしばらくスナップ撮りしかしてなかったサッカー撮りのリハビリのために行ったのですが、いやはや久しぶりに間抜けなことをしてしまいました。雨降りの中、人間もレンズもレインコート着て撮ろうと思ったら…でしたからね。試合内容もロクに頭に残らず、凹んで戻ってきました(-_-;)


さて、今週 X-T1 を修理に出しました。故障や破損したわけではなく、発売直後にリリースのあった、端子カバー開放時に入射光が内部に影響するという問題の対策です。

デジタルカメラ「FUJIFILM X-T1」をご使用のお客さまへ : お知らせ | 富士フイルム

殆ど影響するような使い方をすることはないのですが、昼間レリーズケーブルを使うことが皆無ではないので、レンズのチェック・調整をお願いするタイミングで一緒に出しました。

上記リリース発表後、使わないタイミングを見て出そうと思いつつもメインカメラとして常用していたので出す機会がなかったのですが、最近は持ち出し率が下がっていますし、梅雨入りもしたこともあるので、このタイミングで出すかな、と。

来週末には X-T1 用のロングアイカップが発売されるはずですから、X-T1 が戻ってきてロングアイカップはめて、夏に向けてまた快適に使えるようになるのではないかと思っています :-)



さて、そんな感じで X-T1 が手元から離れて Xマウントを使う時は X-E2 をしばらく使うわけですが、またこのタイミングで X-T1 について適当に戯れ言でも書いておこうかと思います。


続きを読む

なんだかんだと文句を言いながらも愛用はしている X-T1 ですが、動体相手の撮影能力と操作性については私の評価は激低いことは購入から3ヶ月以上経った今も変わりません。

特に、世間では「X-T1 は操作性に優れたカメラ」と言われることも多いわけですが、個人的には購入直後から指摘しているように

アナログ操作系ばかりに意識が行って
デジタルカメラなのにデジタル操作系が糞ったれ


と感じていますし、これはいくら慣れようとも変わることのない意見です。

もちろん、X-T1 の操作性が全面的に悪いとは思っていませんし、人それぞれ感じ方は違いますから雑誌やらレビューしたプロカメラマンなど他人の意見を否定するつもりはないですが、アナログダイアルがあれば操作性がええとかいう風潮はウンザリであり、

アナログダイアルの長所ばかりフィーチャーされ、
十字ボタンのダメさ加減を指摘するレビューや感想の少なさ


には、つくづく嫌気がさしていましたが、この十字ボタンのダメさ加減について苛立っているのは私だけでなく、海外サイトでも色々と議論になっていましたが、最近 FUJI RUMOURS で十字ボタンに関する面白い話題が2つありました。


続きを読む

【追記】富士フイルムとキヤノンがミラーレスで提携するという噂は、Canon Rumours がトップページの記事リストから削除したり、ツイートも削除したので、真っ赤な嘘であろうと思います。以下、与太話として残しておきます【追記終わり】


ここでも散々書いてきているとおり、現在の私のメインマウントはキヤノン EF (EOS) と富士フイルム X のダブルメイン体制。

三度買って三度手放したマイクロフォーサーズや、Xマウント拡充のために犠牲になったソニー Eマウント (NEX) なども使っていましたし、Nikon 1 は売る気なく手元に置いてありますが、キヤノンと富士のツートップ体制。

去年正月から今年3月までに富士フイルムに投入した金額はかなりのもので、資金捻出のために NEX / Eマウントを結局全て手放し、EFレンズも使用頻度の低いものを中心にだいぶ犠牲になりました(^_^;)

もっとも、X-E2 を買い、X-T1 も買って、とりあえずどんな謳い文句を掲げようと富士フイルムの動体撮影能力はウンコ、ということがハッキリして、さすがにこれ以上その部分に期待するのは無駄なので、今年度は EF / EOS 復権で、ここ数年さぼっていた EFレンズのリニューアルを頑張るつもりです。

X-T1 + XF55-200mm が動体相手には不安定すぎて使っていてストレス Max ですので、お手軽望遠システムには EOS 70D + EF70-200mm F4L IS USM を投入しようかと思っていますが、EF70-200mm F2.8L IS II USM への買い換えもあるのに F4L IS 買うのもどうしたもんかとか色々悩み大きい昨今です。

どうせ金策的にそのあたりの EFシステム拡充は秋になりそうですから、もうしばらく頭を悩ませてみようかと思っています。まあ、秋になれば EOS 7D Mark II & 新型 EF100-400mm の発表でそれどころじゃなくなるのかもしれませんが……

 
(良レンズ EF70-400F4L IS が値下がらないのはともかく、70D もなかなか下がらず…)


さて、そんなキヤノン&富士フイルムのダブルメインな私にとって、数時間前 Canon Rumours に見逃せない噂が掲載されました。

Fuji & Canon Partnership for Mirrorless in the Works? [CR1] ≪ Canon Rumors

タイトルにあるとおり、

富士フイルムとキヤノンがミラーレスで提携するかも?


という噂です。上記記事によれば、EF-M レンズが Xマウントに付いて通信制御も可能になる(AF や IS が利用可だろう)とのことらしい。

もっとも、

噂レベルの判定は CR1 だから、全く信用には足らない噂


だから話半分どころか、ネタレベルである。

ただまぁ、根も葉もない噂でも、嘘八百でも EF マウントと Xマウントのダブルユーザーとしては興味ありありにならざるを得ない。別に信じたくなる、そうなって欲しいと切望するような話ではないですけど。


続きを読む

以前からチラホラ噂の出ていた XFレンズの廉価なレンタルサービス(XF18mm、XF27mm や XC レンズを除く)を富士フイルム自ら開始することを本日発表しました。

デジタルカメラXシリーズ レンズレンタルサービス開始のお知らせ : お知らせ | 富士フイルム

キヤノンやニコン、ソニー(ミノルタ)を始め、メジャーマウントのレンズだとレンタルカメラ会社で借りることはできますが、富士フイルムのような新興かつマイナーなマウントでは扱っているところも希少ですし、何よりも

当日返却はレンタル料無料!1泊2日 1,080円〜


という超絶安価なレンタル料金設定!!

レンズやカメラをレンタルしたことがある人なら判るように、正直結構ええ値段します。特にレンタルしたくなるような弩級レンズや最新鋭カメラだと、2〜3泊で借りれば廉価なミラーレス機が1セット買えるくらいかかりますからね。

XFレンズは元々の価格がどれも安いとは言え、この価格であり、また

レンズのレンタルサービスの事前予約はできない


ということから、レンタルと言うよりも完全にユーザーサービスの一環と言えます。

(とはいえ、キヤノンやニコンがプロサービス以外にこういうサービスをやるわけには、なかなかいかないでしょうからねぇ。マイナーゆえのメリットだと言えます)

また、デジタルカメラ、レンズの外観クリーニング、および簡易動作チェック、ファームウエアアップなどを無料で行うクイックメンテナンスサービスも開始されるとのことで、これまた良いですね。

昨今の富士フイルム機、特に X-T1 みたいなデザインだと年齢層の高い方々もご購入されているでしょうから(実際に事前イベントを見てもそうだった)、ファームウェア・アップデート一つとっても、なかなか難しい人も多いでしょう。そういった人たちへ対策も抜かりなし、ということになりそうです。

いずれにせよ、ファームウェア・アップデートのことも含め、後発の分だけ

ユーザーサポートに対する高い評価の確立


を目指そうという真摯な姿勢は伺えますね。

ただ、今回の XFレンズ・レンタルサービスも、クイックメンテナンスサービスも…

続きを読む

X-T1 発売前後から X-E2 のファームウェア・アップデートが提供されるという話はありましたし、私自身もイベント時にお聞きしたりもしましたが、ようやく X-E2 の最新ファームウェア (Ver.2.00) が提供されました。

世界最短のファインダー表示タイムラグ0.005秒など、機能、操作を改善した最新ファームウエアを公開 「FUIFILM X-E2」 : お知らせ | 富士フイルム

X-E2 の最新ファームウェアは以下のページからダウンロードできます。

X-E2 のファームウエアの更新:概要 | 富士フイルム

今回は機能追加がありますので、追加機能の PDF マニュアルも提供されています。

X-E2_Ver.2_01

X-E2 追加機能(Ver.2.00以降)[X-E2 New Features Guide(Ver2.00 or later)] (PDF)

そして、今回追加された機能は以下のとおり。

続きを読む

このページのトップヘ