Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:FUJIFILM

今年は2年に1度開催される Photokina が9月にありますので、これから夏の終わりに向けて各社精力的な新機種が次々と発表されるのでしょうが、その第一弾と言うべき形で富士フイルムのダブルフラッグシップの一つ、X-Tシリーズの新機種 X-T2 が発表されました。

X-T2 | FUJIFILM X
X-T2_1


本日はシグマのミラーレス機 SD Quattro の発売日でもあり、先日はハッセルブラッドもミラーレス中判カメラを発表し、キヤノン、 ニコン、ペンタックス・リコーを除いてはすっかりミラーレス機ばかりとなったレンズ交換式デジタルカメラ。

2年前に富士フイルム Xマウント一式を始め、手持ちのミラーレスシステムを全て処分してデジタル一眼レフに舞い戻った身としては、ミラーレスの新機種には興味ありつつもほぼ完全にスルーして、周囲に購入した人がいれば少し試させてもらってるくらいの昨今。

ですが、手放したとは言え、やはり富士フイルム Xマウントシステムは嫌になって手放したというわけではないので、今でも各社ミラーレスシステムの中では唯一気になる存在であります。

X-T2_4
(XF14mmF2.8R もコンパクトで良い超広角レンズだったなあ)


富士フイルム的にはレンズロードマップの達成が一段落を迎えたせいか、今年はボディの年として、ダブルフラッグシップの X-Pro2 に続いて X-T2 を発表して世代交代完了、

富士フイルム X システムも第二ステージへ


というところでしょう。噂されるデジタル中判システムのことはありますが、

「今後 Xシステムが、富士フイルムがどういう方向性で行くのか」

というのは興味ありますし、X-T2 のウェブサイトを始め、久しぶりに富士フイルム X シリーズ・レンズのウェブをじっくり見ていると「うーん、どうするんだろ?」と思うところもあります。

まず、今回発表された X-T2 の特長、特に X-T1 からの新機能面を挙げると以下のようになります。


続きを読む

晴れ予報と思って空港へ撮影に出かけたら、晴れは晴れでもガスガス空気だった、ということばかりが続いて凹むことの多い昨今、冬ももう終わりで妙に焦りますね。花粉症と腐った空のダブルパンチの春なんて別に来なくても良いんですが…

そういえば、昨日記事のシグマの項で書き忘れましたが、これだけ様々なレンズを出してきて 70-200mm F2.8 とか 24-70mm F2.8 といった大定番レンズの更新はいつなんでしょうかねぇ?

Art, Comtemporary, Sport の3ラインに整理して新型を出しているのに、70-200mm F2.8 DG OS HSM | Art (または Sports)なんて 50-100mm F1.8 DC HSM | Art みたいなキワモノより先に出ても良いと思うのですが…まぁそこがシグマなのかもしれませんが :-)

てなことで、CP+ 2016 に向けた新製品ラッシュをまとめておくメモ、その2です。


続きを読む

しばらく前から噂のあったキヤノンの “撒き餌レンズ” EF50mm F1.8 のリニューアル、本日発表になりました。

キヤノン:ロングセラーの単焦点レンズをリニューアル“EF50mm F1.8 STM”を発売

STM 化(ステッピングモーター内蔵)だけでなく色々と改善されて値上がりし、撒き餌レンズとしての魅力は若干下がったかもしれませんが(量販店の予約価格が1万7千円台)、リーズナブルな「最初の1本」候補レンズなのは変わらないままのようです。

50mm ともなると手ぶれ補正を入れてくれても良かったのになぁ…と思いますが、EF24mm/28mm F2.8 や 35mm F2 のように IS 化(手ぶれ補正内蔵)で大幅に値上がりし、とても廉価レンズと言えなくなるようでは本末転倒ですからね。

(でも、安かった広角レンズ群に全部手ぶれ補正を入れたのに…というか、これだったら広角レンズ群も手ぶれ補正なしで安いままにして欲しかった…、という感はありますが)

EF50mmSTM_Release
(既にパンフレットも用意されていました)


今回の EF50mm F1.8、25年ぶりのリニューアルでは単に STM 化するだけではなく、色々と改良されているところがあります。

今日、ボディやレンズの点検・調整のためにキヤノン梅田のサービスセンターへ行ったついでに、隣りのショールーム(キヤノンデジタルハウス梅田)に寄ってみたところ、発表直後にも関わらず EF50mm F1.8 STM が置いてあり、少しの間だけ試してみることができました。

旧型(EF50mm F1.8 II)ユーザーが、ほんの少しの時間ですが試してみれば、違いは結構大きく、以下のような印象を受けました。


続きを読む

X-T1 を買ってから稼働率が激減したので、愛着を感じつつも売却しようと思った X-E2。それでも旅先などに Xマウント一式を持っていった場合には 2台使いが便利だと思い直して、しばらくまた手元に置いておくことにしたことを前回書きました。

X-E2を売ろうと思っていたけれど今後も2台体制で 〜キャンペーン中でもあるし、X-E2と8ヶ月の感想を改めて【前編】

X-E2 そのものに関しては以前も書いたとおり、個人的には X-T1 より愛着があるというか、気に入っている部分も少なくありません。絶対的な性能、機能では X-T1 に軍配が上がるのは言う間でもないですが(値段も違うしね)、バランスの良さを感じるところがあります。

それに何度も言っているように、富士フイルム機というのは(特徴ゆえのコスト高があったとしても)値頃感ゼロ、はっきり言って高いし、販売値段がなかなか下がらないので、今回の2万円キャンペーンは魅力。

これでようやく値段と中身のバランスが取れる感じもあるので、気になっているという奇特な人がいるなら良いタイミングかもしれません。

Xシリーズ夏のキャッシュバックキャンペーン | 富士フイルム

それに X-E2 だけでなく、前回コメントいただいたように、安くなっている富士フイルムのフラッグシップ機である X-Pro1 が8万円前後で売られていることを思えば、X-Pro1 が6万円前後で買えるわけですから、これはかなり魅力です。



光学ファインダーと EVF のハイブリッドファインダーという唯一無二の特徴をもって、見た目カメラ、雰囲気カメラとしては最上ですし、画質も富士フイルム現行機 X-E2、X-T1 と大差ありませんから(ある意味3年近く画質的にはあまり変わっていないとも言えますが)、この実質価格は魅力的です。

(おかげで8万前後で売られている店の X-Pro1 はあちこち捌けていっているようですが…)

ハイブリッドファインダー搭載の X-Pro1 はどうしてもボディが大きくなりますが、EVF のみの X-E2 はそこそこコンパクトなボディサイズで、富士フイルム機最初の一台としてはベストチョイスなのではないかな、と思います。

前回記事で書いたように、上位機を買ったとしてもサブ機として使っても画質面で差がないのも良いです。まぁ操作性については富士フイルムらしく機種間で全く統一が取れていませんが……


続きを読む

仕事が忙しい中の一瞬の隙?を見計らって、直前予約で先週北海道へ行っていましたが、帰ってきてまた劇忙しいこともなり、なかなかこの糞ブログの更新もできません。糞詰まりです。まあ、書くこともあまりなく、書いても bit の無駄ではありますが。

おそらく買うであろう EOS 7D Mark II に関する噂もあれこれ流れていますが、仕様的な話については錯綜しているというか、小耳にした話と違うのも色々あったり、どっちみち本気カメラは発表されてから判断、買ってから評価なので、噂は適当に楽しんでおきたいと思います。

EOS と並ぶメインマウントに昇格?しつつも、操作性の悪さで時々ボディは窓から投げ捨てたくなる富士フイルム Xマウントも、X-Pro2 の噂などがチラホラ出ているものの、X-T1 に対する個人的評価が

「良いところもあるけど(使い勝手などを思えば)無駄に高かった、縦グリップ代は返してくれ」

という感じなので、今後富士フイルムのボディを買うことがあるかどうかは微妙ですし、少なくとも当面買うテンションは起きませんので、どうでも良い感じです(X-T1 についてはまたそのうち書くかも)。

そんな中ですが、富士フイルムは X-T1 以外のボディでもキャッシュバックキャンペーンをまたやっています。

Xシリーズ夏のキャッシュバックキャンペーン | 富士フイルム

こんなにキャッシュバックキャンペーンばっかりやってると、某電子書籍ストアのように、そのうちキャンペーンやってない時に誰も買わなくなりそうですが :-)

また、先日大阪・福岡でも始まったXFレンズのレンタルサービスで一泊以上の有料レンタルした人がレンタルしたレンズを買うとキャッシュバック、なんてのも始まりました(当日返却の無料レンタルしたレンズを買った人には、1泊2日のレンズレンタル無料券プレゼント)。

XFLensRental_20140711
レンズレンタルのキャッシュバックはリリースがないのでDMから(クリックで拡大)


富士フイルムは高付加価値路線だかなんだか知らないけど、はっきり言って無駄に高いところがあるので、キャッシュバックやってようやくそれなりの価格、という感じです。X-E2 は OM-10 や NEX-6/7 レベルだと思いますが、多少の差はあっても +ン万も高くては(色や画質がよほど好みじゃなきゃ)とても人に勧めることなんてできません。

それを思えば、X-E2 が2万キャッシュバックなら、単焦点レンズで色々楽しみたい、という人には悪くない選択肢になると思います。

まあ、メジャーなメーカーの同クラス機と比べると利便性でかなり落ちるところもあるし、先々不安なマウントというのはユーザーとしても否めないので積極的には薦めませんが、富士フイルムの色と画質は APS-C ミラーレス機としては素晴らしいし、単焦点レンズの揃い方はなかなかのものがあるので、いいよ〜と言いたいところもあるのですよね。

X-T1 は色々良くても正直高いし、X-M1/X-A1 あたりを考えるくらいなら別に富士フイルム機を買う必要性も疑問なので、最初の富士フイルム機として X-E2 という選択肢は良いと思っています。

X-E2_20140710Sample6
(以下、本記事の写真は全て X-E2 撮影分)


そんなわけで、こんなキャッシュバックキャンペーンでもやっているのと、売却予定だった X-E2 の売却を思いとどまったこともあり、X-E2 についてちょっとまた2回に分けて、徒然と書いてみようかと思います。

X-T1 の影に隠れて、すっかり日陰者になってしまいましたが、おいらは応援しますよ、X-E2 :-)


続きを読む

富士フイルム初の防塵防滴レンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR の発売に伴って Xマウント各ボディのファームウェア更新も来るだろうと思っていましたが、本日午後リリースされました。

レンズ交換式カメラボディ/交換レンズ ファームウエア対応表 | 富士フイルム

基本的には新レンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR 対応ですが、それに加えて全ボディに対して、

ズームレンズ使用時にレリーズを半押しのままズーム操作を行ったときの絞り値表示を、レリーズを押さないでズーム操作を行ったときの絞り値表示と同じになるように変更しました。


という対応がなされました。

このことは X-E1 をキットレンズセットで買ったときから気づいていましたが、当時は他の操作性の問題の方が大きく、すっかり忘れていましたが、改善されるのは歓迎です:-)

さらに X-T1 については、以下の改善もされています。

続きを読む

X-T1 が戻ってきて X-E2(と XF55-200)を売ろうと思いつつも踏ん切りがイマイチ付かないというか、忙しくてそれどころじゃないという感じですが、ホントどうしましょうか。

さて先日、富士フイルム大阪/福岡サービスステーションでも XFレンズのレンタルサービスが開始されましたが、今日富士フイルムから届いた DM によると、大阪サービスステーションでも「Xシリーズ使い方相談窓口」が開設されるようです(無料)。

デジタルカメラ Xシリーズ使い方相談窓口(大阪)開設のお知らせ : お知らせ | 富士フイルム

毎週火・木・土曜(祝日などを除く)に開設され、予約制となっています。購入検討をしている人の相談にも乗るらしいですし、相談窓口にこられた方には相談後、外観クリーニング、および簡易動作チェック、ファームウエアアップといったクイックメンテナンスサービスも実施されるようです。

さらに、東京/大阪/福岡サービスステーションで

XFレンズだけではなく X-T1 ボディも無料レンタル開始!


とのこと。いやー、富士フイルムも必死頑張りますね。素晴らしいというより、そこまでしないとダメなのでしょうか。少し心配になります(^_^;)

「期間限定」 プレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」レンタルサービス開始のお知らせ : お知らせ | 富士フイルム

こちらの X-T1 レンタルサービスは XFレンズのレンタルサービスと異なり、当日返却のみ(無料)となっています。また、キットレンズの XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS がセットで貸し出されるそうです。


続きを読む

既に先週段階で確定的な噂が流れていましたが、富士フイルム初の防塵防滴レンズであり、高倍率ズームレンズである「XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」が本日発表になりました。

「Xシリーズ」の交換レンズラインアップに、幅広い撮影領域に対応する高倍率ズームレンズが登場!「フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」世界最高5.0段の手ブレ補正効果と、防塵防滴構造でさまざまな撮影シーンで威力を発揮 新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

F値が F3.5-4.8 とテレ端が明るくなるという噂もありましたがそんなことはなく、お値段の方は XF56mm F1.2 R 並みになるという噂どおりの 10万円超え。

XF18-135_Release


いやー、高倍率ズームレンズでも相変わらずの強気高値路線。まあ、防塵防滴の高倍率ズームレンズというのも珍しいですし、

今回の “世界最高” は手ぶれ補正効果5段


だそうですから、「うちのフジノンレンズはこんなに凄いんだから高くて当たり前、ほら、お前ら買えよ」ということなのでしょう。

私はもう無理ですので、信者の方々を始め、皆様買っていただいて富士フイルムに今後とも貢献していただきたいものです。


続きを読む

日本代表、ブラジルW杯初戦コートジボワール戦は完敗でしたね。点差以上に厳しいものがありました。私は午後から福岡で所用があったので、いつもの昼前の便での移動ではなく早朝便で移動し、福岡空港近くのレベルファイブスタジアムで行われたパブリックビューイングで観戦・応援していたのですが、ただただ残念。

日本らしいサッカーで向かって叩きのめされるのはドイツW杯を思い起こさせなくもないですが、次戦ギリシャ戦を勝てば望みは繋がりますから、次は招待チケットが当たった某パブリックビューイングにてしっかり心を送りたいと思います。

Level5StadiumPV20140615


さて、以前の記事にした X-T1 後継機?の噂はその後もまた色々ポロポロと出てきているようですが、まあそのことについて思うところはまた別途書くことにして、気を取り直しつつ?先週発売された X-T1 用ロングアイカップを週末使ってみました。



ので、その感想を福岡からの帰路の時間を使って記しておきます。続きを読む

昨日届いた X-T1用のロングアイカップ、装着するボディを富士フイルムのサービスステーションに取りにいけてなかったので、すぐに試すことができませんでしたが、本日修理上がりのボディを取りに行くことができて、早速付けています。

ロングアイカップを付けてみた感じ、特に眼鏡ユーザー的にどれくらい良くなったかについては週末にでも少し使ってみてから感想を書きたいと思いますが、とりあえずアイカップもデカくなって、ますます一眼レフ感が増しています。

X-T1_LongEyeCup1


斜光線対策はどうなのかはともかく、一眼レフユーザー的には慣れていることもあって、最初からこうしていればいいのに、が第一印象だったりします。

さて、本日 X-T1 やレンズを受け取りに富士フイルム大阪サービスステーションへ赴いたところ、来週月曜日から大阪/福岡でもサービス開始される XFレンズレンタルサービスの準備が整っていました。

東京でレンズレンタルサービスを 経験している人には既知でありましょうが、富士フイルムのレンズレンタルサービスの価格がサービスステーション内に掲示されていましたので、自分のメモ用に記しておきます。


続きを読む

このページのトップヘ