Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)

タグ:F1日本GP

TediousPhoto20240413

レッドブルの契約が今季までで色々と取り沙汰されているセルジオ・ペレス選手。
相変わらず同僚フェルスタッペン選手には差をつけられているが、
今季はそれなりに堅実安定な走りで、日本GPでも2位。
レッドブルの車の強さをちゃんと引き出して期待されるポイントは取っている。
角田選手のレッドブル昇格を期待する人は多いけれど、なかなか道のりは厳しいと思ってる。
純粋な速さだけでなく、政治力、バックボーンの経済力がモノをいう世界だけに。

モータースポーツの写真で流し撮りはド定番というか基本表現。
止め絵に見えてもタイヤまで止まっては動感表現が全くなくなるので、
最低限でもタイヤは動いている程度に低いシャッター速度は必要。
そして流す場合、バイクやフォーミュラーのように人間の頭が見えている場合は
ヘルメットにピントを当てて、ヘルメットが流れず、他が流れるのが基本。

というのは写真を撮ってる人にとっては基本中の基本だけれども、
そんなことも知らないフツーの人にとっては別に基本でもなんでもない。
ヘルメットが止まってようがなんだろうが、「ブレてる写真だね」と言われる可能性はある。

見る人が見れば話は別だし、写真の基本が判らなくてもそんなことを言わない人は多いだろうけど
モータースポーツの写真を頑張って撮っているハイアマチュアな方が、
ブレてますね、みたいなことを言われて必死こいて説明してるのを見ると、
認識の差を言葉で埋めなきゃならない時点で違うのかもなぁ、と思ったりもしたある日。

(Z 9 + Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240409ATediousPhoto20240409BTediousPhoto20240409C

F1日本GPと言えば秋開催であり、シーズンチャンピオンが決まることも多かった。
それが今年から春開催となり、シーズン序盤の、
多くのチームで最初のアップデートが入る頃の開催になった。

となれば、紛れもあっておかしくないし、実際、前戦のオーストラリアGPでは
盤石だったはずのフェススタッペンが早々にトラブルでリタイヤ、
ペレスはフェラーリ、マクラーレンを攻略できず、
レッドブルが表彰台にいないという久しぶりの出来事になった。

となれば、日本GP でも接戦の戦いになるかも?と期待した人は多いだろうし、
予選がレッドブルのワンツーとなっても、フェススタッペン、ペレスとも
「ロングランはフェラーリの方が良さそう」
「マクラーレンも良いみたいだ」
なんていうコメントを残していたから、ある程度の三味線はあっても
フェラーリ、マクラーレンが少しでも善戦できる可能性は無きにしも非ず…

なんて思いを持っていた人は私だけでないだろうけど、
蓋を開けてみれば、フェルスタッペンはいつもの圧倒的速さで、
目の前を通るたびに後続を引き離して、周囲からも「速すぎ…」という声ばかり。

S字から逆バンクという車の良し悪し、ドライビングの良し悪しが顕著に出るところで
あまりにもスムースなライン採り、車の動きは、逆に速さを感じさせないのが印象的だった。
昨秋同様の圧倒的速さを今年も見せつけられた。

TediousPhoto20240409D

同じチームのペレスも、序盤は少し苦労してポジションを落としたが、
タイヤ交換後はフェラーリもマクラーレンも軽々とパスしていく強さ。

予選ワンツーに続いて、決勝レースもワンツーフィニッシュ。
ファステストラップに、ピット作業の最速タイムも含めて
全ての速さをレッドブルが独占。
今年も「強すぎる」のひと言であった。

(Z9 + Z 100-400mm F4.5-5.6 VR S / Z 24-200mm F4-6.3 VR)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240408ATediousPhoto20240408BTediousPhoto20240408CTediousPhoto20240408DTediousPhoto20240408E

これを書いているのがチェッカーが振られてから、ちょうど6時間。
自宅に着いてから4時間近くが経とうとしているのだけど、興奮が未だ冷めやらない。
いつも F1日本GP は特別だけど、今年は特に素晴らしいレースであり、結果だった。

昨秋同様、フェルスタッペン強すぎンゴであり、レッドブル圧倒的すぎであり、
フェルスタッペン独走優勝で、レッドブルのワンツーという、
それだけを見れば「いつものことじゃん、ツマンネ」となるところだけれど、違った。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240406ATediousPhoto20240406BTediousPhoto20240406CTediousPhoto20240406DTediousPhoto20240406E

今年から春開催になった F1 日本 GP 2024 が開幕。
金曜日のフリー走行から参加…と言いたいところだが、
家庭の事情から FP1 (フリー走行1回目) のみの観戦・撮影。
だんだんと色々な状況が厳しくなっていくが、仕方ない。
できるだけ爆上げした観戦チケットや駐車券の元を取りたいが、
まだ来れるだけマシ、と思いたい。

もっとも、諦めて帰路に着いたらパラパラと雨が降ってきていて、
後から中継を見たら路面コンディションが難しすぎて
ほとんどの車が走ることなくセッションが終了だったということ。
現地にいた人たちには申し訳ないが、ちょっと救いであった。

それに FP1 後にすぐ帰ることはせず、諸々散策して F1 のお祭りの雰囲気を味わい、
今年から新設された西ストレートシャトルバスにためし乗りがてら、
久しぶりに西ストレート方面へ行ってみたのもあって収穫は大きかった。
来年はさらにどうなるか微妙だし、チケットを買うのは止めようかな?
と思ったが、シャトルバスがあるなら西エリア券で気軽に見にいくのも悪くないな、
と思ったり。


で、写真はビザキャッシュアップRB のレギュラードライバーである角田裕毅選手と
今回 FP1 だけテストドライブする岩佐歩夢選手。
(カーナンバー22が角田選手、40が岩佐選手)
フリー走行1回目だけだが、日本人ドライバー2人が F1 で夢の共演。
F1 で、同じサーキットで同時に日本人2人が、というのは2回目らしい。

岩佐選手はレギュラードライバーのリカルド選手の代わりのフリー走行ということもあって
最優先はチームから指示された走行を守ってデーターを持ち帰ること。
とはいえ、マイナートラブルや赤旗もあって、ちょっと周回数が少なかったのが残念。
でも、後からニュース記事を見ると、しっかりとした評価をもらえる走りだったようで何より。

ま、レッドブルジュニアにも F1 昇格予備軍は多くいるし、
その筆頭は昨季代役参戦で好成績好印象を残したリアムローソン選手なわけで、
なかなかに昇格への道は険しいが、岩佐選手にも頑張って欲しいと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

表題の話は元々写真日記?ブログの方に投稿しようと書き殴っていたのですが、グダグダと管を巻いていたら長くなってしまったので、管巻きチラ裏ブログのこちらの方へ投下することに。

というか、2つのブログを書き分けるのも難しくなってきましたし、近いうちに日記ブログをこちらに合流させて一本化する予定です。本ブログも大昔は技術的なことを書いていたり、購入レビューにしてももう少しちゃんと書いていたのですが、ほぼ雑記雑文駄文ブログと化して日記ブログと大差ないですしね。

TediousDays20230707F


さて、今週モータースポーツ系メディアその他で報道があったとおり、来年の F1 日本GP は春開催、第4戦として 4月5〜7日となることが確定的に。事前に噂がありましたが、やっぱり本当だったのか…と。

2024年F1日本GPは4月5〜7日、史上初の春開催が決定。FIAが来季の暫定カレンダーを発表 | autosport web
F1日本GPの4月開催決定にホンダモビリティランド斎藤社長がコメント「F1から提案があった」チケット販売は12月予定 | autosport web
F1、2024年のF1カレンダーで合理的な地域集約を目指す。日本GPは4月開催、中国GPが2019年以来の復活へ
春開催への変更が決まった2024年のF1日本GP。チケット発売は23年12月に予定……ホンダモビリティランド斎藤社長「新たな日本GPを準備していく」

言い分としては輸送効率の最適化で、例によって SDGs 的なうんたらかんたらですが、コストダウンの一環ということも大きいのでしょう。オーストラリアGP と復活した中国 GP の間に日本 GP を突っ込めば輸送効率も良くなる、コストダウンに、ってのは分からなくはない話(でも納得いかない点は後述)。

だけど、だけどねぇ、F1 日本 GP が春開催というのは(慣れないから)違和感を覚えるだけでなく、F1 鈴鹿といえば、シーズン終盤のチャンピオン争い真っ只中のイメージ。それがシーズン序盤の第4戦になるのは正直微妙な気分になるのは否めない。

はっきり言えば、鈴鹿開催、日本 GP が軽くなったなぁ、という印象。致し方ないと分かっていても、ちょっぴり、いや、だいぶガッカリ。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ