Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:F-16

世の中三連休ということで、昨日の早朝、新大阪駅も旅行へ行く人でごった返していました。昨日は九州出張だったのですが、うっかり三連休初日というのを忘れていて、1週間前に新幹線の予約を取ろうと思ったら全く空いてなくて、8時の新幹線で間に合うところが6時すぎのに乗る羽目になってしまいましたが、私の三連休は出張、ガンバ観戦、家庭内所用で終わりです(´Д` )

さて、2ヶ月以上前になってしまった千歳基地航空祭。夏の航空祭と言えば、丘珠空港の札幌航空ページェントとこの千歳基地航空祭ですが、今年は札幌航空ページェントが開催されず、この千歳基地航空祭だけでしたが、これまでの記事で書いてきたとおり前々日予行からずっと天気はドン曇り。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

北海道へ出かける前は雨予報だった天気予報は前日になって晴れ予報に変わったものの、朝起きてみると、やっぱりドン曇り。低い雲が垂れ込め、午前中の展示飛行は次々と中止、航過飛行のみに変更になっていき、機動飛行も、千歳基地航空祭へ来た目的であった政府専用機と F-15J イーグルとの異機種編隊飛行も中止になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017(1)天気予報に上げて落とされ編

午前中のプログラムが進むも天候は一向に変わらず、次々と当初のフライトがキャンセルになっていく中、唯一の可能性は米空軍 PACAF F-16C のアクロバットフライト。

米空軍は航空自衛隊とは基準が違いますから、この悪条件でも魅せるフライトをやってくれる可能性はあるはず。それを信じて、午後のブルーインパルスを残して航空自衛隊の展示がおわったのち、撮影ポイントを移動します。

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (24) Japanese Air Force One / 20-1101
(この写真下部に並んでいる人がいるあたりへ)


前々日の予行フライトでは様子見もあって土手から撮りましたが、F-16 は F-15 に比べて機体が小さいこともあって、土手から 600mm 相当では話にならないくらい遠かった(被写体が豆粒だった)ので、とにかく基地に近寄りました。

臨時駐車場を横切って基地フェンス際まで来て、

果たして飛んでくれるのか?どれくらいのフライトをやってくれるのか?


そう思って PACAF F-16C の離陸を待ち、そして……やってくれました、さすがですわ!


続きを読む

前回記事でまた E-M1 Mark II のフリーズが再発し始めたことを書いたら、友達から「凹んでない?」と心配されましたが、いま一番怒り心頭なのはオリンパスに対してではなくガンバ大阪フロントに対してであり、ガンバ大阪社長や糞強化部に対しての怒りに比べれば E-M1 Mark II がまたフリーズウンコカメラになった件は些細な話です(#゚Д゚)

一時は首位に立っていたのに、リーグ後半戦は大阪ダービー以外は全く勝てず酷い試合を繰り返し、優勝はほぼ望みがない状況まで急降下。多くの(少なくとも西野時代からの)サポーターにとって Jリーグと同等以上に重きを置く ACL で惨敗しておきながら、リーグでもこの体たらく。

さらには「(ガンバ大阪監督の)長谷川健太はよ辞めろボケ❗️」の声が高まるばかりのタイミングで、サポーターの神経を逆撫でするような来季続投要請のニュース記事が出て、本当に何を考えてるやら、舐められてるやらであります。

いやホント、クソ監督と糞強化部のペアが続くなら来季の年パスは継続しないでおこうかな、と真剣に悩みます。毎年、年間パス代だけでも一眼レフやミラーレス機のレンズキット一式が買えるくらいは払ってるし、トータルすれば中級機が買える程度はお布施しているのに、こんな糞フロントでは応援する気もなくしますね……


(チケット代で毎年これらが買えるくらいは……)


とまぁ、そんなガンバ大阪フロントへの怒りが爆発しているので、E-M1 Mark II フリーズ再発の件は「このカメラ、もうどうでもええわ」的に横へ置かれてしまってるのですが、1ヶ月前に再修理から帰ってきて、千歳基地航空祭遠征へ持ち出して3日間ガッツリ撮影した際は何も起きず、一安心したのですけどね……

そんな千歳基地航空祭、私自身は初参加でした。北海道へは50回やそこらでは効かないくらい行っているのですが(10年ほど前までは毎冬3〜4回ペースでニセコへスキーしに行っていた時期もあるので)、千歳の航空祭も、丘珠の航空ページェントも観に行ったことがありませんでした。

にも関わらず今回千歳基地航空祭へ初めて赴いた目的は、近く退役するジャンボジェット(B747)の政府専用機。

ChitoseABairshow07
(航空祭当日、編隊飛行はキャンセルで単独の航過飛行を一回だけ実施)


千歳基地航空祭では、その政府専用機の展示や航過飛行だけでなく、F-15 イーグルとの異機種編隊飛行もあるので、それを観てみたい、撮って残しておきたい、と思っての初遠征。だったんですけどね……

ところが、前々日に到着時からひたすら天気が悪く、航空祭本番もずっと低い雲が垂れ込めていて(夏の北海道太平洋岸には有りがちですが)、米軍 PACAF F-16 のアクロバット・フライト以外は航過飛行が少しだけ、ブルーインパルスに至ってはトラブルで滑走路上で止まってしまう始末で、なんのために北海道まで遠征したのやら……気分は否めませんでした(´Д` )

ブルーインパルスのトラブルに関しては「珍しいものが見られた」と前向きになれないことはないのですが、千歳基地航空祭は初めてだっただけに、北海道の爽やかな夏空に舞う飛行機が全然見られずじまいだったのはホント残念でした。

ChitoseABairshow02
(よりによって1番機が滑走路上で故障、後ろの機体も動けず離陸できず)


というわけで、千歳基地航空祭の写真は1ヶ月経ってもロクに写真整理してないどころか、航空祭本番の写真はまだパソコンに取り込んでもいなかったですが(糞天気すぎたのでヤル気が出ない)、秋の航空祭シーズンの前に少しずつ整理を始めたので、PACAF F-16 の前々日予行から少々。

腕の問題だけでなく天気や空気状態も酷く、以前のような機材に助けられることもなくなったので、人様にお見せできない酷い写真ばかりですが、とりあえず当日の記録がてらの記事ということで。


続きを読む

このページのトップヘ