毎年恒例カメラの祭典 CP+ に向けて各社新カメラ、レンズの発表が相次ぐ昨今で、今日もペンタックスユーザー待望のフルサイズ一眼レフ K-1 が発表されたりもしていますが、キヤノンも先日の EOS-1D X Mark II に続いて、中級機 EOS 80D を本日午後発表しました。


キヤノン:EOS 80D:日本の瞬間を。
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS 80D|概要

既にスペック概要はリークされていたのですが、従来機 70D と比べると、
  • ファインダー視野率:98%→100%
  • 画素数:2,020万画素→2,420万画素 (APS-C)
  • 画像エンジン:DIGIC 5+ → DIGIC 6
  • AF測距点:オールクロス19点→オールクロス45点
  • AF低輝度限界:-2.5EV → -3EV
  • F8 AF:非対応→最大27点対応
  • 測光センサー:63分割→7,560画素RGB+IR
  • AIサーボ機能の強化
  • 重さ:755g→730g
  • フリッカーレス撮影対応
  • 連射速度は変わらず秒7コマ
  • ピクチャースタイルにディテール重視追加(5Ds以降搭載)
  • 周辺光量・色収差に加えて歪曲収差補正も追加
  • タイムラプス、HDR 動画追加(4K動画非対応)
  • バリアングル液晶、Wi-Fi、NFC は搭載そのまま

といったあたりでしょうか。

基本的には、伝統的な EOS 二桁機を踏襲しつつ、下位機種に逆転されていた画素数や画像エンジン更新など順当なスペック引き上げとなっていますが(連写性能が1コマも上がらなかったのは残念)、目を惹くのは

AF 性能の強化


であり、特に気になるのは

F8対応AFが全45点中27点!!


ということ。

EOS-1D X Mark II のような全点 F8 AF 対応という凄まじさはないものの、測距点の半分以上が F8 AF 対応。それも中級機の二桁機が EOS 5D や 7D シリーズを押しのけて、そんなハイスペック AF を搭載するなんて…という衝撃はあります。

だって、EOS 7D Mark iI も 5D Mark III も中央1点+周辺4点のみですからね。

はっきり言って 7D Mark II ユーザーとしては羨ましい!


新型 EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM を使っていると、F8 AF は意外と使いたくなるんです。


続きを読む