Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

タグ:EOS

操作性というものに対する評価はパソコンやカメラに限らず、人間工学的な視点に基づいた普遍的な一定の基準があるものの、レビュワーの好み、単純な好き嫌いだけではなく経験、慣れによる各自の評価軸による差異が表面化しやすいものです。

時にはレビュワー、ユーザーが一定以上の経験があるからこそ、思い込みに繋がったり、新規なものに対する違和感などを表に出した評価に繋がることすらあります。歳をとると特にその危険性を孕むことは、自分自身が新しいものに接した時の印象や前のめり度が若い時と違うと感じることで、十分に自覚してもいます。

カメラでも各社それぞれが独自の操作性を持っています。ニコンやキヤノンといった伝統の一眼レフを受け継いできているメーカーでは特に、操作性の継承がユーザーの引き留め理由の一つにもなっている、と言ってもいいでしょう。

多くの人が「これはちょっと…」と感じるような、どうにもダメな操作性はあるにせよ、そうでない部分においては自分の慣れた操作体系が良い、ベストではなくても全く違う操作体系より良く感じる、という判断基準になることは有りがちです。

さらに、それが高じて「カメラユーザーにありがちな宗教論争」にもなりがちです。全く不毛です。

ですから私が「キヤノン EOS 一眼レフのサブ電子ダイアルが最高に便利だ」と言っても、慣れの問題は大いにありますし、「キヤノンのカメラの操作性が良いとかないわ〜」と思うニコ爺さんやソニーヲタさんとかは適当に聞き流してもらえればいいのですが、とりあえず

サブ電子ダイアルが最高に便利だと思うのは
撮影時ではなく撮影写真再生時


だったりします。

SubEDial2


撮影時は特にどうこうということはないのですが、撮影後に多くの画像をチェックすべく次々と画像を連続再生していく時には、この大きく回しやすいダイアルが非常に操作しやすく、大量の撮影画像から欲しい写真を見つけたり、ボツ写真を削除していくのに有用なインターフェースだと思っているのです。


続きを読む

国内最大のカメラショー CP+ を前にして新製品発表の季節になってきました。既に発表済みの富士フイルム中判デジタルに続き、昨日はニコンからいささか厳しい発表もありましたが、今日はキヤノンから新製品発表がありました。

キヤノン|EOS 9000D【プレミアムエントリー 一眼レフ】
キヤノン:EOS 9000D|概要
違いはオートフォーカス。|キヤノンEOS Kiss X9i
キヤノン:EOS Kiss X9i|概要
6senses それは、感性を刺激するミラーレス。 | キヤノン EOS M6
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M6|概要
キヤノン:PowerShot G9 X Mark II|概要
キヤノン:PowerShot SX430 IS|概要
キヤノン:IXY 210|概要
キヤノン:IXY 200|概要

見てのとおり、
  • EOS 一眼レフは廉価機の2機種のアップデート
  • ミラーレス機は昨秋発売した EOS M5 の EVF なし(EVF 別売り)版
  • コンパクトデジカメはいずれも小規模マイナーチェンジ
    (G9 X Mark II 以外の3機種はプレスリリースで変更点すら書かれていないレベル ^^;)

であり、大きな新鮮味は特になく、堅実なマイナーモデルチェンジっぽいので余裕でスルー…していたのですが、帰りの電車の中で発表内容をよくよく見ると、

廉価一眼レフは2機種とも AF 測距点がオールクロス45点!


という中級機 EOS 80D と同じ AF システム。(Kiss X9i の方は F8 AF 非対応なので同じではないけど)

AF 測距点だけでカメラを語るわけでもないし、数字だけで語っても意味はないというのは重々承知しつつも、

おいおい、Kiss にオールクロス45点AF って、マジかよ。出し惜しみのキヤノンはどこへ行ったんだ…(;゜0゜)


という印象。コマ速も秒6コマに増速されて、飛行機撮影も民間機やヘリコプター相手ならもう十分のレベル。


続きを読む

2年に1度の世界最大のカメラショー「Photokina」ではニコンやパナソニックが大人しかったものの、オリンパスはフラッグシップ機 E-M1 Mark II を発表し、シグマからは三代目 12-24mm にゴーヨン(500mm F4)といった魅力的なレンズが登場して、気になっています。

さらに、ソニーは「もうフェードアウトだろう」と思われていたAマウントの新ボディα99II を発表して、その筋を驚かしたり(私も驚いた)、今回も色々と興味深いイベントになっています。

キヤノンは Photokina の前に大主力機 EOS 5D Mark IV を発表・発売しましたが、さらにミラーレスの新型機 EOS M5 を発表しました。(発売は11月予定)

いままでのミラーレスに、満足しているか? | キヤノンEOS M5

謳い文句は「いままでのミラーレスに、満足しているか?」なわけですが、

「いままでのミラーレスに、満足しているか?」じゃなくて
「いままでのキヤノンのミラーレスに、満足しているか?」だろ!


って感じであり、はっきり言って

「他社から周回遅れのミラーレス機を作ってきたキヤノンが偉そうにそんなセリフ吐けるなあ」

としか思えないわけで、EOS M5 発表日に小松基地で航空祭の予行を撮影しながらそんなニュース記事を見て思っておりました。

で、発表日の晩にそう思ったことを書こうと思ったのですが、朝3時半出発で航空祭予行を撮影しに行ったものですから、ブログ記事を書いている途中に眠気に負けてしまい、それでも気になることは気になるので、今週キヤノン梅田のショールームにある EOS M5 を2回ほど触りに行ってみました。

EOSM5_try1


EOS M3 の時は発表即予約したものの、発売前にイベントやショールームで触ってみて

えらい意気込みで出してきたけど、EVF は外付けだし、他社ミラーレス機のAF、使い勝手からすると周回遅れのままだわ ┐(´д`)┌


と感じて予約をキャンセルしてしまったことは、このブログでも何度か触れました。

今日は EOS M3 の発売日なわけですが……

正直言って、ミラーレス機だけのシステムとしてミラーレス機を買うならキヤノンを選ぶ必然性は全くないと思っています。それは EOS M5 を触ってみた今でも変わりません。ミラーレス専用のレンズラインナップが他社と比べて見劣りしますし、優位点も特にないですからね。

ただ、一眼レフを EOS & EF システムで揃えている身のサブ機としては、やはり EOS M は気になります。ミラーレス機は他社システムでも良いのですが、EFレンズでそれなりのレンズを持っていれば、それを使いたくなるのは心情です。ですから、今回の EOS M5 でも

「偉そうなキャッチコピーはともかく、どこまでミラーレス専業メーカーに迫れたのか?」

という点で興味あります。

その正確な判断は実際に購入して実戦で使わなければ判らないでしょうが、軽く触っただけでも「今までの EOS M とは違う」と感じられたところはありましたし、また逆に「まだまだ EOS M は発展途上だなぁ」と感じたところもあります。

現在ショールームに置かれてるのは開発途上機ですし、今の段階で良し悪しを言えるものではないですが(まだ正式なカタログすらない)、その開発機をアレコレ触ってみた印象を少し書いておきたいと思います。

続きを読む

気がつけば、EOS 6D を購入してから1年が経っていました。まだ1年か、というくらい自分の中では有って当たり前な存在になっています。

EOS M3 を買うのを止めた代わりに買った次期サブ機は……

EOS 7D Mark II 発表・発売を機に、ミラーレス初号機(パナソニック DMC-G1)から使ってきた各種ミラーレス機を全部処分してデジタル一眼レフだけの体制に戻ってきたのですが、サブ機がない状況でしたので EOS M3 を買おうとして予約したものの、発売前に実機を触って納得いかず、なぜか EOS 6D をサブ機に買ってしまった、という散財でした。

元々キヤノンへ鞍替えしたのが初のコンシューマー向けフルサイズ機だった EOS 5D をどうしても使いたくなったため(あとEF100-400mm の存在)でしたから、一時期 APS-H と APS-C だけにしていたもののフルサイズに戻ってくるのは必然だったかもしれません。



とはいえ、EOS M3 を買うつもりが EOS 6D(EF24-70mm F4L IS USM のキット)を買ったのですから、当初予算の2倍の出費であり、その余波は今に至るまで続いてるような感じです(^_^;)

ただ、EOS 6D を買う前から「このレンズを買ってフルサイズで使いたい」と思っていた EF16-35mm F4L IS USM もすぐに購入し、「やっぱり期待通りのレンズだった」と満足していることもあり、基本的には

EOS 6D も、それに合わせて揃えたレンズも買って良かった


というのは、1年経った今なお変わりません。

もちろん、EOS 6D は廉価フルサイズ機であり、上位機 EOS 5D Mark III に比べると画質を除けば一世代遅れていますし、当方のメイン機である APS-C フラッグシップの EOS 7D Mark II と比べても画質以外では優れてる点の方が少ないのですが、やはりフルサイズの画質は多少無理してでも手元に1台あって良かったと思うことが多い1年でした。

続きを読む

発売購入から1年を前に、先日、点検修理に出した EOS 7D Mark II。当初半月以上かかって来週に返却予定でしたが、予定よりも早く、本日戻ってきました。

5月に点検に出した時は3週間以上かかり、今回も半月以上かかる予定で、「最近、キヤノンの修理は時間かかるようになったなぁ」と思っていたのですが、10日間ならば昔と変わらないですね。ただ、今週末は 7D Mark II がないものと思って予定していたので、戻ってきて逆に戸惑ってますが(^_^;)

修理点検を依頼していた内容のうち、レリーズ周りの気になる点については「問題なし」ということで戻ってきましたが、エラー70が出ていることは確認されて基板交換されて戻ってきました

EOS7D2AYear_Repair


基板交換も保証期間外だとそれなりに費用がかかりますから、使う予定を諦めて保証期間内に出しておいて良かったです。

もっともシャッター回数が1年で10万近くいっていることを考えると、来年あたりシャッターユニット交換の入院 or オーバーホールに入れてもおかしくないので、それなりの修理費用を見込んでおかなきゃならないなぁ…と覚悟しています。

カメラは写真を撮る道具ですから、大切に傷も付けず、中身も傷めず愛でているわけにもいかないので、維持費用は仕方ありませんけどね(;´д`)



さて、前編中編と EOS 7D Mark II そのものに対する下らない雑感を並べてきましたが、後編の今回は 7D Mark II そのものから少し離れた話を。

EOS 7D Mark II 発売・購入から一年使ってきた雑感【前編】 〜限られた懐で超望遠動体撮影するための良いツール
EOS 7D Mark II 発売・購入から一年使ってきた雑感【中編】 〜キヤノンらしい優等生とは若干違う?

以前の記事にも書きましたが、昨年 EOS 7D Mark II の発表を前に(発表されるのがほぼ確定的になった時点で)、手持ちのミラーレス機を全部売ることを決め、2年ほど愛用していた富士フイルム Xマウントのカメラ、レンズもまとめて売却しました。

ミラーレス初号機であるパナソニック DMC-G1 から6年近く、あれだこれだとミラーレス機を色々使ってきて、結構な金額を投入してきたのですが、結局

「自分の撮りたいものを考えたら、やっぱり一眼レフじゃなきゃダメだわ」

と、EOS 7D Mark II 発売・購入を機に手元の EFシステムを組み直すことにして、ミラーレス機は全部手放すことにしたわけです。(大病して重いシステムを持ち歩くのに自信がなくなっていましたが、とりあえず回復したことも大きな要因です)

ミラーレス・システムを全て手放すことを決めて以来、「もしかすると後悔するかもなぁ…」「またすぐミラーレス機を買うことになったりして」と思っていましたし、ある程度その覚悟はできていたのですが、

気に入ってたミラーレス機を全部手放して1年、
デジタル一眼レフだけに戻って、思いのほか後悔がない


ですし、後悔があるとすれば、

自分の撮りたいものを鑑みれば、
楽ができないことにもっと早く気付けよ>自分


ということでした。

もちろん、誤解のないように言っておくと、ミラーレス機がダメでデジタル一眼レフが良い、なんてことは1ミリも思ってないわけで、むしろ

「動きモノを本気で撮るのでなければ、ほとんどの用途はミラーレス機でOK or ベターでは?」

と思っています。自分もスポーツ/モータースポーツや飛行機を撮っていなければ、デジタル一眼レフシステムを手放していたでしょう。

静止体相手でも現時点の EVF では丸一日使っていると、光学ファインダーとは目の疲れが違う気がしますし、動体以外だからミラーレス機の方が絶対良いとまでは言いませんが、私自身は「自分なりの何かこだわりがなければ、小型軽量でAF精度も良いミラーレス機システムの方が良いのでは?」と思っています。

自分自身がデジタル一眼レフだけに切り替えて1年経った今でも、そう思っています。デジタル一眼レフって、やっぱり重いしデカいし(笑)


続きを読む

先日の前編では今年もガンバ大阪ナビスコ杯優勝するぞ!と書いてみたものの結果は完敗で、鹿島のここ一番の強さを見せつけられたというか、遠征して負けて帰るほど哀しいものはありません……

最近このブログはすっかり物欲消化ブログになってしまってサッカー関連のことは書いていませんが、色々理由はあってもJリーグが今季から再導入した2ステージ制は最悪ですね。スケジュールが厳しくなっただけで、ステージ毎の優勝が大して盛り上がってるとも思えないし(特に2ndは結局年間順位の方が気になる…)、微妙感溢れすぎです。

そして、2ステージ制による強行日程の煽りを一番食らってるのが、あちこち勝ち進んだガンバ大阪。ナビスコ杯での選手の疲労感ありありの姿を見ると、これでJリーグはアジア制覇のために後押ししてるとか何とか言われても「ふざけんな、バーカ」としか言えません。

とまぁ、そんな具合だったので今年の決勝でプレー写真を撮ることをせず、 7D Mark II を点検修理に出すのを優先したのは正解だったようです。今年は最前列じゃなくて、前に背の高い(座高の高い)人が座って、視界が辛かったですしね……

EOS7D2AYear_GambaNabisco


などと愚痴を吐きつつ、話を本題に戻して EOS 7D Mark II。発売から1年経って、最近の販売ランキングを見ると(集計する業者にも依りますが)EOS 6D や EOS 5D Mark III より下にいることが多く、元々ニッチ向けで一通り需要が回るとこんなもんかなあ、という感はあります。

もっとも、割り切って使えない人を除いて評判は総じて良く、私も前編で書いたとおり満足していますし、1年で十分元を取った感じです。

EOS 7D Mark II 発売・購入から一年使ってきた雑感【前編】 〜限られた懐で超望遠動体撮影するための良いツール

前編では1年間使ってきての実感として

  1. 長玉レンズが買えない、懐が寂しい身にピッタリの望遠動体撮影ツール

  2. キヤノンにしては珍しく?若干じゃじゃ馬というか乗りこなしを要求するカメラ

  3. 一部を除いて期待通りで満足だけど、連写機で中級機ゆえの耐久性が不安


という3点を挙げました。最初と最後の2点については前回述べましたので、最後のもう1点をつらつらと書いてみたいと思います。


続きを読む

今日、キヤノンから APS-C フラッグシップ機 EOS 7D Mark II が発売されてちょうど1年が経ちました。発売当初は20万円超だった価格も1年経ってすっかりこなれてきて、買いやすくなりました。



私自身は発売と同時に手に入れてからこの1年で、十分元を取るくらいに使ってきました。通算シャッターカウントをソフトで調べてみると、先週末の築城基地航空祭が終わった時点で約96,000回。

さすがに、1年間で10万回近いシャッターの切り方は予想を遙かに超える回数で、同じ秒間10コマの EOS-1D Mark III を使っていた時も、これほどシャッターは切っていなかったと思います。

今年の初め、年が明けたくらいに撮影枚数を数えて我に返り、さすがにちょっと反省し、下手の無駄撃ちを抑える努力とともに今春 EOS 6D を購入して動きモノ以外は EOS 6D に振り分けたのですが、サッカー、モータースポーツに加えて秋になれば航空祭、と 7D Mark II が本領発揮するイベントも多く、どうしても撮影枚数が嵩みます(^_^;)

特に、我らがガンバ大阪は“日本一のサッカースタジアム”が過言ではない新スタジアムが完成して、来季から新スタジアムで試合を行うため、Jリーグ発足から二十数年親しんできた現行スタジアムも今年でお別れ。ですから、残り僅かな現スタジアムでの試合を撮っておこうとできるだけ多くの試合で撮ってきたので、それも原因です。

EOS7D2AYear_GambaNewStadium
(ガンバ大阪新スタジアム。寄付者対象の竣工式にて)


いずれにせよ、シャッター回数が嵩むのは結構心配しています。なにせ EOS 7D Mark II は、

ハイスペックでも値段相応の中級機ゆえ、耐久性は不安


です。連写番長と言っても EOS-1D系とは造りが違います。値段が違います。(EOS-1D系が無闇に高いのは、使えば納得できることも多い)

正直なところ、ボタン/ダイアル一つ取っても EOS-1D X どころか EOS 5D Mark III とも造りの差を素人が感じるくらいコストダウンされているカメラですから(だから安い)、1年でこれだけ使い込んでくると

「来年あたりに逝かれてくるかもしれんなぁ。早くもオーバーホールが必要になるかもなぁ」

という感じであります。シャッターユニットの耐久回数の目安も15万回だったように記憶していますし……

初代 7D は発売日から今春まで 5年半ほど使って、シャッター回数の伸びは Mark II より低いペースでしたが、途中で一度オーバーホールしてシャッターユニットを交換し、それでも最後の1年くらいは頻繁にエラーが出て、シャッターユニットも明らかにへたっていて、瀕死の状態でした。

それを思うと当方の Mark II もそろそろ…というか、最近たまに「エラー 70」などのエラーが出ますし、シャッター周りで気になる感触も出てきているので、築城基地航空祭から戻ってきて今週に点検入院させました。

(ちなみに、ネットでチラホラ出ている「エラー06」の連発を食らったことはありません。撮影中にエラーが出るとエラーの番号を見ないで電源オンオフしますが、エラーが出るのは連続撮影中ばかりです)

本当は明日のナビスコ杯決勝@埼玉スタジアムでも撮影に使いたかったのですが、座席購入時にミスって昨年のように最前列席が取れなかったこともあり、EOS 6D と 100-400 II だけ持ってセレモニーだけ撮れれば良いかな、と。もちろん、昨年同様ガンバの優勝セレモニーのはずですが(^^)

EOS7D2AYear_GambaNCWinners
(去年は目の前で優勝カップを上げてくれた!)


ともあれ、そんな EOS 7D Mark II を目いっぱい1年間使ってきての率直な感想をまとめると、概ね以下の3点になります。

続きを読む

先週には確定たるスペック情報や外観写真が流れていましたが、キヤノンからミラーレス機 EOS M 廉価機と、上位コンパクトデジカメ PowerShot G X シリーズ2機種が発表になりました。

キヤノン : EOS M10 スペシャルサイト
キヤノン:PowerShot G5 X/G7 X スペシャルサイト

今春に発売された EOS M3 および PowerShot G3X 、昨秋の G7X に比べると正直地味なのですが、

目を惹くスペックはなくマーケッティング志向の新製品だからこそ
今後のキヤノンの方向性が見える新製品3機種


であるように思えます。

個人的にこれら3新製品に強く惹かれると言うことではないのですが、色々考えていることもあるので、少しキヤノンの新製品3機種に思うところを書いておきたいと思います。


続きを読む

カメラバッグを出しているメーカーはたくさんありますが、超望遠、大口径望遠レンズを使っている人たちに人気、定番のカメラバッグメーカーの一つが thinkTANKphoto。

最近はミラーレス機人気で比較的小型でデザイン性に富んだバッグが流行りですが、「ミラーレス機やブリッジカメラは一眼レフと望遠レンズが持てなくなってからにしよう」と数々買ってきたミラーレス機を捨てた私としては、一眼レフと大きめレンズを持ち歩くために thinkTANKphoto の大きめバッグを3つ使っています。

ちなみに昔と違って、重い一眼レフシステムではショルダーバッグを殆ど使わなくなりました。歳をとって重量が腰をはじめ身体への負担をかけて疲れを余計に残すようになったので、thinkTANKphoto はバッグパックとローリングバッグを使っています。ミラーレス機で愛用していたバンガードのショルダーもバックパック化するアクセサリーを付けて背負うことが多い昨今です。

さて、そんなカメラバッグを愛用している thinkTANKphoto ですが、いくつか小物アクセサリー類も購入しています。そして、ちょっと前に購入したのが、コレ↓



一眼レフ用の持ち運び用バッテリー入れ。中級機用バッテリーが2個入る上記のモノと同じく4個入るタイプ、そして EOS 1D系や D一桁機の大型バッテリーが2個入るタイプの3製品が用意されています。

当初「大は小を兼ねる」こともあってバッテリーが4個入る



これ↑を買うつもりだったのですが、「一眼レフだと予備バッテリーを2個以上持ち歩くことことがないよなぁ」と思って2個入りにしたわけですが、先日のスーパー耐久@オートポリス撮影時には念のために予備バッテリー3個体制だったため、早くも4個入りを買わなかったことを後悔しています(^_^;)

布ケースで不要な部分は折り畳めますから、まさに大は小を兼ねるわけで、4個入りでも良かったはずなんですけどね……。もっとも一眼レフへ戻ると本当バッテリーの心配は最小限で済み、予備バッテリーを3個も持っていく必要はありませんでしたが。

GR 86/BRZ Race Professional 2015 Rd.5 - 16


ともあれ、この thinkTANKphoto DSLRバッテリーホルダー、昨年末に発売されたのですが、「発売されてモノを見てから買おう」と思っていたら、発売直後にヨドバシカメラ含めてどこも完売になり、それから半年、なかなか再入荷もなかったようですが、最近ようやく潤沢に在庫が確保されるようになりました。

ということで、購入して早速使っていますので、簡単に使用感を記しておきたいと思います。

続きを読む

予め断っておきますが、電源周り、バッテリー関係の互換製品は本体に予期せぬ問題を発生させることもありますし、性能をフルに発揮できない場合も有り得るので、全く推奨しませんし、個人的に持っていますが常用はしていません。

とは言うものの、ちょっと面白そうな気になる製品があると、つい手が出てしまうのはガジェットヲタの性。(歳を食って、だいぶ怪しい製品への衝動は下がりましたけどね ^^;)

先日 LP-E6N(1D系を除くEOS一桁機、最近の二桁機用のバッテリー)を買い増そうと Amazon で「LP-E6」で検索すると多数の互換バッテリー製品に混じって、こんな製品が。


LP-E6 の USB 充電器だと!?


商品的には互換バッテリーが主で、付属品として USB 充電器が付いてくるようなのですが、個人的には

USB 給電で LP-E6 がちゃんと充電できて使い物になるのか??


ということに興味が惹かれてしまいました。
  • 5V でせいぜい 2A 出力の USB 給電で、ちゃんと充電できるの?
  • 充電時間がやたらかかったりするでしょ、絶対!?
  • 充電できたと見せかけて、ちゃんと 100% 満充電できなかったり、使い始めるとすぐ減っちゃったりしないの?

と。

実際、充電器の出力仕様も大きく違いますからね。(以下参照)

LP-E6_USBcharger11
(純正充電器の出力は DC 8.4V、1.2A)

LP-E6_USBcharger10
(このUSB充電器の出力は DC 8.4V±5%、0.5A)


昨今 USB 充電可能なカメラが増えてきて、実際に使ってみてもコンパクトデジカメなどでは確かに便利ではありますが、別に一眼レフでそういうのを求めたりしていません。

(将来的には Apple 新MacBook で採用された USB PD が普及していく課程で、5年経てばノートPCの電源も USB Type-C + USB PD になるでしょうし、それはデジタルカメラにも波及するでしょうし、USB PD では最大 20V/5A まで流せるのでデジタル一眼用バッテリーも充電可能になりますが、使われるかどうかは別です)

ただ、求めたりしていませんが、緊急避難用に USB 充電可能なら便利かもしれません。たぶん使うことはなさそうだと判っていても、そんなことを思いたくなるのがヲタ思考。試したい。でもリスクはあるしなあ……

と、しばらく迷っていましたが、とうとう先日買ってしまいました。

LP-E6_USBcharger01
(右にあるのはセットの互換バッテリー。殆ど使うことはないと思うけど)


私の場合、フルに AF や高速連写使って動体追いかけるような撮影が多いですから、どんなマイナス要因も避けて基本的に純正バッテリーで純正充電器 LC-E6 しか使う気はないですが、

「この USB 充電器は純正充電器に比べるとかなり小さいから、本来充電器を持って行かず予備バッテリーだけでこなす1泊旅の時に、念のために持って行ってもいいかな?」

なんて思えるので、モノは試しと言うことで使ってみました。


続きを読む

このページのトップヘ