Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:E-M1MarkII

直前に晴れ予報に変わった天気予報にも裏切られ、前々日予行から航空祭当日午前中までひたすらドン曇り、夏の北海道らしい爽やかな晴天は何処へやら、だった今年の千歳基地航空祭。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

低く垂れ込めた雲のおかげで、航空祭の展示飛行プログラムの大半がキャンセルまたはちょっとした航過飛行だけに変更されてしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017(1)天気予報に上げて落とされ編

天気には勝てない、誰も悪くないとは言え、「わざわざ北海道まで来たのに〜、初めての千歳基地航空祭なのに〜」という愚痴が出てしまうほどでありましたが、午前中最後のプログラム、米太平洋空軍(PACAF)F-16 のアクロバットフライトがこの状況下でも素晴らしい演技を披露してくれて、唯一の救いになってくれました :-)

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (54) PACAF F-16C - 92-887

今さら千歳基地航空祭2017(2)さすが米軍様や!編

午前中の最後にようやく少しは気分が晴れて、午後のブルーインパルス展示飛行までの昼休み時間中に、基地の外での撮影ポイントからシャトルバスで基地内の航空祭会場へ移動しました。


続きを読む

世の中三連休ということで、昨日の早朝、新大阪駅も旅行へ行く人でごった返していました。昨日は九州出張だったのですが、うっかり三連休初日というのを忘れていて、1週間前に新幹線の予約を取ろうと思ったら全く空いてなくて、8時の新幹線で間に合うところが6時すぎのに乗る羽目になってしまいましたが、私の三連休は出張、ガンバ観戦、家庭内所用で終わりです(´Д` )

さて、2ヶ月以上前になってしまった千歳基地航空祭。夏の航空祭と言えば、丘珠空港の札幌航空ページェントとこの千歳基地航空祭ですが、今年は札幌航空ページェントが開催されず、この千歳基地航空祭だけでしたが、これまでの記事で書いてきたとおり前々日予行からずっと天気はドン曇り。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

北海道へ出かける前は雨予報だった天気予報は前日になって晴れ予報に変わったものの、朝起きてみると、やっぱりドン曇り。低い雲が垂れ込め、午前中の展示飛行は次々と中止、航過飛行のみに変更になっていき、機動飛行も、千歳基地航空祭へ来た目的であった政府専用機と F-15J イーグルとの異機種編隊飛行も中止になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017(1)天気予報に上げて落とされ編

午前中のプログラムが進むも天候は一向に変わらず、次々と当初のフライトがキャンセルになっていく中、唯一の可能性は米空軍 PACAF F-16C のアクロバットフライト。

米空軍は航空自衛隊とは基準が違いますから、この悪条件でも魅せるフライトをやってくれる可能性はあるはず。それを信じて、午後のブルーインパルスを残して航空自衛隊の展示がおわったのち、撮影ポイントを移動します。

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (24) Japanese Air Force One / 20-1101
(この写真下部に並んでいる人がいるあたりへ)


前々日の予行フライトでは様子見もあって土手から撮りましたが、F-16 は F-15 に比べて機体が小さいこともあって、土手から 600mm 相当では話にならないくらい遠かった(被写体が豆粒だった)ので、とにかく基地に近寄りました。

臨時駐車場を横切って基地フェンス際まで来て、

果たして飛んでくれるのか?どれくらいのフライトをやってくれるのか?


そう思って PACAF F-16C の離陸を待ち、そして……やってくれました、さすがですわ!


続きを読む

今年は残暑もあまり厳しくなく、10月に入ってすっかり秋の涼しさになっていますが、今さらまた夏の航空祭、千歳基地航空祭の話。やっと、航空祭本番の日の巻。

北海道へ向かう前は、「金曜日から天気は下り坂、土曜から雨模様、日曜日も雨」そんな天気予報で、

今のジャンボな政府専用機が運用されているうちに、政府専用機を含めた異機種編隊が見たくて初めて来た千歳基地航空祭も雨模様になるのか……飛ばなかった泣くなあ。


と覚悟しながら千歳入りして、確かに金曜日は予報どおりに午後から雲が厚くなってきたものの、その夜から週末の天気予報が一転して、晴れマークを出すようになりました。

ただ、土曜日は、札幌では急速に天候が回復して北海道らしい青空が広がっていたのですが、快速で僅か30分先の千歳はどんより曇り空。結局、午後のブルーインパルス前日予行はローパスフライトのみ(第5区分)になってしまいました。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編
今さら千歳基地航空祭2017 ブルーインパルス前日予行編

残念ではあったものの、雨が確実だと思われていた航空祭本番の日曜日は、天気予報が一転して晴れ予報になりましたから

ブルーインパルスの予行がダメでも、明日の本番でイーグルなどの機動飛行や政府専用機とイーグルの異機種編隊が飛んでくれれば全然問題ないっしょ!晴れ予報に変わったし!!


と前向きに思えていましたし、前日どんより曇り空だった千歳市内も夕方になるとすっかり晴れてきて、燃えるような夕暮れに「明日楽しみだなー」と花火を見ながら翌日に期待を胸に膨らませていました。

急に知った花火大会、三脚がなければ手持ちで撮ればいいじゃない 〜E-M1 Mark II で手持ち花火撮影

そして千歳基地航空祭 2017 当日の朝。6時半ごろ千歳基地正門近くのホテルを出ると、見渡す限りの青……くない、真っ白で、どんより曇り空。

ChitoseABairshow2017A
(朝6時半、駐車場へ向かう車が何キロにもわたって渋滞)


えー、(気象庁やウェザーニュースや日本気象協会の)話と違うやん!なにこれ昨日と同じドン曇り……。でも夏の北海道太平洋側って、霧だったり低い雲に覆われるってこと多いよね。何度も体験してきた。でも、太陽が昇って気温が上がるにつれ、雲も上がっていって消えていくよね。今日は晴れ予報だもんね。そうだよね。そうと言ってくれよーーーー!


そんな思いとともに千歳基地航空祭 2017 当日は始まったのでした。


続きを読む

9月も最終日、もう今年も残すところ3ヶ月になってしまいました。今日は愛媛国体開会式のブルーインパルス展示飛行や海上自衛隊徳島航空基地祭がありますが、ガンバ大阪のホームゲームがあるので飛行機撮りは自重して応援に……と言っても、今のガンバの体たらくではテンションも全く上がりませんけど(´Д` )

さて、2週間ほど前の小松基地航空祭の予行は1週間以内に写真整理が終わったのに、2ヶ月前の千歳基地航空祭の写真は放置プレイのままでしたが、次の航空祭の前に少しずつ整理しておかなければ……ということで、今さら過ぎますが、2017年の千歳基地航空祭前日予行の撮影録をば。

1ヶ月ほど前に前々日予行の米軍 PACAF F-16 が予行フライトのことを記しました。

今さら千歳基地航空祭2017 前々日予行編

曇天&湿度満点の撮影条件が悪い中で、立ち位置もミスって撮影的には全くでしたが、フライトの方は相変わらずキレッキレのアクロバットフライトを行ってくれました。

その日はススキノのホテルに泊まり、北海道ならではの海鮮をこれでもかと食い倒し、痛風持ちなのに大好きなイクラ丼を山盛りで食って憂さを晴らして熟睡。

ChitoseABairshowRehearsal20170721A


そして航空祭前日、土曜日は予報に反して朝から意外と悪くない天気。雨模様の予報だった土日の天気予報に晴れマークが垣間見せるようになってきました\(^o^)/

ChitoseABairshowRehearsal20170722A


前日予行は午後からのブルーインパルスだけなので、ホテルをゆっくり出て、すっかり青空が広がってきた札幌駅で連れ合いと別れて、昨日同様に南千歳駅へ向かいます。


続きを読む

小松基地航空祭が先週じゃなく今週末だったら良かったのに…と思わなくもないお彼岸ですが、残念ながら空気読めずに三連休に日本へやってきた台風18号のせいで中止になった小松基地航空祭の予行の記録、後半です。

小松基地航空祭 2017 予行 〜ようやく E-M1 Mark II で機動飛行を試せた一日 【前編】

ほぼ本番に近い進行で行われた先週木曜日の予行。他基地からの外来機 F-2, F-4 の展示飛行は、予定にされていたのにも関わらず行われなかったものの、午前中はそれ以外のオープニングフライト、第303飛行隊(以下 303SQ)の機動飛行、救難展示、小松基地各部隊合同10機のイーグルによる編隊飛行の予行が執り行われました。

前編では昼休みまで、午前中の撮影録を記したのですが、今年の小松基地航空祭予行柄みで変わったことと言えば、航空プラザ横にあったコンビニ(ファミリーマート)が潰れたこと。これは痛い。

飲み物の自販機は航空プラザにあるし、自転車や車があれば少し離れたコンビニまで行くのは難しくないけど、撮影拠点のすぐ近くにコンビニがあるのは楽ちんだったので閉店したのは残念です。公共交通機関で来た場合、徒歩圏内にはコンビニがなくなってしまったので、徒歩だと小松空港ビル内に行くのが一番手っ取り早いことになりましたね。

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (24) 303SQ F-15J #878


さて、今回は昼休みが終わっての午後の展示飛行は、みんな大好きアグレッサー部隊(飛行教導群)と第306飛行隊(以下 306SQ)の機動飛行です :-)


続きを読む

先日の記事でも触れたように、先週末の小松基地航空祭は、残念ながら台風18号の直撃コースにあったため中止になってしまいました。

台風一過の空を期待しつつ、半年ぶりに昆陽池から伊丹離陸便

昨年も中止にはならなかったものの雨でしたから、2年連続で雨に祟られたことになります。5月末の美保基地航空祭、同じ9月の三沢基地航空祭とともに、比較的雨の多い航空祭の印象がありますね。(三沢基地航空祭はまだ一度も行ったことがないですけど)

前日当日の小松の空模様をネット経由で見ていると、結果的には前日予行の時間帯は雨が降ることなく、航空祭当日も台風は明け方までに通過し、午前中は小雨残りだったものの昼頃から青空が見えていたので、午後からのアグレッサーと 306SQ の機動飛行だけでも観たかったなー、と思ったのは正直なところです(^_^;)

とはいえ、航空祭当日の準備は未明から行われますから、それが台風通過前後では中止も妥当な判断だったと思います。ホント、間の悪い台風でした(>_<)

KomatsuABairshow2016Rehearsal
(去年の小松基地航空祭予行から)


去年も雨模様だったので結局航空祭本番には行かなかったので、2年連続で予行だけ、今年は予行も泊まりで行くことができず、航空祭直前の木曜日1日だけの日帰り遠征でした。

ただ、去年は予行を撮りに行った日も曇り空でしたが、今年は予行だけでも晴れてくれて、それだけに航空祭そのものは中止になったものの多少救われた感があります ;-)

先週木曜日の時点ではまだ航空祭のプログラムは発表になっていませんでしたが、木曜日の予行は外来機の F-2, F-4 の展示飛行を除いて、ほぼプログラムどおりに行われました。F-2, F-4 の展示飛行の予行も行われる予定だったのですが、こちらは全く音沙汰なしでした。残念!

Komatsu AB Airshow Rehearsal 2017.9.14 (46) Aggressor F-15DJ #074
(アグレス機動の予行は、2日前にお披露目の新色で行ってくれました)


ということで、小松基地航空祭本番は中止になったものの、予行でそれなりに楽しんだので、今年の小松基地航空祭の自分的記録として、拙い写真を載せて振り返っておきたいと思います。


続きを読む

前回記事の冒頭で

当方の E-M1 Mark II は2回目の修理行き以降、千歳基地航空祭(+手持ち花火)を始め、酷暑の中を1ヶ月で9千枚近くシャッターを切っていますが、全く問題なく使えています。(中略)というわけで、E-M1 Mark II ボディの方は完全に正常状態に戻ったと判断できるので(以下略)

E-M1 Mark II の BLH-1 互換バッテリーは買えないけど USB 充電器を買ってみた

と書きましたが、そう書いた翌日にフリーズが再発しました _| ̄|○

EM1M2freeze20170819A


上記写真は、レンズをスタジアム座席下のコンクリートに向けていますが、EVF は芝生のピッチでフリーズした状態がそのままになっています。以前のフリーズ状態を説明した時の記事で見せた写真と同じ状態ですね。電源をオフしてもそのまま、バッテリー抜き差しをしないと復旧しないのも同じです。

フリーズ再発の E-M1 Mark II 修理入院【前編】
フリーズ再発の E-M1 Mark II 修理入院【後編】
オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【前編】
オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【後編】

過去の経緯は繰り返しませんので、興味ある方は上記記事をご参照ください。

1回目の修理以降もフリーズが立て続けに発生して「一体どこ直して検証したんや!?適当すぎやろ」となったわけですが、2回目の(見込み修理で)基板交換以降は全くフリーズしなくなり、千歳基地航空祭遠征などで4千枚程度撮影しても問題なかったので「解決したっぽい」と判断して、上記の最後の記事を書きました。

その後、修理から戻ってきて1ヶ月くらい経ちますが、昨日まで概ね9千枚前後撮影してきて、その撮影も飛行機、サッカーなどの動きモノでなく花火やらちょっとしたスナップやら色々な撮影で全く問題なかったので、前回記事冒頭でも完全に直った宣言をしたわけですが、その直後にコレです ┐(´д`)┌

今回は本当に直ったと思ったんですけどねぇ……(´Д`)ハァ

ちなみに昨日は2回フリーズしました。なんか、購入直後の古いファームウェアでフリーズが出ていたのを(ブログでコメントもらって)ファームウェア更新してから全くフリーズ皆無だったのが、1ヶ月半後からフリーズ連発するようになった時の最初の感じ(美保基地高航空祭の時)と似ていて、今後が非常に不安です。

ただ、今回のフリーズは従来の時と同じ現象でありながら、ちょっと違う点もありました。(あくまで昨日のフリーズだけの話ですが)

続きを読む

購入したのは随分と前なのですが(5月)、購入して試す前に E-M1 Mark II のフリーズ問題が発生したため、互換充電器を使ったことによる問題の切り分けが難しくなることを避けるため、ずっと使うのを控えていました。

しかし、当方の E-M1 Mark II は2回目の修理行き以降、千歳基地航空祭(+手持ち花火)を始め、酷暑の中を1ヶ月で9千枚近くシャッターを切っていますが、全く問題なく使えています。

オリンパスから返ってきたけどフリーズ発生が全く直ってなかった E-M1 Mark II 再度修理行き【後編】

というわけで、E-M1 Mark II ボディの方は完全に正常状態に戻ったと判断できるので、購入してから忘れられていた E-M1 Mark II のバッテリー「BLH-1」用の USB 充電器を試しています。秋の航空祭遠征に向けての準備です :-)

購入した BLH-1 用 USB 充電器は ROWA 扱いのコレ↓



新しいバッテリーのせいか、互換バッテリーも USB 充電器もなかなか出てこなくて、やっと出てきたのが春頃。ROWA 扱いだったら、昔から幾つか買ってたので不安も少ないし、購入当時は互換バッテリーと抱き合わせセットじゃない USB 充電器がコレともう一つだけだったので、コレを選びました。

互換バッテリーについては購入せず、USB 充電器のみです。BLH-1 の互換バッテリーは
Smatree バッテリーはSmatree充電器とのみ互換性があり、オリジナルとサードパーテイーの充電器に合わないです。電源残量詳細のパーセント表示がありませんが液晶で大体電量が分かります。

という表記があったりして、どの互換バッテリーも
  • 純正充電器での充電不可
  • E-M1 Mark II で残量%表示が出ない(バッテリー交換表示が出ることもある)

という個人的には全く使う気になれない制約がついているので、非常用とか予備としても買っていませんし、今後も買うことはないでしょう。

まぁ「互換バッテリーが怖いなら互換充電器も怖いやろっ!」 というツッコミが入りそうなのは重々承知ですが、USB 充電器は EOS 時代からちょくちょく使ってきて、トラブルらしいトラブルを経験していないので、非常用、予備用途なら、という判断です :-)


続きを読む

前回記事でも書いたように、今年のお盆は何かと忙しく、ガンバ大阪のホームゲーム2試合を観に行くくらいで終わってしまいそうなのですが、お盆前のある日、夏の甲子園、全国高等学校野球選手権大会をチラ見してきました。

特に、母校が出てるとか、出身県の高校を応援しようとかそういうことでなく、たまたまその日は神戸近郊で仕事があったので、その帰りに寄ってみて1試合だけ観戦してきた次第。

春夏の甲子園シーズンにはいつも、1日くらい観に行きたいなあ〜と思いつつ、思うだけでなかなか行けないのですが、お盆ウィークに入ると毎日朝から満員になりますから、比較的空いている間に行きたかったのです :D

ちなみに、プロ野球と異なり高校野球は一応 “教育の場” ですし、プレーしているのは高校生ですから、未成年である球児や応援団を撮影した写真を個人が無許可でネットに掲載するのがダメなことは言うまでもありませんが、高野連からの通達では球場内だけでなく球場周辺の写真もアウトらしく、

Koshien2017Summer01
(公式ホームページより)


こんな写真で「甲子園なう」的なツイートも Instagram 投稿もいけないようです。私もうっかり忘れてツイートしてから消しましたけど、高野連らしくそのあたりは厳しいので気をつけなきゃいけません。

ということで、真っ当な写真は載せられませんが、3年ぶりくらいに夏の甲子園を1試合だけですが観戦してきました。


続きを読む

大阪近郊というか京阪神の大きな花火大会といえば、7月末の天神祭に始まって、8月1日の PL花火(教祖祭PL花火芸術)、8月第1土曜日の淀川花火(なにわ淀川花火大会)&みなと神戸海上花火大会があって、8月8日の琵琶湖花火(びわ湖大花火大会)と、8月上旬に立て続けにあります。

他にも規模はやや小さいものの、芦屋サマーカーニバルや琵琶湖花火と同日開催で裏番組的な茨木辯天花火大会もありましたし、お盆を過ぎてからだと飛行機&花火狙いで有名な猪名川花火大会(2017/8/19)、京阪神ではラストになる、いたみ花火大会(2017/8/26)もあります。

そういえば、今年は夏のラスト(伊丹と同日)に、泉南で初開催される花火大会もあるようですね。

泉南・光と音の夢花火

私は猪名川花火大会はガンバ大阪の柏戦ホームとかぶっていて、いたみ花火大会や泉南の夢花火は SUPER GT 鈴鹿 1000km とかぶっていて行けないので、今年の花火鑑賞は、たまたま出くわした千歳の花火と琵琶湖花火だけになりそうです。

distant view of Biwako Fireworks Festival 2017 (21)


特に花火に思い入れがあるわけでなく、夏の風物詩として見る、なんちゃって記録写真を撮ることもあるレベルなので、2回も見れば十分ですが、飛行機と絡む可能性を探る猪名川花火大会に行けないのだけは残念です(>_<)

それに当日夕方までは琵琶湖花火も観に行くつもりはありませんでした。なにせ琵琶湖花火は行き帰りが地獄なのは重々承知しているので(京都での学生時代や大津勤務・在住時の頃は散々行った)、行きたくない花火大会筆頭、もう十数年、下手すると20年近く観てなくて、今年も近場の辯天花火をチラ見しに行こうと思っていたのですが、諸々事情があって、遠くから琵琶湖花火を見ることになりました :-)

(PL が昔のド派手さから大人しくなって行く人も多少減り、淀川花火と神戸海上花火は同日開催にして人を分散させた現在、琵琶湖花火が京阪神で一番帰りが大変な花火大会かも?)


続きを読む

このページのトップヘ