Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...


タグ:DMC-G1

昨年の4月1日から E-M1 Mark II とマイクロフォーサーズシステムを使い始めたので、ちょうど1年になります。

ということで、4月1日に「使い始めて1年」というような与太記事を書いて E-M1 Mark II のアレコレ書いてきたのを〆とする予定だったのですが、忙しさにかまけて1行も書けず(^_^;)

また、昨日4月3日はマイクロフォーサーズの日だったらしく(知らなかった)、Twitter の timeline 上にはマイクロフォーサーズ機の写真がちらほら見えてました。(最近 Twitter すらちゃんと見てない ^^;)

マイクロフォーサーズ初号機のパナソニック DMC-G1 も、1年近く経って発売されたオリンパスのマイクロフォーサーズ初号機 E-P1 も購入した身としては、4月3日になにか一言書きたいと思いつつ、ツイートすら出来ずじまいでありました。

E-P1 vs DMC-G1 なんちゃって比較 (1)
(当時のメイン機は EOS-1D Mark III。iPhone 3GS や VAIO P を愛用の頃…)


ということで、数日遅れですが、大学病院の長い長い待ち時間の間に仕事していたら、あまりにも待ち時間が長すぎてバッテリーがへたっているノートパソコンのバッテリー残量が残り少なくなってしまいましたので、iPad で マイクロフォーサーズ初号機の思い出やら E-M1 Mark II とマイクロフォーサーズとの1年を総括?してみる与太記事を記してみます。

当初は「1年前に E-M1 Mark II と 300mm F4 IS / 40-150mm F2.8 PRO レンズを買った、もう一つの理由」という記事で書き始めていたのですが、書いている途中で診察時間が来てしまって時間切れになりましたので、その部分は最後に少々だけ。

続きを読む

マイクロフォーサーズ第一号機だった DMC-G1 から1年半、後継機 DMC-G2 が、一昨日の海外発表に続いて、本日国内でも発表。G2 の下位機種、廉価機の G10 は何故か発表なし。

このブログでも DMC-G1 については過去に何度も取り上げ、パナのマイクロフォーサーズ機には今後も期待したいと書いてきた。それゆえ、後継機 DMC-G2 はどうなるのか興味津々だったのは言うまでもない。

というわけで、DMC-G2 のスペック上の特徴を G1 と比較しつつ簡単にまとめると

  • 可動式液晶モニターがタッチパネルになった。フォーカスエリア位置やフォーカスエリアサイズをタップ一発で指定できるようになった(液晶の画素数・サイズは同じ)

  • 動画撮影機能が追加されたが、コンパクトデジカメと同じ AVCHD Lite 止まり(フル HD は GHシリーズを買え、ということか)

  • 画素数は据え置き。GH1 で採用されたマルチアスペクトでもない(旧来の素子のまま?)
    【追記】GF1 と同じ素子とのこと。

  • 最高 ISO 感度は1段広がって 3200 から 6400 へ(プレスリリースの文面から見ると、ソフト処理側で対応したっぽい?)

  • 連写が気持ち程度向上した(ほとんど意味ない程度)。

  • SDXC 対応になった(当然)

  • ファインダーは変化なしっぽい…【追記】トーンを下げる改良だけ行われてるらしい

  • 見た目その他は概ね G1 を踏襲

  • 【追記】マウントアダプターを介した全てのフォーサーズレンズで AF が可能になった(ファームウェアだけで旧機種に同様の対応をするのは難しい人のこと)

  • 【追記】手ぶれ補正の ON/OFF は本体でできるようになった。これについては旧機種全てに対応ファームウェア・アップデートを行い、今後のレンズは手ぶれ補正 ON/OFF スイッチは廃するとのこと


と言ったところだろうか。細かなブラッシュアップはしてるようだけど

えーと、これだけ?


としか言い様がないモデルチェンジ。完全にマイナーチェンジもいいところ。

DMC-G1 / GH1 の時の気合の入れようは、どこに行ったの?


  • タッチパネルと SDXC 採用以外はファームウェアに手を入れて終わりじゃないの?

  • 最高感度のアップは、プレスリリースを読むとソフトウェアで実現したっぽいけれど、素子レベルでの改善が必要じゃないの?

  • マルチアスペクトでもないし、やっぱり撮影素子はそのまま?

  • ファインダーの改善は結構求められていたと思うけど、完全スルーなの?


などと色々と言いたくなる。

もちろん、スペックだけで判断してはいけない。肝心なことは実写画質であり、実際に撮影しての AF 性能やファインダー周りの改良がちゃんとなされているかはスペックを見ただけでは判らない。

判らないけれど、

凄く評判の良かったキットレンズを安物に代えて
本体は微妙なマイチェンに留まって、Gシリーズをどうしたいの?


と思ってしまう。

G1 の使い回しばかりで、1年半蓄積してきた技術の投入みたいなものは全くない。DMC-G1 を使ってきて、パナのマイクロフォーサーズ機に将来の期待を抱いたものとしては

正直がっかり…


である。まぁ、勝手に期待して、勝手にガッカリされて、ブログでこんな文句を書かれては、パナとしても迷惑だろうが、やっぱりどう考えても DMC-G1 をリリースした頃の気概を感じることはできない。

だいたい、タッチパネルを一番のウリにしているが、

タッチパネル操作はコンパクトスタイルの GF シリーズにこそ相応しい技術


だ。背面液晶を見て操作するなら、EVF 一体型の G / GH シリーズではなく、コンパクトデジカメと同じスタイルの GF シリーズの方がずっと使える価値がある。

G2 のタッチパネルでフォーカス対象をタッチして指定できると言うが、EVF ファインダーを覗いていたらそんなことはできないわけで、EVF 一体型の Gシリーズで背面液晶のタッチパネルをウリにされてもなぁ…と思う。

開発の順序は勿論あったにせよ、G2 より E-PL1 対抗でタッチパネル搭載の GF2 を早急に投入する方が先だろう。そして「タッチ・ムービー一眼」なんてキャッチコピーはタッチパネル搭載 GF2 にこそ相応しかったはず

高感度体制も、実写画像次第ではあるが、ぶっちゃけ DMC-G1 の高感度耐性はもはやコンパクトデジカメの一部に迫られてる(S90 と比較すると一段差程度)と感じるし、逆に APS-C(7D とか K-x とか)と比べると2段+αの差があるように感じている。

撮影素子が GF1 と同じということだし、プレスリリースの文面を見ても ISO 6400 を実現したのはソフトウェアの進化に依るもの。それが悪いわけじゃないが、撮影素子レベルの改善なしの、小手先のノイズリダクション処理で済むようなレベルにないと思うのだが…

とまぁ、G2 に関しては何だかなーな気分で、内容を詳しく見ていけば見ていくほど、スペックを見る限り(動画が必要でなければ)安くなった DMC-G1 でも良いんじゃないの?と思えたりする。

実際に画質がどこまで向上しているかは実写画像を見てみないと判らないし、何だかんだ言って電子機器は新しい方がずっと良いのは事実だけど(DMC-G1 発売からは1年半近く経っているのだしね)、いま(2010年3月9日現在)なら



DMC-G1 のレンズキットは5万円台前半から売られている。この値段なら…と思う。付いてくる標準ズームは DMC-G2 のキットレンズと違って、コストダウン化されすぎてないし、テレ端が 45mm まであって望遠ズームとの繋がりもいい。

ダブルズームキットでも7万円から売られている。特に目的が限定されていなければ、ダブルズームキットがお薦め(それは DMC-G2 でも)。望遠ズームはサイズ重量値段を考えればかなり頑張ってる写りだと思うし、手ぶれ補正の効きも悪くない。



パナの 45-200mm 望遠ズームレンズは、レンズそのものは大きめけど、このサイズで 400mm の超望遠域までカバー、ってのはフルサイズ用の 100-400mm を使っている私にとっては衝撃的にコンパクトだったし、だからこそ今でも DMC-G1 +ダブルズームキットは手放せない。

もちろん、銘玉と言っても良いくらい素晴らしいレンズの



も合わせて、35mm換算14mm の超広角から 400mm の超望遠までが小さなカメラバックに収まるのは痛快でもあるし、それがマイクロフォーサーズ機の魅力。そして E-P1/2 や E-PL1、GF1 のような

コンパクトスタイルの筐体だと望遠ズームを使うのはしんどい


から(実体験)、45-200mm (90-400mm) のようなレンズを気軽に使えるのはやっぱり G / GH シリーズの長所。

だからこそ、コンパクトスタイルの GF1 とは違った方向に、もっともっと進化して欲しかったのだけど、今回の G2 は残念ながらそうでもないようだ。

ハイエンドは GH シリーズにして、G シリーズは EVF 一体型廉価機ということになるのかもしれない。本当の廉価機であるはずの G10 を国内発表してないのも不思議だが、国内メーカーが廉価機を国内だけで出さないなんてのは珍しくないからね…(ソニーのフルサイズ廉価機 α850 の国内スルーは酷いし、アホ過ぎると思ったが)。

いずれにせよ、ちょっとガッカリ感の強い DMC-G2 発表だった。海外発表の時のプレスリリースに何か見落としがあるかも…なんて淡い期待は淡すぎた。まぁ、とりあえず GH2 でパナの本気が見られることを期待しよう。

パナソニック、タッチパネル搭載のマイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-G2」を国内発表
世界初のタッチパネルネオ一眼、パナソニック「DMC-G2」
パナソニック、「LUMIX DMC-G2」の発表会を開催
デジタルカメラ LUMIX DMC-G2を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic
DMC-G2|Gシリーズ|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic(公式サイト)

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット
OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット

コンパクトスタイルで一番いまお薦めなマイクロフォーサーズ機は、やはりコレかなぁ…


で、ここからは極めて個人的な意見。

続きを読む

一昨日 Apple から「Digital Camera Raw Compatibility Update 3.0」がリリースされて、よ〜〜〜やく Panasonic の RAW、DMC-G1 / GH1 / LX3(および Leica D-LUX 4)の RAW が MacOS X および iPhone '09, Aperture 3 でサポートされた。

DMC-G1 や LX3 発売からは1年以上が経ち、「Apple はパナソニックの RAW をサポートする気ないんだな…」と思わせるに十分な期間だった。だから、今ごろサポート開始したのにビックリだ。Aperture のメジャーバージョンアップに合わせたのだろうけれど、なんだかなぁ…である。

ついでに言えば、PowerShot S90 やキヤノンの sRAW, mRAW も今回ようやくサポートされた。ホントにもう「私が使ってる RAW だけピンポイントでサポートしないのかよ!」という感じだったから、心の底からよ〜〜やくかよ、である。

前回のアップデート時には同時期発売の Powershot G11 や EOS 7D、さらには発売前の 1D Mark IV までサポートしながら S90 だけスルーだったのには、ガッカリよりむしろ驚いたくらいだ。

もっとも、普段 DMC-G1 の RAW 現像は Adobe Bridge / Photoshop CS4 の Caemra RAW を使っているし、iPhoto は使っているものの RAW 現像後の JPEG ファイルしか読み込ませていないので、特に不都合はなかった。

けれど、こういう RAW サポートの悪さ・遅さがあるから、興味がなくもない Aperture が安くなったところで、やっぱり買う気がしないんだよね。DMC-G1 / GH1 をサポートしておきながら GF1 は対応してないという不思議さもあるし。

ともあれ、それでも OS レベルでサポートしてくれれば、RAW ファイルを Quick Look でサクっと確認したり、プレビューで開いて簡易現像もできるので、便利なことは便利である。

というわけで、なんとなく

MacOS X のネイティブ・サポートも出たことだし
DMC-G1 の RAW 現像をちょっと比較してみるかな…


という感じで、少し自分でやってみた。現像に使ったアプリは

  • カメラ内現像(JPEG 撮って出し)

  • Adobe Camera RAW

  • Apple iPhoto '09(MacOS X 内部処理と同等)

  • SILKYPIX Developer Studio 3.0SE(一応純正の添付アプリ)


の4種類。

もっとも、やり始めてすぐに気がついたのだけど、なんというか、比較するのだからとデフォルトで RAW 現像処理してみたわけだが、

RAW で撮って現像するのに、デフォルト現像しても意味なくね?


という気が大いにするわけで…(^_^;)

きちんと調整入れてこその RAW 撮影、現像処理でしょ、というのは当然あるし、デフォルト現像で単純比較してもあまり意味はないと思えるが、かといって調整入れまくったら比較も糞もないというか、そこまで暇なことしてられっか、と。

そんなわけで、今回の記事もまたやっつけで、写真も現像時の自動補正のかかり具合がよく判るようなテスト用写真ではなく、Mac の HDD 内にあった RAW ファイルから適当に選んだ11枚。一応シチュエーションは色々で、なるべく白飛び気味とかコントラストの強いものを選んではみたけれどね…

こういうのをきちんと比較するのは、私もいつも見ている某カメラ比較ブログに任せるべきですな。ちゃらんぽらんな適当性格な私は、あくまで適当なことしかできませんが、なんとなく自分で比較したかったので。

続きを読む

海外発表から1週間が経って、オリンパスのマイクロフォーサーズ機第2弾 E-P2 と、マイクロフォーサーズ用新レンズ2本の開発発表が今日あった。国内向けにはシルバーボディが追加されたこと以外、既に海外発表されてるものと変わらない。

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P2 パンケーキキット ブラック E-P2PKIT-BLK
PEN E-P2 パンケーキキット ブラック E-P2PKIT-BLK

既に予約開始の E-P2。今回追加されたブラックモデルは、そこそこ売れそう。
オリンパスのパンケーキレンズは糞だが、見た目だとコレになる…


なぜ国内だけ1週間遅らせたのか?なんていう疑問はありますが、オリンパスの不可思議行動をいちいち気にしていても仕方ないので、僅か4ヶ月で新型機を発表された前モデル E-P1 との差異と言えば…

  • 外付けEVFが付けられるようになった(アクセサリーポートの追加)。

  • 仕上り設定に「i-FINISH」が追加された。

  • アートフィルターが2種類追加された。

  • 「動体追尾AF」機能が追加された。

  • 動画撮影時にマニュアル露出が可能になった。

  • HDMI端子が「HDMIコントロール」機能に対応した。


というもの。並べてみると個数は一見多いように見えるが、基本的には

E-P1 に外付け EVF を付けられるようにしただけ


である。それで新型、上位モデルとして売るわけだ。

鳴り物入りで登場した E-P1 は併売されるとはいえ、機能的に+αでしかない機種が、そう大きな価格差がない状態でリリースされたわけだから、発売から4ヶ月で事実上の旧モデル扱い。メーカーがどう言おうと、ユーザーとしては複雑な心境だろう。

まぁフツー、有り得ないやり口なのは間違いない。E-P1 でコンパクトデジカメからレンズ交換式カメラに入ってきた人がオリンパスのやり方を見て、レンズ交換式の世界でもボディが数ヶ月や半年でコロコロ後継機が出ると思われたりしたら心外だよね。

とはいえ、この

すぐに後継機を出すというのはオリンパスの既定路線


だったのは E-P1 発売前から明らかだったこと。そのことは私の以前の記事「E-P1を速攻予約したので、実機も速攻触りに行ってみた(前編)」で書いたように、オリンパスプラザ大阪でのセミナー初回において

セミナー出席者:「じゃあ、本命はまた別にあるわけですね」
オリンパス講師「そうですね。これはまず PEN 記念モデルということで出しています」


と言い切ったように、

E-P1 は完成度が低いのを承知で PEN 記念モデルとして出した


わけで、こうなることは当然判っていた。だから、別に E-P1 を買ったユーザーとして E-P2 をこの時期に発表されたことに何の文句もないし、クレームを言うつもりもない。ただまぁ、判っていて買ったとはいえ、なんだかなぁ〜ではありますな。

おまけに、E-P2 で実現した機能のうち、ファームウェア・アップデートで実現できそうにないのは、専用インターフェースが必要な外付け EVF くらいのものではないかと思えるにも関わらず、

なお、E-P1にファームウェアアップデートでE-P2の新機能を追加するかについては、技術的な部分と市場の反応を見ながら検討していきたいとしている。


なんてことを言ってるわけで、まぁどうなるやらですな。

E-P1 → E-P2 のやり方を見たり、先日の AF-C を改善と言いつつもサッパリ役立たずのままのファームウェア・アップデートを見る限り、あってもアートフィルターくらいは追加してお茶を濁されて終わりかも…なんて思ったり。

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P2 レンズキット シルバー E-P2LKIT-SLV
PEN E-P2 レンズキット シルバー E-P2LKIT-SLV

E-P2 のシルバーモデルは E-P1 と違ってグリップ部がブラウンになった。
カラーリングとしては黒だった E-P1 より良さげ。


いずれにしても、E-P1 ユーザーとしてオリンパスの今後(のフォロー)に期待できるかと言えば、期待できそうにないと思ったので、E-P2 の海外発表期日が確定した情報があったと同時に E-P1 は売却しました。

売れているものの、中古にも結構タマが出ている E-P1 ですので、意外と中古は買いたたかれます。まだリリースして4ヶ月なんですけどね。私が売った時は E-P2 発表前でしたし、相場より若干高く買ってもらえることができましたけど、元を取れたかどうかは微妙。

売却値段は購入金額からすると6割くらいですかね。まぁ勉強料込みですな。買う時に凄く迷って、特にオリンパスの姿勢には疑問を感じまくって、それでも買ってしまった。その勉強料。オリンパスというメーカーを使ってみた勉強料。

ただ、ちゃんと言っておきたいですけど

E-P1 は使い方を間違えなければ、良いカメラ


です。これは誤解されたくないので、念のため。本気でそう思ってます。

パナと違って手ブレ補正が内蔵されているのは、スナップでサクサク使うのには良いし、オリンパスのレンズが小さくできることにも貢献している。Panasonic GF1 はストロボが内蔵されているけれど、それよりも手ブレ補正を内蔵したオリンパスを評価している。

また、パナソニックの質感のなさに比べれば、デザインに賛否両論はあっても E-P1/2 の方がカメラを持った時の感触は断然良い。

そして、画質も良い。パナに比べたら高感度の処理も1段くらい良いし、何より高感度に限らず撮って出し JPEG の画質は素晴らしく見栄えがする画像で、その点は今回残したマイクロフォーサーズ初号機 DMC-G1 よりも1枚も2枚も上だと思っている。

じゃあ、なんで DMC-G1 じゃなく E-P1 を売ってしまったかと言えば、

  • AF は速くないし、撮影状況が悪くなると G1 より早くお手上げになる上、AF-C はファームウェア・アップデートをしても飾りでしかない。

  • 望遠ズームを使うのに E-P1 じゃ、ホールド的に使い物にならない。

  • E-P1 とペアで使う 17mm F2.8 が糞レンズだった。

  • E-P1 があると、いつまで経ってもオリンパスの標準ズームが欲しくなって仕方がない(パナの標準ズームがあるけど、よりコンパクトだから…)

  • 撮って出し JPEG で十分画質がよいのに、色収差補正されないのが結構辛い。

  • 外付けファインダーは内蔵よりスペースを取るので使わない。ファインダーはあった方が良いが、内蔵すべき。

  • 添付の RAW 現像ソフトの糞さ加減に驚いた。

  • カメラのファームウェア・アップデートが糞ソフトを使わないとできない糞さ加減に怒りを覚えた。


とか、その他色々ですな。まぁひと言で言えば、

マイクロフォーサーズを使うなら、
信頼感も将来性もオリンパスよりパナソニックじゃないかな…


という思いに至ったわけで。

カメラとしての質感とかそういった部分は、確かにオリンパスの方がある。カメラメーカーだな、と思うし、逆に言えばパナソニックは家電メーカー、コンパクトデジカメの延長なカメラだと思う。

でも、“カメラじゃなくデジタルカメラとしての部分”では、使っていてパナの方が信頼できるんだよね。具体的な数値とかそういうものじゃなく。絵作りについては好みもあるだろうし、正直オリンパスの方が良いと思うけど、

撮ってる時に気持ちよく撮れるのは E-P1 より DMC-G1


だったし

E-P1 より多くの状況に対応できるのは DMC-G1


だったから、サイズその他を無視して DMC-G1 を残した。というか、マイクロフォーサーズは始まったばかりで、今後次々と新製品が出る。その中で

自分の中でマイクロフォーサーズの基準とするのは
E-P1 ではなく DMC-G1


になっているから、E-P1 が残る余地はなかった。だから、あくまでこれは私の利用スタイルの問題であって、E-P1 が DMC-G1 に全て劣ってるわけでもないし、ダメなわけでもない。

ただ、駄目と思えるのは、オリンパスそのもの。昔から「フォーサーズなんか潰れて、オリンパスはレンズメーカーになってくれれば良いのに〜」と広言してきたけれど、改めてそう思うね。だいたい、

ロクに改善されてないファームウェア・アップデートを出し
その後すぐに新型機を発表しては、旧来機のアップデートは未定と言う


メーカーと

発売から1年も経っているのに
実に効果のあるアップデートをリリースする


メーカーと、どっちが信用できるか、どちらと今後も付き合って行こうかと思えるかは、当然のことだろうと思う。

フォーサーズの優秀なレンズ群を使いたければオリンパス・ボディを使うしかないが、マイクロフォーサーズでは違うし、今後は余程のことがない限り、オリンパスのカメラを買うことはないだろうと思う。

E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 10
(by E-P1 @美瑛)


しかし、ボディ性能やサポートがどうであれ、レンズだけは素晴らしいのがオリンパス。今回発表されたマイクロフォーサーズ用新レンズ2本も、なかなか良い。特に

徹底して小型化している


のは、マイクロフォーサーズを良く判ってるなぁ、と思う。フォーサーズとの差別化を明確にして行こうということもあるのだろうけど。

パナの場合は手ブレ補正がレンズ側という難点があるにせよ、オリンパス・レンズの小ささは魅力である。色々言い訳したところで、

マイクロフォーサーズの利点は小型軽量に尽きる


と言っても良いのだから、小ささ軽さは他のフォーマット・システム以上に重要なこと。

なので、今回発表された2本のレンズ、特に 9-18mm F4-5.6 のサイズには驚きを禁じ得ない。標準ズームとしても画期的に小さな 14-42mm と比べて変わらないサイズ。

パナソニックの LUMIX G VARIO 7-14mm F4 の時も、超広角なのに極めて小さく軽いサイズに驚いたし、だから購入もしたけれど、オリンパスの 9-18mm の小ささもメチャクチャ魅力的。

9-18mm の正式なスペックは発表されていないが、全長約 50mm とリリースにはある。パナソニック 7-14mm が 83.1mm だから長さは3分の2以下。素晴らしい!重さもだいぶ軽そうだ。それを考えると

パナの 7-14mm 持ってるけど、オリの 9-18mm も買っちゃうかも…


なんて思うくらいだ(本気でね)。

手ブレ補正が内蔵されているレンズではないけれど、パナの 7-14mm も手ブレ補正内蔵じゃないから、使う分にはイーブンな条件。

広角の 1mm はすごーーーく大きいから 7-14mm の代わりには絶対ならないけど(35mm 換算で 14mm と 18mm では全然画角が違う)、7-14mm F4 は前玉が突き出ていて扱いには慎重にならざるを得ないし、

9-18mm はフィルタが使える(52mm径)のも魅力


だから、7-14mm を持っていても 9-18mm は買っちゃう可能性が高い。で、きっと 7-14mm は使われなくなりそうな悪寒…

14-150mm は別に要らないかな。レンズ交換時の埃をほとんど気にしなくて良いマイクロフォーサーズで、無理にデカい1本レンズを着ける必要は感じないしね。

Panasonic LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH. H-F007014
Panasonic LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH

画質も安定、値段も安定。9-18mm があっても換算 14mm の魅力は捨て難い。


とまぁ、こんなところで E-P2 発表に合わせて、私が E-P1 を売却した理由も書いた。他にもう1つ理由はあるが、それはプライベートすぎる話でここに書くようなことじゃないし、それについてはキッカケになっただけで、主たる理由は上記に書いた通り。

何度も書くけど E-P1 はそこそこ良いカメラだった。決して悪いカメラではなかった。ただ

E-P1 も E-P2 も価格設定は無駄に高い


と思うけどね。まぁ売れてるんだから下げる必要もないだろうけど、その点は今でも納得はしてないし、性能対価格比を考えると評価できないな、と思う。

だからといって、プレミア感なんて全くありはしないカメラでもあるから、何故売れてるのか、発表日に予約して発売日に買った私も、全く理由が判らない。ま、もうどうでも良いけどね。

GRX はともかくソニーも何やらあるようだし、そろそろパナも GF1 でお茶を濁してないでガツーンとまた G1 の衝撃ほどに良いカメラを出して欲しいものだ。噂が点いたり消えたりしている富士フィルムでも良いんだけど(笑)

「オリンパス・ペンE-P2」が国内で正式発表
オリンパス、マイクロフォーサーズレンズ2本を開発発表
オリンパス ニュースリリース:「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠の超広角ズームレンズと高倍率ズームレンズの開発について
高精細EVF対応の“デジタルPen”上位機種「E-P2」

すっかり遅くなってしまったが、9月17日にパナソニックからリリースされた DMC-G1 と望遠ズーム LUMIX G VARIO 45-200mm F4-5.6 のアップデート・ファームウェアを試した際の感想をまとめておくことにしたい。

Panasonic デジタル一眼カメラ LUMIX (ルミックス) G1 Wレンズキット コンフォートレッド DMC-G1W-R
(LUMIX G1 Wレンズキット コンフォートレッド DMC-G1W-R)

1年経っても見劣りしない性能。価格は7万円台で安定したままに。


このファームウェア・アップデートがリリースされてから急遽 EOS 7D を買うことを決め、そして EOS 7D を買って試しまくったり、さらに 1D Mark IV が発表されたり、すっかり EF マウントに意識が行っていたが、ファームウェアリリース後1ヶ月かけて DMC-G1 + 45-200mm での撮影を何度も試していた。

その結論は、既に別の記事で軽く触れたこともあったけれど

今回のファームウェア・アップデートで AF-C 性能は
劇的とまでは言わなくても随分と改善された、素晴らしいアップデート


ということになる。どれくらい改善されたかというと

本気の動体撮影は無理でも(AF以外の問題もある)
条件限定の、お気楽な動体撮りならそこそこ使えるかも…


と思えるくらいである。

もちろん、動体撮りといっても色々ある。鉄道やモータースポーツのように、AF に頼らなくても構図は限定されるものの置きピンで対処可能なものもあれば、飛行機やスポーツのように AF に頼る割合が多いものもある。

鉄道や飛行機は挙動がほぼ予測できるが、サッカーやバスケットのように動きにランダム性が強い動体もある。そして、日中太陽光の中で撮る物もあれば、体育館などの暗い室内で撮るものもあるし、ナイターや夜間撮影をターゲットとする場合もある。

今回の DMC-G1 + LUMIX G VARIO 45-200mm のファームウェア・アップデートにおいて、それら全てについて撮影が可能になったか?と言えば、全くそんなことはない。特に

動体が撮れるほど AF 速度・精度が出せるのは
相変わらず十分照度のある状況に限られる


のは変わらない。もちろん、

20091002173342
(141mm F4.2, 1/40s, ISO160)


というくらいの写真は撮れる。ただ、ヒット率は(一眼レフを使うのに比べ)低い。ま、DMC-G1 はボディが軽すぎて流し撮りは特に難しいけれど。

(なお、本記事の全ての写真は全て DMC-G1 + LUMIX G VARIO 45-200mm F4-5.6。リンク先から等倍画像が閲覧可能。表記の焦点距離は 35mm 換算したもの)

これは極端というか、DMC-G1 の AF 限界を少しばかり超え気味の条件であると思うが、それでも以前は箸にも棒にもかからなかった。それが、ファームウェア・アップデートで、たまにでもヒットするようになっている。

旅客機撮りは十分照度があって、伊丹空港周辺のように撮影条件も良ければ、そう難しい被写体ではない。廉価一眼レフでも(そして初心者クラスでも)十分対応できる被写体だし、DMC-G1 でも着陸後の転がり(着陸からスポットへの移動のこと)くらいならそれなりに撮れていた。

20091021163138
(217mm, F8, 1/640s, ISO200, -0.3EV)
この程度の、着陸後の転がり写真なら普通に撮れるレベルになった。
以前はこの程度でも結構ピンを外していたものだった…


ただ、望遠レンズを使って飛行機を追いかけた場合、たとえ被写体の速度が遅い“転がり”であっても、等倍で見てビシッとした写真のヒット率はなかなか低く、「もうちょっと AF-C の動体追尾がマシになってくれたらなぁ…」という思いはあった。

もちろん、色々試す中で AF-C を単純に使うのではなく、追尾 AF にした方が良いのか?など色々試してきたが、追尾 AF の方が動体追従の結果が良い場合もあった。飛行機でいえば、着陸後の転がりで側面の窓を追尾させると追尾精度は通常の AF-C より良かった。

ただ、正面気味の被写体や、高速で動く被写体には無力だったりして、やはり基本である AF-C の速度精度の向上、特に望遠レンズ LUMIX G VARIO 45-200mm との組み合わせでの精度速度向上を望んでいた。

そんな中、標準ズームレンズ LUMIX G VARIO 14-45mm との組み合わせにおける AF-C 性能の向上は、半年前(2009年5月末)にファームウェア・アップデートが行われた。

私自身は標準ズームで AF-C を使うことはほとんどないので、これの恩恵はさほど受けてないのだが、その前に発売された LUMIX G VARIO 7-14mm F4 超広角ズームで飛行機撮りした際には、明らかにフォーカス速度がダブルズームレンズより速かったし、AF-C の挙動も安定していたので、それが 45-200mm にも反映される日を待っていた。

20090514183908
(16mm, F4.5, 1/1000s, ISO200, -1.33EV)
7-14mm F4 発売後に千里川で超広角飛行機撮りを試していた時の一枚
ここは一眼レフでも廉価機あたりだと厳しい条件なので
DMC-G1 だと当然ヒット率は高くなかったが、使える写真はあった
ま、AF 以外の問題の方が大きかったけれど…


が、一向に望遠ズーム 45-200mm へのファームウェア・アップデート、AF-C の性能改善のアナウンスはなく、既に DMC-G1 とだぶるズームレンズの発売から1年が経って、こりゃもう望遠ズームの AF-C 性能改善は無理なのかな…と思ったところに、キタコレ。

直前にリリースされた同じマイクロフォーサーズのオリンパス E-P1 の AF-C 改善ファームウェア・アップデートが、実質的には全く改善が見られないに等しかったことがあっただけに、こちらもどれくらい改善されているか心配というか、あまり期待せずにアップデートして試したのだが、

「やっぱりパナソニックはオリンパスと違うわ。これこそ、まともなファームウェア・アップデート、性能改善だわ!」

と思える改善だった。ファームウェア・アップデート後の一番最初の実戦投入が、たまたまサッカー(Jリーグ)撮りになったので、さすがにサッカーはお話しにならなかったし、アップデートしても厳しいだろうと思って使ってみたら

あれ?Jリーグの試合を撮って、こんなにまともに写ったっけ?


と思えるくらい、以前とは違った。

以前何度かサッカー撮りを(むろん本気撮りではなくお試しで)試したものの、ナイターはもちろん晴天日光下でも使える写真はほとんど無きに等しい状態だった。

20091003155358
(350mm, F5.3, 1/640s, ISO500)
Jリーグの試合写真は無断掲載禁止なので、アメフトをサンプル程度に。
サッカーやアメフトの動きには追従しきれないので、
まだまともに見られる写真でも等倍だと甘くなってしまう。


それがファームウェア・アップデート後に試し撮りしてみると、なんか意外と撮れている。もちろん、1D MarkIII で撮った場合とは違って、等倍で見られる写真は稀だけど、50%縮小しても見られる写真がなかった以前に比べると格段の向上になっていた。

万博のスタジアムからだと 400mm では遠いから大きくトリミングすることになるし、等倍じゃ厳しいので 50% 縮小前提となると、仕上がりの写真はあまり大きなサイズではなくなってしまうけど、写真を撮りに行くのではなく観戦の片手間でちょっと撮る分には意外と悪くない、と感じた。

何度か触れているが、Jリーグの試合を撮るにしてもフルサイズの一眼レフボディに大きなレンズを持ち出せる機会は、そんなに多くない。閑古鳥が鳴いているスタジアムならともかく、万博はスタジアムの収容人員が少ないボロスタジアムだけに、長いレンズを振り回しても周りに邪魔にならない試合は少ない。

そんな時、DMC-G1 + LUMIX G VARIO 45-200mm F4-5.6 で撮れればどれだけ良いか…と思う。アウェーの試合でも、サッカーを見に行く、サッカーを撮りに行くならば Mark III + 望遠レンズを持って行くのは苦にならないが、出張ついでだと難しい。が、DMC-G1 とレンズなら出張ついでに持って行くのも苦にならない。

20091021161646
(350mm, F4, 1/640s, ISO200, -2/3EV)
以前は飛行機を追尾していると、離陸直後は必ずピンぼけになっていた。
のが、アップデート後はそれなりにヒットしてくれるようになった。
とはいえ未だ苦手で、少しでも暗くなるとピンぼけしまくる。
(原因というか癖は判っているのだが…)
ピントが機体後部に来てるのはご愛嬌。ピント位置をすぐ変えられないし…


同じことは飛行機撮りでも言えることで、「飛行機を撮りに行く!」もしくは「写真を撮りに行く!」という旅なら大きなカメラとレンズを持って行くのは躊躇わないが、そうでない旅や出張時に、ちょっと空港 or 空港周辺で飛行機を撮りたい、と思っても DMC-G1 ではちょっと微妙だった。

せっかく撮ってもボツ写真、今イチ写真を連発するだけなら、後から落胆する分だけ撮りたくないとすら思う。だから撮影メインじゃない旅行の時にはマイクロフォーサーズだけで行くかどうか悩むし、出張などでマイクロフォーサーズしか持ってなければ飛行機は撮らなかった。

それが今回のアップデートで、「マイクロフォーサーズでもそこそこ飛行機が撮れるんじゃね?」という風にかわってきた。もちろん、EOS-1D Mark III や EOS 7D で撮るのに比べれば断然ヒット率は低い。でもシャッターを5枚切れば1〜2枚くらいは…と思える程度になってきた。

20091021163115
(400mm, F4, 1/640s, ISO200, -0.3EV)
空気状態もあってピン甘な写真だが、以前はこの程度すら撮るのも運任せだった。
遠くに見える着陸機に対する AF 補足率は劇的に向上したと言って良い。
(以前は被写体が小さいと、合焦して撮ってもピンぼけしまくりだった)


もちろん、今回のファームウェア・アップデートによる改善を持ってしても、DMC-G1/GH1 が動体撮りに使える、なんてことは口が裂けても言えない。言えないが、

ミラーレス機で動体撮りができるようになる希望は見えてきた、
お気楽撮影なら予想以上に早く動体撮りが実用になるかも…


と思わせてくれるアップデートである。

メイン機材が EOS-1D MarkIII や 7D といったスポーツ撮り・動体撮り専用機で、主被写体がサッカーや飛行機であるから、過去にも書いてきたように動体撮り性能に対しては、どうしても厳しい?目になってしまう。

だから、マイクロフォーサーズは気に入って使っているけど、動体撮りには向かない、使えるようになるにはあと3〜5年必要かも?と思っていた。

でも、意外と早くに動体撮りが(お気楽撮影なら)実現できる気がしてきた。もちろん

ミラーレス機の動体撮りは AF-C 速度精度の問題だけでなく
EVF の性能、消失時間やシャッタータイムラグという難題がある


のも事実。特にスポーツ撮りにおいて現在の EVF では話にならない。お遊びとはいえ、サッカー撮りアメフト撮りで DMC-G1 を使っていて AF 以上に一番ストレス溜まるのがファインダー、レリーズ周りである。

また、ファーカスエリアの移動変更も現在の G1/GH1 方式では(動体撮影時には)実用にならず、事実上一点使用のみになる(特に EOS 7D が凄まじく使いやすいしね…)。ファーカスエリアのサイズも標準では大きすぎ、小では小さすぎる感じもある。

だから、ミラーレス機で動体撮りが実用になるのは、たとえお気楽撮影だとしても、もう少し時間がかかるだろう。それでも今回のファームウェア・アップデートの性能改善を見れば、少なくとも

AF-S だけでなく AF-C 性能でも
AF が得意でないメーカーの廉価一眼レフにかなり近づいてきた


と言えるんじゃないかと思う。AF-S に関しては既に AF 性能の低い一眼レフは追い越しているし、AF-C も追いつけるレベルになってきたと思う。ミラーレス機も期待できるじゃん!と、本当に思う。ま、現状では「ミラーレス機で AF 性能が期待できるのはパナソニックだけ」ですけどね…

20091021162756
(400mm, F4, 1/640s, ISO200, -0.3EV)
高速シャッターを切る分には良いが、ボディが軽いせいか
低速シャッターでの撮影はブレ写真連発。
無論、自分の腕の問題だが、縦グリップが欲しくなったり…


さて、最後に今回のファームウェア・アップデートを適用して試した自分なりの結果をまとめておこうと思う。

  • 食いつき(初期合焦速度)は、微妙に改善程度。

  • 合焦精度は確実に向上している。以前は合焦ランプが点いている状態で撮影しても完全ピンぼけということが多々あった。アップデート後もあるが、その割合は確実に減った。

  • 合焦後の動体追尾精度についても、向上した。一番目立って改善された点のはず。ただし、後述する癖は変わっていない。

  • 合焦エリアに強い光源があると、迷いやすいのは変わっていない。合焦後もロストしやすいし、合焦後に撮影してもピンぼけになっていたりする。

  • 機体が夕陽に反射しているような場合も、ちょっとしたことでロストする。

  • 被写体の動きに大きな変化があると、かなりの確率でロストする。というか、被写体がそれまでと違う動きをして、それに合わせてカメラを振るとロストしやすい。

  • ロストしてからの復帰は相変わらず時間がかかる。

  • フォーカスサイズを小にすると、使い物にならないのも相変わらず。

  • 低照度でも頑張って(多少迷っても)合うようにはなった。もちろん限度はあるし、精度は悪いけれど。

  • 低照度でピンが合ってから追いかけるのは精度は甘くなりつつも何とかなるが、一度ロストすると復帰は難しい(復帰してもかなり時間がかかる)。

  • もっとも低照度では AF を問題にする以前に、EVF のリフレッシュレートが低下する方が先に厳しくなる。

  • AF-C が流し撮りにきちんと対応しきれていないのか、流し撮りのヒット率は低い。ボディが軽くブレやすいのも大きな理由。


といったところだろうか。

とりあえず気になるのは、相変わらず一眼レフに比べて AF 追従時にロストしやすいことだろうか。フォーカスサイズの標準と小の間のサイズがないことも含めて、このあたりがちょっと使いにくいのも事実。

いずれにしても、まだまだ不満は多いものの

発売後1年近く経って、体感できる性能改善ファームウェアが出たことは嬉しいし
パナソニック技術陣の努力には素直に感謝したい


褒め過ぎかもしれないが、どこぞのメーカーのファームウェア・アップデートが酷かった分だけ、素直に嬉しい。DMC-G1 後継機では F の更なる向上とともに、是非 EVF、レリーズ周りの改善を行って欲しいと思う(暗部や高感度の画質もね!)。

将来とも 1D Mark III / IV や 7D のようなスポーツ・動体撮影特化機には適わないだろうが、きっと遠くないうちに「今回はちょっと飛行機撮りたいけど、マイクロフォーサーズで良いかな」なんて思える日が来るだろうと思うし、その日を待ちたいと思う。

とにかく、今回のファームウェア・アップデートで、

DMC-G1 + LUMIX G VARIO 45-200mm が使える領域がまた広がった


のも事実だ。今後もパナソニックのマイクロフォーサーズには期待したいし、

DMC-G1 とパナのレンズ群を買って良かった!


と心から思う昨今である。

20091021161647
(332mm, F4, 1/640s, ISO200, -0.67EV)
動体でも廉価一眼レフ+安望遠レンズと変わらない写真が撮れるように…
そんな結論に達するアップデートであった…

先週の記事で紹介した DMC-G1/GH1 と望遠レンズ LUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 のファームウェア・アップデートだが、近日中に試して感想記事を書く予定と言いつつ、まだ書けていないというか、自分なりに検証できる撮影ができていないので、もう少し時間がかかりそう。

とはいえ、ほんの少しだけ(自分の DMC-G1 の AF-C における基準にしている)飛行機撮りをして、今日は久しぶりにガンバの試合がデーゲームだったので、これまた久しぶりに DMC-G1 でサッカーを撮ってもみた。

とりあえず伊丹空港周辺で飛行機撮りを、日没前後の照度が落ちるシーンも含めて撮ってみてからではないと何とも言いようがないのだけど、今のところ「アレ?」と思う変化がある。

その「アレ?」は、良い意味での「アレ?」だったりする。

先日の E-P1 のファームウェア・アップデートにおける AF-C の改善は見事なほど空振りだったし(少なくとも私の中ではそういう判定になった)、そこまで酷くはなくても、所詮はファームウェア・アップデートだから、そう大きく改善するものでもないのは当然である。

勿論、今回の DMC-G1 / GH1、LUMIX G VARIO 45-200mm のファームウェア・アップデートも目の覚めるような変化がある、というわけじゃない。

のだが、少し撮ってみて、E-P1 の時と違って「アレ?こんなに歩留まり良かったっけ?」というのが、ちょっとある。Jリーグ撮りなんて話にならなかったのに、たま〜に思ったより撮れてるね、という写真があったりする。

勿論、誤解のないように言えば、サッカー撮りに DMC-G1 が使えるかと言えば、今でも話にはならない。AF 速度も食いつきの部分では全然話にならないし、それ以前に連写時の問題も含め、シャッター消失時間の長さが動体相手には使い物にならない。

なので、あくまで DMC-G1 のテストとしての撮影なのだが、AF-C で被写体捕捉後に追従している際の精度が上がってるように感じられるのだ。

the supporters of Gamba Osaka (AFC2008 Champion Club)
Jリーグの試合は撮影禁止ではないが、無断掲載禁止なのでサポ写真をば


ただ、現時点ではファームウェア・アップデート後の撮影枚数も少ないし、果たして変わったのか自信がない。

自信がないから、今回のファームウェア・アップデートの結果について、誰か何か書いてるかと思ってネット上を探してみたが、これまた全然ない。見事にない。

でも、そんなものかもね、と思う。そもそも今回のアップデートは、かなり限定された撮影状況における改善だ。低コントラスト被写体相手、望遠レンズでの AF-C。

AF-C を語る以前の E-P1 よりはずっとマシとはいえ、DMC-G1 / GH1 を買った人がそうそう AF-C を使うこともないだろうと思う。子供などの人相手なら、追っかけ AF を使った方が遥かに精度が高いしね(追っかけ AF は当初から追従も精度も良かった)。

ましてや、DMC-G1 / GH1 でどれだけの人が 45-200mm を使ってるのかなぁ?とすら思う。14-45mm や 14-140mm を使ってる人は多いけど、45-200mm は少なそう…

おまけに今、マイクロフォーサーズのレンズの話題は、そんなファームウェア・アップデートなんかより



コレですからね。色々と悩んでいる私も10月中には手に入れたいとは思ってます。先日また試させてもらった際に、DMC-G1 と E-P1 の両方に付けましたが、やっぱり少し大きめなので、付けて似合うのは DMC-G1 でしたね…

とまぁ、今回のファームウェア・アップデートでの変化については誰も興味をもってなくスルーみたいなのですが、私自身はもうちょっと撮影して検証してみたいと思いますし、どこかで触れているブログ、記事があればコメントその他でご一報いただけたら幸いです。

いずれにせよ、そんな割とスルーされるような限定状況に対しても改善のファームウェアを出してくれたり、超望遠のニーズがさほどあるとは思えないのに 100-300mm なんていうレンズをロードマップに付け加えてる Panasonic には、やっぱりちょっと期待しちゃいます。本気を感じますしね。

100-300 なんて(35mm 換算 200-600mm)マイクロフォーサーズ・ユーザーのうち、どれだけの人が期待しているのだろう?と心配になっちゃうんですけどね…

ま、今回のファームウェア・アップデートに関しては、もうちょっと試してみないと判りませんけどね〜

とりあえず今日のところは、ガンバが川崎を撃破してJ優勝、ACL 圏内への望みが繋がったということで、ご機嫌なわけですが(笑)

明日の DMC-GF1 & 20mm F1.7 の発売を控えて、DMC-G1 / GH1 の新ファームウェアが公開された。さらに望遠ズームレンズ LUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 MEGA O.I.S. のファームウェア・アップデートも同時公開。

とにかく嬉しいのは新レンズへの対応だけでなく、

  • DMC-G1 / GH1 ともに、低コントラスト被写体でのAF性能の改善

  • 望遠ズーム LUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 の AF-C でのAF性能を向上


の2つが挙げられていること。どちらも私自身、強くパナソニックに望んでいたものだった(過去に状況報告とともに対処をお願いしたメールをしたこともある)。

今日は色々とあって今さっき疲労困憊で帰宅したばかりだし、望遠ズームの改善評価はすぐにできることではないので、どれだけ改善されているのかは判らないけれど(先日の E-P1 のアップデートは酷かったからなぁ)、ちょっと期待したい。

近日中に試してみて、また記事を書くことになると思う。

が、個人的に悩ましい問題は、明日の LUMIX G 20mm F1.7。発売日に買うつもりではいたのだけれども、今月のカード明細を見て自重気分が…(笑)

まぁ「いずれ買うなら、発売日に買え」というのが私の鉄則ではあるのだけど、買ったら DMC-G1 より E-P1 に付けることが多くなりそうだけど、E-P1 の公式対応がいつになるのか…使えなくはないだろうけど、手ぶれ補正のこともあるから、様子見した方がいいのかな…とも思ったり。

別に急いで欲しいレンズでもないし、不要になる M.Zuiko 17mm F2.8 は E-P1 とのセットで買ってるから、それだけ中古で売るのも売りにくいしなぁ…とか思ったり。明日まで悩もう…悩む前に速攻寝てしまいそうな今日の疲れ方だが。

ちなみに、10月発売のマクロレンズ LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm は欲しいけど、多分買えない。もうちょっと安ければ…とか言ってるけど、買ったりするかもしれないが、そうマイクロフォーサーズばかりに金をかけてられないしねぇ。

しかしまぁ、SD カードでのアップデートは楽だね。面倒極まりない、どこかのメーカーと違って。

ファームウェア・アップデート ページ(パナソニック公式サイト内)
パナソニック、「DMC-GH1」「DMC-G1」のファームウェアを公開

先週はキヤノンから EOS 7D、パナソニックから DMC-GF1 という、以前から気になっていた2機種の発表があった。が、その頃は北海道を駆け巡っていたし、発表日も内容も事前に“噂”として判っていたものだったので、そう気になるものでもなかった。

自分の手元にはそれなりのカメラ、1D MarkIII や DMC-G1、E-P1 があるうえ、7D も GF1 も事前予想通り。発表日即予約!というほどのものではなく、自分の手でじっくり触ってから判断すべきと思っていたので(特に 7D)、北海道から帰ってきて、先日それぞれを触ってきた。

7D に関しては、まだ色々と確認すべき事項もあるので(キヤノンに問い合わせていることもある)また後日のことにして、まずはパナソニックの GF1 をじっくり触ってきた印象を述べてみたい。



DMC-GF1 の先行展示は東西のパナソニックセンターで行われており、大阪は OBP Twin21 内にあるパナソニックセンター大阪である。発表から数日経った平日夕方ということもあって、他に触る人もいなかったので、持っていった DMC-G1, E-P1 と並べて交互に手に取りつつ、じっくり試すことができた。

ただし、DMC-GF1 には監視兼説明員の方がつきっきりであり、ショールーム内は一切写真撮影不可。また交換レンズはショールーム側で用意できるパナソニック純正レンズのみ装着可能で、持参してきたものは一切不可、オリンパスの M.Zuiko 17mm F2.8 も装着させてはくれなかった。

パナソニックセンター大阪


ということで写真も何もなく、単なる感想文しか書けないのだが、数字的なスペックは既に発表されているので、それとは離れた個人的な使用感を、DMC-G1 や E-P1 を使ってきた&比較しながら使ってみて感じたことを列挙してみると…

  • 持った瞬間に E-P1 より軽いことを実感できる差はある。が、E-P1 に使い慣れていたり、両者を直接比較して初めて判る程度の差。E-P1 も GF1 も初めての人なら、大差ないレベルでもある。

  • GF1 はグリップ部が出ていることを別にしても、E-P1 より若干ボディが厚め。両者を並べるとハッキリ判るが、並べずとも、GF1 からはなんとなく厚めっぽい印象を受ける。

  • GF1 は明らかに E-P1 より横幅は狭いが、いささか高さがあるので、ぱっと見が何となく“ずんぐりむっくり”で、そのあたりが全体的にバランスが悪いというか、野暮ったさを感じる原因かもしれない。

  • さらに質感が実にチープ。DMC-G1 そのままのデザインなのだが、一眼レフ的なデザインから、ずんぐりむっくりなコンパクトデザインになった分だけ、チープさが増したように思える。DMC-G1 では何とか許容範囲だったが、そんな許容範囲の広い私でも GF1 は限度をいささか超えた。

  • GF1 は実物を見ると、写真以上に筐体デザインが微妙。E-P1 シルバーのクラシックカメラっぽいデザインより DMC-G1 の方が好みという(おそらく世間的には珍しい嗜好の)私でも、これはちょっと…という感じ。全体のバランスが悪いし、DMC-G1 でも採用していたコンパクトデジカメ的なカラーリングが GF1 のデザインではチープさを際立たせてる感じがある。

  • GF1 のグリップは、見た目的には半端でチープで(デザインの微妙さの原因でもある)実際にチープだけれど、実際に使ってみると効果は大きい。ホールド感は E-P1 よりずっと上で、コンパクトスタイルな筐体では一番安心してカメラを持てる。E-P1 があまりにもダメすぎるだけとも言えるが…

  • E-P1 ではとてもじゃないが 45-200mm 望遠ズームを使う気になれないが(一度試しに付けたが、まともにホールドできないのでそれから一切付けてない)、GF1 なら使えなくもないかも?と感じた(全く推奨はできないが)。DMC-G1 ほどではないが、GF1 のホールド性は(E-P1 に比べると)安心できる。

  • 背面右上のメインダイアルの使い勝手は微妙。悪いとまでは言えないが、DMC-G1 の前面ダイアルは抜群に操作性が良く、ホールドしてファインダーを覗いたまま、絞りやシャッター速度、露出補正の調整ができたが、それに比べると背面ダイアルの操作性は劣る。コンパクトデジカメ的ではあるので、スタイルと違いと言われれば、それまでだが。

  • 同じ背面ダイアルの E-P1 での縦ダイアルも使い良いとは思えないが、ほぼ似たような位置にあって慣れの差というレベル。E-P1 の2ダイアルに比べ、GF1 は1ダイアルだが、プッシュ切り替えで2ダイアル的に使えるので、操作性でそう大きな差はないかと。

  • 敢えて、この辺の優劣を個人的な感覚でつけるとすれば、1ダイアルでもグリップ前面にある DMC-G1 が操作性の点で1枚上。次に特殊な感じで決して抜群の操作性ではないものの2ダイアルの E-P1。GF1 は G1 と同じプッシュ式2ダイアルでも背面にある分だけプッシュ切り替えが微妙なので、少し劣るかな?と感じた。ま、この辺は個人差でしょう。

  • その他、ボタンの個数やボタンの操作体系は、ほぼ DMC-G1 そのまま。私自身が慣れてることもあるが、DMC シリーズの操作体系は悪くないので、初めて使う人でも問題ないと思う(このあたりはオリンパスより良いと思う部分)。

  • ただし、DMC-G1 / GH1 では上面にあったボタンも全て背面にもってきたせいか、背面のあらゆるところにボタンがあって、それはいただけない。コンパクトスタイルにする際に、きちんと整理すべきだった。

  • 背面液晶は可動式ではないが、スペック的にも見た目的にも DMC-G1 と同じ。DMC-G1 の経験では、明るい屋外では E-P1 の方が見やすい。反面、ピントチェックは DMC-G1 の方が若干やりやすいと感じているので、E-P1 と GF1 の関係も多分同じはず。

  • 液晶が DMC-G1 と同じだけに、DMC-G1 の可動液晶の良さも感じてしまったり…(それは E-P1 でも同じだが)

  • AF に関しても DMC-G1 そのまま。AF 速度は E-P1 と比較にならないくらい迅速。でも DMC-G1 での欠点である「AF-S に比べると AF-C の速度精度が大きく劣る」点は GF1 でも全く一緒。説明員に聞いても、GF1 の AF 周りは G1 と基本的に同じとのことだった。

  • 撮影画像を持ち帰ることはできないので、画質については背面液晶で確認しただけだが、こちらも1年近く使っている DMC-G1 と変わらないと感じた。高感度も含め、ぱっと見で判るほどの改良はない印象。

  • メニューの中の画質設定的な部分も、ほとんど DMC-G1 と同じ。撮影写真比率に 1:1 が追加されているくらい(DMC-G1 もファームウェア・アップデートで実現できるだろうに…)

  • 内蔵フラッシュは思ったより高い位置に出るので、そこそこ使えるかな?という印象。ショールーム内で少し試しただけなので、あまりきちんとしたことは言えないが…

  • ボディ内手ぶれ補正がないのは仕方ないし割り切れるが、デジタル水平器も入れてこなかったのは残念。まぁ E-P1 のデジタル水平器も、水平器を表示していると撮影情報が表示されないというダメさ加減だが。

  • オプションの外部 EVF(ライブビューファインダー)は画素数が少ないので、DMC-G1 に慣れている身からすると決して見やすいとは言えない(画素数が少ないのは伝送時の不要輻射の問題で無理らしい→インタビュー記事参照)。ただ、構図チェックくらいには十分だし、絶対にあった方が良い撮影シーンは存在する。

  • 外付けファインダーでもパララックスはないし、どんなレンズでもズームでも対応できるのは便利。MF のピント合わせも 10倍拡大モードなら何とかできなくはないように思う。飾りみたいな外付けファインダーとは実用性が違う。

  • とはいえ、外部 EVF は意外と高さがあるので、装着するとせっかくの収納性の良さはかなりスポイルされる。比較的安いのは良いけど質感はチープだし、見た目は微妙。リコー GX100/200 に VF-1 を付けたのと同じ印象。それの二周り大きなデジカメという感じ。

  • 外部 EVF の取り外しは、単純にホットシューに付け外しするだけ。

  • LUMIX 20mm F1.7 レンズは M.Zuiko 17mm F2.8 より厚みがあって、マイクロじゃないフォーサーズの 25mm F2.8 に近い印象。でも開放で撮ってみると、F1.7 のレンズは良いね!と思えて、多少厚くても許せる。

  • 画像持ち帰りができないので細かな画質チェックはできなかったが、M.Zuiko 17mm F2.8 のように一目瞭然で周辺画質が落ちてたりすることもなく、ボケも意外とキレイに感じた。ちょっと期待できるし、買いたい!今からパンケーキレンズを買うなら断然 LUMIX 20mm F1.7 に限る。

  • 実際に使ってみたのとは関係ないが、「ファッション・ムービー一眼」というキャッチコピーはないわ。ないとかそういうレベルではなく、過去のデジカメのキャッチコピーの中でも最低のセンスとしか言いようがない。「女流一眼」はまだ判らなくもなかったが、これに決めたヤツは頭がおかしいのでは…


とまぁ、30分ほど DMC-G1 や E-P1 と比較しながら使ってみた印象は、ザッとこんなところ。動画に関しては興味ゼロなので(どうせ AVCHD Lite だし)全く使っていない。

この DMC-GF1 を自分の解釈で、ひと言で言うと

DMC-G1 から内蔵 EVF と液晶の可動式を抜いただけ


であり、

AF や画質面では DMC-G1 から何ら進歩がない


という印象だった。見た目も写真で見る以上にチープでデザインバランスが悪いし、DMC-G1 と同じ素子を使ってるとはいえ、1年経って画質も AF も全く進歩なし、では

ぶっちゃけ、ガッカリだよ…


だった。一通り使い終わったあとに、横についていた社員さんに感想を聞かれた時も、そのように厳しい感想を言わざるを得なかった。正直それ以外に、出てくる言葉がないんだよね…

大きな期待をしていたわけではなかったが、これほど DMC-G1 から進歩なしで、「抜けるものを抜いて小さな筐体に収めるだけ」に終わってるとは思わなかった。

OBP Panasonic Tower (Twin 21)


DMC-G1, GH1 と、それなりにエポックメイキングなカメラ、業界的にもインパクトのあるデジカメを連続して出してきたパナソニック LUMIX なのだから、コンパクトスタイルな機種を出す時も、何か1つくらいはインパクトがあると思っていたのだが…意欲的かつ先進的な姿勢はどこに行ったのだろう?と思わざるを得ない。

確かにフラッシュは内蔵しているし、外部 EVF も実現している。反面、E-P1 に比べればボディ内手ぶれ補正はないし、デジタル水平器もなく、若干軽いがサイズ的には大差ない。デザイン・質感は E-P1 のデザインがあまり好きじゃない私でも、これでは E-P1 の圧勝と思える差がある。値段は安いけどね…(E-P1 はボリすぎとも言えるが)

(ちなみに、手ぶれ補正がボディが良いかレンズが良いかの問題は別の話。コンパクトスタイルならボディ内手ぶれ補正の方が便利とは思うが、望遠ズームではレンズ側にあった方が良いと思ってるし、それ以前に一眼ではレンズ内手ぶれ補正に限ると思ってる人間なので)

もちろん、この辺は社員さんに聞かれた時にも言ったし、アンケートをお願いしますと言われたので、そのアンケートにもキッチリと書いた。その方が、こんなところに書くよりずっと意味があるし、パナには期待してるからね。

ハッキリ言って、半端なものとしか感じないマイクロじゃないフォーサーズには全く興味がなく、マイクロフォーサーズにしか興味がない私としては、オリンパスよりパナソニックの方に頑張って欲しいと思ってる。

今回将来的なレンズ・ロードマップとして 14mm パンケーキレンズや 100-300 という超望遠ズームを発表したのも超期待だし、本気度の違いを感じる(100-300を生かすにはAFとEVFを更に10倍頑張って欲しいが)。

1年近く使ってきて、今後もずっとマイクロフォーサーズとは付き合って行きそうな予感がするから、パナには頑張って欲しいと思うし、だからこそ、G1, GH1 ではそれなりのものを出してきたのに、GF1 ではちょっと残念感が強かった。

on the Katamachi bridge at the slow down in the afternoon (2)


というわけで、GF1 はスルー決定。ただ、20mm F1.7 パンケーキレンズは購入予定(17mm F2.8 は放置プレイ行き)。

E-P1 は、どんなに文句があっても「初めてのコンパクトスタイルなレンズ交換式カメラ」というお題目があって、魅力があった。けれど、GF1 はもはや初めてでもなんでもない。

それに DMC-G1 を使っている身としては

DMC-G1 と全く同じ画質の GF1 より、
少し趣きの異なった E-P1 の方が G1 と併用するのに相応しいし
買い替える利点は何もない


と感じた。まぁ操作体系が異なるのはアレだけど、そこらへんは自分の努力で補えるし、手ぶれ補正やデジタル水平器が内蔵されている E-P1 との併用だと便利なことも多いしね…

とはいえ、GF1 を使ってみると

改めて E-P1 の AF の鈍足さとグリップの悪さを実感


したのも事実。実用十分とか何とか言っても AF の速度精度ともパナが圧勝すぎ&ホールドした時の安心感が違うわけで、先日伊勢湾〜常滑に行った際に DMC-G1 と E-P1 を交互に使ったりしてると E-P1 を使う気はどんどん無くしたのも事実。

そういうことを考え合わせると

マイクロフォーサーズはまだまだ発展途上
どんどん買い替えず、しばらく様子見をしよう


という当たり前の結論に至るわけで。ま、個人的に次は G1 の後継機かな?と。そちらはメチャクチャ期待したいんですけどね〜。

20090909133441


そんなわけで最後に、独断と偏見で DMC-GF1 と E-P1 の比較を。

【E-P1 より LUMIX GF1 が良い点】

  • AF が断然速い。ある程度の動きものには十分追従する追っかけ AF も実用十分。

  • AF-C の精度速度は微妙だが、E-P1 のなんちゃって AF-C とは比較にならないくらいマトモでもある。

  • 若干軽い。持った感じの印象は結構違う。

  • グリップは凄く良いわけじゃないが、E-P1 のホールド感のなさよりはずっと良い。

  • メニューや機能変更の操作体系は E-P1 より判りやすいと思う。

  • 手抜き E-P1 と違って色収差も補正するので、境界部の色滲みが出たりすることはなく、低感度での画質は安定している(GF1 の画質が G1 と同じ場合)

  • この筐体にしては、すごく頑張ってる感が感じられる内蔵フラッシュ。

  • 外部 EVF ファインダーがある。

  • 無駄に高い E-P1 よりはマシな価格。


【LUMIX GF1 より E-P1 が良い点】

  • ボディ内手ぶれ補正で、どんなレンズでも手ぶれ補正が効く。

  • デジタル水平器は、あると便利以上の存在。

  • E-P1 のデザインが好きじゃない私でも GF1 に比べたらずっとマシ。質感は論外の差がある。

  • 色収差が補正されない欠点はあるものの、JPEG 撮って出しの画質は E-P1 の方が断然良く(シャープネスが若干強すぎるけど)、RAW は要らないかと思える画質(GF1 が G1 と同じ画質の場合)

  • 高感度に断然強い。ISO400〜800 でもスナップでは十分使える。

  • 青空の色の出方は、きっとオリンパスの方が好みの人が多いはず。

  • メニューや機能変更の操作体系は GF1 の方が判りやすいが、ボタンやダイアルの配置、操作感は E-P1 の方が良いと感じる。

  • 無駄に人気している(笑)


ま、こうして見ると、どっちもどっち、ですな…両方の良さが融合した機種が出たら買い替えるかな(笑)

E-P1 を購入して1週間強。撮影枚数はまだ 400枚弱くらいだけれど、割と様々なシーンで、色々な使い方をしてきたように思う。購入後2〜3回投稿した記事に書いたように、満足している部分もあれば、不満に思う部部分もあり、自分の中では評価は難しい。

色々と忙しいということもあって、E-P1 絡みの掲示板やスレの内容は見ていないのだが、RSS リーダーやアンテナに登録している写真・カメラ系ブログの中の人にも E-P1 を購入した人は多く、それらを色々見ている限りの評価も雑多なようである。

D3 や 5D Mark II より良いという人も居れば、ハイエンド・コンパクトデジカメの LX3 より悪いという人も居たりして、そういう極端な評価は苦笑せざるを得ないにしても(個々人の感じ方だから別に否定はしないが)、無闇に極端ではない評価については

良いという評価も、今イチという評価も
どちらも理解できてしまうほどに評価が難しいカメラ


というのが、自分の正直な思いだ。世間の評価のマチマチさ加減が当然のように思える。

端的に言えば、画質面を中心に予想していたよりも良いと感じることもあるが、かといって E-P1 が凄いとも素晴らしいとも思えない。

ダメとは思えないし、良い点も感じるのだけど、だからといって「欠点は多々あっても積極的な評価をしたい」とも思えるカメラでもない。

“レンズ交換式のコンパクト(スタイル)デジカメ”として初めてリリースされたことについては評価できるし、それは間違いなく E-P1 最大の長所なのだろうが、いざ色々な形で使ってみると、必ずしも積極的に評価できることばかりではないように感じる。

20090706100200
(E-P1 + M.Zuiko Digital 17mm F2.8)


とまぁ、そのように書くと「相変わらず E-P1 には批判的だなぁ」と思われるだろうが、辛口には書いていても、決してダメなカメラとは思ってないつもり。特に北海道へ持って行った時、サブカメラとしてはすこぶる良いなぁ〜と感じたのは、以前の記事で書いた通り。

また、とかく批判の多いパンケーキレンズについても、私は「画質、特に周辺部の画質をとやかく言う時に使うようなレンズじゃないでしょ」と思っているので、β機で画質チェックをした時はともかく、実戦投入後は(用途を考えれば)許容範囲内と思っている。もっとも、これを5万円弱で売ってるのは信じられないし、EF50mm 1.8II みたく1万以下とは言わなくとも、2万円が分相応だろうとは思う。

それにボディ側の画質傾向については、北海道行きの時にパナソニックの 7-14mm F4 と組み合わせて使っていたこともあって、むしろ高評価を与えたいくらいだ。

20090706091423
(E-P1 + LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)


今のところ E-P1 は撮って出し JPEG でしか扱ってなく、RAW ファイルでの判断は日頃使っている ACR (Adobe Camera RAW) の対応を待ってからになるが、以前も書いたように、撮って出し JPEG の画質は同じマイクロフォーサーズの DMC-G1 より好ましく感じている。

過去のオリンパス・デジタル一眼の画質で気に入らなかった解像感のなさはなく、かといって解像感最重視なのは良いが、時にはモアレを盛大に出す DMC-G1/GH1 のようなこともない。非常にバランスが取れた、自然に見栄えのする画質だと感じている。

高感度画質についても、このサイズを考えればかなり頑張っていて、DMC-G1 では ISO 400 を越えてくるとウ〜ン…となってしまう感じだったのが、E-P1 では ISO 800 までならスナップ用途で全然問題なし、と思える。DMC-G1 では全く使う気にならなかった ISO 1600 も時には我慢できる。この点については凄く評価している。

20090711191845
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)


普通のコンパクトデジカメでは望めない、お気軽高感度スナップも可能で、手ぶれ補正も効くから、夕方以降でのスナップなんかには本当に向いている。コンパクトデジカメ代わり、として考えた場合には、そういう利点は大いにあると感じた。

もっとも、遠景での解像感のなさはあるけれど、それは E-P1 も DMC-G1 も共通したもので、素子サイズゆえかな…と諦めている。そういうのは期待しないで買ってるし、DMC-G1 で散々凹んだので、慣れた :-)

20090706104914
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)


そんなわけで、E-P1 を使ってきて良かったと感じる部分は

  • コンパクトデジカメとして見た場合には、ここまで高感度が実用になり、手ぶれ補正とも合わせて低照度で使えるコンパクトデジカメはない。

  • このボディサイズで様々な画角(個人的には撮影スタイルから望遠は使い物にならなかったので主に超広角域)が使える。

  • そこそこの画質が得られるサブカメラとして、一番コンパクトに収められる。

  • DMC-G1/GH1 との2台体制には、補完し合う部分もあって相性が良いカメラ


ということがある。

ただ、ボディサイズがコンパクトであるという E-P1 のメリットは、あくまで一眼スタイルからのダウンサイジングとして見た場合であって、E-P1 をコンパクトデジカメとして扱った場合には、色々と欠点も見えてくる。

  • 一眼スタイルよりはコンパクトだが、普通のコンパクトデジカメよりは遥かに大きいため、コンパクトデジカメ感覚で普通のバックに入れようと思うと、重量も含めて違和感がありすぎる。

  • E-P1 を余裕もって出し入れできる収納性を確保すると、実のところ DMC-G1 も入れられたりする(見た目は結構違いそうに見えるのだが、実際に試すとそうでもない)。結局レンズ次第、というところもあるしね。

  • コンパクトデジカメ感覚で扱うと、レンズキャップの存在がウザったくて、AF もコンパクトデジカメ並みか少し速い程度なので、トータルとしてサクッと取り出してサクッと撮るテンポの良さは普通のコンパクトデジカメの方が良いかなぁ…というのが正直な感想。

  • 一応金属外装なので、普通のバックの中に雑多に放り込むと、ボディがバッグ内の他のものと当たって傷ついたり、逆にバッグ内の他のものを傷つけたりしないかな…なんて、ちょっと気を使ったり。DMC-G1 や普通のコンパクトデジカメみたいな安物外装だと気にしなくて済むんだけどね…(速写ケースなどで対処する方法もあるが)


なんてことが、この1週間強使ってきて感じられた。

とにかくボディサイズについては、北海道行きの時のように、カメラバッグの隙間にもう1台感覚だと最高に収納性の良さを感じるのだけど、いざ普通のコンパクトデジカメ代わりに持ち歩くと、なんかサイズが中途半端に思えることが多々あった。

もちろん、画質や撮影の自由度を考慮すれば、それでも十分 E-P1 を選択する理由はあるし、実際私もそうしているのだけど、なんかこう

手放しで喜べるサイズ・撮影感覚かというと、微妙


なのである。

理性で色々考えれば十分にコンパクトなことは判るのだが、EVF もなければ可動液晶もない、AF も正直速くなくてサクサクと撮れる感じではない。そんな“かなりコンパクトデジカメに近い感覚にならざるを得ないカメラ”ならば、サイズも重量も撮影感覚も、もうちょっとコンパクトデジカメ・ライクに…と思ってしまうのだ。

同じマイクロフォーサーズの DMC-G1 が E-P1 とは正反対の一眼スタイルで出てきて、そこそこ使える EVF と高速な AF で、きちんと一眼ライクに使えるカメラだったのだから、同様に E-P1 にはもうちょっとコンパクトデジカメに近い感覚まで頑張って欲しかった、と思うのだ。

私がどこかしら E-P1 に物足りないというか、色々と不満を感じる理由を突き詰めて行くと、そのあたりの一眼スタイルでもなければ、コンパクトデジカメでもなく、かといって何か新しいスタイルを生み出す感じもない、微妙な半端加減にあるように思えるのだ。

20090706100643
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)


そんなわけで、購入から1週間強。それなりに使ってきた結果として、E-P1 を買って良かったかどうかと問われれば、

買って後悔したとは思わないし、それなりに使えるカメラだけど
だからといって10万以上出して買うカメラだったかどうかは微妙


という、これまた曖昧というか中途半端というか、煮え切らない結論になる。

これが10万20万なんて、はした金だと言える人なら別だろうが、社会の底辺を蠢く私としては「買って良かったかもしれないけれど、もっと有意義に、納得できる使い方があったかもしれないなぁ…」とも思う訳だ。別にデジカメだけが趣味ではないしね。

ま、そんなわけで、煮え切らない性格の人間が、煮え切らないデジカメを買ったのだから、その結論もまた煮え切らないまま、ということで。

もうちょっと使い込んで行けば、(善くも悪くも)また評価も変わるだろうと信じているけれどね…

20090706095407
(E-P1 + LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)

発表即日予約した時の E-P1 購入確率 80% から、実機を触って 95% に高まって「とりあえず買うぞ!」という気分だったのも束の間、オリンパス開発陣の次機種予告発言連発などで少しずつテンションは下がり、さらにちょっとしたキッカケ(ガンバ ACL 逆転負け敗退)で我に返って、E-P1 とか別に要らないんじゃ…と思い始めた昨今。

さらに iPhone 3GS を手にして、予想以上のデキにテンションが上がった分、なんか E-P1 とかどうでも良くなってきていた。E-P1 を購入しても、例えば DMC-G1 とどちらが手元に必要か?と聞かれれば、それはもう絶対 DMC-G1 のままであり続けることは確実。

そのあたりは人によって全然意見は異なるだろうが、私の場合は E-P1 では望遠レンズでまともに撮影できない時点で DMC-G1 >(壁)> E-P1 である。

というか、E-P1 の購入テンションは一にも二にも、「新しいスタイルのカメラを買う」ことだけにあって、もっと端的に言えば、新しいアイテムを買う、ただそれだけだ。

しかし、昨日から続々とお買い物したり、amazon その他から送られてきて、すっかりもう物欲は解消気味。むしろ、色々買ってきたものの消化が大変になりつつある。となると、E-P1 への購入意欲もすっかり減少してしまい、ハッキリ言って「予約はキャンセルかな…」という方向に傾きつつあった。

が、予約をキャンセルするにしても、もう一度実機を触ってからにしよう、とは決めていた。せっかく速攻予約しているのだから、キャンセルするにしても後悔はしたくない。キャンセルしたら、きっともう買うことはないだろうから、買うならこのまま買う必要がある。

というわけで、再びオリンパスプラザへ行って実機に触れてみた。

う〜ん…やっぱり予約はキャンセルせずに買っておくかな…


ということで、針は再び買う方向へ振れた。ただ、以前のように 80%、95% という感じの、大いに買う気満々という感じではないけれど、とりあえずボディのコンパクトさに免じて買っておくかな…というのが、今の正直なところ。

DMC-G1 & E-P1 標準ズーム起動時状態比較
収納状態ではパナの標準ズームより 2cm 短くなるオリの標準ズームだが
使用時にはグニョーンと伸ばすことになるので、
使用時のレンズ最短状態はパナ標準ズームより長くなる


さて、今回オリンパスプラザへ赴いた目的は、実機にもう一度触ってみることと、購入したら即実戦投入になるので社員さんに聞きながら操作に慣れておくこと。そしてもう一つ、ボディはともかく、レンズ2本がどうなのか?ということだ。

パンケーキレンズのセットを予約した私は、あとから amazon で 14-42mm 標準ズームを予約したけれど、パナの標準ズームがあるのに、敢えてそれを買う価値があるかどうか?

そしてネット上にアップされたサンプルから評判が散々の 17mm F2.8 パンケーキレンズは、本当にダメなのか?

ということで、ほとぼりが冷めたのか、ほとんど実機を見に来る人もいない中でジックリ E-P1 を触り、そして DMC-G1 に標準ズームとパンケーキレンズを付けて、パナの標準ズームとともに撮り比べた。

のだが、実写画像を公開すると、また要らぬ注目を浴びるので、残念ながらそれをするつもりはないので、あしからず。結論を言えば、

ネットに公開されたサンプルで、色々言われてることを自分でも実感


したというところですね。

E-P1 ではなく DMC-G1 で撮影したので(オリンパスレンズ対策のファームウェア・アップデートは適用済み)、E-P1 で撮影したものとは色々と違うのかもしれないけれど、とりあえずパンケーキレンズは、発売されたら今以上に槍玉に挙がるかもしれない。

「パンケーキレンズに画質なんか求めたって仕方ないんだよ。格好第一なんだから」と思ってる私ですら、まぁなんだな、とりあえず

パンケーキレンズにこだわらない人は、ズームレンズセットを
パンケーキレンズが欲しい人は、ダブルレンズセットを

強くお薦めしたい(笑)。少なくともパンケーキレンズを付けて E-P1 を評価しちゃいけない、と思うわけで。

正直パンケーキレンズセットを予約している私も、どうしたもんかと。いっそ、ボディだけにしようかな…でもボディだけじゃ7月下旬発売なので、それだったら別に買わなくなりそう。セットからパンケーキレンズとビューファインダーと予約特典のフォーサーズ用アダプターを売ったら少しは元が取れるかなぁ…なんて。

DMC-G1 + M.Zuiko Digital 17mm F2.8 (1)
赤のボディにシルバーのパンケーキレンズは違和感バリバリっすな
ちょっと恥ずかしいかも!?


それでも上下の写真を見て判るように、G1 に付けた場合ですらパンケーキレンズの気軽さは魅力なので、なんだかんだ言って使いそうだけど…パナに期待するしかないですかねぇ。

ちなみに標準ズームについては、まぁそれなりじゃないですかね。パナの標準ズームを持っていれば、2cm の差にこだわらない限り or シルバー合わせにこだわらない限り、必要ないかと。別にパナの方が良いとか、オリの方が良いとかじゃなく。

E-P1 の使い方を考えれば、そう画質をとやかく言うものでもないですしね。所詮(マイクロ)フォーサーズですから、画質より気楽さ。まぁ、その思いを越えて考えさせられてしまうレンズもあったわけですが…orz

DMC-G1 + M.Zuiko Digital 17mm F2.8 (2)


それでもまぁ、とりあえず今は買う方向で。以前と違って、11万という値段が重く感じられてしまってますけどね。この前の購入に勢いがある時は、11万くらいなら!とか思えていたんですが…

今年はまだ 1D MarkIV も控えているし、MacBook Air もやっぱり買おうか?とか思ったり、それらとの兼ね合いを考えると、あと1週間、まだ少し悩みそう…

あ、そうそう、最後に書き忘れましたが、E-P1 の展示機は既に最終ファームウェアになっていて(Ver.1.0)、社員さんに聞いても「これが発売されるものに載るのと同じです」と言ってましたが、

AF-C は使い物にならなさそう


というのが確定的。DMC-G1 の時のような、速い動体相手だと無理とかそういうレベルではなく、静止体相手でもフォーカスが不安定すぎて、これは見切り発車だなぁ…と感じましたね。コンパクトデジカメよりも迷いがち。

ということで、E-P1 は AF-S 専用として考えるのが良さそうです。もっとも、E-P1 の性質から言って AF-C が使い物にならなくても、E-P1 の評価を下げることにはならないと思います(DMC-G1 には期待することが大きいので、強く言ってしまうのですが…)

このページのトップヘ